Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • This is a tomato plant, and this is an aphid slowly killing the tomato plant by sucking the juice out of its leaves.

    これはトマト、これは葉っぱから汁を吸ってゆっくりとトマトを殺していくアブラムシです。

  • The tomato is putting up a fight using both physical and chemical defenses to repel the attacking insects.

    トマトは攻撃してくる昆虫を撃退するために物理的かつ科学的な防御を以て戦いを繰り返しています。

  • But that's not all.

    しかしそれだけではありません。

  • The tomato is also releasing compounds that signal nearby tomato plants to release their own insect repellent.

    トマトは近くのトマトに彼ら自身の防虫剤を放出するように指示を出す化合物放出しています。

  • Plants are constantly under attack.

    植物は常に攻撃にさらされています。

  • They face threats ranging from microscopic fungi and bacteria.

    彼らは非常に小さな菌からバクテリアまで、あらゆる脅威に直面しています。

  • Small herbivores, like aphids, caterpillars, and grasshoppers.

    アブラムシや芋虫、バッタなどの小さい草食動物から

  • Up to large herbivores, like tortoises, koalas, and elephants.

    亀やコアラ、ゾウなどの大きな草食動物まで様々です。

  • All are looking to devour plants to access the plentiful nutrients and water in their leaves, stems, fruits, and seeds.

    どの生物も葉や茎、果実、種から豊富な栄養分と水を得るために常に狙っています。

  • But plants are ready with a whole series of internal and external defenses that make them a much less appealing meal, or even a deadly one.

    しかし植物は自身を魅力的でなくしたり、あるいは死に至らせるものとさせるよう、内部においても外部においてもあらゆる防御を備えています。

  • Plants' defenses start at their surface.

    植物の防御はその表面から始まります。

  • The bark covering tree trunks is full of lignin, a rigid web of compounds that's tough to chew and highly impermeable to pathogens.

    木の幹を覆う樹皮は噛むのが難しく病原体をほとんど通さない化合物の硬い網であるリグニンで満たされています。

  • Leaves are protected by a waxy cuticle that deters insects and microbes.

    葉っぱは昆虫や微生物を阻止するろうのようなキューティクルで保護されています。

  • Some plants go a step further with painful structures to warn would-be predators.

    植物の中には潜在的な捕食者に警告するために痛みを伴う構造を以てさらに一歩進むような種もあります。

  • Thorns, spines, and prickles discourage bigger herbivores.

    棘や針などは大きな草食動物のやる気を削ぎます。

  • To deal with smaller pests, some plants' leaves have sharp hair-like structures called trichomes.

    小さい害虫に対応するために、いくつかの植物の葉は毛状突起と呼ばれる鋭い毛のような構造を持っています。

  • The kidney bean plant sports tiny hooks to stab the feet of bed bugs and other insects.

    いんげん豆はナンキンムシやその他の昆虫の足を刺す小さな鉤状構造を持っています。

  • In some species, trichomes also dispense chemical irritants.

    ある種では、毛状突起も不快な刺激を引き起こす物質を放出します。

  • Stinging nettles release a mixture of histamine and other toxins that cause pain and inflammation when touched.

    イラクサは触られると痛みと炎症を引き起こすヒスタミンと他の毒素の混合物を放出します。

  • For other plant species, the pain comes after an herbivore's first bite.

    他の植物については、草食動物の最初の一噛みの後に痛みが生じます。

  • Spinach, kiwi fruit, pineapple, fuchsia, and rhubarb all produce microscopic needle-shaped crystals called raphides.

    ほうれん草、キウィ、パイナップル、フクシア、ダイオウみな全てラフィドと呼ばれる小さな針状の結晶を生産します。

  • They can cause tiny wounds in the inside of animals' mouths, which create entry points for toxins.

    それらは動物の口の中に小さなキズを作り、そうすることで毒素の侵入ポイントが出来上がります。

  • The mimosa plant has a strategy designed to prevent herbivores from taking a bite at all.

    ミモザは草食動物がたったの一噛みもできないような戦略を持っています。

  • Specialized mechanoreceptor cells detect touch and shoot an electrical signal through the leaflet to its base causing cells there to release charged particles.

    専用の機械刺激受容体細胞が接触を検知し、葉を通じて付け根まで電気シグナルを発し細胞に荷電粒子を放出させます。

  • The buildup of charge draws water out of these cells and they shrivel, pulling the leaflet closed.

    電荷が増大するとこれらの細胞から水分が出てしなび、葉が閉じます。

  • The folding movement scares insects away and the shrunken leaves look less appealing to larger animals.

    葉が閉じる動きは虫を怖がらせ、縮んだ葉は大きな動物にとって魅力的ではなくなるのです。

  • If these external defenses are breached, the plant immune system springs into action.

    これらの外部の防御が破られると植物の免疫システムが素早く動き出します。

  • Plants don't have a separate immune system like animals.

    植物は動物のように単独の免疫システムを持っていません。

  • Instead, every cell has the ability to detect and defend against invaders.

    代わりにそれぞれの細胞は侵入物を検知し防御する能力があります。

  • Specialized receptors can recognize molecules that signal the presence of dangerous microbes or insects.

    特別な受容体は危険な微生物や昆虫の存在を知らせる分子を認識することができます。

  • In response, the immune system initiates a battery of defensive maneuvers.

    それに応じて免疫システムは一連の防御手段を講じ始めます。

  • To prevent more pathogens from making their way inside, the waxy cuticle thickens and cell walls get stronger.

    さらなる病原体が内部に入ってくるのを防ぐためにろう状のキューティクルは暑くなり、細胞壁は強くなります。

  • Guard cells seal up pores in the leaves.

    孔辺細胞は葉っぱの気孔を覆います。

  • And if microbes are devouring one section of the plant, those cells can self-destruct to quarantine the infection.

    そしてもし微生物が植物のある部分を食い荒らしている時は、これらの細胞が感染を食い止めるために自己破壊することもあります。

  • Compounds toxic to microbes and insects are also produced, often tailor-made for a specific threat.

    微生物や昆虫に有毒な化合物も生成されしばしば特定の脅威に合わせて作られます。

  • Many of the plant molecules that humans have adopted as drugs, medicines, and seasonings evolved as part of plants' immune systems because they're antimicrobial, or insecticidal.

    人間が薬物、薬、調味料として採用した植物分子の多くは、抗菌性があったり殺虫性があるため植物の免疫システムの一部として進化しました。

  • An area of a plant under attack can alert other regions using hormones, airborne compounds, or even electrical signals.

    攻撃を受けている植物の領域はホルモン、空気中の化合物、そして電気シグナルさえも浸かって他の部位に警告をだすこともあります。

  • When other parts of the plant detect these signals, they ramp up production of defensive compounds.

    植物の他の部分がこれらのシグナルを検知すると、彼らは防御用化合物の生産を強めます。

  • And for some species, like tomatoes, this early warning system also alerts their neighbors.

    またトマトのようないくつかの種についてはこの早期警告システムは周囲にも警告を出します。

  • Some plants can even recruit allies to adopt a strong offense against their would-be attackers.

    植物の中には、彼らに攻撃してくるであろうものに対して強力な攻撃を行うために同盟を組むものさえあります。

  • Cotton plants under siege by caterpillars release a specific cocktail of 10 to 12 chemicals into the air.

    綿は毛虫に遭遇した時、10から12種の化合物を空気中に放出します。

  • This mixture attracts parasitic wasps that lay eggs inside the caterpillars.

    この混合物はイモムシの中に卵を産む寄生ハチを引き寄せます。

  • Plants may not be able to flee the scene of an attack, or fight off predators with teeth and claws, but with sturdy armor, a well-stocked chemical arsenal, a neighborhood watch, and cross-species alliances, a plant isn't always an easy meal.

    植物は攻撃から逃げたり歯や爪で捕食者を撃退することはできないかもしれませんが、頑丈な鎧、様々な化学兵器、周囲の監視、種を超えた同盟関係があるのでいつも簡単な食事になるわけではないのです。

This is a tomato plant, and this is an aphid slowly killing the tomato plant by sucking the juice out of its leaves.

これはトマト、これは葉っぱから汁を吸ってゆっくりとトマトを殺していくアブラムシです。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

C1 上級 日本語 TED-Ed 植物 化合 トマト 細胞 昆虫

TED-Ed】植物が自らを守る驚くべき方法 - Valentin Hammoudi (【TED-Ed】The amazing ways plants defend themselves - Valentin Hammoudi)

  • 9477 892
    osmend に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語