Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Mr. Stubborn (Onggojip)

    頑固さん(オンゴジップ

  • Once upon a time, in Ongjingol, there lived a man called Onggojip.

    昔々、オンジンゴルには、オンゴジップという男が住んでいました。

  • He was wealthy enough to support his family without working,

    働かなくても家族を養えるほど裕福だった。

  • but he never had a minute of rest because of his nasty suspicious nature.

    と言っていましたが、意地悪な疑心暗鬼のせいで一分たりとも休む暇がありませんでした。

  • He did not trust anyone and always thought he was being cheated or deceived.

    誰も信用しておらず、いつも騙されている、騙されていると思っていた。

  • What are the servants doing

    下僕は何をしているのか...

  • What if theyre taking a nap because I’m not there to watch them!?

    私が見ていないからお昼寝していたらどうしよう!?

  • Hey, Dolsoi!!!

    ドルソイ!

  • Onggojip would not leave his servants in peace

    オングジップは下僕を平気で放っておかない

  • and kept thinking up new orders to give them to make sure they were working.

    と新たな注文を考え続けていました。

  • But Master, the yard has already been washed clean by the rain. Why must it be swept out again?

    でもご主人様、庭はもう雨できれいに洗われていますよ。なぜまた流されなければならないのですか?

  • Do as I say! If you depend on the rain to do your work for you, you are nothing but a parasite who wastes my food!

    言う通りにしろ!雨に頼って仕事をしているのであれば、私の食べ物を無駄にする寄生虫以外の何者でもありません!

  • Hmph.

    ふん。

  • When you have finished sweeping the yard,

    庭の掃除が終わったら

  • get a basket and pump out water from the pond so it doesn’t flood.

    籠を持ってきて、池の水を汲み上げて洪水にならないようにする。

  • Master, the pond has already been taken care of. It will not flood regardless of how much it rains.

    ご主人様、池はもうお世話になっています。いくら雨が降っても浸水することはありません。

  • Do you want to starve today, you insolent rascal!?

    今日は飢え死にしたいのか?この無礼者!

  • Oh.. No, sir. I’ll do as you say.

    おぉ・・・いえいえ、先生。 言われた通りにします。

  • Chundan!!! Have you milled the rice bran?

    チュンダン! 米ぬかを精米したのか?

  • Oh, surely I am the unluckiest man in the world to be stuck with such a cruel master!

    ああ、確かに私は世界で一番不幸な男だ。こんな残酷な主人に引っかかっているなんて!

  • The servants were very miserable because Onggojip would frequently starve them for nothing.

    オンゴジプは頻繁に何のために彼らを飢えさせてしまうので、使用人たちは非常に悲惨でした。

  • One day, a monk came to visit Onggojip’s house.

    ある日、一人のお坊さんがオングジップの家を訪ねてきました。

  • Surprised and nervous, Dolsoi ran to meet him.

    驚いて緊張したドルソイは、彼に会いに走った。

  • Oh please, leave immediately before my Master sees you!

    旦那様に見られる前に出て行ってください!

  • Dolsoi was concerned for the monk because he knew how his Master would behave if he saw him.

    ドルソイが僧侶のことを心配していたのは、自分の師匠が自分を見たらどう振る舞うかを知っていたからだ。

  • Dolsoi! Dolsoi!

    ドルソイ! ドルソイ!

  • May Buddha watch over you.

    お釈迦様が見守ってくれますように。

  • Oh, another of those false monks!

    またニセ僧の一人か!?

  • I come from the nearby temple to collect donations

    近くのお寺からお布施を集めに来ているのですが...。

  • Donations!? Come to demand free food, have you?

    寄付だ!タダ飯を要求しに来たのか?

  • Get out of my house at once, you beggar!!!

    すぐに家から出て行け 乞食!

  • What? That’s not enough to get you out of my sight?

    何だよ?それだけでは、私の目の前から消えないの?

  • Out, beggar! Out, I say! Get out!!!

    出て行け 乞食!出て行けと言ってるんだ!出て行け!

  • Ha ha ha! That’s better! Ha ha ha..

    ははははは! その方がいい! ハハハハハ...

  • Hmm...

    うーん...

  • In fact, that particular monk was widely renowned for his piety and extraordinary abilities.

    実際、その特定の僧侶は、その信心深さと並外れた能力で広く知られていました。

  • He had heard tales of Onggojip’s cruelty and had come to see for himself and form his own opinion.

    彼はオングジップの残酷さの話を聞き、自分の目で見て自分の意見を述べるようになった。

  • I seehe is just as ill-tempered as I heard. He is the most horrid man I have met!

    そうか 聞いていた通りの悪党なんだな。 今までに会った中で一番ひどい男だ!

  • That night, the monk resolved to teach Onggojip a lesson he would never forget.

    その夜、僧侶はオングジップに忘れられない教訓を教えることを決意しました。

  • As the amulet began to burn, a strange transformation occurred

    お守りが燃え始めると、奇妙な変容が起こった...。

  • Now, go at once to Onggojip’s mansion.

    さあ、すぐにオングジップの屋敷に行きなさい。

  • Oh, are you up already Master?

    ああ、もう起きたんですか、ご主人様?

  • Sweep that yard! Ahem!

    庭を掃除しろ!エヘン!

  • and even his servant Dolsoi could not tell the difference.

    と、下僕のドルソイでさえ見分けがつかなかった。

  • That morning, the real Onggojip was furious because his breakfast was late.

    その日の朝、本物のオウンゴジップは朝食が遅かったので激怒していました。

  • Where are my servants!? Why aren’t they serving breakfast!?

    私の使用人はどこだ! なぜ朝食を出さないの?

  • Chundan!!! Chundan!!!

    チュンダン!チュンダン!

  • Huh!!!

    はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

  • Huh???

    あれ?

  • Hmm.. Hmm...

    うーん...うーん...

  • Oh, my, husband, what is going on here?

    あらあら、旦那さん、どうしたの?

  • Oh..

    ああ...

  • The real Onggojip was confused and intimidated by Fake Onggojip’s confidence.

    本物のオングジップはフェイクオングジップの自信に戸惑い、威嚇されていました。

  • You are pretending to be me to steal my property! Well I won’t let you! I won't, I say!

    私の財産を盗むために 私のふりをしているのか! そうはさせない!させないと言っているんだ!

  • I’m pretending!!? This is ridiculous! I can’t believe this is happening to me!

    ふりをしているんだ!馬鹿げてる! こんなことになるなんて信じられない!

  • The two Onggojips fought and argued over who was real and who was the impostor.

    どちらが本物でどちらが偽者かを巡って、二人のオウンゴジプが喧嘩をして言い争いになった。

  • I am the real Onggojip!

    私が本物のオウンゴジップです!

  • It’s me!

    俺だ!

  • No, it's me!

    いや、私だよ!

  • How dare you!!

    よくもそんなことを!

  • The family was confused because they looked so identical, it was impossible to tell the difference.

    見た目がそっくりで見分けがつかないので、家族は困惑していた。

  • I have two husbands now! How could this be happening?

    旦那が二人になった!なんでこんなことになってるの?

  • Well, my son has a mole on his hip!

    さて、息子のお尻にはホクロが!?

  • That’s true

    そうなんですよね...。

  • When my wife sleeps, she snores once, grinds her teeth twice, and the snores again!

    嫁が寝ると、いびきは1回、歯ぎしりは2回、またいびきが!?

  • Is that true, Mother?

    本当ですか、お母さん?

  • Wellyesit is true.

    うーん...そうですね...本当です。

  • I am real, and you are fake!

    私は本物で、あなたは偽物!

  • No I am real!!

    俺は本物だ!

  • No, I’m real!

    いや、俺は本物だ!

  • It seemed the argument would go on forever, so the family had to come up with a solution.

    いつまでも言い争いが続くようで、家族で解決策を考えなければなりませんでした。

  • He is wise and will help us figure out this dilemma.

    彼は賢く、このジレンマを解決するのを助けてくれるでしょう。

  • Very, well. Let’s go! Hmph!

    いいわよ行くぞ!フンッ!

  • Oh, this really is a challenging situation.

    ああ、これは本当にチャレンジングな状況ですね。

  • Governor! I am the real Onggojip, he’s an impostor!

    総督!私が本物のオングジップです!彼は偽者です!

  • Alright! Listen to me, both of you!

    よし!二人とも聞いてくれ!

  • Whoever answers my question correctly must be the real Onggojip.

    私の質問に正解した人は本物のオウンゴジップに違いない。

  • Huh..?

    はぁ...?

  • and what are the kinds and numbers of your livestock?

    と家畜の種類と数を教えてください。

  • He realized that he had not memorized these things about his household.

    彼は、自分の家庭のこれらのことを暗記していなかったことに気がついた。

  • The false Onggojip however, stepped forward with confidence.

    しかし、偽オウンゴジプは自信を持って踏み出した。

  • Everyone knows how careful and miserly I am, so naturally I know the answer.

    私がどれだけ慎重で惨めな人間かは誰もが知っているので、当然答えは分かっている。

  • I have five cows, 30 chickens, and 12 pigs.

    私は5頭の牛と30羽の鶏と12羽の豚を飼っています。

  • I have 37 spoons, three unpaired chopsticks, and two horses

    スプーン37本、未修理の箸3本、馬2本を持っているのですが...。

  • After Fake Onggojip listed all of the household goods with accuracy, the Governor turned to the real one.

    フェイクオングジップが家財道具を正確にリストアップした後、知事は本物に目を向けた。

  • Aha! You are the impostor!

    嗚呼、お前は詐欺師か!

  • But, Governor!!!

    でも、知事!

  • Wait, Governor! I’m real, I swear!

    待ってください 総督!私は本物だ 誓うよ!

  • Take him away and punish him for his lies, then banish him from the village!

    彼を連れて行って、彼の嘘のために彼を罰して、彼を村から追放してください。

  • No Governor, no! Pleaseyou have to believe me! My Wife! Dolsoi! Son! Help me!

    総督はダメだ!頼む...信じてくれ! 妻が!ドルソイ!息子だ!助けてくれ!

  • The real Onggojip was thrown out of the village.

    本物のオングジップは村から放り出された。

  • He knew he was real however, and could not give up so easily.

    しかし、彼は自分が本物であることを知っていたので、そう簡単にはあきらめることができませんでした。

  • He snuck back into the village.

    彼はこっそりと村に戻っていった。

  • I will get you, you fake!!!

    捕まえてやる!この偽物!

  • Haven’t you been punished enough?

    十分に罰を受けていないのか?

  • Get out of here at once! If I see you again, I will beat you with this!

    すぐにここから出て行け!今度会ったらこれで叩きのめしてやる!

  • But Dolsoi, I’m your real master! Please

    でもドルソイ、私はあなたの本当の師匠です!お願いだから...

  • Hmph!

    フム!

  • In one night, Onggojip had lost his house, his family, and all his wealth and was left alone and homeless.

    オングジップは一晩で家も家族も全財産も失い、一人でホームレスになってしまった。

  • Oh, what did I do to deserve this!? It’s not fair!

    俺は何をしたんだ?フェアじゃないわ!

  • Now I understand how the poor suffer.

    貧乏人の苦しみを理解しました。

  • If I had felt the horrors of cold and hunger before,

    以前に寒さや飢えの恐ろしさを感じたことがあれば

  • I would have shared my wealth and helped those less fortunate than myself.

    私は自分の富を分かち合い、自分よりも恵まれていない人たちを助けていただろう。

  • I regret my behavior now, but it is too late..

    今となっては自分の行動を後悔していますが、もう手遅れです...。

  • I will die homeless and alone!

    ホームレスで一人で死ぬ!

  • Have you repented your actions?

    自分の行動を悔い改めましたか?

  • What if I gave you your wealth and family back? What would you do?

    あなたの財産と家族を返したら?あなたならどうする?

  • I would be so different!

    私ならこんなに違う!

  • Ha ha ha! Very well, you can go home now.

    ハハハハ!よかろう、もう帰っていいぞ。

  • When Onggojip returned home, he saw that Fake Onggojip had turned back into straw.

    オングジップが帰宅すると、フェイクオングジップが藁にもすがる思いで戻ってきたのを見た。

  • and lived happily ever after with his family.

    そして、家族と幸せに暮らしていました。

Mr. Stubborn (Onggojip)

頑固さん(オンゴジップ

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 本物 僧侶 主人 家族 旦那 財産

頑固さん(オウンゴジップ) - ベッドタイムストーリー(BedtimeStory.TV

  • 657 37
    Tori Yang に公開 2017 年 07 月 22 日
動画の中の単語