Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • There once lived a pretty young girl called Cinderella, with her father, stepmother, and

    昔、シンデレラと呼ばれる可愛い女の子が住んでいました父親と継母と

  • two stepsisters called Drizella and Anastasia.

    ドリゼラとアナスタシアという二人の義姉。

  • The stepmother and her daughters were very cruel, making Cinderella do all the chores.

    継母とその娘たちはとても残酷で、シンデレラに家事を全部やらせていました。

  • Cinderella, Cinderella!

    シンデレラ!

  • Look at the time!

    時間を見て!

  • Cindrella still hasn’t brought in my tea.

    シンデレラがまだお茶を持ってきてくれない。

  • Ooooh!

    うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

  • I feel a headache starting.

    頭痛が始まる気がする。

  • I’m sorry mother, I was ……. Stop making excuses you lazy girl.

    ごめんね、お母さん、私は......。言い訳はやめてよ......怠け者の娘。

  • Just then, Anastasia calls out for Cinderella.

    ちょうどその時、アナスタシアがシンデレラを呼ぶ。

  • Where has that lazy thing gone?

    その怠け者はどこへ行ってしまったのでしょうか?

  • Where is my dress you were supposed to iron?

    アイロンをかけるはずだった私のドレスはどこ?

  • I was just going to bring it up to you.

    それを持ち出そうと思っていたところです。

  • Look at you, you filthy thing.

    自分を見てみろ 汚いもの

  • Wash yourself before you touch my dress.

    私のドレスに触る前に自分で洗って

  • Dirty wretch!

    汚い女!

  • This was poor Cinderella’s life.

    これは可哀想なシンデレラの人生だった。

  • Every day she toiled from morning to night, doing all the household work.

    毎日、朝から晩まで家事をしていました。

  • Every night, tired, she went up to the attic, where slept on a bed of straw.

    毎晩、疲れた彼女は、藁のベッドの上で寝ていた屋根裏部屋に上がりました。

  • One morning, when Cinderella was in the kitchen, she heard her stepmother and sisters talking

    ある朝、シンデレラが台所にいると、継母と姉妹が話しているのが聞こえてきました。

  • very excitedly.

    とってもワクワクしています。

  • Mama, this is an invitation for the prince’s ball!

    ママ これは王子様の舞踏会の招待状よ!

  • He has invited all the pretty ladies of the kingdom to find his bride among them.

    彼は、王国のすべての美しい女性を招待して、彼らの中から彼の花嫁を見つけるために。

  • Mother, Anastasia, we have to visit the dressmaker to make beautiful gowns.

    母さん、アナスタシア、私たちは美しいドレスを作るためにドレスメーカーを訪問しなければなりません。

  • Ooooo!

    うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

  • I am so excited.

    興奮しています。

  • I am going to get a green gown and wear my lovely emeralds with it!

    グリーンのガウンを手に入れて、素敵なエメラルドを身につけようと思っています!

  • And I will get a gown in ice blue and wear my dazzling diamonds and sapphires with it.

    そして、アイスブルーのガウンを手に入れて、私のまばゆいばかりのダイヤモンドとサファイヤを身に着ける。

  • My daughters will be the belles of the ball, I’m sure.

    娘たちは舞踏会のベルスになるんだろうな。

  • The next few days, Cinderella’s stepmother and stepsisters visited dressmakers, hair

    その後数日間、シンデレラの継母と義姉たちはドレスメーカーやヘアメーカーを訪れました。

  • stylists, jewelers and shoe shops, while poor Cinderella did all the work.

    スタイリスト、宝石店、靴屋さんは、かわいそうなシンデレラがすべての仕事をしている間に。

  • Finally, the day of the ball arrived.

    いよいよボールの日がやってきました。

  • With Drizella, Anastasia and their mother getting dressed, each kept calling out for

    ドリゼラ、アナスタシア、母親が着替えをしている間、それぞれが声をかけ続けました。

  • Cinderella to help them get dressed and make last minute touches to their makeup.

    シンデレラは、彼らが服を着て、最後の最後にメイクをするのを助けるために。

  • The coach has already arrived.

    すでにコーチが到着しています。

  • We better leave if we are not to be late.

    遅刻しないようにするためにも出て行った方がいいですね。

  • Cinderella’s father, stepmother and step sisters left for the ball, and Cinderella

    シンデレラの父、継母、義姉は舞踏会に出発し、シンデレラは

  • kept looking till they were out of sight.

    彼らが見えなくなるまで見続けた

  • She then went to the kitchen and sat down among the cinders.

    そして、彼女は台所に行き、燃えがらの間に腰を下ろした。

  • Oh mama, why did you go away and leave me?

    ママ、どうして私を置いて行ってしまったの?

  • Suddenly, a blue light filled the room.

    突然、青い光が部屋を満たした。

  • Cinderella rubbed her eyes to see clearly, and saw a queer old lady with soft white curls

    シンデレラは目をこすってよく見えるようにしていたが、そこには柔らかい白いカールをした奇怪な老婦人がいた。

  • on her head.

    彼女の頭の上に

  • Her dress had flounces, and jewels sparkled on her dress.

    彼女のドレスにはフラウンスがあり、宝石がキラキラと輝いていた。

  • In her hand she had a wand, the tip of which glowed blue.

    彼女の手には杖が握られていて、その先端が青く光っていた。

  • Whowho.. who are you?

    誰...誰...誰...誰なの?

  • I am your fairy godmother.

    私はあなたの妖精のゴッドマザーです。

  • Now now, stop crying and tell me what the matter is.

    さあ、泣くのはやめて、どうしたものか教えてくれ。

  • N..n.. nothing, nothing is the matter.

    n...n...何でもない、何でもない。

  • Hummm.

    ハム

  • Then, why are tears streaming down your cheeks?

    では、なぜ涙が頬を伝っているのか?

  • Ah, I see.

    ああ、なるほど。

  • You are upset because you could not go to the prince’s ball with your parents and

    あなたの両親と一緒に王子の舞踏会に行くことができなかったので、あなたは動揺しています。

  • sisters.

    姉妹で

  • Now stop crying.

    泣くのはやめて

  • You are going to the ball.

    あなたはボールに行くのです。

  • Really?

    そうなんですか?

  • I can go to the ball?

    舞踏会に行ってもいいの?

  • Of course, my dear.

    もちろんだよ

  • But how, godmother?

    でも、どうやって、名付け親?

  • I have nothing to wear and no way of going there.

    着るものもないし、行くところもない。

  • Hmmmm,...

    うーん、、、、。

  • Can you get me a large pumpkin?

    大きなかぼちゃを買ってきてくれませんか?

  • A pumpkin?

    カボチャ?

  • What for?

    何のために?

  • You ask too many questions, child.

    質問が多すぎるわ

  • Just do as you are told.

    言われた通りにしてください。

  • Cinderella brought a big fat pumpkin from the garden.

    シンデレラは庭から大きな太ったカボチャを持ってきました。

  • The fairy touched it with her wand, and before Cinderella’s amazed eyes, the pumpkin changed

    妖精が杖で触ると、シンデレラの目の前でかぼちゃが変わりました。

  • into a beautiful coach.

    美しいコーチに

  • Now we need six horses to draw the coach.

    あとは馬車を描くのに6頭必要です。

  • Go and fetch me six mice.

    6匹のネズミを取ってきてくれ

  • Cinderella quickly got the mouse trap from the kitchen corner.

    シンデレラはキッチンの隅にあったネズミの罠をすぐに手に入れた。

  • The fairy touched the mice with her wand, and they immediately turned into six beautiful

    妖精が杖でネズミに触れたところ、ネズミはすぐに6匹の美しいネズミに変身しました。

  • horses.

    馬だ

  • Next, the fairy godmother changed a nice fat rat with big whiskers to a coachman, and six

    次に、妖精のゴッドマザーは、大きなひげのある素敵な太ったネズミをコーチマンに変えました。

  • lizards into footmen.

    トカゲをフットマンに

  • Well, there we go, all set for the ball.

    さあ、行くぞ、ボールの準備は万端だ。

  • Now why do you have that gloomy look on your face?

    さて、なぜ暗い顔をしているのか?

  • Fairy Godmother, how can I go to the ball dressed in these rags?

    フェアリーゴッドマザー、こんなボロボロの服を着てどうやって舞踏会に行くの?

  • Silly child, I haven’t forgotten about your clothes.

    バカな子、あなたの服を忘れてないわよ。

  • Come here, stand in front of me.

    こっちに来て、私の前に立って

  • One touch of her wand, and lo and behold!

    彼女の杖にワンタッチすると...見よ!

  • She was transformed into an absolutely beautiful princess, in a shimmering dress of gold and

    彼女は金色の煌びやかなドレスを身にまとい、美しいプリンセスに変身しました。

  • silver, with shining precious stones.

    銀色に輝く宝石で

  • Her hair was piled up into a fashionable style with a dazzling tiara on top.

    彼女の髪は、トップにまばゆいティアラをつけたオシャレなスタイルにパイルされていた。

  • And, on her small, slim and pretty feet were two pretty glass slippers.

    そして、彼女の小さくて華奢で可愛い足には、可愛らしいガラスのスリッパが2足ついていました。

  • Oh godmother, is this me?

    ああ、神母さん、これは私ですか?

  • Yes dear, it is indeed you.

    そうですね、確かにそうですね。

  • You are beautiful to look at, and a loving soul also.

    見た目にも美しく、愛に満ちた魂を持っている。

  • Now off you go to the ball.

    今すぐボールに行くんだ

  • Cinderella hugged her fairy godmother and started towards the coach.

    シンデレラは妖精のゴッドマザーを抱きしめ、馬車に向かって走り出した。

  • Just a minute, child.

    ちょっと待って

  • Remember, my power will stop at the stroke of midnight.

    忘れてはいけないのは、私の力は夜中の一撃で止まるということ。

  • The coach shall become a pumpkin, and you shall be back in your rags, so make sure you

    馬車はかぼちゃになって、ぼろぼろになって帰ってくるので、しっかりと

  • are home before the clock strikes midnight.

    夜中に帰宅する前に

  • I will remember that.

    そのことを忘れないようにします。

  • Thank you so much for everything, and goodbye.

    今まで本当にありがとうございました、さようなら。

  • Cinderella sat in the fancy coach and left for the ball.

    シンデレラはファンシーコーチに座り、ボールのために去っていった。

  • When she reached, the ball had already started.

    彼女がたどり着いたときには、すでにボールは始まっていた。

  • As Cinderella stepped in, everyone turned to look at her.

    シンデレラが踏み込んでくると、みんなが彼女に目を向けた。

  • Cinderella stood uncertainly at the door, when the prince himself came forward to guide

    シンデレラはドアの前で不安そうに立っていましたが、王子様が前に出てきて案内してくれました。

  • her in.

    彼女を入れて

  • I don’t think I have ever seen anyone as beautiful as you.

    あなたほど美しい人は見たことがないと思います。

  • Would you please dance with me?

    一緒に踊ってくれないか?

  • Cinderella let the prince guide her to the dance floor.

    シンデレラは王子様をダンスフロアに案内させた。

  • She couldn’t believe that the prince himself wanted to dance with her!

    王子様が一緒に踊りたいと言っていたなんて信じられませんでした。

  • Who is that creature, Anastasia?

    あの生き物は誰だ、アナスタシア?

  • Doesn’t she look familiar?

    見覚えがない?

  • She is a bit pretty, but she can’t compare with us.

    ちょっとした美人ですが、私たちとは比べ物になりません。

  • The prince shall soon leave her and make his way to us.

    王子はすぐに彼女を残して 我々のところへ向かうだろう

  • However, the prince couldn’t take his eyes off Cinderella.

    しかし、王子様はシンデレラから目が離せませんでした。

  • Cinderella had never enjoyed herself so much in her entire life.

    シンデレラは自分の人生をこれほどまでに楽しんだことはなかった。

  • When she glanced at the clock, it was about to strike twelve.

    彼女が時計に目をやると、12時を迎えようとしていた。

  • She pulled herself away from the prince and ran down the stairs.

    彼女は王子から身を引き離し、階段を駆け下りた。

  • In her hurry to leave, one of her little glass slippers fell off.

    慌てて帰ろうとした時、彼女の小さなガラスのスリッパが一つ落ちてしまった。

  • The prince ran after her, but Cinderella was nowhere in sight.

    王子は彼女を追いかけて走ったが、シンデレラの姿はどこにもなかった。

  • As he turned away, Cinderella’s little glass slipper caught his eye.

    彼が背を向けたとき、シンデレラの小さなガラスの靴が彼の目に留まりました。

  • This is the slipper of the lovely lady I have spent the evening with.

    一緒に夜を過ごした素敵な女性のスレです。

  • This has to be love, for I cannot think of a life without her now.

    これは愛に違いない、彼女のいない人生は考えられない。

  • Oh, my love, I will find you and will make you mine.

    ああ、愛しい人よ、あなたを見つけて私のものにしてあげるわ。

  • The next morning, the prince called for his courtiers.

    翌朝、王子は廷臣たちを呼んだ。

  • Take this glass slipper to every corner of the kingdom till you find the fair lady whose

    このガラスの靴を持って王国の隅々まで行き...その美しい女性を見つけるまで...

  • foot it fits.

    足にフィットします。

  • The courtiers went to each and every home to search for the prince’s sweetheart.

    廷臣たちは王子の恋人を探しに各家庭を回った。

  • Finally, they reached the house where Cinderella lived.

    ようやくシンデレラの住む家にたどり着いた。

  • We have been sent by the prince.

    王子様から派遣されてきました。

  • All the fair ladies in this house are requested to please try on this slipper.

    この家のすべてのフェアレディは、このスリッパを試してみてください。

  • The one whose foot fits this slipper shall be the prince’s chosen wife.

    この靴に足が合う者が王子の選ばれた妻となる。

  • Drizella, Drizella, come quick.

    ドリゼラ、ドリゼラ、クイックみたいな。

  • The prince’s courtier has come with a slipper.

    王子様の求婚者がスリッパを持ってやってきました。

  • The prince will marry the one it fits.

    王子様は合う人と結婚します。

  • Oh, I’m sure I’m going to be the chosen one.

    あー、選ばれし者になるんだなー。

  • You may try it on also if it makes you happy, sister.

    お姉ちゃんも喜んでくれるなら着てみてもいいですよ。

  • Humph!

    ハム!

  • Always full of yourself as usual.

    いつものように自分のことで精一杯。

  • Here, boy, let me try it on.

    これを着てみよう

  • Anastasia tried the slipper on, but no way would her large foot fit into the tiny slipper.

    アナスタシアはスリッパを履こうとしたが、彼女の大きな足が小さなスリッパに合うはずがない。

  • I don’t think that slipper can fit anyone other than a child.

    スリッパは子供以外には合わないと思います。

  • Drizella then tried the slipper.

    そしてドリゼラはスリッパを試した。

  • Her foot was slimmer than Anastasia’s, but it would not fit into the slipper, though

    彼女の足はアナスタシアのものよりも細かったが、スリッパには入らないだろう。

  • she tried to squeeze it in in every way possible.

    彼女は可能な限りの方法でそれを圧迫しようとした。

  • Excuse me, ladies, is there any other lady in this house?

    すみません、お嬢さん方、この家には他に女性はいませんか?

  • Of course not!

    もちろん、そんなことはありません!

  • You are just wasting your time.

    時間の無駄遣いをしているだけです。

  • No way will this fit the foot of a lady.

    これが女性の足に合うわけがない。

  • As the courtiers were about to leave, they caught sight of Cinderella near the kitchen

    廷臣たちが帰ろうとしたとき、台所の近くにいるシンデレラの姿が目に入った。

  • door.

    によって。

  • This young lady has not tried on the slipper.

    このお嬢さんはスリッパを履こうとしていない。

  • Please, this way

    お願いです、こちらへ...

  • Oh, I don’t think

    あ、そうじゃないと思うんだけど...

  • Come, come.

    どのように、どのように。

  • Every lady must try it on.

    女性なら誰でも試着してみるものです。

  • Cinderella came forward shyly and hesitantly to try on the slipper.

    シンデレラは恥ずかしそうに前に出てきて、スリッパを履いてみようと躊躇していた。

  • She slid it on, and the slipper fit her perfectly.

    彼女はそれを履いて、スリッパは彼女にぴったりとフィットしました。

  • Her stepmother and sisters were shocked..

    義母や姉妹はショックを受けていたが...。

  • When did she go to the ball?

    彼女はいつ舞踏会に行ったの?

  • I don’t believe this!

    信じられない!

  • Oh, will someone get me my smelling salts?

    誰か嗅覚剤を買ってきてくれないかな?

  • We have good news, Prince.

    いいニュースがあるわ プリンス

  • We have with us the young lady whose foot perfectly fit the glass slipper.

    足がガラスの靴にピッタリのお嬢さんをお持ちです。

  • The prince immediately recognized Cinderella, even though she was not wearing the grand

    シンデレラはグランドを着ていないのに、王子はすぐに気がつきました。

  • clothes that she was wearing on the day of the ball.

    舞踏会当日に着ていた服

  • The king and queen were also overjoyed that their son had chosen such a beautiful bride.

    国王と王妃もまた、息子がこのような美しい花嫁を選んだことに大喜びでした。

  • My darling, I would have recognized you no matter what you wore.

    ダーリン、何を着ていても あなたに気付いていたわ。

  • You have stolen my heart, and I cannot wait to make you my princess.

    あなたは私の心を奪った 私はあなたを私のお姫様にするのが待ちきれません

  • There was great feasting and rejoicing in the kingdom when the prince married Cinderella.

    王子がシンデレラと結婚した時、王国では大騒ぎと歓喜がありました。

  • Cinderella’s family was also invited, who were very repentant of the way they had treated

    シンデレラの家族も招待されましたが、彼らは自分たちの扱いをとても悔やんでいました。

  • her.

    彼女のことだ

  • However, the good soul that Cinderella was, she forgave her family.

    しかし、シンデレラの善良な魂は、家族を許していた。

  • I am blessed to find such a wonderful husband.

    こんな素敵な旦那様に出会えて幸せです。

  • I shall request him to allow my family to stay at the palace also.

    私の家族が宮殿に滞在することを 許可してもらうように頼みます

  • I wish I could see my dear godmother just once more to thank her.

    親愛なるゴッドマザーにもう一度お礼を言いたいです

  • Cinderella and her prince lived happily for many years, ruling wisely over their kingdom.

    シンデレラとその王子様は、王国を賢く支配して長年幸せに暮らしていました。

There once lived a pretty young girl called Cinderella, with her father, stepmother, and

昔、シンデレラと呼ばれる可愛い女の子が住んでいました父親と継母と

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 シンデレラ 王子 スリッパ 舞踏 継母 ゴッド

シンデレラ|フルムービー|漫画アニメおとぎ話子供のための|姫のおとぎ話

  • 6235 394
    Tori Yang に公開 2017 年 07 月 22 日
動画の中の単語