Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Humans know the surprising prick of a needle,

    人間は針の意外な刺さり方を知っています。

  • the searing pain of a stubbed toe,

    擦り切れた足の指の痛み

  • and the throbbing of a toothache.

    と歯痛のズキズキ。

  • We can identify many types of pain and have multiple ways of treating it.

    痛みの種類も多く、治療方法も複数あります。

  • But what about other species?

    しかし、他の種族はどうなのか?

  • How do the animals all around us experience pain?

    私たちの周りにいる動物たちは、どのようにして痛みを経験しているのでしょうか?

  • It's important that we find out.

    それを見極めることが大切です。

  • We keep animals as pets,

    動物をペットとして飼っています。

  • they enrich our environment,

    彼らは私たちの環境を豊かにしてくれます。

  • we farm many species for food,

    私たちは食料のために多くの種を養殖しています。

  • and we use them in experiments to advance science and human health.

    そして、科学と人間の健康を進歩させるために実験で使用しています。

  • Animals are clearly important to us,

    動物は明らかに私たちにとって大切な存在です。

  • so it's equally important that we avoid causing them unnecessary pain.

    だから彼らに不必要な痛みを与えないようにすることも同じくらい重要なのです。

  • For animals that are similar to us, like mammals,

    哺乳類のように、私たちと似たような動物のために。

  • it's often obvious when they're hurting.

    相手が傷ついている時はよくわかる。

  • But there's a lot that isn't obvious,

    でも、明らかになっていないことも多いですよね。

  • like whether pain relievers that work on us also help them.

    私たちに効く鎮痛剤も効いているかのように

  • And the more different an animal is from us,

    そして、動物が人間と違うものであればあるほど

  • the harder it is to understand their experience.

    彼らの経験を理解するのは難しい

  • How do you tell whether a shrimp is in pain?

    エビが痛いかどうかの見分け方は?

  • A snake?

    蛇か?

  • A snail?

    カタツムリ?

  • In vertebrates, including humans,

    ヒトを含む脊椎動物では

  • pain can be split into two distinct processes.

    痛みは2つの異なるプロセスに分けることができます。

  • In first, nerves and the skin sense something harmful

    第一に、神経と皮膚が有害なものを感じる

  • and communicate that information to the spinal cord.

    そして、その情報を脊髄に伝えます。

  • There, motor neurons activate movements

    そこでは、運動ニューロンが運動を活性化します。

  • that make us rapidly jerk away from the threat.

    脅威から急速に遠ざかっていく。

  • This is the physical recognition of harm called nociception,

    これがノシセプションと呼ばれる害の物理的認識です。

  • and nearly all animals,

    と、ほぼ全ての動物を対象にしています。

  • even those with very simple nervous systems,

    非常に単純な神経系の人でも

  • experience it.

    体験してみてください。

  • Without this ability, animals would be unable to avoid harm

    この能力がなければ動物は危害を避けることができない

  • and their survival would be threatened.

    そして、彼らの生存が脅かされることになる。

  • The second part is the conscious recognition of harm.

    第二部は、害を意識的に認識することです。

  • In humans, this occurs when the sensory neurons in our skin

    人間では、皮膚の感覚ニューロンが

  • make a second round of connections via the spinal cord to the brain.

    脊髄を経由して脳に接続し、第二のラウンドを行う。

  • There, millions of neurons in multiple regions create the sensations of pain.

    そこには、複数の領域に存在する数百万のニューロンが痛みの感覚を生み出している。

  • For us, this is a very complex experience associated with emotions like fear,

    私たちにとって、これは恐怖のような感情と関連した非常に複雑な経験です。

  • panic,

    パニックになる

  • and stress,

    とストレスを感じます。

  • which we can communicate to others.

    他の人に伝えることができる

  • But it's harder to know exactly how animals experience

    しかし、動物がどのように経験するかを正確に知ることは難しいです。

  • this part of the process

    此処まで

  • because most them can't show us what they feel.

    ほとんどの人が自分の気持ちを見せられないからだ。

  • However, we get clues from observing how animals behave.

    しかし、動物の行動を観察することでヒントを得ることができます。

  • Wild, hurt animals are known to nurse their wounds,

    野生の傷ついた動物は、その傷を看護することで知られています。

  • make noises to show their distress,

    苦痛を表すために騒ぐ。

  • and become reclusive.

    と引きこもりになる。

  • In the lab, scientists have discovered that animals like chickens and rats

    研究室では、科学者たちがニワトリやラットのような動物を発見しました。

  • will self-administer pain-reducing drugs if they're hurting.

    痛いときは痛み止めの薬を自己投与します。

  • Animals also avoid situations where they've been hurt before,

    動物も以前に傷ついたことがあるような状況を避けています。

  • which suggests awareness of threats.

    脅威の認識を示唆している。

  • We've reached the point that research has made us so sure

    研究の結果、ここまで確信が持てるようになった

  • that vertebrates recognize pain

    脊椎動物は痛みを認識する

  • that it's illegal in many countries to needlessly harm these animals.

    これらの動物を不必要に傷つけることは多くの国で違法であることを

  • But what about other types of animals like invertebrates?

    しかし、無脊椎動物のような他の種類の動物はどうでしょうか?

  • These animals aren't legally protected,

    これらの動物は法的に保護されていません。

  • partly because their behaviors are harder to read.

    彼らの行動が読みにくくなっていることもあります。

  • We can make good guesses about some of them,

    その中のいくつかについては、しっかりとした推測をすることができます。

  • like oysters,

    牡蠣のように

  • worms,

  • and jellyfish.

    とクラゲが出てきました。

  • These are examples of animals that either lack a brain

    これらは、脳を持たない動物の例です。

  • or have a very simple one.

    または非常にシンプルなものを持っています。

  • So an oyster may recoil when squirted with lemon juice, for instance,

    だから、例えば、牡蠣はレモン汁をかけられると反動があるかもしれません。

  • because of nociception.

    侵害受容器のせいで

  • But with such a simple nervous system,

    しかし、このような単純な神経系では

  • it's unlikely to experience the conscious part of pain.

    痛みの意識的な部分を経験することはまずありません。

  • Other invertebrate animals are more complicated, though,

    他の無脊椎動物はもっと複雑ですが。

  • like the octopus,

    タコのように

  • which has a sophisticated brain

    洗練された頭脳を持つ

  • and is thought to be one of the most intelligent invertebrate animals.

    と、最も知的な無脊椎動物の一つと考えられています。

  • Yet, in many countries, people continue the practice of eating live octopus.

    しかし、多くの国では、人々は生きたタコを食べる習慣を続けています。

  • We also boil live crawfish, shrimp, and crabs

    生きたザリガニやエビ、カニなども茹でます。

  • even though we don't really know how they're affected either.

    影響を受けているかどうかもわからないのに。

  • This poses an ethical problem

    これは倫理的な問題を提起している

  • because we may be causing these animals unnecessary suffering.

    なぜなら、私たちは動物たちに不必要な苦しみを与えているかもしれないからです。

  • Scientific experimentation, though controversial, gives us some clues.

    議論の的になっているが、科学的な実験は、いくつかの手がかりを与えてくれる。

  • Tests on hermit crabs show that they'll leave an undesirable shell

    ヤドカリの実験では、好ましくない甲羅を残すことがわかっています。

  • if they're zapped with electricity

    もし電気で叩かれていたら

  • but stay if it's a good shell.

    しかし、それが良い貝殻であれば滞在してください。

  • And octopi that may originally curl up an injured arm to protect it

    そして、本来ならば怪我をした腕を守るために丸めてしまう可能性のあるタコ

  • will risk using it to catch prey.

    獲物を捕まえるために使う危険性があります。

  • That suggests that these animals make value judgements around sensory input

    このことは、これらの動物が感覚入力を中心に価値判断をしていることを示唆しています。

  • instead of just reacting reflexively to harm.

    危害に反射的に反応するのではなく

  • Meanwhile, crabs have been known to repeatedly rub a spot on their bodies

    一方、カニは何度も体にシミをこすりつけることが知られています。

  • where they've received an electric shock.

    電気ショックを受けた場所で

  • And even sea slugs flinch

    ナメクジでもひるむ

  • when they know they're about to receive a noxious stimulus.

    毒のある刺激を受けることを知っていると

  • That means they have some memory of physical sensations.

    つまり、彼らは身体感覚の記憶を持っているということです。

  • We still have a lot to learn about animal pain.

    動物の痛みについては、まだまだ学ぶことがたくさんあります。

  • As our knowledge grows,

    知識が増えてくると

  • it may one day allow us to live in a world where we don't cause pain needlessly.

    いつか私たちが不必要に痛みを与えない世界に住めるようになるかもしれません。

Humans know the surprising prick of a needle,

人間は針の意外な刺さり方を知っています。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed 動物 タコ ニューロン 傷つい 感覚

TED-ED】動物はどのようにして痛みを経験するのか?- ロビン・J・クルック

  • 1890 166
    沙渺 に公開 2017 年 01 月 18 日
動画の中の単語