Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hi. Welcome back to www.engvid.com.

    こんにちは、www.engvid.com へようこそ。

  • I'm Adam.

    私はアダムです。

  • In today's lesson we're going to look at the adverb clause.

    今日のレッスンでは、副詞句を見ていきます。

  • Okay?

    いいですか?

  • Now, this is one of the dependent clauses that we're going to look at.

    さて、これは従属節の一つで、これから見ていくことになります。

  • I also have a lesson about noun clauses and adjective clauses.

    名詞句や形容詞句についてのレッスンもあります。

  • I have a lesson about the independent clause, which is different from all of these.

    これら全てとは違う独立節についてのレッスンがあります。

  • Today we're looking at the adverb clause, which depends on the grammar book you're using.

    今日は副詞節について見ていきます。

  • Again, they like to use different words.

    繰り返しになりますが、彼らは違う言葉を使うのが好きなのです。

  • Some people call this the subordinate clause.

    これを従属節と呼ぶ人もいます。

  • "Subordinate" meaning under. Right?

    "subordinate"下の意味。だろう?

  • "Sub" means under, it's under the independent clause, means it's...

    "Sub"の下で、それは独立した句の下で、それを意味する's...

  • The independent clause is the more important one, the subordinate clause is the second.

    独立節はより重要なもので、従属節は2番目のものです。

  • Now, the thing to remember about adverb clauses: What makes them different from noun clauses

    さて、副詞句について覚えておくべきこと。副詞句は名詞句と何が違うのか

  • or adjective clauses is that they don't modify words.

    または形容詞句は、彼らが単語を修正しないということです。

  • Okay?

    いいですか?

  • A noun clause modifies or acts as a specific function to something in the independent clause.

    名詞節は、独立節の何かを修飾したり、特定の機能として作用したりします。

  • It could be the subject, it could be the object of the verb, for example.

    主語になることもあれば、動詞の目的語になることもあります。

  • Or it could be a complement.

    あるいは補語になるかもしれない。

  • But it's always working with some other word in the independent clause.

    しかし、それは常に独立節の中の他の単語と連動しています。

  • The adjective clause-excuse me-always modifies or identifies a noun in the sentence,

    形容詞句-excuse me-alwaysは、文中の名詞を修飾したり、識別したりします。

  • in the clause, etc.

    句などで

  • The adverb clause shows a relationship, and that's very, very important to remember because

    副詞句は関係性を示しています。

  • the subordinate conjunctions, the words that join the clause to the independent clause

    従属接続詞、独立節に結合する語

  • has a very specific function.

    は非常に特殊な機能を持っています。

  • The two clauses, the independent clause and the subordinate clause have a very distinct

    独立節と従属節の2つの節は、非常にはっきりとした

  • relationship.

    の関係にあることがわかります。

  • Okay?

    いいですか?

  • So here are some of those relationships: Reason, contrast, condition, time, purpose, and comparison.

    そこで、それらの関係をいくつかご紹介します。理由、対照、条件、時間、目的、比較です。

  • Okay?

    いいですか?

  • There are others, but we're going to focus on these because these are the more common ones.

    他にもありますが、ここでは一般的なものを中心に紹介します。

  • And there are many conjunctions, but I'm only going to give you a few here just so you have

    そして、多くの接続詞がありますが、ここではいくつかだけ紹介します。

  • an idea how the adverb clause works.

    副詞節の仕組みがわかる

  • Okay?

    いいですか?

  • So, for example, when we're looking at reason...

    だから、例えば、理性を見ているときに...

  • Okay? Before I give you actual sentence examples, I'm going to talk to you about the conjunctions.

    いいですか?実際の文例をお話しする前に、接続詞についてお話しします。

  • These are called the subordinate conjunctions.

    これらを従属接続詞と呼びます。

  • They very clearly show the relationship between the clauses, so you have to remember that.

    条項の関係性を非常に明確に示してくれているので、それを覚えておく必要があります。

  • So: "because", okay?

    だから: "because"、大丈夫?

  • "Because" means reason.

    "Because"は理由を意味します。

  • So, I did something because I had to do it.

    だから、やらなきゃいけないことがあったからやったんだよ。

  • Okay? So: "I did something"-independent clause-"because"-why?-"I had to do it".

    いいですか?だから: "I did something"-independent clause-"because"-why?

  • I had no choice.

    仕方がなかったんです。

  • That's the relationship between the two.

    という関係です。

  • "Since" can also mean "because".

    また、"since"は、"because"を意味することもできます。

  • "Since", of course, can also mean since the beginning of something, since a time, but

    もちろん、何かの始まりから、時間が経ってから、という意味にもなりますが

  • it can also mean "because" when we're using it as an adverb clause conjunction.

    また、副詞句の接続詞として使用している場合は、"because"という意味にもなります。

  • Contrast.

    コントラスト。

  • "Contrast" means to show that there's a difference.

    コントラスト"は、違いがあることを示すことを意味しています。

  • Now, it could be yes/no, positive/negative, but it doesn't have to be.

    仝それは、イエスかノーか、ポジティブかネガティブか、でもそうでなくてもいいんです。

  • It could be one idea and then a contrasting idea.

    一つのアイデアでも良いし、それとは対照的なアイデアでも良いのではないでしょうか。

  • One expectation, and one completely different result.

    一つの期待と、全く違う結果になってしまいました。

  • Okay?

    いいですか?

  • You have to be very careful not to look for a positive or a negative verb, or a positive

    肯定的な動詞や否定的な動詞を探したり、肯定的な

  • or negative anything else, but we're going to look at examples for that.

    とかネガティブなことは何でもいいのですが、そのための例を見ていきます。

  • The more common conjunctions for that is: "although" or "though"-both are okay,

    そのためのより一般的な接続詞は: "though"または"though"-both are okay.

  • mean the same thing-or "whereas".

    は同じものを意味しているのか、それとも"which"。

  • Okay?

    いいですか?

  • "Although I am very rich, I can't afford to buy a Lamborghini."

    私は非常に金持ちですが、私はランボルギーニを購入する余裕がありません。

  • Okay?

    いいですか?

  • So, "rich" means lots of money.

    だから、"rich"はお金がたくさんあることを意味します。

  • "Can't afford" means not enough money.

    "Can't afford"は十分なお金がないことを意味します。

  • Contrasting ideas.

    対照的な考え。

  • They're a little bit opposite from what one expects.

    想定していたものとは少し逆のことをしています。

  • Contrast, reason.

    コントラスト、理性。

  • Condition.

    コンディション。

  • "Condition" means one thing must be true for something else to be true.

    "Condition"とは、何か他のものが真であるためには、一つのことが真でなければならないことを意味します。

  • So, for the part of the independent clause to be true-the situation, the action, the

    ですから、独立節の部分が真実であるためには、状況、行為、行動が

  • event, whatever-then the condition must first be true.

    イベントが何であれ、条件は最初に真でなければなりません。

  • "If I were a...

    もし私が...

  • If I were a rich man, I would buy a Lamborghini."

    もし私が金持ちだったら、ランボルギーニを買うだろう。

  • But I'm...

    でも、私は...

  • Even though I am a rich man...

    お金持ちなのに...。

  • Although I am a rich man, I can't afford one.

    私はお金持ちですが、余裕がありません。

  • So we use "if", "as long as".

    そこで、私たちは"if"、"as long as"を使用します。

  • Again, there are others.

    繰り返しになりますが、他にもあります。

  • Time.

    時間だ

  • This is another relationship.

    これはまた別の関係です。

  • When did something happen?

    何かが起きたのはいつですか?

  • We use "when", we use "while", we use other conjunctions as well.

    we use "when", we use "while", we use other conjunctions as well.

  • "I will call you when I get home."

    "I will call you when I get home.&quot.

  • So this call that I will make to you will happen at the time that I get home.

    だから私があなたにかけるこの電話は、私が家に帰った時にすることになっています。

  • That's the relationship between the two.

    という関係です。

  • Purpose.

    目的だ

  • "I asked my boss for a pay raise so that I could afford my Lamborghini."

    私のランボルギーニを買う余裕があるように、私は上司に昇給を求めました。

  • Which I can't afford now.

    今は余裕がないんだ

  • Comparison, if I want to compare two things.

    比較、二つのものを比較するなら

  • Now, you have to be very careful with comparisons because they don't always have to take a clause.

    さて、比較する際には注意しなければならないことがありますが、それは、常に節を取る必要はないからです。

  • But if you're comparing clause to clause, if you're comparing action to action, then

    しかし、もし節と節を比較しているのであれば、行動と行動を比較しているのであれば

  • you must use a comparison conjunction with an adverb clause to show.

    示すためには、副詞句との比較接続詞を使用しなければなりません。

  • So: "I am not as able to do this as she is."

    だから:"私は彼女があるようにこれを行うことができません。

  • Right?

    だろ?

  • "I am not as able as she"-subject-"is", verb.

    "I am not not able as she" -subject-"is", verb.

  • Comparing two situations, two actions, etc.

    2つの状況、2つの行動などを比較すること。

  • So now that we see some of the relationships we can use and some of the conjunctions we

    これで、使える関係性と接続詞のいくつかが見えてきました。

  • can use, let's look at some sentence examples to see how this works.

    を使うことができるので、文例を見てみましょう。

  • Okay, let's look at some examples now.

    それでは、いくつかの例を見てみましょう。

  • I'm going to show you some dos and don'ts; things you should do, things you should not

    私はあなたがいくつかのdoesとdon'tsをお見せするつもりです;あなたがすべきこと、あなたがすべきではないこと

  • do.

    します。

  • But again, everything has an exception, we'll talk about that.

    しかし、繰り返しになりますが、すべてのものには例外があります。

  • Let's look at three independent clauses.

    3つの独立した節を見てみましょう。

  • "I love pizza."

    私はPizza.&quotを愛しています。

  • Very simple.

    とてもシンプルです。

  • "I love pizza.", "I rarely eat it."

    "I love pizza.",, "I rarely eat it.&quot.

  • I very, very seldom...

    私は滅多に...

  • I almost never eat pizza.

    ピザはほとんど食べない。

  • "It's unhealthy."

    それは不健康です。

  • "It" being pizza.

    "It" being pizza.

  • Now, I want to combine all of these things together, but I want to make sure that there's

    さて、これらのことをまとめてみたいと思いますが、そこには

  • a relationship between these two and this one, maybe even this one. Okay?

    この2人とこの1人の関係、もしかしたらこの1人の関係かもしれない。いいですか?

  • "Although I love pizza," so right away you're expecting a contrast.

    私はピザを愛していますが、"ので、すぐにあなたは、コントラストを期待しています。

  • "I love pizza."

    私はPizza.&quotを愛しています。

  • So you're thinking if I love pizza, I eat it every day. Right?

    私がピザが好きなら 毎日食べると思ってるんでしょ?だろ?

  • Well, right away you understand probably not.

    まあ、すぐにあなたはおそらくそうではないことを理解しています。

  • There's going to be a contrast coming up.

    コントラストが出てきそうですね。

  • "I rarely eat it".

    "I rarely eat it"。

  • I love it, I rarely eat it.

    大好きで滅多に食べません。

  • It doesn't make sense. They're opposites.

    それは意味がありません。彼らは正反対なんだ

  • Well, there's your opposite conjunction.

    まあ、あなたの反対の接続詞があります。

  • Why do I rarely eat it? "...because it's unhealthy."

    なぜ私はほとんどそれを食べることはありませんか?

  • So, I rarely eat it even though I love it, there's your contrast, because...

    だから、私はそれが好きなのにそれを食べることはほとんどありません、そこにあなたのコントラストがあります、なぜなら...

  • There's your reason and why rarely eat.

    そこにあなたの理由と理由はめったに食べない。

  • Okay?

    いいですか?

  • I have a contrast between how I feel about pizza and how often I eat it.

    ピザをどう感じるかと、よく食べるかの対比がありますね。

  • I have a reason of why I rarely eat it because it's unhealthy.

    私が滅多に食べない理由は、不健康だからです。

  • So this sentence is perfect, everything works well together.

    だからこの文章は完璧で、すべてがうまくまとまっています。

  • Another thing to keep in mind: One sentence can have many adverb clauses.

    もう一つ注意すべきことがあります。1つの文章にはたくさんの副詞節をつけることができます。

  • As many relationships as you need, you can put into a sentence.

    必要な数だけ関係性を文章に落とし込むことができます。

  • Again, once your sentence gets too long with too many clauses going on, then you're starting

    繰り返しになりますが、あなたの文章が長くなりすぎて節が多くなりすぎると、あなたは

  • to get a little bit confusing to your reader.

    読者を少し混乱させるために

  • Now, another thing I want to mention: You'll notice the comma here.

    さて、もう一つ言いたいことがあります。ここのコンマに注目してください。

  • Generally speaking, when you begin a sentence with an adverb clause...

    一般的には副詞節で文を始めると

  • Generally speaking, you're going to put a comma.

    一般的にはカンマを入れることになります。

  • Now, in today's writing, more and more writers don't like commas.

    さて、今日のライティングでは、ますます多くの作家がコンマを好まない。

  • If they can avoid it...

    彼らがそれを避けられるなら

  • If I can take it out and still make sense, and it's still very clear and very easy to

    もし私がそれを取り出しても、まだ意味があるならば、それはまだ非常に明確で、非常に簡単です。

  • understand what's going on, take it out.

    何が起こっているかを理解し、それを取り出します。

  • If you're not sure, if you're starting a sentence with an adverb, just put a comma at the end

    分からない場合は、副詞で文を始める場合は、最後にカンマを付けてください。

  • of the adverb clause before your independent clause.

    あなたの独立節の前に副詞節の

  • When you get into mixed sentences where you have clauses inside clauses, then it starts

    句の中に句が入っているような混ざった文章になると、それが始まります。

  • becoming more confusing, but it's still very logical, but I'll do that in a separate lesson.

    しかし、それはまだ非常に論理的ですが、それは別のレッスンで行います。

  • Embedded clauses that everything sort of mixes up together.

    何もかもがごちゃまぜになってしまう埋め込み句。

  • You have all three clauses in one sentence.

    3つの節を1つの文章にまとめていますね。

  • It's a little confusing.

    少し混乱しています。

  • Let's look at this sentence: "I rarely eat pizza, although I love it, because it's unhealthy."

    Let's look at this sentence: "I rarely eat pizza, although I love it, because it's unhealthy.&quot.

  • Now, if you're saying this sentence, if you're speaking it, no problem, the person will understand you.

    さて、この文章、もしあなたが言っているなら、あなたが言っているなら、問題ありません、相手はあなたのことを理解してくれます。

  • This is not a good sentence to write out, in written English.

    これは書き出しの文章ではダメですね。

  • Why?

    なぜ?

  • Because sometimes you want to place your clauses in a relationship that makes sense.

    時には意味のある関係性の中に自分の節を置きたいと思うことがあるからです。

  • "I rarely eat pizza, although I love it", okay, no problem.

    "I rarely eat pizza, although I love it", okay, no problem.

  • But if I put: "because it's unhealthy", now, the "because" is about the rarely eat, not

    しかし、私が置く場合:"because it's unhealthy", now, the "because" is about the rarely eat, not.

  • about the "I love it".

    について "I love it"。

  • I don't love it because it's unhealthy.

    不健康だから好きじゃない。

  • I love it because it...

    私はそれが好きだから...

  • Well, it's delicious.

    うーん、美味しいですね。

  • I don't eat it because it's unhealthy.

    不健康なので食べません。

  • So you have to be very careful about positioning your adverb clauses.

    そのため、副詞句の配置には細心の注意を払う必要があります。

  • Make sure that the relationship makes sense.

    その関係性が意味のあるものになるようにしましょう。

  • In this case, because this one is connected to this...

    この場合、これとこれが繋がっているので

  • To this clause, it seems to go together and it seems to show the relationship there.

    この句には、一緒に行くようで、そこに関係性を示しているようです。

  • Again, when you're speaking it, then you will say:

    再び、あなたがそれを話しているとき、あなたはそれを言うでしょう。

  • "I rarely eat pizza, although I love it, because it's unhealthy."

    "私はそれが大好きですが、私はめったにピザを食べることはありませんが、それは's unhealthy.&quotので。

  • So then to the person listening, this goes with this.

    そうすると、聞いている人にとっては、これはこれでいいんです。

  • This is the actual sentence, and this is an aside.

    これが実際の文章であり、余談です。

  • But very difficult to make a reader understand that.

    しかし、それを読者に理解してもらうのは非常に難しい。

  • So go with the logical connections, try to put adverb clauses...

    だから、論理的な接続で行く、副詞句を入れてみてください...

  • Or try to put clauses together so that the relationship is very clear.

    あるいは、関係性が非常に明確になるように句を並べてみてください。

  • Okay?

    いいですか?

  • Now, let's look at this one.

    では、これを見てみましょう。

  • Just I want to drive this home about the relationship.

    ただ、私はこの関係を家に持ち帰りたいのです。

  • It's so important to understand the relationships between clauses.

    節の関係を理解することはとても重要です。

  • "Although I love pizza I eat it often."

    "私はピザを愛していますが、私はしばしばそれを食べる。

  • Now, does this sentence make sense?

    さて、この文章は意味があるのでしょうか?

  • No, of course not.

    もちろん、そんなことはありません。

  • Because the reader or even the listener in this case, as soon as the reader or listener

    なぜなら、この場合の読者やリスナーであっても、読者やリスナーがすぐに

  • hears this word they're listening for two opposite things, two contrasting ideas, or

    この言葉を聞いたとき、彼らは二つの反対のこと、二つの対照的な考えを聞いています。

  • actions, or whatever the case.

    アクションであっても、何であっても

  • So: "love", good; "eat often", good.

    だから:"love"、良い; "eat often"、良い。

  • Positive, positive.

    ポジティブに、ポジティブに。

  • There's no contrast.

    コントラストがない。

  • Right?

    だろ?

  • So the thing you have to remember...

    だから覚えておいてほしいのは

  • So, what's the relationship here?

    で、ここでの関係は?

  • "Because".

    "Because"です。

  • "Because I love pizza I eat it often."

    "私はピザが大好きなので、私はそれを頻繁に食べる。

  • Notice here I didn't put the comma.

    ここで私はコンマを入れていないことに注意してください。

  • With "because", very uncommon to use the comma, but again, you could.

    with "because"で、コンマを使用することは非常に珍しいですが、再び、あなたは可能性があります。

  • You don't need to because it's very clear, the relationship.

    あなたはそれが非常に明確であるために必要はありません。

  • It's very clear you have two separate clauses here.

    ここでは2つの別の条項があるのは明らかです。

  • Leave it out, it's fine.

    放置しておけば大丈夫です。

  • Okay.

    いいわよ

  • Let's look at some more examples.

    もう少し例を見てみましょう。

  • Okay, a couple more notes I want to mention.

    もう一つ注意したいことがあります

  • Usually adverb clauses can go-excuse me-at the beginning of a sentence, or in the middle,

    通常、副詞句は文頭や中途半端なところにあります。

  • or at the end, etc.

    或いは最後などに

  • You can put it pretty much anywhere.

    結構どこにでも置けます。

  • However, in some cases it's recommended to put it in the middle

    しかし、いくつかのケースでは、それは真ん中に置くことをお勧めします。

  • after the independent clause.

    独立節の後に

  • So, for example: "Joe took a week off work so that his wife could take a training course."

    だから、例えば:"ジョーは、彼の妻がトレーニングコースを取ることができるように、仕事を休んだ一週間を取った。

  • So he took a week off for the purpose of giving his wife time.

    それで奥さんに時間を与えるために一週間休んだそうです。

  • Now, can I begin this sentence:

    さて、この文章を始めてもいいですか?

  • "So that his wife could take a training course, Joe took a week off work"?

    "So that his wife could take training course, Joe took week off work"?

  • Can I say that? Yes.

    そう言ってもいいですか?言ってもいいですか?

  • Do I want to say that?

    そう言いたいのかな?

  • No.

    駄目だ

  • I would rather start with this, because the purpose first of all is more important than

    というよりも、まずは目的が第一なので、ここから始めたいと思います。

  • what he did.

    彼がしたこと

  • Okay?

    いいですか?

  • Unless I want to stress the time off, then I would switch it.

    休みの時間をストレスにしたくなければ、私なら切り替えます。

  • But generally, with "so that", I always put the actual purpose second and the first action

    しかし、一般的には、"so that"では、私は常に実際の目的を第二に、第一の行動を置きます。

  • first, because you always do something...

    まず、あなたはいつも何かをするから...

  • It's like cause and effect.

    原因と結果のようなものです。

  • Why do you do this?

    なぜこんなことをするの?

  • For this purpose.

    この目的のために

  • So it has a logical flow.

    だから論理的な流れがある。

  • But again, you don't have to, you could put it at beginning, put the comma, finish it off,

    しかし、再び、あなたはそれをする必要はありません、あなたはそれを最初に置くことができます、カンマを入れて、それを終了します。

  • perfectly okay.

    全く問題ありません。

  • Now, one last thing I want to mention.

    さて、最後に一つだけ言いたいことがあります。

  • You can have sentences that have adverb clauses within adverb clauses.

    副詞節の中に副詞節を持つ文章を持つことができます。

  • It can be a little bit confusing, but again, as long as you make sure you understand the

    少し混乱するかもしれませんが、繰り返しになりますが、理解しているかどうかを確認しながら

  • relationships between all the pieces, it works out.

    すべてのピースの間の関係は、それがうまくいきます。

  • "You should stay home because if you go there there will be trouble."

    "あなたはそこに行く場合は、トラブルがあるでしょうから、あなたは家に滞在する必要があります。

  • Okay?

    いいですか?

  • You should stay home because there will be trouble.

    面倒なことになるから家にいた方がいい。

  • But there will only be trouble if you go.

    でも、行ってもトラブルになるだけです。

  • So, basically, what am I doing here?

    で、基本的に私はここで何をしているのか?

  • I'm emphasizing the first part: Stay home.

    最初の部分を強調してるんだ家にいて

  • If you don't stay home, there will be trouble.

    家にいないと大変なことになります。

  • So you should stay home because if you don't there will be trouble. Right?

    だから家にいた方がいいよ、そうしないとトラブルになるからね。だろ?

  • So here the confusing part for some people is: "because if".

    だからここで何人かの人々のために混乱している部分は次のとおりです:"because if"。

  • You have two conjunctions.

    接続詞が2つありますね。

  • Right?

    だろ?

  • So, basically, what is going on here: This whole thing is the reason.

    だから、基本的には、ここで何が起こっているのかというとこの全てが理由です。

  • Okay?

    いいですか?

  • "You should stay home". Now, the thing you want to do,

    "You should stay home"。さて、あなたがしたいこと。

  • you want to count your subjects and verbs.

    主語と動詞を数えたいのですね。

  • Subject: "You should stay".

    件名: "You should stay"。

  • Okay?

    いいですか?

  • That's one clause.

    それは一つの節です。

  • "Because