Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The first thing you notice about Michael Mann's Heat is that it's all long lenses.

    マイケル・マンの「ヒート」で最初に気づくのは、すべてロングレンズであるということです。

  • In a widescreen, 23 by 9 format, meant to allow for a broad scope so that you can see more

    ワイドスクリーンでは、9形式で23、あなたがより多くを見ることができるように、広い範囲を可能にすることを意味します。

  • Mann crowds his subjects into the frame, as if you're always watching them on a stakeout

    Mannは、あなたがいつも張り込みで彼らを見ているかのように、彼の被写体をフレームに詰め込んでいます。

  • from some hidden vantage on the building opposite.

    向かいのビルの隠れた見晴らしの良い場所から。

  • The telephoto lens is really the perfect lens for this film.

    望遠レンズは本当にこの映画にぴったりのレンズです。

  • It has the effect of keeping everything at a distance

    すべてのものを遠ざける効果があります

  • while at the same time separating people from the background

    人を背景から切り離すと同時に

  • while also, at the same time, turning the background into an almost liquid plane of lights

    同時に、背景をほぼ液体のような光の平面に変えています。

  • evoking that fantastical romance that is always found in noir

    ノワールにあるような幻想的なロマンスを呼び起こす

  • and which Michael Mann sees in the sprawl of Los Angeles.

    とマイケル・マンがロサンゼルスのスプロールで見たもの。

  • This is all to say that the telephoto lens is both functional and stylistic in Heat

    望遠レンズは機能的にもスタイル的にもヒートではこれだけで

  • two words that could be used to describe the driving ethos behind Mann's work.

    マンの作品の背後にある原動力となるエートスを説明するための2つの言葉があります。

  • Of course, style is never something Michael Mann has been accused of lacking.

    もちろん、マイケル・マンにスタイルがないと非難されることはありません。

  • In fact, it's likely accusations of empty stylistics from the days of Miami Vice

    仝それはそれでいいのかな?

  • that made Mann insist that Heat wasn't a genre film at all

    仝それは、「ヒート」はジャンル映画ではないとマンが主張するようになったことです。

  • but a drama, drawn from the stories of a real-life detective who served as a consultant on the film.

    が、本作の相談役を務めた実在の刑事の話から描かれたドラマ。

  • And it's true, the procedural and mundane elements of police and criminal activity

    警察や犯罪活動の手続き的で平凡な要素があるのは事実です

  • are painstakingly rendered in Heat.

    はHeatで丁寧にレンダリングされています。

  • And there's a pride in the fact that the locations are real locations in LA.

    そして、ロケ地がLAの実在の場所であることに誇りを持っています。

  • This was an actual cardboard community on Terminal Island.

    これはターミナル島にある実際のダンボールコミュニティでした。

  • This train that DeNiro gets out of is the real Blue Line of the Los Angeles MTA

    デニーロが降りるこの列車は、ロサンゼルスMTAの本物のブルーラインです。

  • and his house is a real house in Malibu, by the sea.

    と彼の家は海沿いのマリブにある本物の家です。

  • But Mann can't hide his knack for, and devotion to, style.

    しかし、マンはスタイルへのこだわりとコツを隠すことはできません。

  • The three locations I mentioned may be real places

    私が挙げた3つの場所は実在の場所かもしれません

  • but it's not an accident that in the first, a giant mound of yellow sulphur gives the space a dreamlike quality.

    しかし、最初に黄色の硫黄の巨大なマウンドが夢のような品質の空間を与えることは偶然ではありません。

  • Or that the train platform feels both alien and alienating

    あるいは、電車のホームが異質なものと異質なものの両方を感じていること。

  • And as for DeNiro's home, what could call attention to itself more than this blue-suffused box of loneliness

    そして、デニーロの家としては、何が孤独のこの青く塗りつぶされた箱よりも、それ自体に注意を喚起することができます。

  • cribbed from Alex Colville's 1967 painting "Pacific"

    Alex Colville'の1967年の絵画"Pacific&quot.から引用しました。

  • In other words, despite Michael Mann's protestations that this is not a genre piece

    つまり、マイケル・マンの主張にもかかわらず、これはジャンルの作品ではないということです。

  • Heat is clearly drawing from both crime and noir traditions.

    ヒートは明らかに犯罪とノワールの両方の伝統を受け継いでいます。

  • What makes the film brilliant is that it uses its style and realism to comment on each other

    この映画が素晴らしいのは、そのスタイルとリアリズムを使ってお互いにコメントし合っているからだ。

  • and in doing so, updates the genre for a new age.

    そうすることで、新しい時代に向けてジャンルを更新しています。

  • A lot of this is done through sound in the film, by the great work in Chris Jenkins' sound design

    これの多くは、クリス-ジェンキンスの偉大な仕事によって、映画の中で音を介して行われます。

  • and Elliot Goldenthal's score.

    とエリオット・ゴールデンタールの得点。

  • The interplay is established right at the start, as Goldenthal's spacey, highly stylized score

    冒頭から、Goldenthalの宇宙的で高度に様式化されたスコアのような相互作用が確立されています。

  • fades into the hyperreal sounds of a hospital.

    病院の超現実的な音にフェードアウトします。

  • And that exchange is in the soundtrack, too.

    そのやりとりもサントラに入ってるし

  • For the scene where Pacino chases down DeNiro on the highway, Mann uses a Joy Division song called "New Dawn Fades"

    パチーノが高速道路でデニーロを追い詰めるシーンでは、マンは"New Dawn Fades&quotと呼ばれるジョイディビジョンの曲を使用しています。

  • that has a driving rhythm that fits the moment perfectly

    疾走感のある

  • But what I just played? That's actually not the song used in the movie.

    でも、今弾いたのは?それは実は映画で使われている曲ではありません。

  • Mann commissioned a cover of "New Dawn Fades" by the electronic artist Moby

    MannはエレクトロニックアーティストMobyのカバーを依頼しました。

  • who super adds to this functional moment a layer of pure style.

    スーパーはこの機能的な瞬間に純粋なスタイルのレイヤーを追加します。

  • Listen to the difference it makes.

    その違いに耳を傾けてください。

  • Since its beginning, there has been a tension in film noir between realism and style.

    フィルム・ノワールはその始まりから、リアリズムとスタイルの間に緊張感がありました。

  • Its origins in black and white and harsh chiaroscuro lighting attempted to communicate a gritty realism.

    その起源はモノクロームと過酷なキアロスクーロ照明で、グリッティなリアリズムを伝えようとしていた。

  • But in this lighting and in the implicitly abstract nature of black and white, it created a style all its own.

    しかし、この照明と白黒の暗黙の抽象性の中で、それは独自のスタイルを生み出しました。

  • Its values, however, were always traditional.

    しかし、その価値観は常に伝統的なものでした。

  • From the start, noir has investigated the way men construct their identities from what they do.

    ノワールは当初から、男性がどのようにして自分のアイデンティティを構築していくかを研究してきた。

  • That reflected the broad scope of men in the early 20th century, not just cops and robbers.

    それは、警官や強盗だけでなく、20世紀初頭の男性の広い範囲を反映していました。

  • But the rise of postmodern consumerist culture, of new ways to build identity that weren't from one's career or one's relationships

    しかし、ポストモダンな消費者文化の台頭、キャリアや人間関係ではないアイデンティティを構築する新しい方法の台頭。

  • made the crime film's association with style more problematic, but also more necessary.

    そのため、犯罪映画とスタイルの関連性がより問題視されるようになりましたが、それ以上に必要なものでもありました。

  • Mann confronts this head-on with DeNiro and Pacino's characters.

    マンは、デニーロとパチーノのキャラクターでこれに真っ向から立ち向かう。

  • DeNiro's style, his slick suits, his minimal, empty house, reflect his lifestyle of extreme professionalism

    デニーロのスタイル、洗練されたスーツ、ミニマルで空っぽの家は、彼の極端なプロフェッショナリズムのライフスタイルを反映しています。

  • matched in the actual yuppie culture of the 80s, when the film was first conceived.

    この映画が最初に構想された80年代の実際のユッピー文化にマッチしています。

  • Pacino, too, is placed in the actual home of postmodern architect Thom Mayne, in Santa Monica.

    パチーノも、サンタモニカにあるポストモダン建築家トム・メインの実家に置かれています。

  • Mann knows that to communicate with contemporary audiences

    マンは、現代の聴衆とコミュニケーションをとるために、以下のことを知っています。

  • to make a crime noir that is fresh and looks forward

    新鮮で前を向いた犯罪ノワールを作るために

  • these stylistic choices have to be present.

    これらの様式的な選択は存在しなければなりません。

  • Modern audiences firmly entrenched in this culture register style. They speak themselves through style.

    現代の聴衆はしっかりとこの文化の登録スタイルに定着しています。彼らはスタイルを通して自分自身を語る。

  • And it's through this attention to style that Heat can finally level a critique on its own culture.

    そして、このスタイルへのこだわりによって、Heatは最終的に自分たちの文化に批判を投げかけることができます。

  • In the end, DeNiro and Pacino ultimately reject these new forms of identity construction.

    結局、デニーロとパチーノは最終的にこれらの新しい形のアイデンティティ構築を拒否する。

  • "You can lounge around here on her sofa, in her ex-husband's dead tech postmodernistic bullshit house if you want to..."

    あなたが望むならば、彼女の元夫のデッドテックポストモダニズムのでたらめな家で、彼女のソファの上でここでラウンジをすることができます...&quot.

  • They fall back on traditional methods. Pacino looks to his work, and DeNiro looks to relationships.

    彼らは伝統的な方法に逆戻りします。パチーノは仕事に目を向け、デニーロは人間関係に目を向ける。

  • "All I know is, there's no point in me going anywhere any more if it's gonna be alone."

    私が知っているすべてのことは、それが一人であろうとする場合は、もはやどこにも行かないであろう私のポイントはありません。

  • In this way, Michael Mann's attention to style and score and soundtrack

    このように、マイケル・マンのスタイルとスコア、サウンドトラックへのこだわりは

  • and lenses and locations and wardrobe and lighting

    とレンズとロケーションとワードローブと照明

  • and his attention to realism in all those same categories

    と、それらのすべての同じカテゴリのリアリズムへの彼の注意。

  • serve to illustrate a new social environment as well as its drawbacks.

    新しい社会環境とその欠点を説明するのに役立ちます。

  • And that's what film noir was always meant to do at its best:

    それがフィルムノワールが常に最高の状態で行うことを意味していました。

  • show the underside of culture and why it's a necessary extension of the reverse.

    文化の裏側を示し、なぜそれが逆の延長線上に必要なのかを示します。

  • In fact, it may be the case in our modern culture that when the two sides are put face to face

    実際、現代の文化の中では、両者が顔を突き合わせた時に

  • they don't look all that different.

    彼らはすべての異なるようには見えません。

  • Hey everybody, thanks for watching. Heat is one of the best crime thrillers of all time, no question about that.

    皆さん ご覧いただきありがとうございます"ヒート "は最高の犯罪スリラーの一つだそれは間違いない

  • Um, I just want to say that 2015 has been the best year of my life.

    えーと、2015年は私の人生の中で最高の年だったと言いたいです。

  • You guys have helped me expand this channel to something that I never could have imagined.

    あなた方のおかげで、私はこのチャンネルを想像もしていなかったようなものにまで拡大することができました。

  • The fact that I get to do this full-time is just beyond my wildest dreams.

    フルタイムでやらせてもらえるなんて夢のまた夢だわ

  • I believe in this channel so much and the work that's happening here

    私はこのチャンネルを信じていますし、ここで起きていることを信じています。

  • and I really believe that, to exist in 2016 and beyond, it has to innovate and experiment and do new things

    そして私は本当に信じています 2016年以降に存在するためには、革新し、実験し、新しいことをしなければならないと。

  • and that is what I'm looking forward to doing and looking forward to giving to you.

    と、それこそが私の楽しみであり、皆さんにお渡しすることを楽しみにしています。

  • Um, there's a really special relationship between the people who watch this channel

    このチャンネルを見ている人たちの間には本当に特別な関係があります

  • pledge to this channel on my Patreon page, um, and me

    私のパトロンページにあるこのチャンネルへの誓いを立ててください。

  • because there's nothing in between us, and that's a model that I talk about after every video

    なぜなら、私たちの間には何もないからです。

  • but one that I really, really, really, REALLY believe in

    でも、私は本当に、本当に、本当に、本当に、本当に信じています。

  • because this content is not diluted by any corporation or any brand or anything like that

    なぜなら、このコンテンツは企業やブランドなどによって希釈されたものではないからです。

  • and that's, I think, really special, um, and I think, a new model for the way that content can be.

    これは本当に特別なことで、コンテンツのあり方の新しいモデルだと思います。

  • So, um, I just wanted to say thank you for 2015. You guys have been awesome.

    だから、えーと、2015年のお礼を言いたかったんだ。あなた達は本当に素晴らしかったわ。

  • If you do want to pledge you can click right there and go to my Patreon page.

    誓約をしたい場合は、そこをクリックして私のパトロンページに行くことができます。

  • Um, I will see you guys next Wednesday in 2016 and hopefully an exciting year to come.

    えーと、2016年は来週の水曜日にお会いしましょう!そして、わくわくするような一年になることを願っています。

The first thing you notice about Michael Mann's Heat is that it's all long lenses.

マイケル・マンの「ヒート」で最初に気づくのは、すべてロングレンズであるということです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 マン スタイル ヒート レンズ マイケル 犯罪

ヒート:リアリズムとスタイルの完璧なブレンド

  • 578 27
    Ken Chang に公開 2017 年 07 月 08 日
動画の中の単語