Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Let me tell you the story of how one man accidentally gave us the obesity epidemic, kept cardiovascular

    私は一人の男が誤って私たちに肥満の流行を与えた方法の話を教えてあげましょう、心血管を保ちました。

  • disease growing, made billions for the pharmaceutical industry and programmed us to be afraid of

    製薬業界のために数十億ドルを稼ぎ、病気が成長するのを恐れるようにプログラムされています。

  • fat and cholesterol.

    脂肪とコレステロール。

  • All the benefits from skim milk, low fat snacks, and cholesterol lowering Cheerios that were

    スキムミルク、低脂肪のスナック、コレステロールを下げるチエリオスなど、すべての利点がありました。

  • sold to you are based on hypotheses made by a man named Ancel Keys.

    アンセル・キーズという男の仮説に基づいている

  • The idea that we should avoid saturated fat and cholesterol at all costs comes from the

    飽和脂肪やコレステロールは何としても避けるべきだという考えは

  • Keys’ “Diet-Heart HypothesisandLipid Hypothesis”.

    キーズの「ダイエット・ハート仮説」と「脂質仮説

  • These ideas come from him analyzing the data from 7 countries which showed that when you

    これらのアイデアは、彼が7カ国のデータを分析したときに、次のことを示したから来ています。

  • plotted incidence of heart attacks against fat consumption you see that the countries

    脂肪消費に対する心臓発作の発生率をプロットすると、国が表示されます。

  • that ate more fat had more heart attacks.

    脂肪を多く食べた方が心臓発作が多かった。

  • It was simple, you could draw a straight line through the data points which showed more

    それは簡単でした、あなたはより多くのことを示しているデータポイントを介して直線を描くことができます。

  • fat equaled more heart attacks.

    脂肪はより多くの心臓発作に等しい。

  • Pretty straight forward, you eat more fat, you get fat, your cholesterol rises, your

    かなりストレートに言うと、もっと脂肪を食べれば、太るし、コレステロールが上がるし、あなたの

  • arteries get clogged, and you have a heart attack.

    動脈が詰まると心臓発作を起こします。

  • Ancel Keys got this accepted by the USDA, the American Medical Association, the American

    アンセル・キーズは、これをUSDA、アメリカ医師会、アメリカの

  • Diabetes Association, the American Heart Association and off went the anti-fat anti-cholesterol

    糖尿病協会、米国心臓協会とオフは、抗脂肪抗コレステロールを行ってきました。

  • movement.

    運動をしています。

  • The only catch here is that there weren’t only 7 countries for which data was available,

    ここでの唯一の注意点は、データが利用可能な国が7カ国だけではなかったということです。

  • there were 22 countries.

    22の国がありました。

  • When you factor in the remaining countries there is no straight line to be drawn.

    残りの国を加味すると、一直線にはならない。

  • Maybe Keys had access to the remaining data, maybe he didn’t, but he sure worked fast

    キーズは残りのデータにアクセスしていたかもしれないし、そうでないかもしれないが、彼は素早く動いていたのは確かだ

  • to have his recommendations put in place.

    彼の提案を実行に移すために

  • The lack of good evidence didn’t go unnoticed, though: Dr. George Mann, one of the researchers

    しかし、良い証拠がないことに気づかないわけではなかった。研究者の一人であるジョージ・マン博士は

  • on the Framingham study which was actually supposed to bolster this cholesterol theory,

    コレステロール理論を補強するはずだったフラミンガムの研究について。

  • said, “Dietary fat is not the determinant of either high cholesterol or coronary heart

    食物性脂肪は高コレステロールと冠動脈性心臓のどちらかを決定するものではない」と述べています。

  • diseaseand ‘”the diet heart hypothesis is the greatest scam ever perpetrated on the

    病気 "と'"ダイエットの心臓の仮説は、これまでに浸透した最大の詐欺です。

  • American public.“

    "アメリカの大衆"

  • That’s a bold claim but by the way, it’s still calledhypothesisbecause it’s

    それは大胆な主張ですが、ちなみにまだ「仮説」と呼ばれているのは

  • never been proven.

    証明されたことはありません。

  • Youre probably up to date with recent health information and maybe even OK with the idea

    最近の健康情報を最新のものにしているでしょうし、もしかしたらOKかもしれません。

  • of a low carb diet, but chances are youre still not completely comfortable with fat.

    低炭水化物ダイエットの、しかし、チャンスはあなたがまだ完全に脂肪に快適ではありません。

  • After all, weve been programmed to associate saturated fats withArtery Clogging

    結局のところ、私たちは飽和脂肪を関連付けるようにプログラムされています。

  • and weve seen the commercials where they do something like clog a drain with bacon

    ベーコンで排水溝を詰まらせるようなCMを見たことがある

  • fat.

    太っている。

  • Also Butter, Lard and Coconut Oil solidify at room temperature so it’s pretty easy

    また、バター、ラード、ココナッツオイルは室温で固まるので、かなり簡単です。

  • logic that those solid fats will clog your arteries.

    その固体脂肪が動脈を詰まらせるという理屈です。

  • The problem with these images is that you can melt those saturated fats easily in your

    これらの画像の問題点は、それらの飽和脂肪を簡単にあなたの中で溶かすことができます

  • hand, like I'm doing here, and the temperature in your body is much hotter; and the thing

    手は、私がここでやっているように、あなたの体の中の温度がはるかに熱いです。

  • that clogs your arteries resulting in a heart attack is not an accumulation of fat.

    心臓発作を引き起こす動脈を詰まらせるのは脂肪の蓄積ではありません。

  • Fat doesn’t even stay intact in the body- your stomach bile works kind of like the dish

    脂肪は体の中ではそのままではなく、胃の胆汁は料理のような働きをします。

  • liquid I’m dropping here.

    ここで落としているリキッド

  • It breaks the fat up into these small droplets..

    脂肪を小さな液滴に分解して...

  • Then it gets wrapped inside carrier molecules called lipoproteins.

    そして、リポタンパク質と呼ばれるキャリア分子の中に包まれます。

  • Fat is never technically even in the bloodstream, it’s always transported inside of a lipoprotein

    脂肪は決して技術的にも血流の中で、それは常にリポタンパク質の中に輸送されています。

  • shell.

    シェルを使用しています。

  • When you look at health from an evolutionary standpoint, the concept of engineering fat

    健康を進化の観点から見ると、工学的な脂肪の概念

  • out of our foods for our health doesn’t make much sense.

    私たちの健康のために私たちの食品のうち、あまり意味がありません。

  • Our brains, which is what got us so far, are the most metabolically expensive organs that

    私たちをここまでに導いた私たちの脳は、代謝的に最も高価な臓器です。

  • we have: consuming 25% of the adult metabolic budget.

    私たちが持っている:成人の代謝予算の25%を消費しています。

  • To adjust for the high energy cost of a large brain, our guts had to shrink because they

    大きな脳の高いエネルギーコストを調整するために、私たちの内臓は縮小しなければなりませんでした。

  • too required a lot of energy to run.

    あまりにも走るのに多くのエネルギーを必要としました。

  • So, our gut became less efficient at getting enough energy from fibrous foods and was more

    そのため、私たちの腸は繊維質の食品から十分なエネルギーを得る効率が悪くなり、より

  • dependent on more bio-available, nutrient-dense and energy dense foods.

    より生物学的に利用可能で、栄養価が高く、エネルギー密度の高い食品に依存しています。

  • Cooking food of course was an important development for us too, but fat still takes first place

    料理はもちろん私たちにとっても重要な発展でしたが、脂肪が第一であることに変わりはありません。

  • for most calorie dense nutrient at 9 calories per gram.

    グラムあたり9カロリーで最もカロリーの高い栄養素の場合

  • So fat would then be a very valuable macronutrient that we would get as much of as our environment

    そのため、脂肪は私たちの環境と同じくらいの量を得ることができる非常に貴重な多量栄養素になります。

  • allowed.

    許されている。

  • There is even evidence that suggests homo sapiens may have eaten most of the fat on

    ホモ・サピエンスが脂肪のほとんどを食べていたという証拠さえある。

  • an animal before even touching the meat.

    肉に触れる前に動物を

  • Sure we have plenty of fruits and vegetables that have been cultivated to be more nutrient

    確かに私たちは多くの果物や野菜を持っていますが、より栄養価の高いように栽培されています。

  • and calorie dense and we spend much less time moving around, so ravenously eating fat is

    とカロリー密度が高く、私たちは動き回る時間を大幅に減らしているので、貪欲に脂肪を食べることは

  • hardly necessary.

    ほとんど必要ありません。

  • However it’s not very plausible that a macronutrient that used to be so important to us is now

    しかし、今まで重要視されていたマクロニュートリエントが、今では

  • killing so many of us .

    大勢殺し

  • Timothy Olsen showcases the efficiency of fat in spectacular fashion.

    ティモシー・オルセンは、脂肪の効率の良さを壮大なファッションで披露しています。

  • He holds the record for the Western 100 Endurance run, a 100 mile ultra distance race in California

    カリフォルニアで開催された100マイルの超長距離レース「ウエスタン100エンデュランスラン」の記録を保持している。

  • that includes an 18,000 feet climb and 23,000 feet descent.

    それは18,000フィートの登りと23,000フィートの下りを含む。

  • He said he used to consume dozens of sports gels throughout his races to keep him going,

    彼はレース中に何十個ものスポーツジェルを消費していたと言っていました。

  • but switched to a low carb, high fat diet for more stable energy;

    しかし、より安定したエネルギーを求めて、低炭水化物、高脂肪のダイエットに切り替えました。

  • "Towards the end of the race y'know after lots of heat and lots of gels and whatnot,

    レースの終盤に向けて、たくさんの暑さとたくさんのジェルやその他のものがあった後で、それを知っている。

  • I ended up taking a crap in the woods like 20 some times.

    結局20回くらい森の中でうんこをしてしまった。

  • That's when I switched to more primal like grain free diet, I had huge success with it"

    それは私が穀物を含まない食事のようなより原始的なものに切り替えたときに、私はそれで大成功を収めていた。

  • You might have stopped and thoughtHow can fat not be the problem?

    脂肪が問題にならないわけがない」と立ち止まって考えたことがあるかもしれません。

  • I ate a plant based diet and reversed my atherosclerosis!”Living in Japan, I’m very aware of how healthy

    植物性の食事を食べて動脈硬化を逆転させた!」日本に住んでいて、いかに健康的であるかを痛感しています。

  • a high carbohydrate diet can be, especially a primarily plant based one like the Okinawan

    炭水化物の多い食事は、特に沖縄のような主に植物をベースにしたものにすることができます。

  • people’s who frequently live to be 100 while less than 8% of their calories come from fat.

    カロリーの8%未満が脂肪から来る間、頻繁に100に生きる人々の。

  • Don’t worry, well get to this.

    心配しないで、これは私たちがやるから。

  • Despite our bodies preferring the energy dense fat, this idea that saturated fat and cholesterol

    私たちの体はエネルギー密度の高い脂肪を好むにもかかわらず、飽和脂肪とコレステロールは、この考え

  • needs to be reduced at all costs became medical dogma.

    何としてでも減らす必要があり、それが医療のドグマとなった。

  • However, not only does our body want fat, it doesn’t want to reduce cholesterol.

    しかし、私たちの体は脂肪を欲しているだけでなく、コレステロールを減らしたいとも思っていません。

  • Cholesterol is incredibly important: we need it for the membranes of our cells, we need

    コレステロールは信じられないほど重要です。

  • it to make brain cells, we need it to make several important hormones like estrogen,

    脳細胞を作るためには、エストロゲンのようないくつかの重要なホルモンを作る必要があります。

  • progesterone and testosterone.

    プロゲステロンとテストステロン。

  • Probably due to things like that bacon fat commercial, the common assumption is that

    おそらく、あのベーコン脂のCMのようなもののせいで、一般的な想定では

  • fat and cholesterol build up on the arterial wall.

    動脈壁に脂肪やコレステロールがたまる。

  • This isn’t quite how it works.

    これでは、うまくいきません。

  • Where the build up takes place is actually under the arterial wall.

    ビルドアップが起こる場所は、実は動脈壁の下です。

  • The process leading up to a heart attack starts with a damaged, inflamed arterial wall and

    心臓発作に至る過程は、動脈壁が損傷して炎症を起こしている状態から始まり

  • then the body wants to mend that damage, much like it would want to mend a cut you might

    そうすると体はそのダメージを修復したいと思っている切り傷を修復したいと思っているように

  • have, so it sends cholesterol and other things like calcium, and fibrin in an attempt to

    コレステロールとカルシウムやフィブリンを送り込んで

  • seal up the hole.

    穴を塞ぐ。

  • Sure cholesterol is found inside this inflamed area, but you would blame getting burned for

    確かにコレステロールはこの炎症を起こした領域の中にありますが、あなたは火傷をしたことを非難するでしょう。

  • your blister, not the fluid that builds up.

    あなたの水ぶくれではなく、 溜まる液体です。

  • Blaming cholesterol instead of the inflammation is like blaming one of the firemen instead

    炎症の代わりにコレステロールのせいにするのは、代わりに消防士の一人のせいにするようなものです。

  • of the fire.

    火の中の

  • Back to the Okinawan people: they have such a low incidence of heart disease because theyre

    沖縄の人たちの話に戻ると、彼らは心臓病の発生率がとても低いのです。

  • not eating foods that cause inflammation so atherosclerosis never develops.

    炎症を起こす食べ物を食べないので、動脈硬化が発症することはありません。

  • Of course they live long: they eat locally grown, organic, fiber rich vegetables designed

    もちろん、彼らは長生きしています:彼らは地元で栽培された、有機、食物繊維が豊富な野菜を食べるように設計されています。

  • to nourish them, not optimized for profit and laden with pesticides.

    利益のために最適化されたものではなく、農薬を積んだものを栄養にするために

  • Keep in mind by the way that the saturated fat our homo sapien ancestors were getting

    私たちのホモ・サピエンスの祖先が取得していた飽和脂肪の方法で心に留めておいてください。

  • was from wild animals, (cage free, pasture raised, organic - that is)not from highly

    野生動物(ケージフリー、牧草飼育、有機栽培)からのものではありません。

  • processed ham slices in Kraft Food’s “Lunchables” , and certainly not from the butter of cows

    クラフト食品の "Lunchables "の加工ハムスライス、そして確かに牛のバターからではなく

  • pumped with hormones while living in cow jail and eating processed corn scrap.

    牛監獄に住みながらホルモンを汲み取り、加工されたトウモロコシのクズを食べながら

  • Also they were getting their unsaturated fat in the form of omega-3’s from fish and omega-6’s

    また、彼らは魚やオメガ6のオメガ3の形で彼らの不飽和脂肪を得ていた

  • from nuts, not mostly from Canola seeds that had to be washed in hexane solvent & sodium

    ナッツからではなく、主にヘキサン溶媒&ampで洗浄されていたカノーラの種子から;ナトリウム

  • hydroxide, bleached and then steam injected.

    水酸化物を漂白し、蒸気を注入した。

  • Wait a minute, but What if you have too much cholesterol?

    ちょっと待ってください、でもコレステロールが多すぎるとどうなるんですか?

  • It doesn’t really matter.

    それはどうでもいいことです。

  • One of the authors of theThe Great Cholesterol Myth,” Dr. Johnny Bowden explained in this

    偉大なるコレステロール神話」の著者の一人であるジョニー・ボウデン博士は、この中で次のように説明しています。

  • lecture that in the Lyon Diet Heart Study they had a group of 605 people with high cholesterol

    リヨンダイエット心臓研究では、高コレステロールの605人のグループを持っていたことを講義した。

  • and a very high risk of heart disease.

    と心臓病のリスクが非常に高い。

  • In one group they put them on the Mediterranean diet and in another they recommended they

    あるグループでは地中海式の食事を摂らせ、別のグループではそれを推奨していました。

  • cut saturated fat, reduce cholesterol intake to 300mg per day and follow thehealthy

    飽和脂肪をカットし、コレステロールの摂取量を1日300mgに減らし、「健康的な」に従う。

  • western diet.

    西洋式ダイエット

  • The results?

    結果は?

  • Cardiac death and all cause mortality on the Mediterranean diet was significantly lower

    地中海食の方が心臓死および全死因死亡率が有意に低かった

  • than on the low saturated fat diet.

    低飽和脂肪食の場合よりも

  • After explaining this, Dr. Bowden saysWhat do you think happened to the cholesterol of

    これを説明した上で、ボウデン博士は、「コレステロールの

  • the people on the Mediterranean diet?

    地中海ダイエットをしている人たち?

  • Their cholesterol didn’t budge.

    コレステロールは動かなかった

  • They just stopped dying.

    彼らは死ななくなった

  • Cholesterol had nothing to do with it.”

    コレステロールは関係ない"

  • OK so total cholesterol is not a useful piece of information.

    総コレステロールは有用な情報ではありません。

  • But what about the HDLgoodcholesterol and the LDLbadcholesterol?

    しかし、HDLの「善玉」コレステロールとLDLの「悪玉」コレステロールはどうでしょうか?

  • This concept is also outdated.

    この考え方も時代遅れです。

  • In Peter Attia’s wonderfully long and technical talk about cholesterol he explains...

    コレステロールについてのピーター・アティアの素晴らしく長い技術的な話の中で、彼は説明しています...

  • We were taught that LDL cholesterol is the big risk right, if your LDL cholesterol

    "LDLコレステロールが大きなリスクの権利だと教えられました" "あなたのLDLコレステロールは

  • is high, you are at risk for heart disease.

    が高いと心臓病のリスクがあります。

  • And yet we're seeing that some of the time that turns out to be patently false.

    しかし、それが明らかに虚偽であることが判明することもあります。

  • This is a study that looked at 136,000 patients admitted to the hospital for a coronary artery

    これは、冠動脈疾患で入院した13万6000人の患者を調べた研究です。

  • event.

    イベントを開催します。

  • And in these patients they looked at LDL cholesterol level and you can see that nearly 50% of them

    これらの患者のLDLコレステロール値を見てみると、約50%の患者がそうでした。

  • had what you would consider a low LDL cholesterol level

    "LDLコレステロール値が低かった"

  • There are a number of different types and sizes of HDL and LDL particles, and what is

    HDLとLDLの粒子には種類や大きさがあり、何が

  • actually important is to avoid having too many triglycerides sitting in your bloodstream,

    実際に重要なのは、あなたの血流に座っているあまりにも多くのトリグリセリドを持つことを避けるためです。

  • which are also transported by lipoproteins.

    もリポタンパク質によって輸送されています。

  • Peter cites studies that show an increase in processed carbohydrates and sugar leads

    ピーターは、加工された炭水化物と砂糖の増加を示す研究を引用しています。

  • to an increase in the triglyceride concentration.

    トリグリセリド濃度の上昇に

  • The best way for the subjects to decrease their triglyceride concentration was ironically

    被験者のトリグリセリド濃度を下げるための最良の方法は、皮肉にも

  • to go on a higher fat, low carbohydrate diet.

    高脂肪低糖質ダイエットをするために

  • Therefore these low-fat products marketed to health conscious people that switch fat

    したがって、これらの低脂肪製品は、脂肪を切り替える健康意識の高い人々に販売されています。

  • for more carbohydrates are directly increasing your risk for heart disease.

    より多くの炭水化物は、心臓病のリスクを直接増加させます。

  • We trusted you, Snackwell's

    スナックウェルの君を信頼していたんだ

  • One quick thing: If that last part had you thinkinghow in the world could sugar,

    一つだけ簡単なこと:その最後の部分は、あなたが考えていた場合は、 "世界でどのように砂糖ができました。

  • instead of fat, lead to a higher triglyceride concentration?”

    脂肪の代わりにトリグリセリドの濃度が高くなるのか?"

  • Take a moment to look at Doug McGuff’s thorough explanation of glucose metabolism here or

    Doug McGuff氏のブドウ糖代謝についての徹底した解説はこちら、もしくはこちらをご覧ください。

  • you can see my cliffnotes version here.

    私のクリフノーツバージョンはこちらからご覧いただけます。

  • It wasn’t like nobody knew that the culprit behind our health problems wasn’t so much

    誰も知らないようなことではありませんでした 私たちの健康問題の背後にある犯人は それほどではありませんでした

  • fat, but sugar.

    脂肪ですが、砂糖です。

  • British physiologist John Yudkin wrote a book in 1972 “Pure, White and Deadly: The Problem

    イギリスの生理学者ジョン・ユドキンは1972年に「純粋で白くて死にそうな」という本を書いています。問題

  • of Sugarwhich correctly warned that the consumption of sugar is what is really dangerous

    砂糖の消費は本当に危険なものであることを正しく警告した「砂糖の

  • to our health, an argument he had made since at least 1957.

    私たちの健康のために、彼は少なくとも1957年以来の議論をしてきました。

  • Nonetheless, in 1977, the US government gave us our new low fat healthy guidelines.

    それにもかかわらず、1977年、アメリカ政府は私たちに新しい低脂肪健康ガイドラインを与えました。

  • and What’s happened since then?

    と、その後どうなったのか?

  • Hospitalizations for Heart Failure went up and heart disease is still the leading cause

    心不全の入院数は増加し、心臓病が原因の第一位は変わらず

  • of death in the world.

    世界の死の

  • In fact, when it comes to weight gain, the data suggests people started gaining weight

    実際、体重が増加すると、人々は体重が増加し始めたことを示唆するデータがあります。

  • immediately after the guidelines came out.

    ガイドラインが出た直後に

  • "Hey Clinton, get back to work!"

    "ヘイクリントン、仕事に戻って! &quot.

  • "Make me!"

    "Make me!

  • We now understand that:

    今ではそれを理解しています。

  • 1 Knowing total cholesterol as well asgoodandbadcholesterol are virtually irrelevant

    1 総コレステロールだけでなく、「善玉」「悪玉」コレステロールを知っていても実質的には関係ない

  • to your health

    けんこうに

  • 2 Reducing inflammation, and triglyceride concentration in the blood is what is actually

    2 炎症を抑え、血中の中性脂肪濃度を下げることが実は

  • important for avoiding heart disease

    心の病を避けるためには

  • and 3 The real things you need to limit are sugar and processed carbohydrates.

    と3 制限すべき本当の姿は、糖質と加工された炭水化物。

  • Despite all this, the same guidelines are still in place.

    にもかかわらず、同じようなガイドラインがあります。

  • What is worse than that is were still being prescribed Statin drugs, whose harmful effects

    それよりも悪いのは、私たちはまだスタチン薬を処方されているということです。

  • are a constant testament to how important cholesterol is for the body.

    は、コレステロールが体にとってどれほど重要なものであるかを常に物語っています。

  • Some of you might even have been prescribed a statin.

    中にはスタチンを処方された方もいるかもしれません。

  • If so, you might want to ask your doctor what the number needed to treat for statin drugs

    そうであれば、スタチン剤の治療に必要な数値を医師に聞いてみるのもいいかもしれません。

  • is.

    である。

  • Neuroscientist Daniel Levitin explains that the number needed to treat is the number of

    神経科学者のダニエル・レビティン氏は、治療に必要な数は

  • people that have to take the drug before one person actually benefits from it.

    一人が実際に利益を得る前に薬を飲まなければならない人

  • “…So The number needed to treat for the most widely prescribed statin, what do you

    "最も広く処方されているスタチンの治療に必要な数は?

  • suppose it is?

    だろうか?

  • How many people have to take it before one person is helped?

    一人の人が助けられるまでに、何人の人が服用しなければならないのでしょうか?

  • Three hundred.

    300だ

  • 300 people have to take the drug for a year before one heart attack, stroke or other adverse

    300人が心臓発作や脳卒中などの副作用が出る前に1年分の薬を飲まなければならない

  • event is prevented.

    イベントが防止されます。

  • So for this particular drug, the side effects occur in 5 percent of the patients and they

    だから、この特定の薬では、副作用は患者の5パーセントに発生し、それらは

  • include terrible thingsdebilitating muscle and joint pain.

    酷いものを含む - 筋肉や関節の痛みを衰弱させる

  • But now you're thinking well 5%, not very likely it's going to happen to me, I'll still

    しかし、今、あなたはよく5%を考えている、それが私に起こる可能性は非常に低いですが、私はまだ'll

  • take the drug.

    薬を飲む

  • but wait a minute.

    でもちょっと待って

  • 300 people take the drug, right?

    300人もの人が薬を飲んでいるんですよね?

  • One person’s helped, five percent of those 300 have side effects, that’s 15 people.

    一人が助かって、300人のうち5%が副作用で、15人になる。

  • You are 15 times more likely to be harmed by the drug than you are to be helped by the

    薬物によって害を受ける可能性が15倍にもなります。

  • drug.“

    "ドラッグ"

  • By the way, remember how I said cholesterol is important for producing sex hormones like

    ところで、コレステロールは性ホルモンの生成に重要だと言ったのを覚えていますか?

  • testosterone and estrogen?

    テストステロンとエストロゲン?

  • What do you think the second highest revenue prescription drug is for Pfizer after Lipitor,

    ファイザーの処方薬でリピトールに次ぐ収益を上げているのは何だと思いますか?

  • which is the #1 prescribed statin?

    処方されているスタチンの1位はどれですか?

  • Viagra comes in right after Lipitor.

    バイアグラはリピトールのすぐ後に入ってきます。

  • There’s only an 8% difference between the two.

    8%の差しかないんだよね。

  • Let me end this video with a rule of thumb you can use to pick out your food:

    私はあなたの食べ物を選ぶために使用することができます親指のルールでこのビデオを終了させてください。

  • Just think about how much something has been screwed with before you make the decision

    決断する前に、何かがどれだけねじ込まれているかを考えればいいんだよ

  • to eat that.

    それを食べるために

  • For example: coca Leaves in their natural state are quite harmless, the farmers in the

    例えば:自然な状態でのコカの葉は非常に無害である、の農家は

  • Andes have chewed on them for hundreds of years for a small boost in energy.

    アンデスは何百年も前からエネルギーを少しでも高めるために噛みしめてきました。

  • However, when you process the hell out of them, you get cocaine.

    しかし、その地獄を処理するとコカインが出てくる。

  • Eating a lot of sugar beets probably isn’t so bad for you, but if you boil them in water

    砂糖ビーツをたくさん食べるのは体に悪いとは言えないかもしれませんが、水煮にすると

  • to make a crude syrup, then wash that solution with calcium hydroxide and proceed to refine

    で粗シロップを作り、その溶液を水酸化カルシウムで洗浄し、精製を進める。

  • it with 6 different boilersmaybe you shouldn’t put the resulting white powder in your coffee

    それを6種類のボイラーで... コーヒーに白い粉を入れてはいけないのかもしれません。

  • every day.

    毎日のように

  • You can apply this idea to anything from processed cheese to packages of so calledwhole wheat

    このアイデアは、プロセスチーズからいわゆる "全粒粉 "のパッケージに何かに適用することができます。

  • bread”.

    パン」です。

  • This goes for fats and meat too.

    これは脂肪や肉にも当てはまります。

  • If Jack the cow just had to walk around and eat grass, the food that comes from him is

    牛のジャックがただ歩き回って草を食べていたとしたら、牛から出てくる食べ物は

  • going to be more nutritional than Jeff the cow’s if Jeff had to be confined to a tiny

    牛のジェフよりも栄養価の高い牛のジェフの方が、ジェフが狭い部屋に閉じ込められていたら

  • space, given all sorts of antibiotics, and fed corn all his life.

    宇宙へ行き、抗生物質を与えられ、一生トウモロコシを食べさせられていました。

  • Here’s a fun fact: Livestock consume 70% of the antibiotics in the united states.

    ここで面白い事実があります:家畜はアメリカで抗生物質の70%を消費しています。

  • They need these antibiotics to survive the ill health effects caused by confinement and

    彼らは監禁によって引き起こされる不健康な影響を生き抜くために、これらの抗生物質を必要としています。

  • the acidosis that results from a corn based diet - a diet which is completely unnatural

    とうもろこしベースの食生活に起因するアシドーシス - 完全に不自然な食生活

  • for a cow to eat.

    牛が食べるために

  • I’m not here to sell you on any one diet or argue what macronutrient ratio is best.

    私は、あなたに一つのダイエットを売り込むために来たのでも、どのような多量栄養素比がベストなのか議論するために来たのでもありません。

  • However, I can tell you for certain that this sugary processed crap that has somehow found

    しかし、私は確信しています。この糖分の多い加工食品は、どうにかして

  • its way into every store on the planet isn’t what our bodies need.

    地球上のすべての店に入る方法は、私たちの体に必要なものではありません。

  • It’s more likely that our recent health problems came from the nutritional sacrifices

    最近の健康問題は栄養の犠牲から来ている可能性が高い

  • that were made for better profits, and not from a basic macronutrient like fat that we

    より良い利益を得るために作られたのであって、私たちのような脂肪のような基本的なマクロ栄養素からではありません。

  • have been eating for centuries.

    は何世紀にもわたって食べてきました。

  • If you liked this, be sure to Subscribe.

    これが気に入った場合は、必ず購読するようにしてください。

  • I’m putting out videos as frequently as I can, so stay tuned.

    できるだけ頻繁に動画を公開していますので、ご期待ください。

  • You can see my last video on health and why I eat once a day here.

    前回の私の健康と1日1回食べる理由の動画はこちらからご覧いただけます。

Let me tell you the story of how one man accidentally gave us the obesity