Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Often, our partner isn't necessarily

    多くの場合、私たちのパートナーは必ずしも

  • being terrible in any overt way

    酷い目に遭っている

  • but we feel a growing sadness

    しかし、私たちは悲しみの高まりを感じています

  • about the character of our relationship.

    私たちの関係性の性格について

  • The partner isn't as focused on us as we'd hoped.

    相方は思ったほど集中していません。

  • There are often times when

    ということがよくあります。

  • they don't understand us properly.

    彼らは私たちを正しく理解していません。

  • They're often busy and preoccupied.

    彼らは忙しくて夢中になっていることが多い。

  • They can be a bit off-hand, or abrupt.

    ちょっとしたオフハンドだったり、突然だったりします。

  • They're not hugely interested

    彼らはあまり興味を持っていない

  • in the details of our day.

    私たちの日の詳細に

  • They call their friends rather than talk with us.

    彼らは私たちと話をするよりも、友達に電話をかけてきます。

  • We feel disenchanted and let down.

    呆気にとられ、失望してしまいます。

  • Love, was supposed to be lovely.

    愛は、愛のはずだった。

  • But without any one huge thing having gone wrong,

    しかし、一つの大きなことがうまくいかずに

  • it doesn't feel much that way, day to day.

    それはあまり感じられませんね、日々。

  • This sorrow has a paradoxical source.

    この悲しみには逆説的な原因があります。

  • We're upset now because

    今、私たちが動揺しているのは

  • at some point in the past,

    過去のどこかの時点で

  • we were really rather fortunate.

    私たちは本当に運が良かったのです。

  • We're sad, because we've been lucky.

    私たちは運が良かっただけに悲しいです。

  • To explain this seeming paradox,

    この一見パラドックスを説明するために

  • we need to have a look at the intimate origins of love.

    私たちは、愛の親密な起源を見ておく必要があります。

  • Our idea of what a good, loving relationship

    私たちの考える、愛情のこもった良い関係とは

  • should be like

    様なものでなければならない

  • and what it feels like to be loved,

    と、愛されることがどんな気持ちなのかを考えてみました。

  • doesn't ever come from what we've seen

    見てきたものではない

  • in adulthood.

    大人になってから

  • It arises from a stranger, more powerful source.

    それは見知らぬ、より強力なソースから発生します。

  • The idea of a happy couplehood

    幸せな夫婦生活を送るための考え方

  • taps into a fundamental picture of

    の基本的なイメージに迫ります。

  • comfort, deep security, wordless communication,

    快適さ、深い安心感、言葉のないコミュニケーション。

  • and of our needs being effortlessly understood

    私たちのニーズを簡単に理解することができます。

  • that comes from early childhood.

    幼少期から続く

  • At the best moments of childhood,

    子供の頃の最高の瞬間に

  • if things went reasonably well,

    それなりにうまくいっていれば

  • a loving parent offered us extraordinary satisfaction.

    愛する親は、私たちに並々ならぬ満足感を与えてくれました。

  • They knew when we were hungry or tired.

    お腹が空いている時や疲れている時には知っていてくれていました。

  • Even though we couldn't usually explain.

    普段は説明できなくても

  • We didn't need to strive.

    努力する必要はありませんでした。

  • They made us feel completely safe.

    彼らは私たちを完全に安心させてくれました。

  • We were held peacefully.

    平和的に開催されました。

  • We were entertained, and indulged.

    私たちは楽しませてもらったし、楽しませてもらった。

  • And even if we don't recall the explicit details,

    明示的な詳細を思い出せなくても

  • the experience of being cherished

    愛され感

  • has made a profound impression on us.

    は、私たちに深い印象を与えてくれました。

  • It's planted itself in our deep minds

    それは私たちの心の奥底に植え付けられている

  • as the ideal template of what love should be.

    愛のあるべき姿の理想的なテンプレートとして

  • As adults, without really noticing,

    大人になると、本当に気づかないうちに

  • we continue to be enthralled to this notion

    飽くなき想い

  • of being loved.

    愛されることの

  • Projecting the best experience of our early years

    幼少期の最高の体験を投影する

  • into our present relationships.

    現在の人間関係に

  • And finding them sorely wanting as a result.

    そして結果的に彼らが切実に欲しがっていることを発見しました。

  • A comparison, that is profoundly corrosive,

    比較してみると 深く腐食している

  • and unfair.

    と不公平なことを言っています。

  • The love we receive from a parent

    親から受ける愛情

  • can't ever be a workable model

    使えるモデルにはなり得ない

  • for our later adult experience of love.

    大人になってからの恋愛経験のために

  • The reason is fundamental,

    理由は基本的なことです。

  • we were a baby then

    その頃の私達は赤ん坊だった

  • we are an adult now.

    私たちはもう大人です。

  • A dichotomy with several key ramifications.

    いくつかの重要な意味を持つ二項対立。

  • For a start, our needs were so much simpler.

    手始めに、私たちのニーズがとてもシンプルになりました。

  • Back then, we needed to be washed and amused,

    当時は洗われて楽しませてもらう必要がありました。

  • put to bed..

    寝かしつけ

  • But we didn't need someone to trawl

    しかし、私たちはトロールする人を必要としませんでした。

  • intelligently through the troubled corners of our minds.

    問題のある心の隅々まで知的に。

  • We didn't need a caregiver to understand

    介護士に理解してもらう必要はありませんでした。

  • why we prefer the first series of a television show

    第一シリーズを好む理由

  • to the second.

    を2番目にします。

  • Why its necessary to see our aunt on Sunday.

    なぜ日曜日に叔母に会う必要があるのか

  • Or why it matters so much to us that the curtains

    または、それがなぜそんなに重要なのかというと、カーテンが

  • harmonize with the sofa covers.

    ソファカバーと調和する

  • Or that bread must be cut with a proper bread knife.

    あるいは、パンはきちんとしたパン切り包丁で切らなければならないということ。

  • The parent knew absolutely what was required

    親は絶対に必要なことを知っていた

  • in relation to certain basic physical and emotional

    基本的な身体的・感情的なものとの関係で

  • requirements.

    の要件を満たしています。

  • Our partner on the other hand,

    一方、パートナーは

  • is stumbling in the dark

    暗闇の中でつまずいている

  • around needs that are immensely subtle,

    ニーズの周りには、非常に微妙なものがあります。

  • far from obvious, and very complicated

    窮地に立たされても仕方がない

  • to deliver upon.

    届けたいと思っています。

  • Secondly, none of it was reciprocal back then.

    第二に、当時はどれも互恵的なものではありませんでした。

  • The parent was intensely focused on caring for us

    親御さんは、私たちの面倒を見ることに集中していた

  • but they knew and totally accepted that we

    しかし、彼らは私たちのことを知っていて、完全に受け入れていました。

  • wouldn't engage with their needs.

    彼らのニーズに応えようとしない

  • They didn't for a second imagine

    彼らは一瞬たりとも想像しなかった

  • that they could take their troubles to us,

    彼らは私たちのところに悩みを持っていくことができました。

  • or expect us to nurture them.

    育てることを期待しているのか

  • They didn't need us to ask them about their day.

    彼らは私たちが彼らの一日について尋ねる必要はありませんでした。

  • Our responsibility was blissfully simple.

    私たちの責任は至ってシンプルでした。

  • All we had to please them, was to exist.

    彼らを喜ばせるためにしなければならなかったことは、存在することだった。

  • Our most ordinary actions, rolling over on our tummy,

    私たちの最も平凡な行動は、お腹の上で転がることです。

  • grasping a biscuit in our tiny hand,

    小さな手にビスケットを握る。

  • enchanted them with ease.

    は簡単に彼らを魅了しました。

  • We were loved, we didn't have, to love.

    私たちは愛されていた、私たちにはなかった、愛すべきものがあった。

  • A distinction between kinds of love

    恋愛の種類の区別

  • which language normally artfully blurs,

    言語が通常は芸術的にぼやけてしまうような

  • shielding us in the difference between

    との違いを遮蔽してくれます。

  • being the privileged customer of love,

    愛の特権客であること

  • or its more exhausted and long suffering provider.

    または、そのより疲弊した、長い間苦しんでいる提供者。

  • Futhermore, our parents were probably kind enough

    それよりも、私たちの両親は、おそらく十分に親切でした。

  • to shield us from the burden

    負担を避けるために

  • that looking after us imposed on them.

    私たちの世話をすることが彼らに課せられた

  • They maintained a reasonably sunny facade,

    彼らは適度に日当たりの良いファサードを維持していました。

  • until they retired to their own bedroom.

    自分たちの寝室に引退するまで

  • At which, the true toll of their efforts could be witnessed

    その時、彼らの努力の真の犠牲を目の当たりにすることができました。

  • but, by then, we were asleep.

    が、その頃には寝ていました。

  • They did us the honor of not quite showing us

    彼らは私たちを見せないという名誉を私たちに与えてくれた

  • what looking after us cost them.

    私たちの世話をしていると、彼らは何を犠牲にしたのか。

  • Which was immensely kind,

    それはとても親切だった

  • but did us one lasting disservice,

    しかし、私たちには最後の汚点がありました。

  • It may have unwittingly created an expectation

    知らず知らずのうちに期待を持たせてしまっているのかもしれません。

  • of what it could mean for someone to love us

    愛する人の意味を考えて

  • which was never true in the first place.

    そもそもそんなことはありません。

  • We might in later life,

    後の人生ではそうなるかもしれない。

  • end up with lovers who are techy with us

    テクシーのある恋人と一緒になる

  • who are too tired to talk at the end of the day,

    疲れすぎて最後の最後にしゃべれない人。

  • who don't marvel at our every antic,

    私たちの反抗的な行動に 驚嘆しない人たちが

  • who can't even be bothered to listen to what we're saying

    言うことを聞く耳を持たない人

  • and we might feel, with some bitterness

    と感じるかもしれませんが、私たちは多少の恨みを持って

  • that this is not how our parents were

    これは私たちの親のやり方ではない

  • The irony which has its redeeming side,

    救いの手がある皮肉。

  • is that in truth, this is exactly how our parents were,

    というのは、本当のところ、私たちの親はこうだったということです。

  • just up in their bedroom, when we were asleep,

    寝室で寝ていた時に

  • and realize nothing.

    と何も気づかない。

  • The source of our present sorrow

    現在の悲しみの源

  • is not, therefore, a special failing

    は特別な失敗ではありません

  • on the part of our adult lovers.

    大人の恋人たちの側で

  • They are not tragically inept nor uniquely selfish.

    彼らは悲劇的に無能なのでもなければ、自分勝手なのでもない。

  • Its rather that we're judging our adult experiences

    それはむしろ、大人の経験を判断しているということです。

  • in the light of a very different kind of childhood love.

    幼少期の恋愛とは全く違うものに照らし合わせて

  • We are sorrowful not because

    私たちが悲しんでいるのは

  • we have landed with the wrong person,

    私たちは間違った人と一緒に着地してしまった

  • but because, we have sadly

    でも、なぜかというと、私たちは悲しいかな

  • been forced to grow up.

    成長を余儀なくされています。

Often, our partner isn't necessarily

多くの場合、私たちのパートナーは必ずしも

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 大人 ニーズ 愛さ 幼少 恋愛 愛情

なぜ愛は決してそれがあるべきであるように素敵ではないのか

  • 13734 1003
    Caurora に公開 2017 年 04 月 29 日
動画の中の単語