Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Kongjui and Patjui

    コンジュイとパチュイ

  • Once upon a time, there lived a kind-hearted couple who longed for a child of their own.

    昔々、自分の子供に憧れていた心優しい夫婦がいました。

  • They were overjoyed when they finally had a beautiful daughter, who they named Kongjui.

    そして、ついに美しい娘を授かった時、二人は大喜びしました。

  • Surrounded by the love and care of her parents, Kongjui grew up to be pretty, clever, and gentle.

    両親の愛情に囲まれて育ったコンジュイは、可愛くて、賢くて、優しい子に育ちました。

  • One day, Kongjui’s mother fell ill, and her condition grew worse day by day.

    ある日、孔瑞の母が病に倒れ、日に日に病状が悪化していく。

  • Kongjuimy childfarewell...

    金剛力...我が子...さようなら...。

  • Nodon’t leave me…/ Nodearest wife

    いや...私を置いていかないで.../ いや...愛する妻...

  • Kongjui and her father were left all alone.

    金剛力と父親は一人になってしまった。

  • Kongjui’s father mourned the loss of his wife, but after a while he married again and Kongjui got a stepmother.

    孔寿井の父は妻の死を嘆いたが、しばらくして再婚し、孔寿井は継母を得た。

  • The new stepmother came to live with them and brought her own daughter, Patjui.

    新しい継母が同居するようになり、自分の娘のパチュイを連れてきた。

  • Welcome Mother, I am Kongjui.

    ようこそお母様、私はコンジュイです。

  • Mama, Mama, I want her dress!

    ママ、ママ、彼女のドレスが欲しい!

  • Of course you can have it sweetie! You know you can have anything you want

    もちろん、あなたはそれを持っていることができます!欲しいものは何でも手に入れることができることを知っている...

  • Mama, can I have those shoes too?

    ママ、私にもその靴をくれない?

  • Oh you remind me of myself, when I was your age! Such a pretty girl should always have the best of everything!

    あなたは私を思い出させてくれる あなたの年頃の私を!こんなに可愛い子は何事にも最高のものを持っているべきだわ!

  • You know Kongjui, you are a whole year older than Patjui.

    パッツイよりコンジュイの方が一回り年上だぞ

  • It is only right that you should share everything with your younger sister. Isn’t that right?

    全てを妹と共有するのは当然のことです。そうでしょう?

  • Oh…!? Ahof course…I will.

    (吉森) あっ...あ...もちろんです。

  • Ha ha ha! Give me that! Now!

    ハハハハ!それをよこせ!今だ!

  • The new stepmother and Patjui were very cruel to poor Kongjui.

    新しい継母とパチュイは、可哀想なコンジュイにとても残酷だった。

  • They took all the good food and fine clothes for themselves while Kongjui had to wear rags and work very hard.

    孔雀井はボロ布を着て一生懸命働いていたが、彼らはおいしい食べ物や上質な服をすべて自分たちのために持って行ってしまった。

  • Kongjui! Over here! / Kongjui!

    コンジュイ!こっちだ!/ コンジュイ!

  • We are going to the market. Take this jar and fill it with water. Okay, Kongjui?

    市場に行きます。この瓶を持って、水を入れてください。OK、コンジュイ?

  • Yes, mother..

    はい、お母さん...

  • And don’t you dare be lazy! Fill that jar!

    怠け者になるな!瓶に詰めろ!

  • I’ve been drawing water all morning, but the jar won’t stay fullOh, no! There’s a hole in it!

    朝からずっと水を汲んでいたのですが、瓶が満杯にならない...あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ穴が開いてる!

  • But what do I do now? Mother will be furious with me!

    でも、どうすればいいの?母さんに怒られる!

  • As Kongjui sat there crying helplessly, a toad sidled over to her.

    金剛力士が泣きながら座っていると、ヒキガエルが彼女の方に歩み寄ってきた。

  • Don’t cy, Kongjui. Maybe I can help you.

    Don't cy, Kongjui.多分、私はあなたを助けることができます。

  • If I close the hole with my body, you will be able to fill the jar. Let’s try it.

    体で穴を閉じれば、つぼを埋めることができるようになります。試しにやってみましょう。

  • With the toad’s help, Kongjui was finally able to fill the jar and bring it home.

    ヒキガエルの助けを借りて、コンジュイはついに壺を埋めて持ち帰ることができました。

  • Kongjui’s stepmother and Patjui were shocked to see the jar filled to the brim when they returned.

    継母とパチュイは、帰ってきてから壺がいっぱいになったのを見てショックを受けていました。

  • What? How did she manage to fill that jar?

    どうやって壺に入れたんだ?

  • The following day, the stepmother decided to come up with an even greater challenge for Kongjui.

    翌日、継母はコンジュイにさらに大きな課題を出すことにした。

  • Kongjui, I want you to plow the pebble field. Here, use this hoe.

    コンジュイ、小石畑を耕してくれ。ほら、この鍬を使って。

  • But…I can’t do it with a wooden hoe!

    でも...木の鍬ではできません!(笑)。

  • Don’t talk back and do as youre told! And you’d better do it well, okay?

    口答えしないで、言われた通りにしなさい! そして、上手にやった方がいいですよね?

  • Ohthis is impossible….and now my hoe has broken in half! What do I do now?

    ああ...ありえない...しかも鍬が真っ二つに折れてしまった!どうしようかな?

  • An ox saw Kongjui crying and came over to her.

    泣いている金剛力を見た牛が、金剛力のところに寄ってきました。

  • Listen Kongjui, there’s no cause for tears. Look, I can use my big, strong jaws to tear out the weeds. Watch

    聞いてくれ、コンジュイ、泣く理由はない。見て、私は大きくて強い顎を使って雑草を引き抜くことができます。見てて...

  • The ox wandered across the pebble field chewing up the weeds as he went.

    牛は小石の原っぱを歩き回り、雑草を噛み砕いて行きました。

  • Thanks to his help, the field was soon plowed.

    彼の助けのおかげで、畑はすぐに耕されました。

  • How is this possible? How could you have plowed the entire field yourself?

    どうしてこんなことが可能なのか?どうして自分で畑全体を耕したのか?

  • A few days later, there was a big feast in the village.

    数日後、村では大宴会が行われていた。

  • Kongjui’s stepmother and Patjui spent the whole morning before the mirror

    継母とパチュイは朝からずっと鏡の前で過ごしていた。

  • dressing up and ornamenting themselves.

    自分で着飾ったりして

  • Is this pretty?

    これが可愛いのか?

  • You are always gorgeous my lovely Patjui!

    あなたはいつも私の素敵なパチュイを華やかにしてくれています

  • Kongjui! You may come to the feast

    コンジュイ!宴会に来てもいいよ...

  • but only after you dry and mill three sacks of rice in the pantry and loom one roll of fabric.

    しかし、パントリーで米を3袋乾かして精米し、1ロールの布を織ってからでないと、このようなことはできません。

  • Do not come until you are done! Okay? You understand?

    終わるまで来るな!いいですか?分かったか?

  • But..I can’t do all of that in one day

    でも...一日で全部は無理です...。

  • That is your concern. Do as youre told, and don’t talk back!

    それはあなたの心配事です。言われたとおりにして、口答えするな!

  • Ha! Her little tricks won’t help her now. She will never get all of this done in one day!

    ハ!今の彼女の小細工は役に立たないわ一日でこれだけのことができるわけがない!

  • Ha ha ha! She won’t even have time to come near the feast! Ha ha ha!

    ハハハハ!宴会に近づく時間もないだろう!ハハハハ!

  • There is no way that I can finish all this milling and weaving in one day

    これだけの製粉と織りを1日で終わらせられるわけがない......。

  • At those words, some sparrows flew in and sat beside her.

    その言葉に、何羽かの雀が飛んできて、彼女の横に座った。

  • Don’t be sad, Kongjui, we have come to help you.

    悲しまないで、金剛力さん、助けに来ました。

  • Oh, thank you!!

    ありがとうございます!

  • Peel, don’t eat! Peel, don’t eat!

    皮をむいて食べないで!皮をむいて食べるな!

  • Using their strong, sharp beaks, the sparrows peeled the rice in no time at all.

    強く鋭いくちばしを使って、スズメはあっという間にお米の皮をむいた。

  • Ohthank you, kind Sparrows!

    おお...ありがとう、親切なスパローズさん。

  • Of course I still have a roll of fabric to loom….

    もちろん、まだ織るロール状の生地が残っているのですが......。

  • Don’t worry, Kongjui, I will loom the fabric for you

    心配しないで、コンジュイ、あなたのために生地を織ってあげるから...。

  • Who are you?

    あなたは誰?

  • Looking up, Kongjui saw a luminous, shimmering fairy standing before her.

    見上げると、目の前には光り輝く妖精が立っていた。

  • Here is a present from heaven to reward your kind heart and hard work.

    あなたの優しい心と頑張りに報いる、天からのプレゼントがこちらです。

  • Put on this outfit and go enjoy yourself at the feast.

    この服を着て、ご馳走を楽しみに行きましょう。

  • Can I really go to the feast? Oh, I am so happy! Thank you, Fairy!

    本当に宴会に行けるのかな?ああ、幸せだわ。ありがとう、妖精さん。

  • Kongjui was amazed and mystified,

    コンジュイは驚きと謎に包まれていた。

  • but she gladly accepted the lovely outfit and hurried off to the feast.

    しかし、彼女はその愛らしい衣装を快く受け入れ、宴席へと急ぎ足で向かった。

  • This is just like a dream, I don’t even recognize myself in these beautiful clothes and fancy shoes! So awesome!

    これは夢のようで、こんな綺麗な服と派手な靴を履いている自分に気がつかないくらいですすげえな!

  • At that moment, the Prince’s cortege passed by.

    その瞬間、王子のコルテが通り過ぎていった。

  • Make way! Make way for the Prince!

    道を空けろ!王子に道を空けろ!

  • Oh, no! My shoewhat do I do now!?

    うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ靴が...どうしよう!

  • But…I must get my shoe back

    でも...靴を取り戻さないと...。

  • Kongjui dd not have time to search for her shoe, so she left it and ran off to the feast.

    金剛水は自分の靴を探す時間がなかったので、靴を置いて宴席に逃げ込んだ。

  • Who was that lovely maiden who just ran by?

    さっき走ってきた可愛い乙女は誰だ?

  • I don’t know, Your Highness.

    存じません、殿下。

  • Bring me that shoe she just lost.

    彼女がなくした靴を持ってきて

  • Here you are, sir.

    お待たせしました

  • I want you to search the entire village until you find the foot that fits this shoe. I wish to marry that girl.

    この靴に合う足を見つけるまで村中を探して欲しい。あの娘と結婚したい

  • Yes, Your Highness.

    はい、殿下

  • When Kongjui finally made it to the feast, everyone noted her extraordinary beauty and grace.

    金剛水がついに宴席に着くと、誰もが彼女の並外れた美しさと優美さに注目しました。

  • I never knew there was such a remarkably pretty girl in our village

    こんなに可愛い子が村にいたとは知らなかった

  • She must be an angel sent from heaven

    彼女は天から送られた天使に違いない...

  • Look, who is that?

    あれは誰だ?

  • Why that’s…Kongjui!!!

    なんでそれが...コンジュイなんだよ!

  • How did she get here...

    彼女はどうやってここに来たのか...

  • And where did she get those clothes!! You didn’t buy them for her, did you?

    その服はどこで手に入れたの!彼女のために買ったんじゃないよね?

  • Well of course not!

    もちろん違うわよ!

  • The Prince was haunted by the vision of Kongjui’s radiance, and her face wouldn’t leave his memory.

    王子は金剛力士の輝きの幻影に取り憑かれ、彼女の顔が彼の記憶から離れない。

  • He waited impatiently for news of her.

    彼は彼女の知らせを待ち焦がれていた。

  • You haven’t you tracked her down yet? / I’m sorrywe have looked everywherebut

    あなたはまだ彼女を追跡していないのですか?/私は申し訳ありません...我々はどこにでも見てきた...しかし、...

  • I want you to find her at once!

    すぐに彼女を見つけてくれ!

  • Yes, Your Highness!

    はい、殿下!

  • This is the only house we haven’t tried yet. I do hope she lives here

    まだ試したことのない家はここだけです。ここに住んでくれればいいんだけど...

  • I have been sent by the Prince to identify the owner of this shoe. He wishes to make her his wife.

    この靴の持ち主を特定するために 王子から送られてきました彼は彼女を妻にしたいと思っています

  • All of the women in the house must come out!

    家の中の女性は全員出てきてください!

  • What? That shoe?

    (達也)え?その靴?

  • Why, this must be mine! I lost my shoe yesterdayhere, let me try it! Quickly!

    なぜ、これは私のものに違いない!昨日靴をなくしてしまって...これ、履いてみます!はやく!

  • Oh, Mother! It will never fit your huge feet. Look, it’s a bit tight, but it fits me, doesn’t it?

    お母様!あなたの大きな足には合わないわちょっときついけど 私には合うでしょ?

  • Careful, it’s ripping! Please take it offAre there no other women in your house?

    気をつけて!裂けてる!脱いでください。

  • Noonly Kongjui, but she’s just our maid. It can’t be hers...No way! It can't be hers...

    いや...コンジュイだけだが、彼女はただのメイドだ。彼女のはずがない。彼女のはずがない...。

  • This is the last house in the village. It is my duty to try the shoe on every woman here.

    ここが村で最後の家だここにいるすべての女性の靴を試すのが私の義務です。

  • Kongjui, come out here if you are finished!

    コンジュイ、終わったらこっちに出てきてくれ!」と言っていました。

  • But.. she can’t try it on! She’s the maidshe’s nobody!

    でも...着てみたらダメなんだよ!メイドなんだから...何者でもない!

  • Silence! Please, try this on

    静かに!これを試してみてください...

  • Oh, I have the other one too!

    あ、他のも持ってますよ~。

  • You must be the one, then! I am so glad I found you at last.

    あなたがその人に違いない!やっと見つけられてよかったです。

  • Please come with us to meet the Prince, he is waiting for you. You will be the Princess!

    王子様に会いに来てください、王子様がお待ちしています。あなたはプリンセスになるのです!

  • Butthis is ridiculous! This must be a joke!

    でも...バカバカしい!これは冗談に違いない!

  • Oh Kongjui! Darling sister, please take me with you! Can’t I marry the Prince too?

    ああ、コンジュイ!ダーリン・シスター、私を連れて行ってください!私も王子様と結婚できないの?

  • Oh…I see now that I should have been kinder to herit is too late now!

    ああ...今にして思えば、もっと優しくしてあげればよかった...と、今更ながらに思いました。

  • I have heard many good things about you and your gentle heart.

    優しい心の持ち主で、良い話をたくさん聞かせていただきました。

  • I wish to punish your stepmother and Patjui for being so cruel to you.

    継母さんとパチュイさんに残酷なことをした罰を与えたい。

  • No, please don’t! They are still my mother and sister. Can they come and live with me?

    やめてください!彼らはまだ私の母と妹です。彼らは私と一緒に住んでもいいの?

  • It is true, you do have a noble heart! Very well, I shall do as you ask.

    あなたは高貴な心をお持ちですね よかろう 言われた通りにしよう

  • Prepare my wedding with Kongjui! We will be married at once!

    コンジュイで私の結婚式を準備!一気に結婚することになりました!

  • Although Kongjui suffered at the hands of her stepmother and stepsister,

    継母と義理の姉の手で苦しんでいたが、金剛力はその手にかかった。

  • her generous nature won her the love of the Prince, and touched the hearts of all who knew her

    彼女の寛大な性格が王子の愛を得て、彼女を知るすべての人の心に響いた...

Kongjui and Patjui

コンジュイとパチュイ

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 継母 王子 むい 優しい 可愛い 結婚

コンジュイとパチュイ - ベッドタイム・ストーリー (BedtimeStory.TV)

  • 512 37
    Tori Yang に公開 2017 年 07 月 22 日
動画の中の単語