Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The Frog Prince

    カエルの王子様

  • There once lived a princess who was very, very beautiful.

    昔、とてもとても美しいお姫様が住んでいました。

  • She loved to spend her time outdoors, playing among the plants and trees.

    草木の間で遊んだり、屋外で過ごすのが好きだったそうです。

  • Her father, the king, loved her dearly.

    彼女の父である王は、彼女を心から愛していた。

  • On her birthday, he gave her a lovely golden ball.

    彼女の誕生日には、素敵な金色のボールをプレゼントしてくれました。

  • Oooooh!

    うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

  • What a nice ball!

    なんて素敵なボールなんでしょう。

  • Thank you father, I will have a super time playing with it.

    お父さんありがとう、超楽しく遊ばせてもらいます。

  • The princess ran outside with her ball.

    お姫様はボールを持って外に走り出しました。

  • It was a lovely sunny day, and she had so much fun bouncing the ball, throwing it up

    この日は素敵な晴れの日で、彼女はボールを跳ね上げたり、投げ上げたりしてとても楽しんでいました。

  • and catching it.

    とキャッチしています。

  • What a great gift father has given me.

    父が私に与えてくれた素晴らしい贈り物。

  • I can spend hours just playing with it.

    遊んでいるだけで何時間も過ごせる

  • Up and down goes my golden ball, bounce bounce bounce, up and down goes my golden ball, bounce

    上下に私の黄金のボールを行く、バウンスバウンスバウンスバウンス、上下に私の黄金のボールを行く、バウンス

  • bounce bounce.

    跳ね返る跳ね返る。

  • Whippee wee wee wee, how I love my golden ball!

    ウィッピーウィーウィーウィー、なんと私の金色のボールが大好きなのです

  • The princess spent the whole day playing with her ball, till it started getting dark.

    お姫様は、暗くなり始めるまで、一日中ボール遊びをしていました。

  • Let me throw the ball high just one more time before I go in.

    入る前にもう一回だけ高いところにボールを投げさせてください。

  • The princess threw her ball as high as she could.

    お姫様は全力でボールを投げた。

  • Alas!

    嗚呼

  • Because it was getting dark and she could not see well, the ball fell on the ground,

    暗くなってきてよく見えなくなってきたので、ボールは地面に落ちた。

  • bounced, and rolled away into a nearby pond.

    跳ねて、近くの池に転がり込んだ。

  • Oh no!

    やばい!

  • My beautiful ball!

    私の美しいボール!

  • How will I get it out of the dirty pond water?

    汚れた池の水からどうやって出すの?

  • There are so many water lilies here, I cannot even see the ball!

    ここには睡蓮がたくさんあって、ボールを見ることもできません!(笑

  • The princess sat down beside the pond, crying her heart out.

    お姫様は泣きながら池の横に座っていました。

  • Suddenly, she heard a sound beside her.

    突然、彼女の横で音がした。

  • Croak croak, croak croak.

    鳴き声、鳴き声。

  • Stop that awful noise!

    そのひどい音を止めろ!

  • Can’t you see I am upset?

    動揺しているのが分からないのか?

  • I can see that princess, that is why I have come to help you.

    私はその王女を見ることができます、それは私があなたを助けるために来た理由です。

  • You, help me?

    助けてくれないか?

  • And how would you do that?

    どうやってやるんだ?

  • Well, I could jump into the pond and look for your golden ball.

    池に飛び込んで金色のボールを探そうかな

  • I saw how much fun you were having with it the whole day.

    一日中楽しそうにしていたのが見えました。

  • Really?

    そうなんですか?

  • Would you do that for me?

    そうしてくれないか?

  • Oh please, please, please find my golden ball.

    どうか、どうか、私の金色のボールを見つけてください。

  • Of course I will do it for you.

    もちろん、私が代わりにやってあげようと思います。

  • And I will not give up till I find it.

    見つけるまで諦めません。

  • But I need something for that.

    でも、そのためには何かが必要なんです。

  • What do you want?

    何がしたいの?

  • I will give you anything if you find my ball.

    私のボールを見つけたら、何でもあげるわ。

  • Hear what I want before you make your promise, sweet princess.

    約束をする前に私の望みを聞いてください、可愛いお姫様。

  • Come on, come on, anything, just get my ball back.

    さあ、さあ、何でもいいからマイボールを取り戻せ。

  • Well, I want you to be my friend.

    まあ、友達になってほしい。

  • You must play with me, let me dine with you, and then let me sleep beside you on your pillow.

    一緒に遊んで、一緒に食事をさせて、枕元で横に寝かせて。

  • Do you agree?

    同意しますか?

  • Are you totally mad?

    気でも狂ったのか?

  • The choice is yours.

    選択はあなた次第です。

  • You either agree to my condition, or I will say goodnight now.

    私の条件に同意するか、今すぐおやすみなさい。

  • Hey, wait, wait!

    ちょっと、待って、待って!

  • I have no other way of getting my ball back, I better agree for now

    私は私のボールを取り戻すための他の方法はありません、私は今のところ同意した方が良いです。

  • and see how to handle this creature later.

    と、このクリーチャーの扱い方を後で見てください。

  • Oh, dear froggie, of course you can be my friend.

    親愛なるフロギーさん、もちろんお友達になってください。

  • You get the ball, and we will both play with it, I promise.

    ボールを持ってきてくれたら、二人で遊んでやるよ、約束する。

  • Well then, here I go!

    じゃあ、行くわよ!

  • The frog dived into the pond.

    カエルは池に飛び込んだ。

  • The princess waited impatiently for him to come up, pacing up and down.

    お姫様は、上を向いたり下を向いたりしながら、彼が上がってくるのを焦って待っていました。

  • Finally, up popped the frog from the water, holding the golden ball.

    最後に、金色のボールを持って、水の中からカエルを飛び出した。

  • There you are princess, I have found your precious ball.

    そこにいたのか、お姫様、私はあなたの貴重なボールを見つけました。

  • The princess snatched the ball and fled away fast with it, without even thanking the frog!

    お姫様はカエルにお礼も言わずにボールを掠めて速攻で逃げていきました。

  • My friend indeed!

    私の友人は確かに!

  • Wonder if he has seen that dirty face of his in the mirror.

    鏡の中の汚い顔を見たのかな?

  • The princess happily forgot about her promise to the frog, thinking she would never see

    蛙との約束を忘れて 喜んでいた姫は もう会えないと思っていた

  • him again.

    また彼に会いに来た

  • The next day when she was having dinner with her father, the king, there was

    次の日、彼女が父である王様と食事をしているとき、そこには

  • a splishy splashy kind of sound, and then a gentle knock on the door.

    しぶきのような音がして、ドアを優しくノックする音がした。

  • Yoo hoo, princess, this is your friend the frog here.

    お姫様、こちらはお友達のカエルさんです。

  • You made me a promise that you would let me dine with you at your table, remember?

    あなたのテーブルで一緒に食事をさせてくれると約束してくれたのよね?

  • I am very, very hungry now.

    私は今、とても、とてもお腹が空いています。

  • Good Heavens!

    いいぞ!

  • I completely forgot about that pest, didn’t think he would actually come to the palace

    あの害虫のことはすっかり忘れていました 彼が本当に宮殿に来るとは思いませんでした

  • itself.

    自体のことを指しています。

  • What is this I hear?

    何を聞いているんだ?

  • Er, nothing father, nothing, just a stupid frog who wants to be my friend.

    えー、お父さんでもなんでもない、ただの友達になりたがっているバカなカエルです。

  • Well, I would like to hear what the stupid frog has to say.

    まあ、アホなカエルの意見を聞いてみたいものです。

  • Oh father, I don’t think we should bother

    お父様、私たちは気にしない方がいいと思います...

  • Princess! I said I want to hear what the frog wants.

    姫様!カエルの望みを聞きたいと言ったんだ

  • The princess had to obey her father, so she reluctantly went to bring in the frog.

    お姫様は父に従わなければならなかったので、しぶしぶカエルを連れてきました。

  • Nice to see you, friend.

    会えて嬉しいよ

  • Why did you have to come here, you creepy thing?

    なんでここに来る必要があったんだよ、このキモいやつ。

  • I would have come out and played with you.

    出てきて遊んでいただろう。

  • Aww, princess, I waited for you the whole day and you did not come.

    お姫様、一日中待ってたのに来てくれなかった。

  • I was missing you so much

    あなたが恋しくてたまらなかった

  • Come, eat and then get lost.

    来て、食べて、そして迷子になる。

  • Why are you being so mean and rude to me?

    なんでそんな意地悪で失礼なこと言うの?

  • I helped you find your golden ball, didn’t I?

    金色のボールを見つけるのを手伝ったんだよね?

  • What is the matter, may I ask?

    どうしたんですか?

  • Oh, nothing much, Your Majesty.

    ああ、大したことはありません、陛下。

  • Yesterday the princess’s golden ball fell in the pond, and she promised me that she

    昨日、お姫様の金色のボールが池に落ちてきて、彼女は私に約束しました。

  • would be my friend, let me dine with her and let me sleep on her pillow if I found her

    彼女と食事をさせてくれて、彼女を見つけたら彼女の枕で寝かせてくれたら友達になれる

  • ball.

    ボール

  • But I think now she doesnt want to be my friend.

    でも、今は友達になりたくないんだと思う。

  • Is this true, princess?

    本当ですか、お姫様?

  • I didn’t really mean that, Father.

    そんなつもりはなかったんです 神父様

  • I needed to get my ball, but how can I be friends with this, this

    ボールを手に入れる必要があったのですが、どうしたら友達になれるのでしょうか、これは...

  • That’s enough!

    もういい!

  • I am ashamed of you!

    恥ずかしい!

  • If you have made a promise, you should honour that promise.

    約束をしたのであれば、その約束を守るべきです。

  • I love you dearly, but I cannot allow this behaviour!

    親愛なるあなたを愛していますが、このような行動は許せません!

  • Now be good and say sorry to the frog.

    蛙にごめんなさいと言って、テーブルの上に置いて食事をしてください。

  • The princess was furious!

    お姫様は激怒していました!

  • Say sorry to that dirty creepy thing!

    汚いキモオタに謝れよ!

  • But she had no choice but to do as the king said.

    しかし、彼女は王の言うとおりにするしかなかった。

  • Belch!

    ベルチ!

  • Disgusting fellow!

    気持ち悪い奴!

  • No table manner

    テーブルマナーなし

  • And now I have to make him sleep beside me!

    そして今、私は彼を私の横で眠らせなければならない!

  • What have I landed myself into!

    私は何に巻き込まれたんだ!

  • So when the princess went to bed, she carried the frog with her and put him beside her pillow.

    だから、お姫様が寝るときには、カエルを抱えて枕元に置いていました。

  • Will you tell me a story, princess?

    お話を聞かせてくれないか、お姫様?

  • If you don’t behave yourself and go to sleep, I…

    行儀よくして寝ないと、私は...

  • I will choke you!

    窒息させてやる!

  • The frog looked frightened and quietly moved away.

    カエルは怯えたような顔をして、静かに遠ざかっていった。

  • Oh, I didn’t mean that, you know I didn’t.

    あ、そんなつもりで言ったんじゃないですよ。

  • Look, I’m sorry, okay?

    悪かったよ

  • I’m just very tired, so please go to sleep and let me sleep also.

    ただ、とても疲れているので、私も寝かせてください。

  • The next morning, the frog had left before the princess woke up.

    翌朝、お姫様が目覚める前にカエルが出て行ってしまいました。

  • Now where has the frog gone?

    さて、カエルはどこに行ってしまったのでしょうか?

  • I was nasty to him yesterday, I hope he is not feeling too bad about it.

    昨日は彼に意地悪をしてしまいましたが、彼が嫌な思いをしていないことを祈っています。

  • The princess did not see the frog the whole day, but when dinner time came, it hopped

    お姫様は一日中カエルを見ていませんでしたが、夕食の時間になると、カエルは飛び跳ねました。

  • onto the table beside her with a sweet smile.

    甘い笑みを浮かべながら、彼女の横のテーブルの上で

  • Oh, so you are back.

    ああ、戻ってきたんですね。

  • After last night I thought you might be angry with me.

    昨夜の後、私に怒っているのではないかと思っていました。

  • Oh, my dear, dear princess.

    おやおや、お姫様。

  • I couldn’t be angry with you even if I wanted to.

    怒りたくても怒れなかった。

  • And I promise not to belch again.

    そして、もう二度とゴリゴリはしないと約束する。

  • The princess smiled at the frog, and they finished dinner and went to bed.

    お姫様はカエルを見て微笑み、二人は夕食を終えて寝た。

  • Come, you can sleep on my pillow.

    私の枕で寝て

  • And I’ll even tell you a story to make up for yesterday.

    昨日の埋め合わせの話もするよ

  • The frog was soon asleep, and like the day before, he had gone by the time the princess

    カエルはすぐに眠りにつき、前日と同じように、お姫様がお帰りになる頃にはもういなくなっていました。

  • awoke, coming back again in time for dinner.

    目が覚めて、夕食に間に合うようにまた戻ってきた。

  • Why do you leave without saying goodmorning?

    なぜおはようと言わずに帰るのか?

  • Oh, were you missing me?

    私がいなくて寂しかった?

  • Come along, it’s time for your story.

    一緒に来てください、あなたの物語の時間です。

  • No my dear, I am very tired today and just want to sleep.

    いや、今日は疲れていて寝たいだけなんだ。

  • The frog soon fell asleep, snoring away softly.

    カエルはすぐにいびきをかいて眠りにつきました。

  • The princess looked at him with a smile.

    お姫様は笑顔で彼を見ていた。

  • He’s not such a bad guy, actually.

    実際はそんな悪い奴ではない。

  • So saying, she gently kissed the frog, and then fell asleep.

    そう言って、彼女はカエルにそっとキスをしてから眠りについた。

  • She woke up the next morning expecting the frog to have gone as ususal.

    翌朝、彼女はカエルがユーサールのように逝ってしまったと思って目を覚ました。

  • But what did she see??!!!

    でも彼女は何を見たの?

  • There was no frog, but a very, very handsome young man lying beside her.

    そこにはカエルはいなかったが、彼女の横にはとてもとてもハンサムな青年が横たわっていた。

  • Who.. who.. who are you?

    誰...誰...誰...誰なの?

  • And what are doing in my bed?

    私のベッドで何をしてるの?

  • My beautiful princess!

    私の美しいお姫様!

  • I have been waiting for you to wake up.

    目覚めてくれるのをずっと待っていました。

  • But who are you?

    しかし、あなたは誰ですか?

  • I am the ugly frog, your friend.

    私は醜いカエルですよ、あなたのお友達。

  • For such a long time I have been watching you from the pond, loving you from far.

    こんなに長い間、私は池の上からあなたを見ていました、遠くからあなたを愛しています。

  • What!!!

    何だよ!

  • Yes, my dear.

    そうですね。

  • A very long time ago, a nasty witch cast a horrible spell on me.

    ずいぶん昔に 厄介な魔女が私に恐ろしい呪文をかけたのよ

  • She turned me into a frog, and said I would remain one till someone kissed me.

    彼女は私をカエルに変えて 誰かにキスされるまでカエルのままでいようと言った。

  • The spell was broken last night when you kissed me.

    昨日のキスで呪文が解けたわ

  • I can’t believe this!

    私は...

  • Now let’s go to your father, the king, so I can ask for your hand in marriage.

    信じて...これを!

  • If he had not made you keep your promise, I don’t know when the witch’s spell would have been broken.

    さあ、お父様のところへ行きましょう、王様、そうすれば結婚を申し出ることができます。

  • So the princess and the handsome young prince went up to the king, where the prince told him his story.

    もし彼があなたに約束を守らせていなかったら、魔女の呪文はいつの間にか

  • And now, Your Majesty, I would like to marry your daughter and take her with me to my kingdom,

    が壊れてしまった。

  • where my mother and father must be waiting for me to return.

    そこで王女とハンサムな若い王子は王のところへ行き、王子はこう言いました。

  • Of course, young man, it would indeed make me a very happy man if you married my daughter.

    彼の話を聞いた

  • Off went the prince with his princess to his kingdom, where they were welcomed with a lot

    そして今、陛下、私はあなたの娘と結婚して、私の王国に連れて行きたいと思っています。

  • of joy and rejoicing, living a happy life thereafter.

    父と母が私の帰りを待っているはずです。

The Frog Prince

カエルの王子様

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 カエル ボール バウンス 王子 跳ね 友達

カエルの王子様フルストーリー|子供のためのアニメおとぎ話

  • 2660 189
    Tori Yang に公開 2017 年 07 月 22 日
動画の中の単語