Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • - Basically all my friends parents

    -基本的に私の友達の親は

  • were like Amy Poehler in Mean Girls.

    みんな、ミーンガールズのエイミー・ポーラーみたいな感じ。

  • My parents are great now, and were so strict growing up.

    今は両親はとても素敵だけど、私が子供の頃はとても厳しかった。

  • - They are both very religious, Catholic believers.

    -2人とも敬虔なカトリック教徒だわ。

  • - First of all, my dad is the cleanest man alive.

    ーなによりも、父は高潔な人。

  • His house is a museum.

    父の実家は美術館のような感じだったよ。

  • - I wasn't even allowed to say freaking,

    ー冗談を言うことさえNGだった。

  • because it sounded like fuck.

    バカにしてるように聞こえるかららしいけど。

  • - I realized my parents were strict,

    -私の両親も厳しかったと思うわ。

  • probably some time in elementary school

    小学生のときとか、

  • when other kids got to have sleepovers and I did not.

    他の子たちはお泊り会していたのに、私は行けなかった。

  • - Unless they knew the kid's parents

    ー両親が友人の親を知らないなら、

  • I wasn't allowed to hang out with them

    その子たちと遊ぶことさえ許されなかったし、

  • or they were not allowed to come over.

    家に呼ぶのもダメだった。

  • - My mom would let me stay at other people's houses,

    ー私の母は友人の家に泊まるのを許していたようで、

  • but then as they were going to sleep she would just show up

    実際は、みんなが寝る頃に現れては、

  • and be like, time to go.

    ”帰る時間よ”って感じだった。

  • - I wasn't really allowed to go out after school

    ー僕の場合、放課後に出歩くことを禁止されてた。

  • until I was like 18.

    18歳になるまではね。

  • But I would anyway.

    まぁ出歩いてたけどね。

  • I thought I was being like super cool and rebellious,

    当時はそれで、自分は反抗的でかっこいいって思っていたけど、

  • but I'd just like go skateboarding with friends.

    友達とスケボーに行くとかそんな感じだった。

  • - I would bring over my friends who were

    -明らかにゲイな男友達を家に連れてきた時、

  • like clearly gay men and my parents would like

    両親は私達が子作りしてるんじゃないかと

  • flip out that I was gonna get impregnated

    パニックになってたわ。

  • in the time that we were playing Wii U.

    ただ、WiiUで遊んでただけなのに。

  • - Every summer my mom would like sit me down

    -いつも夏休みは、母が隣に座って、

  • and make me learn like half of my math class

    勉強させられてた。次の学年の

  • for the next year.

    数学とかをね。

  • - I went to public school, then at night

    -パブリックスクールに言ってたんだけど、夜は夜で、

  • I had to go to Catholic school.

    ミッションスクールにも行かされてた。

  • Basically all day I was in school.

    だから、基本的には1日中、学校よ。

  • - Every Friday night my mom would allow me

    -毎週、金曜日は2階の部屋でゲームをすることが許されてた。

  • to go upstairs to play video games for one hour, exactly.

    1時間だけだけどね。

  • And then I would have to go down

    1時間たったら、下に降りて、

  • and do math homework with her.

    また、母と数学の勉強。

  • And I would pray that she would just forget.

    だから、母が1時間たったのを忘れてくれていないかなと祈るばかりだったよ。

  • She never did.

    絶対に忘れていなかったけどね。

  • - One rule was you have to be home by sunset.

    ー門限があって、日没までに家にいなければならなかった。

  • There's a period of time during the fall

    秋ごろで、

  • that the sun goes down at four,

    4時に日が暮れるんだけど、

  • and then I wasn't out of school

    まだ、学校にいたの。

  • and I had to explain that to my dad

    それで、それを父に説明しなきゃいけないんだけど、

  • and he was just like, when the sun is down, you are home.

    父はひたすらに日没の頃には、家に居なさいと言って聞かなかった。

  • - When I was a kid and I lived with my father

    ー子供のころ、父と暮らしていた時、

  • it was a little tough.

    ちょっと、大変だった。

  • You know, you kick off your shoes, you're watching T.V.

    靴を脱ぎっぱなしで、テレビを見ていたとする。

  • the end of the night and then you forget and you go to bed.

    それで、夜更けにそれを忘れて、ベッドに行くと、

  • The next morning they'll be in the trash.

    翌朝には、靴はゴミ捨て場に行っちゃってる。

  • He wouldn't throw them in the trash inside the house.

    しかも、父は家の中のゴミ箱には捨てず、

  • He would throw them in the trash outside of the house.

    家の外にあるごみ箱に、靴を投げ入れるんだよ。

  • - More times than one my parents caught me masturbating.

    -何度も両親には自慰してるところをみられた。

  • They basically just told me to not do it again.

    彼らは2度とするなと言っていたよ。。

  • Like literally for the rest of my life

    死ぬまで、絶対にするなよって

  • to never jack off again.

    本気な感じだった。

  • - My brother was allowed to do whatever he want.

    ーお兄ちゃんは何でも許されてた。

  • He could be out when the sun was down.

    日が暮れても遊んでたし、

  • He could be in the room with a girl in our house.

    家に女の子を連れ込んだりもしてた。

  • I feel like my brother, if you asked him,

    兄のようになりたかった。兄に言わせれば、

  • would be like, there were no rules.

    何にも縛られないって感じにね。

  • - I wasn't allowed to date until I was 16.

    ー16になるまで、デートは許されていなかった。

  • I started dating at 13 and I didn't care,

    13歳のころからデートしてるけど、気にしていなかった。

  • but I got pulled out of school for that.

    だけど、そのために転校させられた。

  • - My mom was very against dating in general.

    ー母は基本的にデートには厳しかった。

  • And so my counterargument would be like,

    私は、私は行き遅れてもいいのって

  • so you want me to die an old spinster?

    反論するんだけど、

  • And she just be like, no,I'll just choose

    彼女はただ、「そんなことないわ、あなたの旦那さんは

  • your husband for you.

    私が見繕ってあげる」って感じだった。

  • - One of the biggest fights me and my dad ever got in

    ホットパンツを履かせてくれなくて、

  • was that I was not allowed to wear short shorts.

    結構な喧嘩になったことがある。

  • - Or short skirts.

    ー短いスカートとか

  • So I had these pair of leggings

    それで家にいる時は

  • that I wouldwear out of the house

    レギンスを履いていたんだけど、

  • and then as soon as I got to school or wherever else,

    学校なんかに着いたら、

  • I would take the leggings off.

    すぐに脱いでた。

  • But I had to remember to put the leggings on

    で、家に帰るときは、

  • when I got home.

    レギンスをちゃんと履くようにしてた。

  • And sometimes I would forget,

    たまに忘れちゃったときには、

  • but I would just run upstairs to my room

    2階の部屋に急いで行ったり、

  • and hope that nobody noticed.

    誰にも気づかれないようにしてた。

  • - And then one time I pierced my ear

    ーあるとき、耳に穴をあけてね、

  • and I just came to his house with a pierced ear.

    それで、ピアスを付けたまま、父の実家に行ったんだけど。

  • He looked like I slapped my grandmother or something.

    父はまるで、私が祖母や大切な人を殴ったかのような反応だった。

  • That was just an expression,

    なんか、私が信じられないようなことを

  • like he couldn't believe I had done something like that.

    したような表情だった。

  • - I think as I've gotten older

    ー成長するにつれて、

  • my relationship with my parents

    親との関係も

  • has become more reasonable.

    理解できるようなものになってきたと思う。

  • - I think my parents could have laid back

    ー両親は

  • on the idea that if I got a B on one class

    僕が一科目でもA評価を逃したら怒られると思っていた

  • my life would just be over.

    僕の心理に期待していたんだと思う。

  • - I appreciate that they sheltered me.

    -私を守ってくれたことに感謝してるわ。

  • It gave me structure to my life,

    そして、それが私の人生を形づけて

  • and it made me more responsible.

    責任感を育んでくれたと思う。

  • And I maybe didn't get into as much trouble

    それと、思っていたほど、

  • as I would have.

    トラブルに巻き込まれたこともなかった。

  • - It makes you appreciate all the stuff that you earned.

    ー得るものすべてに有難さを感じるようになると思う。

  • It feels like you earned every privilege.

    努力して、名誉なり、恩恵を受けるみたいな感じよ。

  • - Yeah, I get why my parents were strict.

    ー今となっては、両親が厳しかったのもわかる。

  • If I had a kid like me when I was a kid,

    もし、自分が子供の時に、子供を作っちゃていたら

  • that's like my worst fear.

    悪夢みたいなもんだからね。

  • - Even though I wish my parents were less strict,

    ー両親がもうちょっと厳しくなかったらなって思っていたけど、

  • I feel like I'm gonna be more strict than my parents.

    たぶん私はもっと厳しい親になると思う。

  • Mainly I want funny kids.

    面白い子供に育てたいかな。

  • I want them to be Vine famous when they're toddlers,

    よちよち歩くようになったら、Vineで有名人にしたいわ。

  • or they're useless to me.

    見返りなんてないけど。

- Basically all my friends parents

-基本的に私の友達の親は

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

A2 初級 日本語 BuzzFeed 両親 感じ 日没 子供 デート

日本人も共感できる!厳しい親に育てられた人しかわからないこと! (What It’s Like To Grow Up With Strict Parents)

  • 12613 758
    Mike NiKao-Kusata に公開 2018 年 02 月 24 日
動画の中の単語