Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • What level did you get to as far as basketball goes?

    バスケではどの程度のレベルまでいったんですか?

  • Did you play high school basketball?

    高校でバスケをやっていました?

  • Ahh...OK, we being honest?

    えーっと...じゃあ、正直に言っていいのかな?

  • Like, 'cause you can find footage, so I don't know how far I can lie.

    っていうか、どっちにしても映像に残ってるから、どこまでウソつけるか分からないし。

  • OK.

    いいですよ。

  • Alright, listen, I played high school basketball.

    じゃあね、えっと高校でバスケはやってて、

  • I played four years of varsity, but it wasn't, it wasn't easy, OK?

    大学でも4年間やったけど、まあなかなか大変だったわけ。

  • I wanted to play real bad.

    本腰入れて取り組みたかったし、

  • This is all I wanted to do.

    それだけに集中したかったけど。

  • And my mom, she didn't want me to try out because my school was like two hours from my house and we had to catch public transportation.

    お母さんはトライアウトに行かせてくれなかったの。学校は家から2時間のところにあって電車・バスで行かなきゃいけなくて、

  • And the tryouts for the basketball team was at 6 am.

    バスケのチームに入るトライアウトは朝の6時からだったんだけどさ、

  • It is a true story.

    これは本当の話だよ。

  • And my mom was like, "You're not leaving our house at 4 am to go try out for a basketball team."

    お母さんは「バスケのトライアウトだからって朝の4時に出掛けるなんて許さないわよ」

  • "There's all types of crazy people out here, I'm not sending my son on public transportation at that time."

    「外には変な人がたくさんいるでしょ、だからあなたにそんな時間に公共交通機関に乗って欲しくないから」とか言うわけ。

  • I was like, "But mom, this is the tryouts."

    ボクはそこで「でもさ、これはトライアウトなんだから」

  • Like "I want to be on the team, this is the only way I can get to be on the team."

    「チームに入りたいんだよ、そうするにはこれしか方法はないんだ」ってお願いするんだけど、

  • She's like, "No, not gonna happen."

    それでも「ダメ、絶対にゆるしません」の一点張り。

  • So, because I'm such a genius, I decided to take all the clocks in the house, and set all of the clocks forward.

    そこでボクは天才的なひらめきで、家中の時計の針を進めておいたわけ。

  • - So when it was... - How far forward?

    ーだから… -どれくらい進めたんですか?

  • Oh, I set it forward bad.

    いやー、ヤバいくらい進めたね。

  • So I...when it was really 4 am, I set the clock to say 6 am, 'cause that's what time I was leaving.

    だから、実際には朝の4時だったとしたら普段家を出る6時に変えて、

  • So, like, I woke my mom up and everything, like it was time for work, like gotta get up.

    そしてお母さんを起こして、仕事に行く時間だから起きなきゃだめだよ、みたいにして。

  • She was like, "It's still dark out, what's going on today?"

    そしそしたらお母さんは「まだ外は暗いじゃない、どうなってんの今日は?」って言うから、

  • I was like, "I don't know, but we got to get up out of here."

    ボクは「知らないよ、でも起きて準備しないと」

  • "It's time to go."

    「もう行く時間だよ」って言うわけ。

  • VCRs, clocks, her watches, everything.

    ビデオも、時計も、お母さんの腕時計も全部。

  • I set every clock in the house and I made it to the tryouts.

    家中の時計をセットし直してトライアウトに行けるように仕向けたわけ。

  • I tried it out and I was happy my plan worked.

    トライアウトも無事終わって、作戦成功したから気分良かったんだけどさ。

  • And midway through the day, I remember being in class.

    そしたら、お昼頃教室にいた時に、

  • You know, classrooms got those skinny windows, right?

    ホラ、教室には細い窓があるでしょ?

  • And I'm like doing my work.

    その時は自分のすることをやってたんけど。

  • And I remember a head popping in the window.

    誰かの頭が窓からニュって入ってきて、

  • And that was my mom.

    よく見たらお母さんだったの。

  • My mom, she was like, she's just biting her lips.

    くちびるなんか噛んでてさ、

  • And I remember the teacher's like, "Mr. Hart, your mother wants to see you."

    そしたら先生も「ハート君、お母さまが話があるそうだ」って言うから、

  • And I was like, "Don't...don't let me go out there by myself."

    ボクは「自分一人では…ちょっと行きたくないです」って言うんだけど

  • And he was like, "Go on, Mr. Hart, you're excused."

    「ハート君、大丈夫だから行きたまえ」とか言うの。

  • I said, "No, no, no, please, you gotta come out there with me."

    ボクは「いやいやいや、お願いしますよ一緒に来て」みたいな。

  • And I remember walking down that hall, and all I heard her say was, "You had me get to work two hours early!"

    ホールの中を歩きながら話したことで覚えてるのは、お母さんが「2時間も早く仕事に着いちゃったじゃないの!」って言ってたこと。

  • BOP!

    そしてバシン!みたいな。

  • She was like, "When nobody else in the office but me!"

    「私以外誰もオフィスに来ていないのよ!」

  • She beat me all the way home.

    家に帰るまでずっとひっぱたかれてた。

  • At every bus we got on, she hit me, "Had me on the bus with nobody else on the bus!"

    バスに乗るたびにひっぱたかれて、「誰も乗ってないバスに乗ったのよ!」って感じで

  • The train.

    電車に乗っても同じ。

  • I've never...I think I've got whopped, a man got whopped for three and a half hours straight and there was nothing I could say.

    マジで、いやー、3時間半ぶっ続けでひっぱかれ続けたと思うんだけど、オレは何も言えないわけ。

  • And I was happy 'cause I made the team, and she was like...

    オレはチームに入れたから嬉しかったんだけど…

  • Oh you made the team!

    あ、チームには入れたんですね!

  • I made the team!

    入れたの!

  • And so that is one of the lessons learned.

    というわけで、良い教訓にはなったよね。

  • It's one of the lessons, that's one of our life lessons.

    人生で学ぶべき教訓だよね。

  • What was the lesson exactly?

    具体的にはどんな教訓ですか?

  • - I'm gonna be honest with you, there was no lesson in that one. - There was no lesson!

    ーぶっちゃけて言うと、ここから学ぶ教訓は無かったかな。 ー何も教訓は無いですよね!

  • It's called "I can't make this up."

    「I can't make this up」というタイトルの本です。

  • It's "Life Lessons" by Kevin Hart.

    ケビン・ハートさん著の「人生の教訓」ですね。

  • And, go see him in a very funny movie, "Captain Underpants," it's in theaters tomorrow.

    それから明日劇場公開される超面白映画、「スーパーヒーロー・パンツマン 」もチェックしてください!

  • Hi, I'm Jimmy Kimmel, if you like that, click the subscribe button below, and good things will happen forever.

    どうも、ジミー・キメルです。気に入っていただけたら下のチャンネル登録ボタンをクリックして、ずっと楽しい動画をお楽しみください。

What level did you get to as far as basketball goes?

バスケではどの程度のレベルまでいったんですか?

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 JimmyKimmel トライ 教訓 母さん バスケ アウト

爆笑!ケビン・ハートが母親に追い詰められた理由とは...?

  • 21468 1395
    Jerry に公開 2021 年 01 月 27 日
動画の中の単語