Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • I know what you're thinking.

    何を考えているのかは分かっています。

  • This looks bad.

    これはヤバそうですね。

  • But I assure you,

    しかし、私は保証します。

  • I have everything under contr-UGH!

    全部コントラッグの下にあるんだよ!

  • Okay, maybe not.

    そうかもしれませんが

  • Ugh, such a dirty shoe.

    うっ、こんな汚い靴。

  • First things first.

    まず第一に

  • I'm not your average teenager.

    私は普通の10代とは違う

  • I never get to grow up with a family with bikes and candy.

    自転車とお菓子のある家庭では絶対に育たない。

  • My family was an international network of killers.

    私の家族は国際的な殺人者のネットワークだった。

  • I bike with a Falcon Recon 23X,

    ファルコンレコン23Xで自転車に乗っています。

  • and the closest thing I ever got to candy was...

    キャンディに一番近いのは...

  • Well, I did get a lolipop once

    まあ、私は一度、ロリポップを取得しました。

  • but that's not the point!

    そんなことはどうでもいい

  • As long as I remember, I've been trained to become an A.S.S.,

    物心ついた限りでは、A.S.S.S.になるための訓練を受けてきました。

  • an Agent of Secret Stuff.

    シークレット・スタッフのエージェント。

  • For 17 years I trained alongside with one of the cruelest, boldest, most heartless killer of all the A.S.S.es,

    17年間、私はA.S.S.E.S.ES.の中でも最も残酷で、最も大胆で、最も無情な殺人者の一人と一緒に訓練を受けました。

  • Tracy.

    トレイシー

  • - It's a man's name...!

    - 男の名前だ......!

  • 3 months ago, on the final day of my training,

    3ヶ月前、研修最終日。

  • Tracy brought me in front of a panel,

    トレイシーがパネルの前に連れてきた。

  • the highest ranked A.S.S.es.

    最高位のA.S.S.es.

  • I'm talking top quality A.S.S.

    最高品質のA.S.S.S.の話をしています。

  • - Aden, for the past 17 years you have been like a son to me.

    - エーデン、この17年間、あなたは私にとって息子のような存在だった。

  • We've been on missions around the world,

    私たちは世界中でミッションを行ってきました。

  • prevented various global disasters and saved countless lives.

    世界の様々な災害を防ぎ、数え切れないほどの命を救ってきました。

  • And now, it's time for you to become an official Agent of Secret Stuff.

    そして今、あなたはシークレット・スタッフの公式エージェントになる時が来ました。

  • But, before I give you your Honorary Operative License Entitlement,

    しかし、あなたに名誉運転免許証の資格を与える前に

  • your H.O.L.E.,

    あなたのH.O.L.E.

  • you have one more assignment you must complete.

    もう一つ課題があります

  • - But... Sir! With all due respect, I devoted my life to training.

    - でも...(安藤) 先生!お言葉ですが 私は生涯をかけて 修行に励んできました

  • - You will follow orders!

    - 命令に従え!

  • - But... But why?! I already did all the hard stuff!

    - でも...でもなんで?難しいことは全部やったのに!

  • - We are A.S.S.es!

    - 私たちはA.S.S.es!

  • We do not complain when things get too hard.

    物事が辛くなっても文句は言いません。

  • We push on through, and we take it.

    突き進み、奪い取る。

  • - But you said...

    - でも、あなたが言ったのは...

  • - Enough!

    - もういい!

  • Please, tell Aden his assignment.

    エーデンに任務を伝えてくれ

  • - Aden, we need you for a special assignment that only you can execute!

    - アデン 君だけが実行できる特別な任務が必要なんだ!

  • The Society Involving Not-so-good Stuff, a.k.a. the S.I.N.S.,

    "あまり良くないものに関わる社会" 別名S.I.N.S.

  • they have been our mortal enemies for decades.

    彼らは何十年も我々の宿敵だった

  • And now, they have found a new target,

    そして今、彼らは新しいターゲットを見つけました。

  • Taylor Rentrol, a high school senior.

    高校3年生のテイラー・レントロール。

  • We need an agent on the inside.

    内部の捜査官が必要だ

  • We believe that the S.I.N.S. have already infiltrated the school with assassins of their own!

    S.I.N.S.はすでに学校に潜入していると考えられています................................................................................

  • Your mission is to pose as a high school student and protect Taylor from impending threats!

    あなたの使命は、高校生のふりをして、差し迫った脅威からテイラーを守ることです!

  • - But... why are they after Taylor?

    - でも...なぜテイラーを狙ってるの?

  • - That will be revealed at a later time,

    - それは後日明らかになります。

  • in like, 30 minutes?

    30分で?

  • We have already made preparations for your enrollment.

    すでにご入学の準備をさせていただいております。

  • A spot has been made available in all of Taylor's classes.

    テイラーの全クラスにスポットを設けました。

  • She must not know that she is in danger!

    彼女は自分が危険にさらされていることを知らないはずがない!

  • This is a new world for you!

    これはあなたにとって新しい世界です!

  • High school students are the most dangerous and misunderstood citizens that you will ever come across!

    高校生は一番危険で勘違いしている市民だ!」と、その場に居合わせた人たちの中には、「高校生」がいることもあるだろう。

  • You must operate cautiously.

    慎重に操作しなければなりません。

  • - I will not fail.

    - 失敗はしません。

  • - Cool, peace out.

    - 涼しく、平和に。

  • - Oh yea, come here.

    - そうだ、こっちに来てくれ

  • Guys, I need your attention just for one second.

    みんな、ちょっと待ってくれ

  • Hey!

    おい!

  • Shut up. We have a new student.

    黙れ転校生が来た

  • His name is um... Jose McDonald.

    彼の名前は...ホセ・マクドナルド

  • Yea, obviously.

    ああ、明らかに

  • Why don't you say Hi, Jose.

    挨拶したらどうだ ホセ

  • Right on man, you're gonna fit in perfectly.

    そうだな、お前にはぴったりだ。

  • Why don't you take a seat in front of Bieber there?

    そこのビーバーの前の席に座れば?

  • You guys open up your Visions book to Chapter 14.

    ヴィジョンズの本を14章まで開いてくれ

  • - Hey, I'm Taylor, Can I help you with something?

    - 私はテイラーよ 何かご用?

  • - Ho-lah, I'm "Joezy".

    - ホラ、俺は "Joezy "だ。

  • - Isn't it pronounced as "Jose"?

    - ホセ」と発音するのでは?

  • - Is that what you want it to be?

    - そうなって欲しいのかな?

  • So it's gonna be like our code word for "danger"?

    "危険 "の合言葉のようになるのか?

  • - What are you talking about?...

    - 何を言ってるんだ?

  • - You know, I'll be "Hose A", you'll be "Hose B".

    - 俺はホースA、お前はホースBだ

  • - Are you okay?

    - 大丈夫か?

  • - Taylor, zip it up and shut your face hole.

    - テイラー、チャックを閉めて顔の穴を閉じろ

  • These kids are trying to learn.

    この子たちは学ぼうとしている。

  • - Thanks a lot.

    - ありがとうございます。

  • - You're welcome.

    - どういたしまして

  • - Hey Taylor, can I borrow your pencil sharpener?

    - テイラー 鉛筆削りを貸してくれないか?

  • - Yea sure, Melvin.

    - そうだな、メルビン

  • Suspect will require a pencil sharpening tool to convert the writing stick into a weapon.

    容疑者は筆記用具を武器に変えるために鉛筆削りの道具を必要とする。

  • By inserting the yellow thing into the green thing, the dull thing will turn into a sharp thing.

    緑のものに黄色のものを差し込むことで、くすんでいたものがシャープなものに変わります。

  • He will then proceed to jump behind his target while she is pre-occupied,

    彼は、彼女が事前に占有されている間、彼のターゲットの後ろにジャンプして進みます。

  • and apply a fatal impending weapon into her jugular artery!

    彼女の頸動脈に 致命的な武器を使うんだ!

  • - There you go.

    - これでいいわ

  • - Give the sharpener back.

    - シャープナーを返せ

  • - What's your problem?

    - 何が問題なの?

  • - What do you take me for, a fresh--man?

    - 俺を何だと思ってるんだ?フレッシュマンか?

  • Give the sharpener back.

    シャープナーを返せ

  • - Jose, what are you doing?

    - ホセ 何をしてる?

  • - Fine, Jeez.

    - いいだろう。

  • - What was that all about Jose?

    - ホセとは何だったんだ?

  • - Don't worry, I got you. "Hose B".

    - 心配しないで、私はあなたを持っています。"ホースB"

  • - Alright, class, that's it.

    - よし、クラス、それだけだ。

  • Remember, Chapter 15! Read it... or not, it's your future.

    覚えておけ!第15章読むか読まないか、それがあなたの未来です。

  • Oh by the way, pop quiz next week! You guys know the drill.

    そういえば、来週はポップクイズ!?みんな知ってるよね?

  • Oh, Taylor, I'll need to speak with you after class, if you have a moment.

    ああ テイラー 授業の後に話があるの 時間があれば

  • Good work today, guys. I was kidding.

    今日はお疲れ様でした。冗談だよ。

  • Remember these days, kids. You will miss them.

    この日々を忘れないで寂しくなるよ。

  • See you tomorrow!

    また明日!

  • Hey, Taylor, I want to talk to you about the... the homecoming dance.

    ねえ テイラー 話があるの... ホームカミング・ダンスについて

  • I know it is kinda a thing that you are planning with the student council.

    生徒会と一緒に計画しているのは、ちょっとしたことですよね。

  • But we do have a lot of volunteering that is coming up, you know,

    でも、ボランティア活動はこれからだよ。

  • make sure you still have time to do that.

    まだ時間があることを確認してください。

  • - No, definitely, it should be fine.

    - いや、間違いなく、大丈夫だろう。

  • We are almost done planning.

    もうすぐ企画が終わります。

  • - Okay alright, I trust you. You're not like the other bastards in this class.

    - 分かったよ 信じてる君はこのクラスの他の野郎とは違う

  • You're the good one.

    あなたがいい人だから。

  • - Thanks, I appreciate it. Is that it?

    - ありがとうございます。これでいいのか?

  • - Alright I'll see you later. - Bye.

    - 分かったわ また後でね- じゃあね

  • - Don't you ever do that again.

    - 二度とするなよ

  • - Excuse me?

    - 何だって?

  • - I said, don't you ever do that again.

    - 二度とするなと言ったんだ

  • Keeping Taylor in the room alone is not safe.

    テイラーを一人で部屋に入れておくのは安全ではありません。

  • - Oh yea, I forgot, you are right.

    - そうそう、忘れてました、あなたの言う通りです。

  • I didn't know what I was thinking otherwise I'll be... Who the hell are you?

    何を考えているのかわからなかった......そうでなければ........お前は一体何者なんだ?

  • - Well, I am the new kid, remember?

    - 俺は新入りなんだ、覚えてるか?

  • You just introduced me.

    紹介してくれた

  • - Get the hell out of my class!

    - 私のクラスから出て行け!

  • - I am glad that we had this talk.

    - このような話ができてよかったです。

  • - Hey there, son.

    - やあ、息子よ

  • I am glad I found you.

    あなたに出会えてよかったです。

  • I hope you enjoyed your first day of school so far.

    これまでの初日を楽しんでいただけたでしょうか。

  • I just wanted to give you your new locker assignment.

    新しいロッカーの割り当てを伝えたかったんだ

  • Actually, you are quite lucky, a new one just opened up the other day.

    実は、あなたはかなりラッキーなことに、先日新しいものがオープンしました。

  • - Oh, hey!

    - お、おい!

  • Wow, your locker is next to mine.

    あなたのロッカーは私の隣よ

  • I wonder where Billy went.

    ビリーはどこに行ったんだろう

  • - Yea, strange huh, Ha ha ha ha...

    - イェー、変なハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ...。

  • - Well if we gonna see each other this much,

    - これだけ会うことになったら

  • why don't we just start over?

    やり直せばいいんじゃないの?

  • Hi, Jose, I'm Taylor. Nice to meet you.

    ホセ テイラーよよろしく

  • - Nice to meet you too.

    - こちらこそよろしくお願いします。

  • - It's called a handshake, Jose.

    - 握手だよ ホセ

  • You're so silly, it's like you've never made a friend before.

    くだらないこと言って、今まで友達を作ったことがなかったような気がする。

  • - "You will follow orders!" - "Ahhh..."

    - "命令に従え!"- "ああ...

  • - Hey Taylor!

    - ヘイ テイラー!

  • - Oh hey, what's up, how are you?

    - おやおや、元気だったか?

  • - I'm good. Did you finish that paper in English?

    - 私は大丈夫です。英語の論文は終わったのか?

  • - No, not yet, it is due soon? In two days...

    - いや、まだだ、もうすぐかな?2日後には...

  • Suspect from across the hall examines his target, his eyes indicate he is aiming for the most exposed and vital area, her chest.

    ホールの向こうの容疑者は ターゲットを調べています 彼の目は最も露出の多い重要な場所 彼女の胸を狙っていることを示しています

  • Only 3 steps away from pumping her with barrages of bullet punches straight to her ribcages that will no doubt stop her heart forever for life!

    彼女の胸郭にストレートに弾丸のパンチの連打で彼女をポンプからわずか3歩、それは間違いなく一生のために永遠に彼女の心臓を停止します!

  • - What are you looking at?!

    - 何を見ているんだ!

  • - Bye Jose!

    - さようならホセ!

  • - Bye!

    - さようなら!

  • - I said, what were you looking at?

    - 何を見てたの?

  • - Chill out, Man, I'm just checking out Taylor's rack, she is looking especially hot today.

    - 冷静になって テイラーのラックをチェックしてる 彼女は今日は特にホットだな

  • - Her rack?

    - 彼女のラック?

  • - Yea, man, her knockers.

    - 彼女のノッカーズだ

  • - So you were trying to knock her!

    - 彼女を倒そうとしたのか!

  • - No, man, I am talking about her boobs!

    - いや、オッパイの話だよ!

  • - You know, these things?

    - こういうのって

  • - Oh, okay then, as long as you were not looking at that ribcage.

    - 胸郭を見ていない限りはね

  • You stay the hell away from that ribcage!

    その胸骨に近づくな!

  • - Bryson! New guy!

    - ブライソン!新入り!

  • - I'm gonna destroy you!

    - 破壊してやる!

  • Your face is gonna be so ugly when I am done with your face, cause... it's kinda handsome right now.

    あなたの顔は、私があなたの顔を見終わった時に、とても不細工になりそうだわ、だって...今はちょっとイケメンだもの。

  • Ah.....!

    ああ...!

  • - I wasn't ready! I want a rematch!

    - 準備ができていなかった!再戦だ!

  • Target is greatly outnumbered by opposition, each of them possesses some sort of netted-stick weapon.

    ターゲットは敵に大きく劣り、それぞれが何かしらの網目状の武器を所持している。

  • Surrounded and unaware, she is vulnerable to attacks from all directions!

    周りに囲まれていて気づかないので、四方八方からの攻撃に弱い!

  • - Jose? Where did you come from?

    - ホセ?どこから来た?

  • - You almost took a shuttlecock to the face.

    - 危うく顔面を殴られそうになった。

  • - But how did you...?

    - でも、どうやって...?

  • - What are you doing?! Come on! Let me go!

    - 何をしているんだ?何してるんだ?放して!

  • How did I even get here?! Let me go! Come on!

    どうやってここに来たんだ?放して!早くしろ!

  • - How did you do that?

    - どうやってやったの?

  • - He's like... incredibly fast and strong.

    - 彼は...信じられないほど速くて強いんだ

  • - He's like a mystical creature that is fast and strong.

    - 神秘的な生き物のような速さと強さを持っています。

  • - I know, right? He's like a... a unicorn!

    - そうだよね?彼はまるで...ユニコーンだ!

  • - But a human... a "humacorn".

    - しかし、人間...「ヒューマコーン」。

  • - Stop it guys, he's just different.

    - みんなやめてくれ、彼は違うだけだ。

  • - He's a freak.

    - 彼は変人です。

  • - I don't know, I think he is kinda cute the way he takes everything so seriously.

    - 何事にも真面目に取り組んでいる姿がなんだか可愛いですね。

  • - It's kinda creepy... don't you think?

    - なんか気持ち悪い...そう思わない?

  • - He's harmless, he's like a little puppy that just wants all your attention.

    - 彼は無害で、あなたの注意を引きたいだけの小さな子犬のようなものです。

  • - A "humacoruppy"!

    - フマコルッピー」に!

  • - You girls are ridiculous. Let's go.

    - お前らは馬鹿げている行きましょう

  • - I think Taylor has a crush.

    - テイラーは片思いしてると思う

  • "High school students are the most dangerous and misunderstood citizens that you will ever come across!"

    "高校生は最も危険で誤解された市民だ!"

  • - What happened?

    - 何があったの?

  • - Slippery floors...

    - 滑りやすい床...

  • - What?

    - 何だと?

  • - Probably didn't see the "Piso Mojado" sign...

    - おそらく「ピソ・モハド」の看板を見なかったのだろう...

  • - What?

    - 何だと?

  • - Yea, let's just...

    - そうだな...

  • - But what about my...

    - でも私の...

  • - Uhh... yea, so I hope you have a good first day at school.

    - あー...そうだね、学校での初日が良いものになるといいね。

  • - You're still alive, so it's a great day.

    - まだ生きていたんだから、今日はいい日だ。

  • - Okay, I'll see you later.

    - じゃあ、また後でね。

  • Oh, are you coming this way too?

    あ、こっちにも来るの?

  • - Hey, so I was talking to Mr. Anderson about the event coming right after homecoming.

    - アンダーソンさんと話してたんですがホームカミングの後にイベントがあるんですが

  • I am gonna need a lot of help planing that event. I don't know how...

    そのイベントの企画を手伝ってもらいたいのですがどうやって...

  • - No...!

    - いや...

  • - Ah..! Oh my god!

    - ああ...!何てこった!

  • Get out of my room!

    私の部屋から出て行け!

  • - Don't throw things... No!

    - 物を投げるな...(吉森) ダメだ!

  • - Get away from me! Ah...!

    - あっち行け!ああ...

  • - Alright, I am not gonna hurt you.

    - わかったわ 傷つけたりしないわよ

  • You just need to... just calm down, Okay?

    ただ...落ち着くんだ いいな?

  • - Okay...

    - そうか...

  • - Are you trying to get yourself killed?

    - 自分が殺されるのを狙っているのか?

  • Did you know what you just almost did but didn't do because I didn't let you do what you wanted to do?

    やりたいことをさせてあげられなかったから、やりそうになってもやらなかったことを知っていたのか?

  • - Yes?

    - 何か?

  • - No! You don't!

    - 勘弁してくれ!駄目だ!

  • Do you know what this is?

    これが何か知っているか?

  • This is Little Miss Double Rainbow Girly Cookies and you almost eat them all the way.

    これはリトルミスダブルレインボーガーリークッキーで、あなたはほとんどすべての方法でそれらを食べています。

  • You don't even know who has handled this or who could have poisoned this.

    これを誰が処理したのか、誰が毒を盛ったのかもわからない。

  • - What?

    - 何だと?

  • - Look, I've been trying to stay undercover but you are making this too damn difficult.

    - 潜入捜査をしてたんだが 君のせいで大変な事になってる

  • First, first you handed over a pencil sharpener to someone with a pencil.

    まず、最初に鉛筆削りを持っている人に鉛筆削りを渡しました。

  • Do you wanna get stab in the neck?

    首を刺されたいのか?

  • And then, you almost took a shuttle cock to your face. Do you know how much that hurts?

    そして、シャトルのコックを顔面に持っていかれそうになった。どれだけ痛いかわかる?

  • Have you ever have a shuttle cock to your face before? No, you haven't. It hurts, I know.

    シャトルチンコを顔に当てられたことは?ないわね痛いのはわかる

  • Now you are eating cookies, you're eating cookies! Do you wanna get poisoned?...And fat?

    今、クッキーを食べているあなたは、クッキーを食べている!?毒を盛られたいのか...太りたいのか...。

  • Your carelessness is driving me insane!

    お前の不注意で気が狂いそうだ!

  • - I am driving you insane?

    - 私が発狂させてるの?

  • My friends are right.. you are a freak...

    友達の言う通りだな...お前は変人だ...。

  • I know exactly what you are...

    あなたのことはよくわかっています...

  • - Oh you do, alright then say it, say it out loud.

    - ああ、そうだな、そうだな、ならば、声を大にして言ってくれ。

  • - Unicorn...

    - ユニコーン...

  • - What? Unicorns don't even exist, in North America, probably.

    - 何だと?ユニコーンなんて存在しないよ、北米にはね。

  • - Then who... What are you?

    - じゃあ誰が...あなたは何者なの?

  • - Alright look, I am gonna be completely honest with you.

    - 正直に言うと...

  • I'm not really a Mexican. My name is not Jose, it's Aiden.

    俺はメキシコ人じゃない俺の名前はホセじゃない エイデンだ

  • And I'm an A.S.S.

    そして、私はA.S.S.S.です。

  • - Yea, you are.

    - そうだな

  • - No, you don't understand. Look, I am in the final stages of becoming an Agent of Secret Stuff.

    - いいえ、あなたは分かっていない。いいか、俺は最終段階にいるんだ、秘密のエージェントになるための。

  • And my last mission was to come here and protect you.

    そして、私の最後の使命は、ここに来てあなたを守ることでした。

  • - Protect me? From who?

    - 私を守る?誰から?

  • - The S.I.N.S.!

    - S.I.N.S.!?

  • - Is this all just to get me to go to church?

    - 私を教会に行かせるため?

  • - Oh my god... You're stupid.

    - 何てこった...お前はバカだな。

  • Alright, okay, here, here is the whole story.

    わかった、わかった、ここにあるのは、その一部始終だ。

  • Back in WWII, a group of fleeing Nazi special agents formed a society of assassins to secretly revenge the Axis of power. This group is called the Society Involving No-so-good Stuff.

    第二次世界大戦に戻ります ナチスの特殊工作員から逃亡したグループが 密かに権力の枢軸に復讐するために 暗殺者の協会を結成しましたこのグループは、「ダメなものを巻き込む会」と呼ばれています。

  • One of the assassins only known as X when he could no longer support such a war in the world... fled the S.I.N.S. and started his own group of killers to battle all the S.I.N.S. plans.

    そんな世界の戦争を支えられなくなった時、Xの名でしか知られていない暗殺者の一人...S.I.N.S.から逃げ出し、S.I.N.S.の全ての計画に対抗するために、自らの殺人集団を立ち上げた。

  • They were known as the Agent of Secret Stuff. That's me.

    彼らは「秘密のエージェント」として知られていました。それが私だ

  • The battle between A.S.S. and S.I.N.S. still continues today,

    A.S.S.とS.I.N.S.の戦いは今日も続いています。

  • and you are the S.I.N.S.'s latest target, to which I am assigned to prevent you from being killed.

    そして、あなたはS.I.N.S.の最新のターゲットです。私は、あなたが殺されるのを防ぐために割り当てられています。

  • - But why me?

    - でも、なぜ私が?

  • - I have no idea why, but I never question my orders.

    - なぜかはわからないが、自分の命令に疑問を抱くことはない。