Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Are you afraid of black cats?

    黒猫が怖いですか?

  • Would you open an umbrella indoors?

    屋内でカサを開けますか?

  • And how do you feel about the number thirteen?

    13 という数字についてどう思いますか?

  • Whether or not you believe in them, you're probably familiar with a few of these superstitions.

    信じるかどうかは別として、これらの迷信のいくつかを知っていることでしょう。

  • So how did it happen that people all over the world knock on wood, or avoid stepping on sidewalk cracks?

    どのように始まったのでしょうか?世界中の人々が木を叩いたり、側道の割れ目を踏まないようにしたり。

  • Well, although they have no basis in science, many of these weirdly specific beliefs and practices do have equally weird and specific origins.

    科学的にも何もありませんが、これらの不思議な信条や習慣は、同じように不思議で特別な起源があります。

  • Because they involve supernatural causes, it's no surprise that many superstitions are based in religion.

    超自然の原因があるので、多くの迷信が宗教を元にされていることは驚きではありません。

  • For example, the number thirteen was associated with the biblical Last Supper, where Jesus Christ dined with his twelve disciples just before being arrested and crucified.

    例えば、数字の 13 は聖書の最後の晩餐と関連がありました。イエス・キリストが捕まって十字架に張り付けられる直前に12人の新奉者たちと食事をした場所です。

  • The resulting idea that having thirteen people at a table was bad luck eventually expanded into thirteen being an unlucky number in general.

    結果として 13 人がテーブルにいることは運が悪いとされ、徐々に、13 という数字が一般的に不運な数になりました。

  • Now, this fear of the number thirteen, called triskaidekaphobia, is so common that many buildings around the world skip the thirteenth floor, with the numbers going straight from twelve to fourteen.

    今、この 13 という数字に対する恐怖は 13 恐怖症と呼ばれ、とても一般的なので、世界の多くの建物が 13 階を作りません。数字は 12 から 14 に進みます。

  • Of course, many people consider the story of the Last Supper to be true, but other superstitions come from religious traditions that few people believe in or even remember.

    もちろん、多くの人は最後の晩餐の話を本当だと考えますが、他の迷信はあまり信じられていなかったり、覚えてもいなかったりするような、宗教的な伝統から来ています。

  • Knocking on wood is thought to come from the folklore of the ancient Indo-Europeans, or possibly people who predated them who believed that trees were home to various spirits.

    木を叩くことは古代のインド・ヨーロッパ語族の民謡もしくは、それ以前に遡った人々から来ていると考えられています。その人々は木が様々な精神の故郷だと信じていました。

  • Touching a tree would invoke the protection or blessing of the spirit within.

    木を触ることは保護または、内にある精神の恵みを呼び起こします。

  • And somehow, this tradition survived long after belief in these spirits had faded away.

    どうにかして、この伝統はこれらの精神が消えてからずいぶん経っても存在し続けています。

  • Many superstitions common today in countries from Russia to Ireland are thought to be remnants of the pagan religions that Christianity replaced.

    ロシアからアイルランドの国々で今日よく言われる多くの迷信は、キリスト教が取って変わった異教徒の残りだと言われています。

  • But not all superstitions are religious.

    しかし全ての迷信が宗教的だということではありません。

  • Some are just based on unfortunate coincidences and associations.

    不運な偶然や関連が元になっているだけというものもあります。

  • For example, many Italians fear the number 17 because the Roman numeral XVII can be rearranged to form the word vixi, meaning my life had ended.

    例えば、多くのイタリア人が17という数字を恐れています。なぜなら、ローマン数字でXVIIは文字を移動するとvixiという単語になります。その意味は私の人生が終わったです。

  • Similarly, the word for the number four sounds almost identical to the word for death in Cantonese, as well as languages like Japanese and Korean that have borrowed Chinese numerals.

    同じように、4という数字は、広東語で「死」という単語と似ています。日本語のような言葉や中国語の数字を借りた韓国語も同様です。

  • And since the number one also sounds like the word for must, the number fourteen sounds like the phrase must die.

    数字の1は「しなければならない」という単語のように聞こえるので、14 という数字はフレーズが死ななければならないように聞こえます。

  • That's a lot of numbers for elevators and international hotels to avoid.

    エレベーターや国際的なホテルが避けなければならない数字が多すぎます。

  • And believe it or not, some superstitions actually make sense, or at least they did until we forgot their original purpose.

    信じるかどうかは別にして、迷信の中には実際に意味が通るものもあります。もしくは少なくとも元々の目的を忘れないうちは。

  • For example, theater scenery used to consist of large painted backdrops, raised and lowered by stagehands who would whistle to signal each other.

    例えば、劇場の風景は巨大な絵画が背景にあって、舞台係が互いに口笛を吹いて上げたり下げたりされていました。

  • Absent-minded whistles from other people could cause an accident.

    他の人がぼんやりして口笛を吹いたら事故になりかねません。

  • But the taboo against whistling backstage still exists today, long after the stagehands started using radio headsets.

    しかし舞台裏で口笛を吹くことは、舞台係がラジオのへっどセットを使い始めてからずいぶん経っても未だに禁止されています。

  • Along the same lines, lighting three cigarettes from the same match really could cause bad luck if you were a soldier in a foxhole where keeping a match lit too long could draw attention from an enemy sniper.

    同じように、同じマッチで 3 つのタバコに火をつけることは、隠れ場の兵隊なら、悪運になりえます。マッチを長い間つけておくことは、敵のスナイパーの注意をひいてしまいます。

  • Most smokers no longer have to worry about snipers, but the superstition lives on.

    多くの喫煙者はスナイパーの心配が不要ですが、迷信は残っています。

  • So why do people cling to these bits of forgotten religions, coincidences, and outdated advice?

    なぜ人々はこれらの忘れ去られた迷信や偶然、遅れたアドバイスにしがみつくのでしょうか。

  • Aren't they being totally irrational?

    完全に筋が通らないのではないでしょうか?

  • Well, yes, but for many people, superstitions are based more on cultural habit than conscious belief.

    そうですが、多くの人にとって、迷信は意識的な信条というよりは文化的な習慣に基づいています。

  • After all, no one is born knowing to avoid walking under ladders or whistling indoors.

    結局のところ、誰もハシゴの下を歩かないようにしたり、口笛を屋内で吹かなかったりということを生まれながら知ってはいません。

  • But if you grow up being told by your family to avoid these things, chances are they'll make you uncomfortable, even after you logically understand that nothing bad will happen.

    しかし家族からこれらを避けるように教えられて育つと、何も悪いことが起こらないと論理的には理解していても、あなたが不快に思うようになります。

  • And since doing something like knocking on wood doesn't require much effort, following the superstition is often easier than consciously resisting it.

    木を叩くと言ったような何かすることはあまり努力がいりませんが、迷信に従うのは意識的にそれを拒否するよりも簡単です。

  • Besides, superstitions often do seem to work.

    それ以外に、迷信は機能することがあります。

  • Maybe you remember hitting a home run while wearing your lucky socks.

    幸運の靴下を履いているときにホームランを打ったことを思い出すかもしれません。

  • This is just our psychological bias at work.

    これはただ仕事場での心理的な偏見です。

  • You're far less likely to remember all the times you struck out while wearing the same socks.

    同じ靴下を履いて、三振した時をあまり覚えていないでしょう。

  • But believing that they work could actually make you play better by giving you the illusion of having greater control over events.

    しかし効果があると信じることで出来事に対して偉大なコントロールを持って想像を働かせ、もっと良いプレーができるようになるかもしれません。

  • So in situations where that confidence can make a difference, like sports, those crazy superstitions might not be so crazy after all.

    スポーツのように、その自信が違いをうむ状況では、おかしな迷信も結局はそうおかしくはないのかもしれません。

Are you afraid of black cats?

黒猫が怖いですか?

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed 迷信 数字 口笛 スナイパー 舞台

【TED-Ed】「黒猫は縁起が悪い」このような迷信はどのように始まったの?

  • 34991 3688
    Darya kao に公開 2020 年 11 月 09 日
動画の中の単語