Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • There are cities that are more than just bricks and mortar,

    レンガやモルタル だけではなく、

  • cities built on ideals,

    そこに暮らす人々の理想や

  • cities shaped by a belief that the human experience

    より明るい未来への希望と 強い信念によって

  • can be greater tomorrow than it is today.

    生み出された街。

  • Edinburgh, is one of those places.

    エディンバラはまさにそういう街です。

  • Graced with over four and a half thousand heritage-listed buildings,

    スコットランドの首都エディンバラの市内には、 約 4,500 もの建物が歴史的建造物として

  • the Scottish capital is one of the world’s most beautiful cities.

    イングリッシュ ヘリテージに登録されており、 世界で最も美しい都市の 1 つと呼ばれています。

  • Edinburgh’s Old Town, with its Royal Mile,

    エディンバラ城とホリールードハウス宮殿を結ぶ

  • is filled with the ghosts of medieval merchants,

    旧市街の通りロイヤル マイルには、

  • body snatchers,

    今でも商人や詩人が闊歩していた

  • and poets.

    中世を彷彿とさせる雰囲気が色濃く残っています。

  • While its Georgian-styled New Town,

    一方、ジョージ王朝風のエディンバラ新市街には、

  • still shines with the glories of the Scottish Enlightenment.

    18 世紀のスコットランド啓蒙主義当時の 栄光が今でも感じられます。

  • Edinburgh is studded with lofty crags and spectacular gardens,

    エディンバラには北の荒々しさを感じさせる城壁に、 目を見張るような美しい庭園が数多くあり、

  • and throughout the year,

    年間を通じて、

  • hosts parties and festivals like no other.

    数多くのパーティやフェスティバルが催されています。

  • To see Edinburgh in all her glory, walk, ride,

    エディンバラの街の美しさを一望に眺めるなら、

  • or even climb to Arthur’s Seat,

    7 つある丘の中でも最も標高が高い、

  • the highest of the city’s seven peaks.

    アーサーの玉座を訪れてみましょう。

  • Some historians believe this peak was the site of

    一説には、この丘にはかつて、 アーサー王伝説で有名な

  • King Arthur’s legendary castle Camelot,

    かのキャメロット城があったという伝承があります。

  • which is hardly surprising,

    1000 年以上物長い間、

  • as Edinburgh has been at the clashing crossroads of history for millennia.

    エディンバラが歴史の交差点であった事実を考え合わせると 事実だとしても不思議ではありません。

  • Nearby, on another volcanic crag,

    アーサーの王座からそれほど遠くない所に、

  • rise the battlements of Edinburgh Castle,

    キャッスル ロックという岩山の上に建つ古代の要塞

  • the very symbol of Scotland itself.

    エディンバラの象徴であるエディンバラ城があります。

  • Over the last eleven centuries,

    11 世紀にも及ぶ長い間

  • this castle has been laid siege to 26 times as opposing clans,

    古代の要塞として古くからその名を知られていた

  • kings and countries battled with broadsword and cannon.

    エディンバラ城は、周辺の部族 (クラン) や王、また諸外国から攻撃を受け、 これまでに 26 回も占拠されたきた歴史があります。

  • But still it stands,

    しかし、この城は今日も

  • a testimony to the indomitable spirit of the Scots.

    キャッスル ロックの上にそびえ立ち、 スコットランド人の不屈の精神を伝えています。

  • Edinburgh has a special place in the hearts of today’s monarchy.

    エディンバラは、現代のイギリス王室にとって 特別な意味を持つ都市でもあります。

  • The last of a long line of royal yachts,

    イギリス王室最後の豪華な船として知られる

  • Her Majesty’s Yacht Britannia sailed over one million miles before she was decommissioned

    ロイヤル ヨット ブリタニア号は、 世界中を百万マイルも航海し、1997 年にその最終目的地

  • in 1997.

    香港に到着するまで、女王をはじめ王族たちに愛されてきました。

  • Today she is permanently moored at Ocean Terminal,

    勇退したブリタニア号は現在、

  • a symbol the Royal Family’s affection for Scotland and the people of Edinburgh.

    王室のスコットランドとエディンバラ市民への愛着を象徴するように、 エディンバラのオーシャン ターミナルに接岸され、一般公開されています。

  • Edinburgh has been the jewel in the crown of chieftains and royals for centuries,

    過去何世紀もの間、エディンバラは イギリス王室の正統性を象徴する輝かしい証としての地位を誇ってきました。

  • but it’s also a place where old-world chivalry continues today.

    その証拠に、今でもこの地には旧世界時代の 騎士道精神が力強く生き続けています。

  • Beneath the crown spire of St GilesCathedral,

    セント ジャイルズ大聖堂の尖塔の下には、

  • is Thistle Chapel, which honors the 16 living Knights and Ladies

    スコットランド第一の勲位である シッスル騎士団の礼拝堂が今も残っており、

  • of Scotland’s oldest order,

    16 人の生存する騎士たちと、

  • as well as those who came before.

    彼らの先人たちが祀られています。

  • It’s not just the brave and chivalrous who are celebrated in Edinburgh,

    エディンバラで栄誉とされるのは 勇気と騎士道精神だけではありません。

  • this is a city that has given the world some of its

    この街は、世界的にも有名な

  • best-loved writers and stories.

    作家や彼らの作品が生まれた地でもあります。

  • In Princes Street Gardens,

    プリンセス ストリート庭園には、

  • rises the world’s largest monument to a writer,

    スコットランドで最も有名な作家 ウォルター スコット卿を讃えた記念碑である

  • dedicated to Sir Walter Scott,

    スコット モニュメントがあります。

  • who penned epics such as Ivanhoe and Rob Roy.

    彼の作品は「アイヴァンホー」や「ロブ ロイ」など世界的に知られています。

  • Nearby, at the Writers Museum,

    モニュメントの近くにはウォルター スコット卿をはじめ、

  • learn more about Scott,

    作家ウォルター スコットや

  • and two more of Scotland’s most cherished literary adventurers,

    『ジキル博士とハイド氏』を書いた、ロバート ルイス スティーブンソンら スコットランド出身の 3 人の作家を記念する

  • Robert Burns and Robert Louis Stevenson.

    作家博物館も。

  • Edinburgh continues to cast her spell over contemporary writers too.

    現代でも、エディンバラは作家たちにとって 特別なパワーと魅力を持つ土地。

  • JK Rowling wrote the first two of her Harry Potter series

    『ハリー ポッター』シリーズの著者として知られる JK ローリングが、 エディンバラの旧市街にあるカフェ、ザ エレファント ハウスで

  • in cozy Old Town nooks,

    シリーズの最初の 2 作を執筆したというのは

  • such as the Elephant House Café.

    ファンの間では有名な話です。

  • But history and literature aside,

    人類の遺産に対して

  • perhaps the greatest gifts that Edinburgh has given humankind

    エディンバラが貢献してきたのは 歴史と文学だけではありません。

  • is in the field of knowledge,

    別名「北のアテネ」で親しまれるエディンバラは、

  • which once earned the city the title,

    学問の分野においても

  • The Athens of The North.

    並々ならぬ貢献をしてきました。

  • For over four centuries,

    過去 4 世紀もの間、

  • the University of Edinburgh has given us intellectual giants such as Charles Darwin,

    イギリス国内で 6 番目に長い歴史を有する エディンバラ大学は、チャールズ ダーウィンやデイヴィッド ヒューム、

  • David Hume and Alexander Bell.

    そしてアレクサンダー ベルなど数多くの学者を生み出してきました。

  • Explore centuries of innovation at the Scottish Museum,

    スコットランド博物館で スコットランド発の発明について学んだら、

  • or head to South Queensferry to see the Forth Bridge,

    今度はサウス クイーンズフェリーにある フォース鉄道橋を訪れてみましょう。

  • an engineering marvel when it opened in 1890,

    1890 年建築当時、技術後学の粋と言われた

  • and one which still takes the breath away today.

    この見事な建造物は、 現在世界遺産リストに登録されています。

  • Knowledge and beauty go hand in hand at the Royal Botanic Gardens too.

    エジンバラの北部郊外にある王立植物園は、 スコットランドの美と知識の集大成ともいえます。

  • Established in 1670,

    1670 年に設立されたこの植物園は

  • this is one of the world’s oldest and most important centers of botanical science,

    世界最古の、そして世界で最も重要な 植物園の 1 つとされながら、

  • yet it’s a place which invites even the most harried heart

    その静謐な美しさを求めて、旅行者だけでなく 日々数多くの市民が訪れる

  • to slow down and swoon.

    憩いの場となっています。

  • Beauty is honored at every turn in Edinburgh,

    エディンバラは、どの角度から眺めても美しい都市です。

  • whether it be the elegant interiors of the Georgian House,

    エレガントなジョージ王朝風の 屋敷の内装から

  • the priceless treasures within the Scottish National Gallery,

    スコットランド国立博物館に展示されている 貴重な美術品、

  • or the simple flower boxes which adorn the city’s pubs.

    そして街角のパブに飾られている ちょっとしたフラワーボックスに至るまで、至るところに美が溢れています。

  • Edinburgh is a city that has given the world countless gifts,

    その長い歴史を通じて、エディンバラは世界に 数えきれないほどの宝を与えてきました。

  • but perhaps her greatest is this:

    しかし、その中でも最も貴重な宝を 1 つだけ選ぶとしたら…

  • she shows us that all parts of the human experience

    それはおそらく、人間の存在に関する限り

  • the sciences and the arts,

    科学とアート、

  • the past and the present,

    過去と現在、

  • the sacred and the light-hearted

    聖なるものと俗なるもの、

  • all have equal value.

    相反しながらどれも皆、同等の価値を持ち、

  • And that when brought together,

    これらを区別なく差別なく受け入れた時はじめて、

  • these things can create a beauty,

    この世界に美が生まれる、という信念ではないでしょうか。

  • …a state of mind,…

    エディンバラ…

  • a city,…

    このような街は

  • like no other.

    世界中、他にどこにもありません。

There are cities that are more than just bricks and mortar,

レンガやモルタル だけではなく、

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 スコットランド 作家 王室 騎士 世界 アーサー

エディンバラ バケーション旅行ガイド|エクスペディア (Edinburgh Vacation Travel Guide | Expedia)

  • 804 93
    335459737 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語