Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • I remember Heaven and Hell had a lot of unwritten rules in those days

    当時は、天国と地獄にはたくさんの不文律があったのを覚えている。

  • and match making for the living was still a bit of a wild west.

    生活のための縁結びはその当時もなおちょっとした無法状態だった。

  • But I guess that’s where Death comes into the story...

    だが、それがデスが物語に登場する所以だと思う。

  • and the guy before me had pushed her too far.

    僕の前にいたやつはあまりにも度が過ぎた。

  • It’s not smart to toy with Death, but there was something hypnotic about her...

    デスと戯れるのは賢明ではないが、彼女には催眠術のような何かがあった、、、

  • and I wasn’t the only one who thought so.

    それに、そう思っていたのは僕だけではなかった。

  • Speak of the Devil, that was me.

    デビルの話といえば、それが僕だ。

  • It was my first day on the job, and I was ready for...

    それは仕事の初日で、僕はそのための準備が、、、

  • just about anything...

    ほとんど何もできていなかった、、、

  • except maybe this guy.

    おそらくこの男を除いて。

  • They say love is blind. But Cupid was over a thousand years and it didn't stop him from flirting with Death.

    恋は盲目と言うが、キューピッドは千歳を超えても、デスへのちょっかいは止まっていなかった。

  • Now, I could tell he was playing with fate that day.

    ほら今なら、彼がその日運命をもてあそんでいたと言える。

  • But little did I know what fate had in store for me.

    でも、運命が僕のために用意していたものにはまったく気づいていなかった。

  • Up there Death was Judge, Jury and Executioner to all lovers, living or otherwise.

    そこでは、デスはすべての恋人たち、生きとしいけるものやその他にとって、裁判官、陪審そして死刑執行人であった。

  • But despite his behavior, Death had a soft spot for him and loved watching him work.

    彼の振る舞いにも関わらず、デスは彼を大目に見ていたし、彼の仕事を見るのが好きだった。

  • While Cupid was matching up lovers all over the world, I was tasked with breaking them up.

    キューピッドが世界中で恋人たちを結び合わせている間、僕の仕事は彼らを別れさせることだった。

  • Not exactly what I had in mind.

    思い描いていたのとはちょっと違っていたけれど。

  • My demon instincts faced constant temptation

    僕の悪魔の本能は、継続的な誘惑に面していた。

  • but I wanted so much more than that.

    でも、僕はそれよりもはるかに多くをしたかった。

  • She hid it well, but Death was facing her own demons that day.

    彼女はうまく隠していたが、その日デスは彼女自身の悪魔に直面していた。

  • I needed to figure out how to impress her.

    僕は彼女を感心させる方法を見つけ出す必要があった。

  • Huh, turned out to be easier than I thought...

    へへっ、思ったより簡単であることがわかった、、、

  • but it’s not every day I put the moves on an Overlord of the Afterlife!

    でも、僕がその仕草をあの世の女帝にさせることができたのはいつものことじゃない!

  • It was my first time and nerves were all over the place.

    それは初めてのことだったし、神経は散乱していた。

  • My instincts were on fire, but not in a good way.

    僕の本能は躍起になっていった、しかし、よい方法ではなく。

  • That wasn’t my best move.

    あれは僕の最善な動きではなかった。

  • While Death's guard was down, Cupid saw an opportunity to take fate into his own hands.

    デスの警戒が薄れている間に、キューピッドは運命の力を手中に収める機会をみつけた。

  • My story didn’t turn out quite the way I’d imagined.

    僕の話は想像していた通りにはいかなかった。

  • Hey, somebody had to do Cupid’s work, and the job had its perks.

    おーい、誰かキューピッドの仕事をしなくちゃ、それにその仕事には役得があったんだ。�

I remember Heaven and Hell had a lot of unwritten rules in those days

当時は、天国と地獄にはたくさんの不文律があったのを覚えている。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 キューピッド 運命 本能 仕事 悪魔 恋人

悪魔、天使、デート - ショートフィルム - アニメーション

  • 1109 115
    VoiceTube に公開 2020 年 08 月 06 日
動画の中の単語