Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • (Singing) I see the moon. The moon sees me.

    歌)私は月を見ている。月は私を見ています

  • The moon sees somebody that I don't see.

    月は私には見えない誰かを見ている。

  • God bless the moon, and god bless me,

    神は月を祝福し、私を祝福してくれます。

  • and God bless that somebody that I don't see.

    そして、私が見ていない誰かに神の祝福があります。

  • If I get to heaven, before you do,

    私が天国に行ったら、あなたより先に

  • I'll make a hole and pull you through.

    穴を開けて引っ張ってやる。

  • And I'll write your name, on every star,

    全ての星に君の名前を書くよ

  • and that way the world,

    そして、そのような世界。

  • won't seem so far.

    won't seem so far.

  • The astronaut will not be at work today.

    今日は宇宙飛行士の出勤はありません。

  • He is cold and sick.

    冷たくて病んでいる。

  • He has turned off his cell phone, his laptop, his pager, his alarm clock.

    携帯電話もノートパソコンも ポケベルも目覚まし時計も切ってる

  • There is a fat yellow cat asleep on his couch,

    ソファで寝ている太った黄猫がいる。

  • rain drops against the window,

    窓に向かって雨が滴る。

  • and not even the hint of coffee in the kitchen air.

    キッチンの空気にコーヒーの気配すら感じない。

  • Everybody is in a tizzy.

    みんなで騒いでいます。

  • The engineers on the 15th floor have stopped working on their particle machine.

    15階の技術者はパーティクルマシンの作業を止めてしまった。

  • The anti gravity room is leaking

    反重力室が漏れている

  • and even the freckled kid with glasses,

    そして、そばかすだらけのメガネっ子まで。

  • whose only job is to take out the trash, is nervous,

    ゴミを出すことしか仕事のない人は神経質になっている。

  • fumbles the bag, spils a banana peel and a paper cup.

    袋をめくり、バナナの皮と紙コップをこぼす。

  • Nobody notices.

    誰も気づかない。

  • They are too busy recalculating what this all mean for lost time.

    彼らは失われた時間のためにこれが何を意味するのかを再計算するのに忙しすぎます。

  • How many galaxies are we losing per second.

    1秒に何個の銀河が失われているのか

  • How long before next rocket can be launched, somewhere.

    次のロケットはいつまでにどこかで打ち上げられるのか。

  • An electron flies off its energy cloud.

    電子はそのエネルギー雲を飛び立つ。

  • A black whole has erupted.

    黒い全体が噴出した。

  • A mother finishes setting the table for dinner.

    夕食のテーブルセッティングを終えた母親。

  • A law and order marathon is starting.

    法と秩序のマラソンが始まります。

  • The astronaut is asleep.

    宇宙飛行士は眠っている。

  • He has forgotten to turn off his watch,

    時計のスイッチを切るのを忘れている。

  • which ticks, like a metal pulse against his wrist.

    手首に金属の脈のようにカチカチと音がする。

  • He does not hear it.

    彼はそれを聞いていない。

  • He dreams of coral reefs and plankton.

    サンゴ礁やプランクトンを夢見ている。

  • His fingers find the pillowcase, his sailing mask.

    彼の指は枕カバーとセーリングマスクを見つけた。

  • He turns on his side. Opens his eyes at once.

    彼は横向きになる。一気に目を開ける。

  • He thinks that scuba divers must have the most wonderful job in the world.

    彼は、スキューバダイバーは世界で一番素晴らしい仕事をしているに違いないと思っています。

  • So much water to glide through!

    水の中を滑空するには、こんなにたくさんの水が必要なのか!?

  • (Applause)

    (拍手)

  • Thank you.

    ありがとうございます。

  • When I was little, I could not understand the concept

    小さい頃は、概念が理解できなかったのですが

  • that you could only live one life.

    あなたは一度しか生きられなかった

  • I don't mean this metaphorically.

    比喩的な意味ではありません。

  • I mean, I literally thought that I was going to get to do

    と文字通り思っていたのですが

  • everything that there was to do

    やりたい放題

  • and be everything there was to be.

    そして、そこにあるべきすべてのものになる。

  • It was only a matter of time.

    時間の問題だった。

  • Ad there was no limitation based on age, or gender,

    広告には年齢や性別による制限はありませんでした。

  • or race or even appropriate time period.

    または人種、あるいは適切な時間帯であっても。

  • I was sure that I was going to actually experience

    実際に体験してみて確信したのは

  • what it felt like to be a leader of the civil right movement,

    市民権運動のリーダーであることがどんな感じか。

  • or a ten-year old boy living on a farm during the dust bowl,

    とか、ダストボウルの時期に農園に住んでいる10歳の男の子とか。

  • or an emperor of the Tang dynasty in China.

    または中国の唐の皇帝。

  • My mom says that when people asked me what

    母が言うには、人に聞かれた時に

  • I wanted to be when I grew up, my typical response was princess-ballerina-astronaut.

    大人になったらなりたいと思っていた私の典型的な反応は、お姫様バレリーナ・アストロノートでした。

  • And what she doesn't understand is that I wasn't trying to invent some combined super profession.

    そして、彼女が理解していないのは、私は複合的なスーパー職業を発明しようとしていないということです。

  • I was listing things I thought I was gonna get to be:

    自分がなりたいと思っていたものをリストアップしていました。

  • a princess, and a ballerina, and an astronaut.

    お姫様、バレリーナ、宇宙飛行士。

  • and I'm pretty sure the list probably went on from there.

    と私はかなり確信していますが、そのリストはおそらくそこから続いています。

  • I usually just got cut off.

    普通に切られただけなんですけどね。

  • It was never a question of if I was going to do something, so much of a question of when.

    何かをしようとしているかどうかの問題ではなく、いつ頃になるかの問題だった。

  • And I was sure that if I was going to do everything,

    そして、もしも私が全部やるならと確信していました。

  • that it probably meant I had to move pretty quickly,

    それは、おそらく、私がかなり速く移動しなければならないことを意味していました。

  • because there was a lot of stuff I needed to do.

    やらなければならないことがたくさんあったからです。

  • So my life was constantly in a state of rushing.

    だから、私の人生は常にあわただしい状態が続いていました。

  • I was always scared that I was falling behind.

    挫折しそうでいつも怖かったです。

  • And since I grew up in New York City, as far as I could tell,

    ニューヨークで育ったので、見た限りでは

  • rushing was pretty normal.

    ラッシュはごく普通のものでした。

  • But, as I grew up, I had this sinking realization,

    しかし、大人になるにつれ、このような陥没した現実がありました。

  • that I wasn't gonna get to live any more than one life

    一度きりの人生ではなく、一度きりの人生ではなく

  • I only knew what it felt like to be a teenage girl

    10代の女の子の気持ちしか知らなかった

  • in New York City,

    ニューヨークで

  • not a teenage boy in New Zealand,

    ニュージーランドの10代の少年ではなく

  • not a prom queen in Kansas.

    カンザスにはプロムの女王はいない

  • I only got to see through my lens and it was around this time

    レンズ越しにしか見えなくなったのはこの頃で

  • that I became obsessed with stories,

    物語に夢中になってしまったこと

  • because it was through stories that I was able to see

    なぜなら、物語を通して、私は

  • through someone else's lens, however briefly or imperfectly.

    けれども、それは、たとえ短くても、不完全であっても、誰かのレンズを通して。

  • And I started craving hearing other people's experiences

    そして、私は他の人の経験を聞きたいと思うようになりました。

  • because I was so jealous that there were entire lives

    なぜなら、私は丸ごとの人生があることに嫉妬していたからです。

  • that I was never gonna get to live, and I wanted to hear

    生きることはできないと思っていたし、聞きたかったのは

  • about everything that I was missing.

    私に欠けていた全てのものについて

  • And by transitive property, I realized

    そして、転帰的性質によって、私は次のことを実現しました。

  • that some people were never going to get to experience what it felt like

    感じたことを体験できない人がいることを

  • to be a teenage girl in New York city.

    ニューヨークで10代の女の子になるために

  • Which meant that they weren’t going to know

    つまり、彼らは知らないだろうと思っていた

  • what the subway ride after your first kiss feels like,

    最初のキスの後の地下鉄の乗り物がどんな感じか

  • or how quiet it gets when its snows,

    雪が降った時の静けさとか

  • and I wanted them to know, I wanted to tell them

    そして、私は彼らに知ってもらいたい、伝えたいと思った。

  • and this became the focus of my obsession.

    というのが私のこだわりの焦点になりました。

  • I busied myself telling stories and sharing stories and collecting them.

    私は物語を語り、物語を共有し、それを収集することに忙しくしていました。

  • And its not until recently that I realized

    そして、最近になって気付いたのですが

  • that I can't always rush poetry.

    私はいつも詩を急ぐことはできません。

  • In April for National Poetry Month there's this challenge that,

    4月の全国詩月間では、この挑戦があります。

  • many poets in the poetry community participate in,

    に多くの詩人が参加しています。

  • and its called the 30/30 Challenge.

    30/30チャレンジと呼ばれています。

  • The idea is you write a new poem every single day for the entire month of April.

    アイデアは、あなたが4月の全体の月のために毎日新しい詩を書くことです。

  • And last year I tried it for the first time, and I was thrilled

    そして、去年初めて試してみて感激したのが

  • by the efficiency at which I was able to produce poetry.

    詩を作ることができた効率の良さに感動しました。

  • But at the end of the month I looked back at these 30 poems I had written,

    しかし、月末にはこの30編の詩を振り返ってみました。

  • and discovered that they were all trying to tell the same story,

    と、同じ話をしようとしていることを発見しました。

  • it had just taken me 30 tries to figure out the way that it wanted to be told.

    伝えたいことを理解するのに30回もかかってしまった。

  • And I realized that this is probably true of other stories on an even larger scale.

    そして、これはおそらくもっと大きなスケールで他の話にも当てはまるのではないかと気がつきました。

  • I have stories that I have tried to tell for years,

    何年もかけて伝えようとしてきた話があります。

  • rewriting and rewriting and constantly searching for the right words.

    書き直して書き直して、常に正しい言葉を探しています。

  • There's a French poet, an essayist by the name of Paul Valery

    フランスの詩人で、ポール・ヴァレリーというエッセイストがいます。

  • who said a poem is never finished, it is only abandoned.

    詩は終わることはなく、放棄されるだけだと言った人。

  • And this terrifies me because it implies that

    そして、これは私を恐怖に陥れます。

  • I could keep reediting and rewriting forever and its up to me to decide

    私は永遠に再編集と書き直しを続けることができ、それを決めるのは私次第です。

  • when a poem is finished and when I can walk away from it.

    詩が終わって、その詩から歩けるようになったとき。

  • And this goes directly against my very obsessive nature to try

    そして、これは私の頑固な性格とは正反対に

  • to find the right answer, and the perfect words, and the right form.

    正解を見つけるために、完璧な言葉、正しい形を探します。

  • And I use poetry in my life, as a way to help me navigate an work through things.

    そして、私は人生の中で詩を使っています。

  • But just because I end the poem, doesn't mean that I've solved

    しかし、私が詩を終わらせたからといって、私が解決したことを意味するわけではありません。

  • whatever I was puzzling through.

    私が困惑していたことは何であれ

  • I like to revisit old poetry,

    昔の詩を再訪するのが好きです。

  • because it shows me exactly where I was at that moment.

    その時の自分がどこにいたかを正確に示してくれるからです。

  • And what it was I was trying to navigate and the words

    そして、私がナビゲートしようとしていたのは何だったのか、そして、その言葉は

  • that I chose to help me.

    私が私を助けることを選んだこと

  • Now, I have a story that I've been stumbling over for years and years

    今、私は何年も何年もつまずいていた話があります。

  • and I'm not sure if I've found the prefect form,

    とか、完全な形を見つけたかどうかはわかりません。

  • or whether this is just one attempt

    それともこれが一回の試みなのか

  • and I will try to rewrite it later

    で、あとで書き直してみます。

  • in search of a better way to tell it.

    より良い伝え方を求めて

  • But I do know that later, when I look back

    しかし、後になって振り返ってみると

  • I will be able to know that this is where I was

    ここが私の居場所だったことを知ることができるようになります。

  • at this moment, and this is what I was trying to navigate,

    この瞬間、私がナビゲートしようとしていたのはこれです。

  • with these words, here, in this room, with you.

    この言葉で、ここで、この部屋で、あなたと一緒に。

  • So -- Smile.

    だから...微笑んで

  • It didn't always work this way.

    いつもこんな風にはいかなかった。

  • There is a time you have to get your hands dirty.

    手を汚さなければならない時がある。

  • When you were in the dark, for most of it, fumbling was a given,

    暗闇の中にいた時は、ほとんどの場合、ファンブルが当たり前だった。

  • and you needed more contrast, more saturation,

    もっとコントラストと彩度が必要でした。

  • darker darks, and brighter brights.

    暗い暗闇、明るいブライト。

  • They called it extended development. It meant you spent

    彼らはそれを拡張開発と呼んだそれは、あなたが

  • longer inhaling chemicals, longer up to your wrist.

    化学物質を吸い込む時間が長くなり、手首までの距離が長くなります。

  • It wasn't always easy.

    それはいつも簡単なことではありませんでした。

  • Grandpa Stewart was a navy photographer.

    スチュワートじいさんは海軍の写真家だった

  • Young, red-faced with the sleeves rolled up,

    袖を捲って赤ら顔の若き日。

  • fists of fingers like fat rolls of coins,

    太巻きコインのような指の拳

  • he looked like Popeye the sailor man, come to life.

    船乗りのポパイのように生き返った

  • Crooked smile, tuft of chest hair,

    歪んだ笑顔、胸毛の房。

  • he showed up at World War II, with a smirk and a hobby.

    第二次世界大戦に現れた彼は、ニヤニヤしながらも趣味で

  • When they asked him if he knew much about photography,

    写真のことをよく知っているのかと聞かれると

  • he lied, learned to read Europe like a map,

    彼は嘘をつき、ヨーロッパを地図のように読むことを学んだ。

  • upside down, from the height of a fighter plane,

    戦闘機の高さから逆さにして

  • camera snapping, eyelids flapping, the darkest darks

    カメラのスナップ、まぶたのはためき、暗黒の闇

  • and brightest brights.

    と明るい輝きを放っています。

  • He learned war like he could read his way home.

    帰り道が読めるように戦争を学んだ。

  • When other men returned, they would put their weapons out to rest,

    他の男たちが戻ってくると、武器を出して休ませていました。

  • but he, brought the lenses and the cameras home with him.

    でも彼はレンズとカメラを家に持ち帰った

  • Opened a shop, turned it into a family affair.

    開店して、家族ぐるみの付き合いに変えた。

  • My father was born into this world of black and white.

    父はこの黒と白の世界に生まれました。

  • His basketball hands learned the tiny clicks and slides

    彼のバスケットボールの手は、小さなクリックとスライドを学んだ

  • of lens into frame, film into camera,

    レンズをフレームに、フィルムをカメラに。

  • chemical into plastic bin.

    化学薬品をプラスチックの箱に入れます。

  • His father knew the equipment but not the art.

    父親は機材は知っていたが、芸術は知らなかった。

  • He knew the darks but not the brights.

    彼は暗闇を知っていたが、明るさは知らなかった。

  • My father learned the magic, spent his time following light.

    父は魔法を学び、光を追いかけて過ごしました。

  • Once he traveled across the country to follow a forest fire,

    かつて彼は山火事を追うために全国を旅した。

  • hunted it with his camera for a week.

    彼のカメラで一週間狩りをしました。

  • "Follow the light," he said.

    "Follow the light, "彼は言った。

  • "Follow the light."

    "Follow the light.&quot.

  • There are parts of me I only recognize from photographs.

    私には写真でしかわからない部分があります。

  • The loft on Wooster street with the creaky hallways,

    ウースター通りのロフトには、きしみのある廊下があります。

  • the twelve-foot ceilings, the white walls and cold floors.

    12フィートの天井、白い壁、冷たい床。