Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • In the 1800’s Manchester England was the epicenter

    19 世紀 イギリスにおける 産業革命の中心地

  • of the Industrial Revolution.

    として栄えた街マンチェスター

  • Manchester’s story is often shrouded in the smog

    ディケンズの小説を彷彿とさせる スモッグと

  • and soot of Charles Dickensnovels,

    煤のイメージがあるこの工業都市は

  • but this is a city with a glorious past,

    輝かしい産業革命の過去と

  • and perhaps, an even a greater future.

    さらに輝かしい未来の街でもあります

  • It’s been said,

    俗に

  • What Manchester thinks today, the world thinks tomorrow.”

    「マンチェスターが今日思いつくことを 世界は明日思いつく」 と言いますが

  • Manchester is a city of firsts.

    実際 マンチェスターは「世界初」でいっぱい

  • This is the world’s first truly modern city,

    世界初の近代都市も

  • the place where mankind first split the atom,

    初めて原子の分離に成功したのも

  • the birthplace of the first modern computer.

    最初の現代コンピューターが生まれたのもこの街です

  • Manchester’s story began here, in Castlefield,

    マンチェスターの歴史は 都心保護地区である

  • where the many chapters of the city’s story merge into one.

    キャッスルフィールドから 始まったとされています

  • Explore the remains of the Roman fort,

    市内には古代ローマ時代

  • built to guard an ancient river crossing.

    川の関所として建てられた砦の遺跡が残されています

  • Wander the banks of Bridgewater canal,

    産業革命のはじめ 1761 年に完成した

  • whose completion in 1761 is regarded as the beginning of the Industrial Revolution.

    ブリッジウォーター運河の岸を 散策してみましょう

  • Admire the warehouses and mills which once numbered in the thousands

    当時この街に巨万の富をもたらした 何千という倉庫や工場の一部を

  • and generated incredible wealth for the city.

    今でも見ることができます

  • While in the background, is Beetham Tower,

    その背後にそびえているのは

  • the symbol of a city once again on the rise.

    現代マンチェスターの繁栄を象徴するビーチャムタワー

  • As the city’s fortunes swelled in the 19th century,

    19 世紀 産業革命時代の 経済的繁栄は

  • so too did its civic pride.

    この街に文化的な繁栄ももたらしました

  • Manchester’s elite saw their city as the new Venice,

    マンチェスターを「新時代のヴェネツィア」にするため エリートたちは

  • and commissioned grand buildings and monuments,

    潤沢な資金を惜しみなく使い

  • taking architectural inspiration from across the ages.

    街中に数多くの見事な建築物やモニュメントを 建築したのです

  • Manchester’s crowning glory is its Town Hall,

    中でも特に見事なのが市内中心地にある タウンホール

  • built to rival the great buildings of London.

    首都ロンドンにも見劣りしない建築美を誇ります

  • Admire the incredible Victorian Gothic exterior,

    まず目を惹くのが ヴィクトリア朝ゴシック建築の外観

  • lavish staterooms,…and murals which celebrate the city’s history.

    そして内部には 贅の限りを尽くした特別室と マンチェスターの歴史を物語る壁画です

  • This is a building that proclaimed,

    この壮観たる見事な建築美こそが

  • this is Manchester, and weve arrived!”

    繁栄の頂点にあったマンチェスターの力と富を象徴しています

  • For two centuries, Manchester’s merchants went on a spending spree,

    2 世紀もの間 この街の商人たちは 世界各地をくまなく巡り

  • scouring the world in search of cultural treasures

    ありとあらゆる文化遺産を買い付け

  • to fill their stately homes.

    マンチェスターの豪邸に収集してきました

  • Many of these treasures now reside in the city’s museums and galleries.

    現在 これら文化遺産の多くは 市内の博物館および美術館に納められています

  • At the Manchester Art Gallery,

    マンチェスター市立美術館には

  • explore the works of the Pre-Raphaelites

    ヴィクトリア朝時代に一世風靡した

  • Britain’s first radical art movement

    ラファエル前派の作品のほか

  • and more contemporary works which continue to challenge.

    数多くの現代アートの作品も 収蔵されています

  • At the Manchester Museum,

    一方 マンチェスター博物館には

  • step into a Gothic Revival time-capsule housing millions of items,

    ゴシック復興時代の傑作と言われる 建築物の中に

  • from a T-Rex skeleton called Stan,

    恐竜ティラノサウルスの骨格標本から

  • to one of the UK’s most important Egyptology collections.

    イギリス屈指のエジプト学コレクションまで 数多くの品が展示されています

  • This city enjoys a proud philanthropic tradition.

    マンチェスターはまた 慈善活動の盛んな街でもあります

  • Perhaps the city’s greatest was Enriqueta Rylands,

    中でも慈善家として有名なのは ジョン ライアンズ図書館を街に寄付した

  • whose gift to the city was the John Rylands Library.

    エンリケッタ ライアンズ でしょう

  • Dedicated to Manchester’s largest textile magnate,

    マンチェスターを代表する織物業界の 有力者の名を冠する

  • in the ten years it took to create this neo-gothic masterpiece,

    このネオ ゴシック様式の傑作の建築には 約 10 年の年月が掛けられました

  • the widow acquired 40 000 books and oversaw every last detail

    ジョン ライアンズの未亡人エンリケッタは 亡き夫とマンチェスター市民のために

  • a labor of love for her late husband, and the people of Manchester.

    約 4 万冊を超える蔵書を 自ら選んだと言われています

  • Manchester has long understood the power of knowledge.

    マンチェスターは昔から「知識」の力をよく知り 大事にしている街です

  • In 1653 the Chetham Library became the country’s first free public library

    1653 年に創設されたチェサムズ図書館は、 イギリス最古の公共図書館で

  • and has been open to all ever since.

    今でも無料で一般公開されています

  • Let your fingertips wander the Tudor era shelves,

    チューダー朝時代の蔵書棚を眺めたら

  • then step into the room where Friedrich Engels and Karl Marx

    かのエンゲルスや マルクスが

  • began to write the Communist Manifesto,

    当時のマンチェスターにおける苛酷な労働環境

  • a work inspired by the crushing conditions the city’s workers once endured.

    にインスピレーションを得て『共産党宣言』 の 構想を練り執筆した部屋を覗いてみましょう

  • Revolution and reform run deep in Manchester’s waters.

    マンチェスターは昔から改革精神溢れる 街としても知られています

  • Housed in a restored Edwardian pump house is The People’s History Museum,

    エドワード朝のポンプ室を修復して建てられた 民衆歴史博物館には

  • which celebrates those who challenged Britain’s rigid political and class systems.

    当時のイギリス階級社会に挑戦した社会運動や 労働運動についての貴重な資料が展示されています

  • Stand before the simple desk where Thomas Paine penned The Rights of Man,

    トマス ペインがかの有名な『人間の権利』を 執筆したとされる質素な机も陳列されています

  • a book that helped ignite the revolutionary fires in America and France.

    この著書は当時アメリカとフランスにおける革命に 多大な影響を及ぼしました

  • At the world’s oldest surviving railway station,

    今でもマンチェスターに残る世界最古の 鉄道駅には

  • youll find The Museum of Science and Industry.

    科学産業博物館があります

  • In the museum’s Power Hall,

    博物館のパワーホールに足を踏み入れると

  • feel the heat and steam that powered the shafts

    かつてマンチェスターを産業革命の中心部として

  • and wheels which once made Manchester the Empire’s engine room.

    押し上げた熱と蒸気を実際に体感してみる ことができます

  • From textile looms to locally produced aircraft and motor vehicles,

    テキスタイル ギャラリーからマンチェスター産の飛行機 そして自動車まで

  • this museum is a both fascinating journey through the city’s glory days,

    この博物館ではマンチェスターを産業発展の 原動力的存在に押し上げた産業のすべてを

  • and a peek into the future.

    学ぶことができます

  • The Imperial War Museum North is designed to resemble

    帝国戦争博物館ノースの外観は アルミで覆われ

  • the shards of a world shattered by conflict.

    戦争の衝撃を表したデザインになっています

  • Manchester knows well the horrors of war. During the Manchester Blitz,

    マンチェスターもこれまで数多くの戦禍をくぐり抜けてきました 第二次世界大戦中の空襲時には

  • thousands of German bombs reigned down upon the city.

    ドイツ軍によって何千という数の爆弾が マンチェスターの街に降り注ぎました

  • In typical Mancunian fashion,

    マンチェスターの精神にのっとり

  • this museum strips away the pomp and glory of war

    この博物館では戦争の栄光は一切取り扱わず 戦争によって

  • and reminds us instead, of its human cost.

    人間がいかに影響を受けたかを明らかにする展示品を見ることができます

  • After the 1950s, Manchester’s fortunes went into a serious decline

    1950 年代以降 マンチェスターの繁栄は 明らかに減退しつづけ

  • and the city was all but written off as a post-industrial basket-case.

    ポスト工業社会のバスケット ケース とまで言われるまで地に落ちた時代もありました

  • But in recent decades, the city began to awaken once more,

    しかしここ最近 マンチェスターはクリエイティブな若い世代の

  • largely thanks to its youthful creativity.

    力によって再び目覚めつつあります

  • A succession of bands like Joy Division, the Smiths,

    『ジョイ ディヴィジョン』や 『ザ スミス』

  • The Stone Roses and Oasis shook up the

    『ザ ストーン ローゼズ』に『オアシス』といった

  • foundations of popular music and put Manchester back on the map.

    マンチェスター出身のロックバンド達は 世界的な人気を博しています

  • Explore the city’s incredible musical heritage

    音楽好きならぜひマンチェスターを代表するアートなエリア

  • in areas like the Northern Quarter,

    ノーザン クォーターを訪れてみましょう

  • and pick up some rare vinyl along the way.

    レアなビンテージもののレコードが見つかるかもしれません

  • Then head toThe Villagearound Canal Street,

    その後は カナル ストリート周辺を中心とする ゲイ ビレッジへ

  • which perfectly encapsulates the Mancunian ideals of tolerance,

    個性を大事にし温和で開放的な マンキュニアン(マンチェスター市民)たちに

  • self-expression and good times.

    出会うことができるエリアです

  • But if there’s one source of pride that truly unites this city,

    マンチェスター市民が最も誇りにし 彼らの心を 1 つに団結できるものがあるとすれば

  • it’s its two football clubs,

    それはやはり地元のフットボール クラブ

  • Manchester City and Manchester United.

    マンチェスター シティとマンチェスター ユナイテッドでしょう

  • In 1968, Manchester United,

    特にマンチェスター ユナイテッドは

  • became the first English club to become European Champions.

    1968 年にイギリスのフットボール クラブ初 ヨーロッパ チャンピオンの栄冠に輝いたクラブです

  • Today, the club enjoys a global fan base in the millions.

    現在マンチェスター ユナイテッドのファンは 世界中に何百万といます

  • Learn more at the National Football Museum in the city center,

    興味のある方は是非 市内にある 国立サッカー博物館を訪れてみましょう

  • or better still, time your visit for a match at Old Trafford,

    時間があるならマンチェスター ユナイテッドの ホーム スタジアム

  • Manchester’s “Theatre of Dreamssince 1910.

    別名「シアター オブ ドリームズ」と呼ばれる オールド トラフォードで試合観戦も一興です

  • Manchester may no longer be England’s industrial powerhouse,

    マンチェスターはもはやイギリスの産業発展の 原動力ではないかもしれません

  • but it’s a city that’s never stopped dreaming.

    しかしマンチェスターは決して夢を諦めない街です

  • Right across the city, daring new projects,

    常に新しいプロジェクトが企画され

  • innovations and ideas continue to capture the world’s attention.

    世界に先駆けたイノベーションやアイデアを 発信し続けています

  • In this city of firsts, the only question is,

    世界中が常にこの街に注目し マンチェスターの次の動きを

  • what will Manchester do next?

    見守っています

In the 1800’s Manchester England was the epicenter

19 世紀 イギリスにおける 産業革命の中心地

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 マンチェスター 博物 産業 建築 革命 繁栄

マンチェスターのバケーション旅行ガイド|エクスペディア (Manchester Vacation Travel Guide | Expedia)

  • 454 66
    Eric Wang に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語