Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • How To Describe A Line Graph For IELTS

    IELTSの折れ線グラフの書き方

  • Hello there.

    こんにちは。

  • Welcome to this new episode.

    新しいエピソードへようこそ

  • I just finished recording.

    録画を終えたところです。

  • This is a really good episode because we're going to go into some great detail

    これは本当に良いエピソードだと思います。

  • how to describe a line graph for Academic Task 1.

    アカデミックタスク1の折れ線グラフの書き方

  • And you're going to get the instructions,

    そして、説明書を手に入れようとしています。

  • the structure,

    構造体です。

  • and some phrases to use

    といくつかのフレーズを使って

  • and of course, some tips.

    そしてもちろん、いくつかのヒントも。

  • First of all, I've got some information for you:

    まずは、情報をお届けします。

  • 5 things you can do to increase your chances of passing the IELTS exam.

    IELTS試験合格の可能性を高めるためにできる5つのこと

  • 1. Sign up for free weekly tutorials and awesome practical guides.

    1.無料の毎週のチュートリアルと素晴らしい実用的なガイドにサインアップしてください。

  • So go to the website: ieltspodcast.com and sign up. You'll get lots of information there.

    ieltspodcast.comに行ってサインアップしてください。そこにはたくさんの情報が載っています。

  • 2. Fill your phone up with podcasts or the mp3s, and listen to them constantly, all the

    2.ポッドキャストやmp3であなたの携帯電話をいっぱいにして、常にそれらに耳を傾ける、すべての

  • time.

    の時間。

  • On the bus

    バスの中で

  • When you're having breakfast

    朝食を食べているとき

  • When you're waking up

    目が覚めたら

  • Fill your head up with this information

    この情報で頭をいっぱいにして

  • You'll not only going to be practicing English, you're also going to be getting lots of practical

    英語の練習をするだけでなく、たくさんの実践的な知識を身につけることができます。

  • advice to help you get through,

    乗り切るためのアドバイス

  • to help you achieve the grade that you need.

    必要な学年を達成するために

  • 3. Subscribe to the YouTube channel, as well.

    3.YouTubeのチャンネルも購読してください。

  • That's massive help because you can usually see the words in front of you, and you can

    目の前の言葉を見ることができるので、非常に助かります。

  • associate sounds with the words you see

    見た音を連想させる

  • and start increasing your comprehension levels, and improving your pronunciation if you're

    と、あなたの理解度を高め、発音を改善することを開始します。

  • repeating it as well.

    を繰り返しています。

  • 4. Subscribe in iTunes, get all the podcasts there are well.

    4.iTunesで登録して、そこにあるすべてのポッドキャストを取得することもできます。

  • 5. If you've got time, leave me a review.

    5.時間があれば、レビューを残してください。

  • So let's get to it...

    では、それに取り掛かろう...

  • Now, part 1 is how to describe a line graph.

    さて、パート1は折れ線グラフをどのように記述するかです。

  • We're going to look at what you need to do on the exam day,

    試験当日にやるべきことを見ていきます。

  • how to group the information,

    をどのようにグループ化するか。

  • what to do for your introduction,

    自己紹介のために何をすべきか

  • what to do for your summary,

    まとめのために何をすべきか

  • and then the 5 tips.

    そして5つのコツをご紹介します。

  • Then the 2nd part, we're going to look at what you need, which would be:

    第2部では、あなたが必要とするものを見ていきます。

  • Good control of transferring from the active to the passive voice.

    アクティブボイスからパッシブボイスへの移行のコントロールが良い。

  • You need a good control of adverbs.

    副詞を上手にコントロールする必要があります。

  • There's a big list of verbs.

    動詞のリストが大きいですね。

  • Some nouns.

    いくつかの名詞。

  • Then you've got some phrases for the introduction.

    では、導入のためのいくつかのフレーズを持っています。

  • Some phrases for summaries.

    まとめのフレーズをいくつかご紹介します。

  • And some phrases for describing change.

    そして、変化を説明するためのいくつかのフレーズ。

  • And you'll also get an exercise, so if you don't have a pen and paper with you go and

    そして、あなたはまた、運動を得るでしょう、もしあなたがペンと紙を持っていない場合は、あなたと一緒に行くと

  • grab one now. 'Cause it'll be definitely beneficial.

    今すぐにでも手に入れてください。

  • Let's get crackin'.

    さあ、さっさと取り掛かろうぜ。

  • Decide what will be in each paragraph.

    各段落に何を入れるかを決める。

  • This is what you need to do:

    これが必要なのです。

  • You need to group the information.

    情報をグループ化する必要があります。

  • Now, you can't see it (of course, 'cause you're listening to the podcast). However, if you

    さて、あなたはそれを見ることができません(もちろん、あなたがポッドキャストを聞いているからです ')。しかし、もし

  • go to the website you'd be able to find the post.

    あなたがポストを見つけることができるようになるだろうウェブサイトに行く。

  • Go to podcast number 66 and you'll be able to see all the graphic information.

    ポッドキャスト番号66に行くと、すべてのグラフィック情報を見ることができます。

  • You'll be able to see the whole presentation.

    プレゼンの一部始終を見ることができます。

  • There's a graph I'll be using to describe as an example and it's basically UK supermarket

    私が例として説明するために使用しているグラフがありますが、基本的にはイギリスのスーパーマーケットです。

  • sales between 2001 and 2009, in million pounds sterling.

    2001年から2009年までの売上高(単位:百万ポンド)。

  • I'll just briefly describe it.

    簡単に説明します。

  • There's 5 lines. Each one representing a supermarket: Sainsbury�s, Tesco, Asda, Morrison�s,

    5つの行があります。それぞれがスーパーマーケットを表しています。セインズベリー、テスコ、アスダ、モリソン。

  • and the Co-op.

    と生協の方にお願いしました。

  • Now in this stage, when you see the graph, what you need to do is group it.

    さて、この段階では、グラフを見たら、何をするかというと、グループ化です。

  • And I recommend doing 4 paragraphs in total.

    そして、私は合計4段落で行うことをお勧めします。

  • One for your introduction.

    紹介文に一つ。

  • One for your main body paragraph #1.

    本文の第1段落に1つ

  • Then main body paragraph #2.

    続いて本文の段落#2。

  • And then for the conclusion (final paragraph).

    そして、結論(最終段落)のために。

  • When you're grouping the information...

    情報をグループ化していると

  • I'm telling you about grouping the information first because when you're in the exam room,

    最初にグループ化の話をしているのは、試験室にいるときに、情報をグループ化しているからです。

  • what you need to do is get a solid plan together, and then follow the plan.

    あなたに必要なのは、しっかりとした計画をまとめて、それに沿って行動することです。

  • So I always recommend that you plan your essays.

    だから私はいつも小論文の計画を立てることをお勧めしています。

  • You plan your body paragraphs,

    ボディーパラグラフを計画するんですね。

  • get a rough idea about what you're going to do,

    ざっくりとしたイメージを掴む

  • and then when you start writing, you start off with your introduction (which I'll tell

    を書いて、書き始めると、まず自己紹介から始まります。

  • you how to do in a second)

    瞬時にどうするか)

  • then you transfer your notes from your plan (body pragraph#1, body paragraph #2)

    そして、あなたの計画からあなたのメモを転送します (ボディプラグラフ#1, ボディパラグラフ#2)。

  • and then you stick in your conclusion.

    と結論を突っ込む。

  • So that's why I'm trying to teach you now how to group the information.

    だからこそ、私は今、情報をどのようにグループ化するかを教えようとしているのです。

  • With the graph, I can see (in front of me) the 2 companies that represent more or less

    グラフを見ると、多かれ少なかれ、2つの企業を表していることが(目の前に)わかります。

  • similar evolution.

    似たような進化をしています。

  • So in the first paragraph, I'm going to talk in detail about these 2 'cause they're the

    だから、最初の段落では、これらの2つについて詳しく話そうと思います 'なぜなら、彼らは

  • ones that have basically just increased all the way.

    基本的にはずっと増えているもの。

  • And then in the next paragraph, I'll talk about the second grouping, which is the ones

    そして、次の段落では、2番目のグループ分けについてお話します。

  • that haven't done as well, which have levelled off and just remained stable.

    その中で、あまりうまくいっていないものは横ばいになっていて、安定しています。

  • For the second part, and I'll mention one (which is the exception; the co-op, which

    第二部のために、そして私は1つを言及するでしょう(これは例外である。

  • rolls, stabilized, and then sank or levelled off).

    ロールし、安定させ、その後、沈没または水平化させた)。

  • So I get a rough plan in front of me.

    だから目の前で大まかな計画を立ててしまう。

  • Then you keep it apart and then go straight into the introduction.

    その後はバラバラにして、そのままイントロに入る。

  • So for the introduction, what I strongly recommend you do is:

    そこで、導入のために強くお勧めしたいのは

  • You write 1 sentence that describes the graph and the general idea.

    グラフと一般的な考え方を説明した1文を書きます。

  • So in this case, if I'll describe the graph I'll say "The line graph shows the sales of

    だから、この場合、私はグラフを説明する場合は、私は言うでしょう"折れ線グラフは、売上高を示しています。

  • 5 UK supermarkets between 2001 and 2009."

    2001年と2009年の間に5つの英国のスーパーマーケット。

  • Now, that's one description. But what I recommend is that you do both.

    さて、それは一つの説明です。しかし、私がお勧めするのは、両方やることです。

  • Where you describe what the graph is and the general idea of what the graph is trying to

    グラフが何であるか、グラフが何をしようとしているかの一般的な考えを記述する場所

  • communicate.

    コミュニケーションをとることができます。

  • So this is another introduction you could use:

    ということで、これも使える紹介ですね。

  • "From the line graph, it is clear that the majority of the UK supermarkets saw sales

    "折れ線グラフから、それは明らかに、英国のスーパーマーケットの大部分は、売上高を見た

  • grow over the ten-year period."

    10年間の期間にわたって成長する。

  • And that's general; it's almost like the summary. But also described what the actual graph is

    そして、それは一般的なもので、ほとんど要約のようなものです。しかし、実際のグラフが何であるかについても説明しています。

  • showing.

    を表示しています。

  • So just summarize, describe what the graph is (what it's showing) and what it's trying

    だから要約して、グラフが何であるか(何を示しているか)と何をしようとしているかを説明してください。

  • to describe as well.

    と同様に記述します。

  • Now, sometimes you won't be as fortunate and you'll get one that just has lots of different

    さて、時にはあなたは幸運になることはありませんし、あなたはちょうど多くの異なったを持っているものを得るでしょう

  • data, and there's no clear pattern.

    データを見ても、明確なパターンはありません。

  • So you just basically say that. You can say:

    だから基本的にはそう言えばいいのです。言うことができます。

  • "From the lie graph, it is clear that there is no constant pattern with regards to student

    嘘のグラフから、学生に関して一定のパターンがないことは明らかです。

  • enrollments in the United States, over the period shown (or over the 50-year period)."

    示されている期間(または50年以上)にわたって、米国での登録者数。

  • And I described what's roughly on both axis, what the graph is showing, the actual subject

    そして、私は両軸に大まかに何があるのか、グラフが何を示しているのか、実際の対象を説明しました。

  • of the graph (in this case the companies, or in here the case of students, the enrollments)

    グラフの

  • and what it's trying to describe.

    と、それが何を表現しようとしているのかを説明しています。

  • Now, for your summary, they do pretty much the same but you don't have to describe (or

    さて、あなたの要約のために、彼らはかなり同じことを行いますが、あなたは記述する必要はありません(または

  • course) the graph.

    コース)のグラフを表示します。

  • But you can go into a little bit more detail.

    でも、もうちょっと細かいところにまで踏み込んでもいいですよ。

  • Now, in this case what I would say is, I would go in and mention the major players.

    さて、この場合、私が言いたいのは、主要な選手について触れていきます。

  • Not all the major players but it depends on the graph here (if I only go about 5 so I

    すべての主要なプレーヤーではありませんが、それはここのグラフに依存しています(私は唯一の5について行く場合ので、私は

  • can mention them all).

    それらをすべて挙げることができます)。

  • If I had more I would probably just group them and say "The northern countries..." or

    もし私がもっと持っていたら、私はおそらくそれらをグループ化して、"The northern countries..."と言うでしょう。

  • let's say, "The majority of the western suppliers..." or whatever.

    let's say, "欧米の業者の大多数が..."でも何でもいいです。

  • In this case (because I've got 5), I can go into a little bit of detail.

    この場合は(5を持っているので)少しだけ突っ込んでもいいですね。

  • And basically summarize each one.

    そして、基本的にはそれぞれをまとめる。

  • So here, I'll say:

    だから、ここで言う。

  • "Overall, it is clear that Tesco and Sainsbury's increased sales the most, followed by Asda

    全体的には、テスコとセインズベリーが最も売上を増加させたことは明らかであり、アスダが続いている。

  • and Morrison's, the Co-op undoubtedly performed the worst."

    とモリソン's、生協は間違いなく実行された worst.&quot.

  • So just to quickly summarize, this is the process:

    ということで、簡単にまとめると、このような流れになります。

  • Step 1: Identify the information, group it, and start planning your body paragraph 1 and

    ステップ1:情報を特定し、グループ化し、本文の段落1と段落の計画を開始します。

  • 2, write a rough plan for each one.

    2、それぞれの大まかな計画を書く。

  • Step 2: Write your introduction (describe briefly what the graph is and the general

    ステップ2: 自己紹介文を書く(グラフがどのようなものであるか、一般的なことを簡単に説明してください。

  • idea).

    アイディア)を持っています。

  • Step 3: Write your body paragraphs, following very closely the plan you wrote before.

    ステップ3:前に書いた計画に非常に密接に従って、あなたの体の段落を書いてください。

  • Step 4: Write your summary. If you can, include the maximums, the minimums and even the exceptions.

    ステップ4:概要を書くできれば、最大値、最小値、さらには例外も含めて書きましょう。

  • But what I'm trying to say is in the summary, go into a little bit more detail than in the

    しかし、私が言おうとしていることは、要約の中で、もう少し詳細に

  • introduction.

    イントロダクション。

  • Now, some 5 tips:

    さて、5つのコツをご紹介します。

  • 1. Your opinion is not necessary.

    1.あなたの意見は必要ありません。

  • Maybe you know the reason why the sales failed or why gold prices increased, but do not mention

    売れなかった理由や金価格が上昇した理由は知っているかもしれないが、言及しない

  • it; it's not necessary.

    それは必要ありません。

  • Because what you have to do is a purely objective task (which is describe the bar chart in front

    なぜなら、あなたがしなければならないことは、純粋に客観的なタスク(棒グラフを前に記述すること)だからです。

  • of you).

    あなたの)。

  • 2. Check to make sure the subject and verb agree.

    2.主語と動詞が一致しているか確認しましょう。

  • That's a very common problem.

    それはよくある問題です。

  • 3. Avoid basic words (big, small, good, bad... words like these).

    3.基本的な言葉(大きい、小さい、良い、悪い...このような言葉)を避ける。

  • You can usually use more sophisticated vocabulary.

    普段はもっと洗練された語彙を使うことができます。

  • 4. Unlike your IELTS Task 2 essay, you do not need a topic sentence in the introduction.

    4.IELTSのタスク2のエッセイとは異なり、イントロダクションにトピックセンテンスは必要ありません。

  • You just need to do it like I said before.

    前に言ったようにやればいいんだよ。

  • 5. In the final paragraph (this is your summary paragraph, not your conclusion). Do not use

    5.最後の段落(これはあなたの要約段落であって、結論ではありません。使わないでください。

  • "To conclude..."

    "結論から言うと...&quot.

  • Use "In summary..." or "Overall, we can see... blah blah blah."

    Use "In summary..." or "Overall, we can see... blah blah blah.&quot.

  • Now then, let's have a look at the grammar you would need, and verbs and the nouns and

    では、必要な文法、動詞、名詞、そして

  • all the rest of it.

    それ以外の全てを

  • First of all, a good skill to have to show the examiner you know a variety of structures,

    まず、試験官に様々な構造を知っていることをアピールするのに適したスキルです。

  • is to transform the words and the sentences from active to passive.

    は、単語や文章を能動的なものから受動的なものに変換することです。

  • Let's go through 3 examples here, and I want you to try and transform them before I do:

    ここでは3つの例を見てみましょう。

  • Sales crashed to new levels.

    売上高が暴落した。

  • How would we transform that to the passive?

    それをどうやって受動的に変換するのか?

  • We would say, "There was a crash to new levels in sales."

    私たちは、"sales.&quotの新しいレベルへのクラッシュがあったと言うだろう。

  • Now, if we wanted to change, "The sales rose quickly," how would we change that?

    さて、私たちが変更したい場合は、"売上高はすぐに上昇した、"どのように私たちはそれを変更するのだろうか?

  • We would say, "There was a quick rise in the sales." or "... quick rise in sales.)

    私たちは、"There was quick rise in the sales." or " or " ... quick rise in sales.)と言うでしょう。

  • Another one, "Employment failed drastically."

    もう一つは、"雇用は劇的に失敗しました。

  • We could say, "There was a drastic fall in employment."

    私たちは、"雇用の急激な秋があったと言うことができます。

  • Some more. Let's go from passive to active. And this is basically doing the same but in

    もう少し。受動的から能動的になりましょうこれは基本的には同じことをしていますが

  • reverse.

    リバース。

  • Here's the first one for you to transform, "There was an incredible decrease in output."

    ここでは、あなたが変換するための最初のものだ、"出力の信じられないほどの減少がありました。

  • "There was an incredible decrease in output."

    "output.&quotの信じられないほどの減少がありました。

  • How would we transform that?

    それをどうやって変形させるのか?

  • We would say, "Output decreased incredibly."

    私たちは、"出力は信じられないほど減少したと言うでしょう。

  • I'll say a few more. Write them down and then try and change them.

    もう少し言っておきます。書き出してみて、変えてみてください。

  • "In 2010 there was a plunge in turnover." Transform that.

    "2010年には、turnover."の急落があったことを変換します。

  • "In 2010 there was a plunge in turnover."

    "2010年には、turnover.&quotの急落がありました。

  • Of course, "Turnover plunged in 2010."

    もちろん、"売上高は2010年に急落しました。

  • "After the crisis there was a crash in profit."

    "危機の後、profit.&quotのクラッシュがあった。

  • Transformation, "Profit crashed after the crisis."

    トランスフォーメーション、"利益は危機の後にクラッシュしました。

  • Now, let's have a look at adverbs...

    では、副詞を見てみましょう。

  • If we have an "It is..." sentence, for example

    私たちが"It is..."文を持っている場合、例えば、次のようになります。

  • "It is clear the trend is downward."

    "それは明らかに傾向がdownward.&quotです。

  • We can transform that and we can say,

    それを変形させて言えばいいんです。

  • Clearly the trend is downward."

    明らかに傾向はdownward.&quotです。

  • Another way; I'll give you another example.

    別の方法;私はあなたに別の例を与えます。

  • "It is evident that sales dropped in the first quarter."

    "それは売上高が第一四半期に落ちたことは明らかである。

  • Here we could say, "Evidently sales in the first quarter dropped."

    ここで私たちは言うことができます、"明らかに第一四半期の売上高はdrop.&quot。

  • What I'm doing is I'm showing you a variety of different structures that you can use in

    私がやっていることは、以下のようなさまざまな構造をお見せすることです。

  • the exam, to increase your grammatical range and pick up some points.

    試験を受けて、文法の幅を広げて、いくつかのポイントをピックアップします。

  • Now, here's some useful expressions. Hopefully, you've got a pen in front of you and you can

    さて、ここでいくつかの便利な表現があります。うまくいけば、目の前にペンを持って、次のことができるようになります。

  • write these down because:

    これらを書き留めておけ

  • 1. Not only is it going to increase the chances that you'll remember them.

    1.それだけでなく、それはあなたがそれらを覚えているだろうという可能性を増加させるつもりです。

  • 2. You also got a handy list in front of you.

    2.目の前には便利なリストもあるんですね。

  • "Over a five-year period..." (Of course you can adapt that) "Over a ten-year period..."

    "Over a five years period..." (もちろんそれを適応させることができます) "Over a ten years period...&quot.

  • "Over a five-day period..."

    5日間に渡って...&quot.

  • Here's another one: "Throughout the 1980s..." or "Throughout the 1990s..." "Throughout the

    ここでは、もう一つ:"Throughout 1980s..." or "Throughout 1990s..." "Throughout

  • 1810s..." It just shows the actual duration.

    1810年代..."それはちょうど実際の期間を示しています。

  • "Throughout the 1980s sales were climbing consistently." For example.

    "Throughout1980sの売上高は一貫して上昇していた。

  • Here's another one:

    ここにもあります。

  • "The period from 1944 to 1999 witnessed... ("a spectacular growth," for example)"

    "The period from 1944 to 1999 witnessed...("a spectacular growth," a spectacular growth," for example)&quot.

  • "The period from 1950 to 1960 witnessed explosive growth."

    "1950年から1960年までの期間は、爆発的な成長を目撃した。

  • And then another one:

    そしてまた別のものを。

  • "... from that time on..."

    " ...その時から...&quot.

  • So we could have said, "In July, sales failed. And from that time on they continued to fall

    だから、私たちは、"7月には、売上高は失敗したと言うことができました。そして、その時から彼らは落ち続けた

  • until May."

    5月まで。

  • So hopefully you've wrote those down and you've got a nice list of time expressions.

    願わくば、それらを書き留めて、時間表現のリストを手に入れることができたことを願っています。

  • Here are some useful verbs... Here's a tip as well:

    便利な動詞をご紹介します。ここにもヒントがあります。

  • Get used to using these verbs and learn the past of these verbs (the "past" form).

    これらの動詞を使うことに慣れ、これらの動詞の過去("past"の形)を学びましょう。

  • For example: "Sink," "Sank," "Sunk," and "Fall," "Fell," "Fallen."

    例:"Sink," "Sank," "Sunk," and "Fall," "Fell," "Fallen.&quot.

  • For the ones that describe a downfall or negative reaction, we've got:

    落ち目や否定的な反応を描写するものについては、私たちは持っています。

  • "Plunge"

    "Plunge&quot。

  • "Crash"

    クラッシュ&quot.

  • "Tumble"

    タンブル&quot.

  • "Sink"

    Sink&quot.

  • "Fall"

    秋とクオット。

  • "Drop"

    Drop&quot.

  • "Decline"

    "Decline&quot。

  • And once again, we're just improving the lexical resource.

    そして、もう一度言いますが、私たちは語彙資源を改善しているだけです。

  • So write them down and try to incorporate them in the next essay you write.

    なので、それらを書き出して、次に書く小論文に取り入れるようにしましょう。

  • "Plunge," "crash," "tumble," "sink," "fall," "drop," and "decline."

    "Plunge," " crash," " tumble," " sink," " fall," " drop," and " decline.&quot.

  • And then some verbs that describe a stabilization. We've got:

    そして、安定化を表す動詞がいくつかあります。私たちは持っています。

  • "Stabilize"

    Stabilize"スタビライズ&quot.

  • "Remain stable"

    "Remain stable&quot.

  • "Remain constant"

    "Remain constant&quot.

  • "Level off"

    レベルオフ&quot.

  • When it describes the opposite:

    反対のことを書いている場合。

  • "Fluctuate"

    "Fluctuate&quot.

  • And we can also say, "Fluctuate violently." That's a nice little collocation there.

    また、"Fluctuate violently."と言うこともできます。

  • And then we've got the positive verbs. The verbs that describe upward trends. That would

    そして、肯定的な動詞もあります。上昇傾向を表す動詞ですそれは

  • be:

    である。

  • "Rocket" (Sales rocketed in the first quarter.)

    "Rocket" (第一四半期に売上高が急上昇しました。

  • (Sales) "Soared"

    (売上高) "Soared&quot.

  • (Sales) "Surged"

    (売上高) "Surged&quot.

  • (Population levels) "Leapt" (in the second quarter.

    人口レベル) "Leapt"(第2四半期に。

  • Just to put it in the infinitive:

    不定詞にするだけで

  • "Leap"

    "Leap&quot.

  • "Surge"

    "Surge&quot.

  • "Soar"

    舞い上がれ、舞い上がれ。

  • "Rocket"

    "Rocket&quot.

  • Now, if you're using a strong verb like "rocket," "soar," or "surge," or "leap," we do not need

    さて、もしあなたが"rocket," "soar," or " surge," or " leap,"のような強い動詞を使っているならば、私たちは必要ありません。

  • to modify it.

    を使って修正します。

  • We do not need to say, "sky-rocketed," or "rocketed upwards."

    私たちは、"sky-rocketed, "または"rocked upwards.&quotと言う必要はありません。

  • It's sufficiently clear by just using these verbs.

    これらの動詞を使うだけでも十分にわかります。

  • Let's have a look at some phrases to use for the introduction. Also write these down and

    序章に使うフレーズをいくつか見てみましょう。また、これらを書き留めて

  • start incorporating them in your essays.

    小論文に取り入れ始めましょう。

  • "From the