Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The Little Match Girlby H.C. Andersen

    "リトルマッチガール" H.C.アンデルセン著

  • It was terribly cold, and nearly dark

    ひどく寒くて暗くなりそうだった

  • On the last evening of the old year

    旧暦最後の夜に

  • And the snow was falling fast.

    そして、雪はどんどん降っていました。

  • In the cold and the darkness, a poor little girl, with bare head and naked feet, roamed through the streets

    寒さと暗闇の中、頭も足も裸のかわいそうな少女が街を歩き回っていた。

  • It is true she had on a pair of slippers when she left home,

    家を出るときにスリッパを履いていたのは事実です。

  • But they were not of much use.

    しかし、彼らはあまり役に立たなかった。

  • They were very largeso large, indeed, that they had belonged to her mother,

    その大きさはとても大きく、母親が持っていたものだった。

  • And the poor little creature had lost them in running across the street to avoid two carriages

    かわいそうな小さな生き物は、2台の馬車を避けるために通りを横切って走って、彼らを見失っていました。

  • That were rolling along at a terrible rate.

    それはひどい勢いで転がっていました。

  • One of the slippers she could not find, and a boy seized upon the other and ran away with it.

    彼女はスリッパの片方を見つけることができず、少年がもう片方のスリッパを掴み、それを持って逃げ出しました。

  • So the little girl went on with her naked feet, which were quite red and blue with the cold.

    そうして少女は、寒さでかなり赤青くなっていた裸足で進んでいった。

  • In an old apron she carried a number of matches, and had a bundle of them in her hands.

    古いエプロン姿の彼女は、何本ものマッチを持ち歩き、その束を手に持っていた。

  • No one had bought anything from her the whole day, nor had anyone given her even a penny.

    一日中、誰も彼女から何かを買った者はいなかったし、誰も彼女に一銭も渡していなかった。

  • Shivering with cold and hunger, she crept along;

    寒さと空腹で震えながら、彼女は忍び寄った。

  • Poor little child! The snowflakes fell on her long, fair hair,

    かわいそうに雪の結晶が彼女の長い髪の上に落ちました。

  • Which hung in curls on her shoulders.

    それは彼女の肩にカールしてぶら下がっていた。

  • Lights were shining from every window, and there was a savory smell of roast goose

    どの窓からも明かりが灯り、ガチョウの香ばしい匂いが漂っていました。

  • For it was New Year’s Eveyes, she remembered that.

    それは大晦日のことで、そう、彼女はそれを覚えていた。

  • In a corner, between two houses, she sank down and huddled herself together.

    二つの家に挟まれた片隅で、彼女は身を沈めて身を寄せ合った。

  • She had drawn her little feet under her, but she could not keep off the cold;

    彼女は小さな足を自分の下に引き寄せていたが、寒さをしのぐことはできなかった。

  • And she dared not go home, for she had sold no matches,

    彼女は家に帰ろうとしなかった マッチを売っていなかったからだ

  • And could not take home even a penny of money.

    そして、一銭も持ち帰ることができませんでした。

  • Her father would certainly beat her;

    彼女の父親は確実に彼女を打ち負かすだろう。

  • Besides, it was almost as cold at home as here

    その上、家でもここと同じくらい寒かった。

  • For they had only the roof to cover them.

    彼らには屋根だけがあったからだ。

  • Her little hands were almost frozen with the cold.

    彼女の小さな手は寒さで凍りつきそうになっていた。

  • Ah! Perhaps a burning match might be some good,

    燃えるマッチがいいかもしれんな

  • If she could draw it from the bundle and strike it against the wall, just to warm her fingers.

    束からそれを引き出して壁に叩きつけることができれば、彼女の指を温めるためだけに。

  • She drew one out—“scratch!” how it sputtered as it burned!

    彼女は一本抜き取りました "引っ掻いて!" それが何と燃えるように噴き出したのか!

  • It gave a warm, bright light, like a little candle, as she held her hand over it.

    それは、彼女が手をかざすと、小さなろうそくのように、温かく明るい光を放った。

  • It seemed to the little girl that she was sitting by a large iron stove

    大きな鉄製のストーブのそばに座っているのは、小さな女の子には見えました。

  • With polished brass feet.

    磨き上げられた真鍮製の足を持つ。

  • How the fire burned!

    なんと炎が燃えていたのか!

  • And seemed so beautifully warm that the child stretched out her feet as if to warm them

    子供が足を伸ばして暖を取るように

  • When, lo! The flame of the match went out

    マッチの炎が消えたとき

  • The stove vanished, and she had only the remains of the half-burnt match in her hand

    ストーブは消え、彼女の手には半分焦げたマッチの残りだけがあった。

  • She rubbed another match on the wall.

    彼女は別のマッチを壁にこすりつけた。

  • It burst into a flame, and where its light fell upon the wall it became as transparent as a veil

    炎が燃え上がり、その光が壁に落ちたところでベールのように透明になりました。

  • And she could see into the room.

    そして、彼女は部屋の中を見通すことができました。

  • The table was covered with a snowy white tablecloth

    テーブルには雪のように白いテーブルクロスが敷かれていた

  • On which stood a splendid dinner service, and a steaming roast goose

    その上には、豪華なディナーサービスとガチョウの蒸し焼きが立っていました。

  • Stuffed with apples and dried plums.

    りんごと梅干しの詰め物。

  • Then the match went out, and there remained nothing but the thick, damp, cold wall before her.

    そしてマッチが消え、彼女の前には厚く湿った冷たい壁だけが残っていました。

  • She lighted another match, and then she found herself sitting under a beautiful Christmas tree.

    彼女は別のマッチに火をつけて、気がつくと美しいクリスマスツリーの下に座っていました。

  • Thousands of tapers were burning upon the green branches,

    何千本ものテーパーが緑の枝に燃えていた。

  • And colored pictures, like those she had seen in the shop windows, looked down upon it all.

    そして、彼女が店の窓で見たような色のついた絵が、すべてを見下ろしていました。

  • The little one stretched out her hand towards them, and the match went out.

    ちびっこが二人に向かって手を伸ばすと、試合は終了した。

  • The Christmas lights rose higher and higher, till they looked to her like the stars in the sky.

    クリスマスの光はどんどん高くなり、彼女には空の星のように見えました。

  • Then she saw a star fall, leaving behind it a bright streak of fire.

    そして、彼女は星が落ちるのを見て、それを残して明るい火の筋を残した。

  • Someone is dying,” thought the little girl,

    "誰かが死んでいる "と少女は思った。

  • For her old grandmother, the only one who had ever loved her,

    年老いた祖母のために、唯一愛していた祖母のために。

  • And who was now dead, had told her that when a star falls, a soul was going up to God.

    そして今は死んでいた人が、星が落ちると魂が神のところに行くと言っていました。

  • She again rubbed a match on the wall, and the light shone round her;

    彼女は再び壁にマッチを擦り付けると、光が彼女の周りを照らした。

  • In the brightness stood her old grandmother, clear and shining

    明るさの中に老いた祖母が立っていた

  • Grandmother,” cried the little one, “O, take me with you!

    "おばあちゃん "は、小さな子が泣いた "ああ、あなたと一緒に私を連れて行ってください!

  • I know you will go away when the match burns out; you will vanish

    マッチが燃え尽きると君はどこかへ行ってしまうだろう君は消えてしまうだろう

  • Like the warm stove, the roast goose, and the glorious Christmas tree.”

    温かいストーブやガチョウのロースト、そしてクリスマスツリーのように。"

  • And she made haste to light a whole bundle of matches,

    そして彼女は急いでマッチの束に火をつけた。

  • For she wished to keep her grandmother there.

    彼女は祖母をそこに置いておきたかったのです。

  • And the matches glowed with a light that was brighter than the noonday,

    そして、マッチは昼間よりも明るい光を放っていた。

  • And her grandmother had never appeared so beautiful.

    そして、彼女の祖母はこれほど美しい姿を見せたことはありませんでした。

  • She took the little girl in her arms, and they both flew upwards in brightness and joy far above the earth

    彼女はその腕の中で少女を抱きしめ、二人は地球上のはるか上空で輝きと喜びの中で上へと飛んでいった。

  • Where there was neither cold nor hunger nor pain, for they were with God.

    そこには寒さも飢えも痛みもなく、神と一緒にいたからです。

  • The New Year’s sun rose and shone upon the little girl

    新年の太陽が昇って少女を照らした

  • She still sat, in the stiffness of death

    彼女はまだ座っていた、死の硬直の中で

  • Holding the matches in her hand, one bundle of which was burnt.

    彼女の手にはマッチが握られていて、そのうちの一つの束が焼けていた。

  • She tried to warm herself,” said someone.

    "彼女は自分を温めようとした "と誰かが言った。

  • No one imagined what beautiful things she had seen

    誰も彼女が見た美しいものを想像していなかった

  • Nor into what glory she had entered with her grandmother, on that New Year’s Day.

    あの元旦に祖母と一緒に入ったのはどんな栄光だったのか。

  • Assuredly, I say to you, inasmuch as you did it to one of the least of these My brethren, you did it to Me.

    あなたがたは,この中の一人にしたことを,わたしの兄弟たちにしたのであるから,あなたがたはわたしにしたのである。

  • [...] Assuredly, I say to you, inasmuch as you did not do it to one of the least of these, you did not do it to Me.

    あなたがたが,これらのうちの一人にもしなかったのと同じように,あなたがたもわたしにもしなかったのである。

The Little Match Girlby H.C. Andersen

"リトルマッチガール" H.C.アンデルセン著

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 マッチ 祖母 少女 ガチョウ がた ストーブ

リトルマッチガール by H.C.アンデルセン

  • 1907 148
    Tori Yang に公開 2017 年 07 月 22 日
動画の中の単語