Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • yo, wassup HOMESICLES.

    ヨー、ワサップ・ホームシクルス。

  • I'm gonna talk about substitute teachers!

    代用教員の話をします!

  • I wanna say for the most part, we all like having subs.

    大体の場合、みんなサブがいるのが好きだと言いたい。

  • You like, walk into the classroom, expecting it to be a normal day, and you glance over at the teacher,

    普通の日だと思って教室に入ってきて、先生をちらりと見る。

  • and BOOM, it's a sub!

    とBOOM、それはサブである!

  • YES! Don't have to try today.

    YES!今日はやらなくていいよ

  • Most subs are pretty cool, they don't really care too much either.

    大抵のサブはカッコいいからどっちもあんまり気にしてないんだよな

  • and everyone just ends up having a nice easy break day.

    そして、誰もが簡単な休みの日を過ごすことになる。

  • They have this attitude like:

    彼らはこのような態度をとっています。

  • "OK, so I'm just gonna pop in a movie or something... do whatever you want, I'm just here to make sure you don't all

    "OK、だから映画でも何でも見に行くから...好きなようにしてくれよ。" "ここに来たのは、君たちがみんなそうならないようにするためだ

  • go miley cyrus wild and poke some kid's eye out with a ruler.

    マイリー・サイラスは子供の目を定規で突くんだ

  • But sometimes they don't care too much and it gets kinda weird...

    でも、あまり気にしてくれないこともあって、ちょっと変な感じになってしまうことも......。

  • Like once, I had a Math sub, where we were just doing a worksheet or something, and this girl behind me was

    一度だけ数学のサブの授業があってワークシートか何かをやっていたんだけど後ろにいた女の子が

  • eating carrots. But all of a sudden, she started choking on one of her carrots and was like

    ニンジンを食べていました。しかし、突然、彼女はニンジンの一本を喉に詰まらせ始めて

  • gasping and gagging and stuff.

    喘いだり、ギャグを吐いたり

  • And everyone turned around and was mortified.

    そして、みんなが振り向いて呆然としていました。

  • wut.

    ウット

  • what do we do!?

    どうしよう

  • We all looked over at the sub for help and guidance or... something because of all people, he should have a plan.

    みんなでサブを見渡して助けを求めるか...何か...全ての人のために、彼は何か計画を持っているはずだ。

  • And he was just... looking at her, not doing anything,

    彼はただ...彼女を見ていた何もしていなかった

  • I'm sure, if the girl could've spoke at that time, she would've said:

    あの時、あの子が喋れたなら、きっと言っただろうな。

  • "FREAKIN', I'M CHOKING ON A CARROT HERE!"

    "FREAKIN', I'M CHOKING ON A CARROT HERE! "

  • "WHAT ARE YOU LOOKING AT?!"

    "WHAT ARE YOU LOOKING AT?!"

  • "DO SOMETHING, YOU BUFFOON! AAGH!"

    "何かしてくれ、バフーン!AAGH!"

  • So for a small period of time, everyone was just helplessly looking at this poor girl choking on a carrot.

    だから、ほんの少しの間、誰もが無力に見ていたのですこのかわいそうな女の子が人参を詰まらせていたのです。

  • No one knew what to do!

    誰も何をすればいいのかわからなかった!

  • FINALLY, one guy got up and did the choking Heimlich Procedure they teach us.

    最後に、一人の男が立ち上がって、彼らが教えてくれた窒息のハイムリッヒ手順をやった。

  • It was so legit! He even did the "are you choking" question like they say you have to.

    合法的なんですよ!"窒息してますか?"みたいな質問までしてましたよね?

  • If you haven't heard of the technique, or... for some reason they've changed it,

    テクニックを知らなかったり...なぜか変更されていたりすると

  • The steps are:

    ステップがあります。

  • Approach the person and ask "are you choking?"

    "窒息していませんか?"と声をかけてください。

  • Do not proceed if they are not choking.

    窒息していない場合は先に進まないようにしましょう。

  • *laugh* it actually says that..

    *笑*実際にそう書いてあります。

  • Get behind the person and wrap your arms around their waist. Be ready to support them if they faint.

    相手の後ろに回り、腰に腕を巻く。気絶しても支えられるように準備しておきましょう。

  • Take your fist and place the thumbside against their belly, just above their belly button.

    拳を持って、親指を相手のお腹に当てて、おへそのすぐ上に置きます。

  • Grab the fist with the other hand, and thrust into the belly.

    もう片方の手で拳を掴み、腹に突き刺す。

  • And the final step is: repeat thrusts until the object pops out, or until the person faints.

    そして最後のステップは、物体が飛び出すまで、あるいは人が気絶するまで、突き上げを繰り返します。

  • So... the girl didn't faint, he actually got the carrot out of her throat. and everyone was... relieved.

    それで...少女は気を失っていなかった彼は実際にニンジンを喉から取り出したみんなは...ホッとしていた

  • And after all that hollabalu, we all kinda looked over to see what the sub had to say about the situation,

    ホラバルが終わった後、みんなでサブが何を言っているのか見てみました。

  • and.. nothing! :O

    そして...何もない!:O

  • He just watched the situation with a blank-slate look on his face! Like, what the heck! What are you?

    彼はただ、真っ白な顔をしてその状況を見ていました!何なんだよ!あなたは何ですか?

  • I've never seen less of a reaction from such a big situation from anyone in my entire life.

    こんなに大きな状況からの反応が少ないのは今までの人生で一度も見たことがありません。

  • he should make a reaction channel, come to think of it...

    彼はリアクションチャンネルを作った方がいいと思うんだが、そういえば...

  • He'd blend in with most of the people on YouTube doing it already.

    彼はYouTubeのほとんどの人がすでにやっていることに溶け込んでいるだろう。

  • Anyway, enough with Mr. Blank-Slate.

    とにかく、ブランク・スレートさんの話はもういい。

  • I remember when I was in high school, we had kinda a main group of substitutes that were common to have

    私が高校の時は、私たちが持っていることが一般的な補欠のメイングループのようなものがあったことを覚えています。

  • when a teacher called in sick or something.

    先生が病欠の電話をした時とかに

  • And there was this one old man guy, that everyone knew, *pause*

    そして、誰もが知っている一人のおじいさんがいて、*pause*。

  • and absolutely HATED.

    と絶対に嫌われていました。

  • And before you say something like: "Oh Jaiden, that's kind of rude to say."

    あなたが何か言う前に"ああ ジェイデン それはちょっと失礼な言い方だな"

  • In our defense, he hated us too.

    私たちの弁護では、彼も私たちを嫌っていました。

  • Whenever a person walked in and saw him sitting behind the teacher's desk, the immediate thought would be:

    人が入ってきて、先生の机の後ろに座っているのを見るたびに、すぐに思ったことがある。

  • "oh ffff- crap, it's gonna be a rough day today."

    "ああ、くそ、今日は大変な一日になりそうだ"

  • No one had to say it...

    誰も言わなくてもいいのに...。

  • but we were all thinking it.

    と思っていましたが、みんなで考えていました。

  • "OK Jaiden, so what was he like?"

    "OK ジェイデン それで 彼はどんな人だったの?"

  • Oh, stand up, so you can sit down because I'm gettin'- getting started.

    立って、座ってていいわよ、私はこれから始めるから

  • Take the strictest person you know...

    あなたが知っている最も厳しい人を取る...

  • ..and throw them out the window because this guy is now that person.

    窓から放り出すんだこの人は今、その人だから。

  • I think he saw himself as a military instructor leading juvenile delinquents because he wanted every child to be

    彼は自分を非行少年を指導する軍の教官として見ていたのだと思いますすべての子供たちに

  • behaving:

    振る舞うこと。

  • Perfectly. To a T. No funny business.

    完璧だ笑い事じゃない

  • and... yeah, that's not gonna happen in a high school, sooooo there's problem one...

    そして...それは高校では起こりえない問題がある...

  • He would start every class with the same lecture:

    彼は毎回同じ講義で授業を始めていました。

  • "Alright, sit down and zip up because we're taking attendance. If I hear any talking, you're being written up.

    "よーし、座って出欠を取るからチャックを締めろ何か話し声が聞こえたら、書き上げてもらう。

  • I don't tolerate jokesters in my classroom."

    "授業中のジョークは許さない"

  • "I'm going to call out your last name, followed by your first name. And if I don't hear you say "Present" then

    "名字の後にファーストネームを呼ぶ"プレゼント "と言われなければ

  • you're being marked "Absent". You should be paying attention because you only have one chance.

    "不在 "と表示されていますチャンスは一度きりなので注意が必要です

  • and I'm not calling names twice.. if I pronounce your name wrong, CORRECT ME. Alright, here we go."

    名前を二度呼びはしないわよ 発音が悪かったら直してねよし、行くぞ"

  • He says that exact paragraph every time he starts a class, and I know it because I've had him enough times

    彼は授業を始めるたびに その段落を言う 私は彼を何度も見てきたから それを知っています

  • to have it power-washed into my head. I kinda wanna believe he has it written down in frame somewhere in

    私の頭の中にパワーウォッシュされたどこかのフレームに書いてあると信じたいわ

  • his house, so he can proudly look at it before he goes to bed every night.

    毎晩寝る前に誇らしげに見られるように

  • And he actually gets mad if you don't correct him if he pronounces your name wrong.

    そして、名前の発音を間違えると訂正しないと実際にキレる。

  • *lol*

    *笑

  • I know from experience. I don't care when people pronounce my name wrong, it happens all the time.

    私は経験から知っています。名前の発音を間違われても気にしないわ いつものことよ

  • I've gotten used to it.

    慣れてきました。

  • So I thought I wouldn't make a big deal out of it.

    だから大したことはしないと思っていました。

  • "Aneemations..."

    "アニーメーション...."

  • "Jai-aiden."

    "ジャイエイデン"

  • "Here."

    "これを"

  • "Did I say that correctly?"

    "正しく言ったかな?"

  • "it's close enough."

    "もうすぐだ"

  • "CORRECT ME NEXT TIME!"

    "CORRECT ME NEXT TIME!"

  • uh- sorry? *lols*

    ええと...ごめんなさい?*lols*

  • He reminds me of, if like Oscar the Grouch had a pet lemon, but the lemon was expired by 2 months

    彼は私を思い出させる、もしオスカーのような不機嫌な人は、ペットのレモンを持っていたが、レモンは2ヶ月で期限切れになっていた。

  • and he keeps forgetting to throw it away.

    と、捨てるのを忘れ続けています。

  • Like, "Aww crap, the lemon!"

    "あわわわわ、レモン!"みたいな。

  • "ahh, I'll do it tomorrow."

    "あー、明日やるよ"

  • And he doesn't do it tomorrow...

    そして、明日はやらない...。

  • So.. I'll call him Mr. YetToBeThrownOutLemon.

    だから、彼のことをまだ投げ出されたレモンさんと呼ぶことにします

  • just for simplicity.

    シンプルなだけに

  • I truly don't know why Mr. YetToBeThrownOutLemon worked as a substitute teacher.

    YetToBeThrownOutLemonさんがなぜ代用教員として働いていたのか、私には本当にわかりません。

  • Because you could just SEE the child hatred in his eyes.

    彼の目に子供の憎しみが見えたからだ。

  • Somehow, he made everyone in the class feel uncomfortable just by existing.

    なぜか、存在するだけでクラスのみんなを不快にさせていた。

  • So lemme tell u a STORY about Mr. YetToBeThrownOutLemon.

    だから私はあなたに話をしようと思う YetToBeThrownOutLemonについての物語。

  • We had him in a Biology class once. and... we were just gonna work on a paper he had to pass out.

    生物学の授業で彼と一緒に授業を受けたことがあったんだが、その時は...彼が提出しなければならない論文に取り組んでいたんだ。

  • "Alright, we're going to be doing a worksheet today. If I hear any talking, YOU'RE BEING WRITTEN UP. This is an

    "よーし 今日はワークシートをやるぞもし話し声が聞こえたら 書き上げてもらいますこれは

  • individual worksheet, so there's absolutely no reason to talk to ANYONE at all during this hour."

    "この時間に誰とも話す必要はない"

  • "Everyone, come up to the front of the room right now and grab a paper.

    "みんな、今すぐ部屋の前まで来て紙を持ってきて

  • "Umm, Mrs. Grapes does it so each person at a table has a number and she calls out a random number, and that

    "グレープ夫人はテーブルにいる人がそれぞれ番号を持っていて 彼女はランダムな番号を呼ぶんです

  • person just gets up and gets the paper for the rest of the table so it's easier to-"

    人が立ち上がって残りのテーブルの紙を取りに行くだけなので、その方が簡単に...

  • "I WILL NOT HAVE SLAVES IN MY CLASSROOM!"

    "私は教室に奴隷を持ち込まない!"

  • WHAT DID HE JUST SAY?! *lols*

    今何て言ったの?*lols*

  • This man just compared picking up papers for other classmates to SLAVERY.

    この男は他のクラスメートのために書類を拾うことをSLAVERYに例えています。

  • SLAVERY!!!

    SLAVERY!

  • Good god! I dee- auHH

    やれやれ!I dee-auHH

  • So we did it his way, the 34 of us all got up at the same time, and shuffled to the front of the room,

    で、彼のやり方でやったんだけど、34人が一斉に立ち上がってシャッフルして部屋の前まで行ったんだ。

  • awkwardly squishing together, to grab a paper from the one pile he made for us."

    "私たちのために作ってくれた山の中から紙を取りに行くために"

  • You. are. a fruitcake.

    お前はフルーツケーキだ

  • A did a lot of other weird, over-the-top things, but this was by far the best thing I've ever witnessed from him.

    Aは他にも変なことや大げさなことをたくさんやっていたが、これは彼から見た中では圧倒的に最高のものだった。

  • Oh, Mr. YetToBeThrownOutLemon.

    ああ、ミスター・トゥー・ビーツー・スローン・アウト・レモン。

  • You're a real piece of work.

    お前はほんとに仕事をしているな。

  • "No talking."

    "しゃべらないで"

  • "I'm going to call out your last name, followed by BLUEEGH BLUEEGHP."

    "君の名字を呼ぶよ" "BLUEEGH BLUEEGH BLUEEGHPに続いて"

  • "This is an individual worksheet to su- buffa vullafins reasons."

    "これは個別のワークシートだ" "理由を説明する"

  • "I will not have sclaffles in my classroom."

    "私の教室にはスクラッフルは置かない"

  • i don't know what those are.

    それが何かは知らない

  • "This is an individual worksheet to sol the jump puffs LA TE EARF."

    "ジャンプパフLA TE EARFを解くための個別ワークシートです。"

  • WEEH *coughing* HA HAHG.

    WEEH *coughing* HA HAHG.

  • *zombie sounds???*

    *ゾンビーサウンド?

  • metal gear...

    メタルギア...

  • "Jaiden, is there a Jaiden here... Ja-aiden... a Jaiden."

    "ジャイデン...ここにジャイデンがいるのか...ジャイデン...ジャイデン...ジャイデン"

  • "ani... anim.. animations of jaiden. is there a ANIMATIONS JAIDEN. JA-JAIDEN. WHAT THE FFFU-"

    "アニ...アニ...アニメ...外伝のアニメ...ANIMATIONS JAIDEN.はありますか?JA-JAIDEN"WHAT THE FFFU-"

yo, wassup HOMESICLES.

ヨー、ワサップ・ホームシクルス。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 サブ レモン 授業 窒息 みんな ニンジン

狂った代用教員

  • 461 34
    Pedroli Li に公開 2017 年 09 月 26 日
動画の中の単語