Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • We're hugely dependent on language to help us express what we really think and feel

    私たちが本当に思っていること、感じていることを表現するために、私たちは言語に大きく依存しています。

  • but some languages are better than others at crisply naming important feelings.

    しかし、言語によっては、重要な感情を明確に命名するのに優れているものもあります。

  • Germans have been geniuses at inventing long or what get called "compound words"

    ドイツ人は長い言葉や複合語を発明することに長けている。

  • that elegantly put a finger on sensations that we all know, but that other languages require whole clumsy sentences or paragraphs to express.

    そのエレガントな<a href="#post_comment_1">put a finger on<i class="icon-star"></i>感覚を、私たちが誰もが知っているが、他の言語では表現するためには全体的に不器用な文章や段落を必要とすることを、<a href="#post_comment_1">put a finger on<i class="icon-star"></i</a>。

  • So, here is a small selection of the best of Germany's extraordinary range of compound words.

    そこで、ここではドイツの<a href="#post_comment_2">extraordinary<i class="icon-star"></i>範囲の複合語を少しだけご紹介します。

  • "Erklärungsnot"

    "説明不足

  • Literally, a distress at not having an explanation,

    文字通り、説明がないことへの苦悩。

  • the perfect way to define what a partner might feel when they're caught watching porn

    ポルノを見ているのがバレた時のパートナーの気持ちを定義するための完璧な方法

  • or spotted in a restaurant with the hands they shouldn't be holding.

    とか、持ってはいけない手をレストランで発見されたり。

  • More grandly, "Erklärungsnot" is something we feel when we realize we don't have any explanations for the big questions of life.

    もっと壮大に言えば、「Erklärungsnot」とは、人生の大きな疑問に対して何の説明もないことに気付いた時に感じるものです。

  • It's a word that defines existential angst, as much as shame.

    恥と同じくらい実存的な<a href="#post_comment_3">angst<i class="icon-star"></i></a>を定義する言葉です。

  • "Futterneid"

    "食べ物の嫉妬"

  • The feeling when you're eating with other people

    人で食事をしている時の感覚

  • and realize that they've ordered something better off the menu that you'd be dying to eat yourself.

    そして、彼らはあなたが<a href="#post_comment_4">be dying to<i class="icon-star"></i><a>自分で食べたいと思うメニューからより良いものを注文したことに気づくのです。

  • Perhaps you were trying to be abstemious. Now, you're just starving.

    禁欲的になろうとしていたのかもしれない。今は飢えているだけだ

  • The word recognizes that we spend much of our lives feeling we've ordered the wrong thing, and not just in restaurants.

    飲食店に限らず、間違った注文をしてしまったと感じることに人生の多くを費やしていると認識しています。

  • "Luftschloss"

    "天空の城

  • Literally, a castle in the air, a dream that's unattainable

    文字通り、天空の城、叶わぬ夢

  • A word suggesting that German culture is deeply indulgent about big dreams,

    ドイツ文化が大きな夢について深く耽溺していることを示唆する言葉。

  • but also gently realistic about how hard it can be to bring them off.

    でも、それがどれだけ大変なことなのか、優しく現実的なことでもあります。

  • "Backpfeifengesicht"

    "スラップフェイス"

  • A face that's begging to be slapped

    叩かれることを懇願する顔

  • Generosity towards others is key but German is bracing and frank enough to acknowledge

    他者への寛大さは重要ですが、ドイツ人は気を引き締めて率直に認めてくれます。

  • that there are also moments when it's simply more honest to realize

    実現した方が単純に正直になれる瞬間もあるということを

  • we may have come face to face with a dickhead.

    アホと対面したのかもしれない。

  • "Ruinenlust"

    "ルイネンルスト"

  • This word shows German at its most delightfully fetishistic and particular

    この言葉は、ドイツ語が最も楽しくフェティシズム的で特殊であることを示しています。

  • meaning the delight one can feel at seeing ruins.

    遺跡を見る喜びを意味します。

  • Collapsed palaces and the rubble of temples put anxieties about the present into perspective

    倒壊した宮殿と寺院の瓦礫が現在の不安を浮き彫りにする

  • and induce a pleasing melancholy at the passage of all things.

    と、すべてのものの通過時に喜ばしい<a href="#post_comment_5">憂鬱<i class="icon-star"></i></a>を誘発する。

  • "Kummerspeck"

    "ナンバーズペック

  • Literally, "sorrow fat". A word that frankly recognizes how often, when one is deeply sad,

    文字通り「悲しみ太り」。深く悲しんでいるときに、どのくらいの頻度で、どのくらいの頻度で、ということを率直に認める言葉。

  • there is simply nothing more consoling to do than to head for the kitchen and eat.

    厨房に向かって食事をするよりも、これ以上の慰めはありません。

  • "Fremdschämen"

    "外国の恥

  • A word full of empathy that captures the agony one can feel at somebody else's embarassing misfortune or failing.

    誰かが恥ずかしい不幸や失敗をした時の苦悩を捉えた共感に満ちた言葉。

  • A capacity to feel Fremdschämen is a high moral achievement and is at the root of kindness.

    フレムズシェーメンを感じる能力は、高い道徳的成果であり、優しさの根底にあります。

  • "Weltschmerz"

    "ウェルツシュメルツ"

  • Literally, "world sadness". A word that acknowledges that we are sometimes sad, not about this or that thing,

    文字通り「世間の悲しみ」。あれやこれやのことではなく、時として悲しいことがあることを認める言葉。

  • but about the whole basis of existence.

    存在の全体的な基盤についてです。

  • The presence of the word indicates a culture that isn't forcely cheerful, but takes tragedy as a given.

    この言葉の存在は、無理に明るくするのではなく、悲劇を当たり前のように受け止める文化を示しています。

  • It is immensely reassuring to be able to tell a friend that one is presently lying under the duvet, suffering from Weltschmerz.

    布団の下に横たわっている友人に、ウェルツシュメルツに悩まされていることを伝えることができるのは、非常に心強いことです。

  • "Schadenfreude"

    "シャデンフリーード

  • We're meant to be sad when others fail, but German will wisely accept that we often feel happiness,

    私たちは他人が失敗すると悲しむことになっていますが、ドイツ人は幸せを感じることが多いことを賢く受け入れます。

  • "Freude" at the misfortunes, the "Shaden", of others.

    "喜び" 他人の不幸を "喜び "と言うのだ

  • That isn't because we're mean, we just feel deeply reassured when we see confirmation that life is as hard for other people as it is for us.

    それは私たちが意地悪だからではなく、人生が自分にとってと同じように他人にとっても辛いものであることを確認したときに、深く安心するだけなのです。

  • We can thank German for having so many of the right words to bring dignity to our troubles and hopes.

    悩みや希望に尊厳をもたらす正しい言葉をたくさん持っているドイツ人に感謝することができます。

  • Learning languages, ultimately, has little to do with discovering the world per se

    言語を学ぶことは、結局のところ、世界を発見することとはあまり関係がありません。

  • It's about acquiring tools to help us get a clearer grasp on the elusive parts of ourselves.

    自分自身の捉えどころのない部分をより明確に把握するための道具を手に入れることです。

We're hugely dependent on language to help us express what we really think and feel

私たちが本当に思っていること、感じていることを表現するために、私たちは言語に大きく依存しています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ドイツ 言葉 言語 天空 喜び 感じる

ドイツ人が誰にも言えないことを言える理由

  • 26507 2903
    Kristi Yang に公開 2017 年 02 月 02 日
動画の中の単語