Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Lying in bed late at night or waiting at the platform for the commuter train home, we often

    夜遅くまでベッドに横になっていたり、通勤電車のホームで家に帰るのを待っていたりすることがよくあります。

  • daydream about where it would be so much nicer to be: perhaps the beaches of Goa on India’s

    どこにいたらもっといいだろうかと白昼夢を見る:インドのゴアのビーチかな

  • west coast, a little restaurant by a quiet canal in Venice, the highway near Big Sur

    西海岸、ベニスの静かな運河沿いの小さなレストラン、ビッグサー近くのハイウェイ

  • in California or maybe the Faroe islands, far to the north of Scotland. The desire to

    カリフォルニアか スコットランドの北にある フェロー諸島かな?願望は

  • travel is, almost always, sparked by a picture or two: a couple of mental snapshots that

    旅行は、ほとんどの場合、画像または2つの画像に触発されています:その精神的なスナップショットのカップル。

  • encapsulate all that seems most alluring about a destination. A trip lasting many hours and

    旅先で最も魅力的に見えるものをすべて網羅しています。何時間もの旅と

  • costing what could be a small fortune may be initiated by nothing grander or more examined

    一銭にもならない

  • than one or two mental postcards. We travel because of a background belief that, of course,

    一枚や二枚の精神的な葉書よりも私たちが旅をするのは 当然のことながら 背景にある信念があるからです

  • the reality of a scene must be nicer than the fleeting mental images that take us

    虚空蔵より実在が良い

  • there. But there is something about the way our minds work that we would do well to study

    そこにしかし、私たちの心の働き方については何かがあります私たちはよく研究した方がいいでしょう

  • before we ever pack a suitcase: mental images are momentary. That is, they last, at best,

    スーツケースに詰め込む前に、心のイメージは一瞬のものです。つまり、それは長くても持続するのです

  • three seconds. When we imagine a scene, we imagine not a film but, that far briefer and

    3秒。私たちがシーンを想像するとき、私たちは映画を想像するのではなく、はるかに簡潔で

  • in many ways far more forgiving medium, a picture. And yet, we are never in a destination

    いろんな意味ではるかに寛容な媒体である絵ですしかし私たちは決して目的地にはいません

  • just for a moment and that brute fact alone may be enough to cause grievous damage to

    ちょっとしたことで、その事実だけで、その人の心を傷つけてしまうかもしれません。

  • the hopes that transport us far from home. We know the phenomenon well enough at the

    故郷から遠く離れた場所にいるような希望を持っています私たちは、この現象を十分に知っています。

  • cinema. Imagine if in the course of a story, the screen were filled with a sublime view

    映画館。物語の途中で、スクリーンが崇高な景色で埋め尽くされたとしたら、想像してみてください。

  • of ocean waves crashing against a craggy headland. We might sigh with desire at such splendour.

    海の波がごつごつとした岬にぶつかる様子を見てその素晴らしさに 思わずため息が出るかもしれません

  • But if the camera started to linger on the scene, we might rapidly grow twitchy. What

    しかし、カメラがダラダラと動き出したら、急速にヒョロヒョロしてしまうかもしれない。何が

  • is fabulous in increments of seconds can become properly maddening after half a minute. Two

    は秒単位で素晴らしいですが、30分も経つときちんとしたマッドネスになります。2つの

  • minutes in, we may be so irritated as to be ready to leave our seats. It’s not that

    数分後には席を立つ準備ができているほど イライラしているかもしれませんそれは

  • were ungrateful or shallow, rather that we absorb beauty quickly and then want to

    恩知らず浅はかに美を吸収しては、すぐに欲しがる

  • move on. Beauty is like a brilliant joke: we laugh, but don’t need the comic element

    移動します。美しさとは華麗なジョークのようなものです:私たちは笑いますが、コミカルな要素は必要ありません。

  • to be continuously replayed. The lovely mental pictures that get us to travel arein

    継続的に再生されます。私たちを旅に連れて行ってくれる素敵な心象風景は

  • essencehugely edited versions of what we actually encounter in any destination.

    本質 - あらゆる目的地で実際に遭遇するものを大幅に編集したもの。

  • We will, eventually, probably see these pictures, but we will also see so much else, so much

    私たちは、最終的には、おそらく、これらの写真を見ることになるでしょうが、他にも、たくさんの

  • that is painful or boring, dispiriting or mundane: hours of footage of the stained airline

    辛くもつまらなくもありふれたもの:何時間もの汚された航空会社の映像

  • seat ahead of us, the back of the taxi driver’s head, the wall of the cheap hotel, a framed

    前方の席、タクシー運転手の後頭部、安宿の壁、額に入った

  • photograph of Marilyn Monroe on the wall of a little local restaurantFurthermore,

    地元の小さなレストランの壁にマリリン・モンローの写真が...

  • there will always be something else on the lens between us and the destination we’d

    瞳にはいつも何かが写っている

  • come for, something so tricky and oppressive as to undermine the whole purpose of having

    くるくるめんどくさい

  • left home in the first place, namely: ourselves. We will, by an unavoidable error, bring ourselves

    そもそも家を出たのは自分自身である。私たちは、避けられない誤りによって、自分自身を連れてきます。

  • along to every destination we’d ever wanted to enjoy. And that will mean bringing along

    私たちが楽しみたいと思った全ての目的地に一緒に行きますそして、それは一緒に連れてくることを意味します

  • so much of the mental baggage that makes being us so intolerably problematic day to day:

    精神的な荷物が多く、それが私たちの存在を耐え難いほど問題のある日々にしています。

  • all the anxiety, regret, confusion, guilt, irritability and despair. None of this smear

    すべての不安、後悔、混乱、罪悪感、苛立ち、絶望。どれもこれも中傷

  • of the self is there when we picture a trip from home. In the imagination, we can enjoy

    家からの旅を想像してみると、そこには「自分」の姿があります。想像の中で、私たちは

  • unsullied views. But there, at the foot of the golden temple or high up on the pine-covered

    眺望は抜群です。しかし、金色の寺院のふもとや、松に覆われた高台には

  • mountain, we stand to find that there is so much ofusintruding on our vistas.

    山では、私たちの視界に「私たち」が侵入していることを発見するために立っています。

  • We ruin our trips by a fateful habit of taking ourselves along on them. There’s a tragi-comic

    私たちは旅に自分を連れて行くという運命的な習慣によって旅を台無しにしてしまうのです。悲劇的なコミカルな

  • irony at work: the vast labour of getting ourselves physically to a place won’t necessarily

    アイロニーが働いている:物理的にその場所に行くための膨大な労働は、必ずしもその場所に行く必要はない

  • get us any closer to the essence of what we’d been seeking. As airlines, hotel chains and

    求めていた本質に少しでも近づくために航空会社やホテルチェーンや

  • travel magazines conspire never to tell us, in daydreaming of the ideal location, we may

    旅行雑誌は、理想的な場所を夢見て、私たちを教えてくれないかもしれません。

  • have already enjoyed the very best that any place has to offer us.

    どの場所でも提供してくれる最高のものをすでに堪能しています。

  • We love bringing you these films. If you want to help us to keep bringing you thoughtful content;

    私たちはこれらの映画をお届けすることが大好きです。 あなたがあなたに思慮深いコンテンツをお届けし続けるために私たちを助けたい場合。

  • please consider supporting us by visiting our shop at the link on your screen now.

    画面上のリンク先のショップにアクセスして、私たちを支援することをご検討ください。

Lying in bed late at night or waiting at the platform for the commuter train home, we often

夜遅くまでベッドに横になっていたり、通勤電車のホームで家に帰るのを待っていたりすることがよくあります。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 想像 連れ 場所 精神 旅行 目的

旅行の問題

  • 22116 1407
    韓澐 に公開 2017 年 09 月 20 日
動画の中の単語