Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Sometimes you can catch important things about human nature in apparent incidentals.

    人間の本質についての重要なことを、見かけ上の付随的なものの中からキャッチできることがあります。

  • It's well-observed that between the ages of around 1 and 12, many children manifest a deep attachment to a stuffed, soft object.

    1歳から12歳くらいまでの間に、多くの子供たちがぬいぐるみや柔らかいものに深い愛着を示すことはよく知られています。

  • Normally shaped into a bear, a rabbit, or less often, a penguin.

    通常はクマやウサギの形をしていて、ペンギンの形をしていることも少なくありません。

  • The depth of the relationship can be extraordinary.

    関係性の深さは並々ならぬものがあります。

  • The child sleeps with it, talks to it, cries in front of it and tells it things it would never tell anyone else.

    子供はそれと一緒に寝て、それに話しかけて、それの前で泣いて、それが他の誰にも言わないようなことを伝えます。

  • What's truly remarkable is that the animal looks after its owner, addressing him in a tone of unusual maturity and kindness.

    本当に驚くべきことは、その動物が飼い主の世話をしていて、異常な成熟度と優しさの口調で彼に話しかけていることです。

  • It might, in a crisis, urge the child not to worry so much, and to look forward tobetter times in the future.

    それは、危機的な状況では、あまり心配しないように子供を促し、<a href='#post_comment_2'>look forward to<i class="icon-star"></i><a>将来的にはより良い時代になるように促すかもしれません。

  • But naturally, the animal's character is entirely made up.

    しかし、当然のことながら、動物の性格は完全に<a href='#post_comment_3'>構成<i class="icon-star"></i>です。

  • The animal is simply something invented or brought alive by one part of the child in order to look after the other.

    動物とは、<a href='#post_comment_1'>look after<i class="icon-star"></i><a>他の部分を見守るために、子供の一方の部分が発明したり、生きたまま連れてきたりしたものに過ぎません。

  • The English psychoanalyst Donald Winnicott was the first person to write seriously and with sensitivity about the business of Teddy bears.

    イギリスの精神分析学者ドナルド・ウィニコットは、テディベアのビジネスについて真面目に、そして感性を持って書いた最初の人です。

  • In a paper from the early 1960s, Winnicott described a boy of six, whose parents had been deeply abusive to him,

    1960年代初頭の論文で、ウィニコットは、両親が彼を深く虐待していた6歳の少年を描写しています。

  • becoming very connected to a small animal his grandmother had given him.

    祖母からもらった小動物との関わりが深くなってきた。

  • Every night he would have a dialogue with the animal, would hug him close to his chest and shed a few tears into his stained and graying soft fur.

    毎晩、彼は動物と対話をし、彼の胸の近くで彼を抱きしめ、彼の染色された灰色の柔らかい毛皮の中にいくつかの涙を流していました。

  • It was his most precious possession, for which he would have given up everything else.

    それは彼の最も貴重な所有物であり、そのために彼は他のすべてを手放していただろう。

  • As the boy summarized the situation to Winnicott, "no one else can understand me like bunny can."

    少年がウィニコットに状況をまとめたように、「バニーのように私のことを理解してくれる人は誰もいない」と。

  • What fascinated Winnicott here was that it was of course the boy who had invented the rabbit, given him his identity, his voice, and his way of addressing him.

    ここでウィニコットを魅了したのは、もちろんウサギを発明した少年であり、彼に自分のアイデンティティと声、そして彼への声のかけ方を与えたことです。

  • The boy was speaking to himself via the bunny, in a voice filled with an otherwise all too rarely present compassion and sympathy.

    少年は、<a href='#post_comment_4'>思いやり<i class="icon-star"></i>と共感で満たされた声で、ウサギを介して自分自身に話していた。

  • Though it sounds a little odd, speaking to ourselves is common practice throughout our lives.

    それは少し奇妙に聞こえるが、自分自身に話すことは、私たちの生活の中で一般的な慣行です。

  • Often, when we do so, the tone is harsh and punitive. We operate ourselves for being losers, time wasters or perverts.

    多くの場合、我々はそうすると、トーンは厳しいと懲罰的である。我々は敗者、時間の浪費家や変態であることのために自分自身を操作します。

  • But, as Winnicott knew, mental well-being depends on having to hand a repertoire of more gentle, forgiving and hopeful inner voices.

    しかし、ウィニコットが知っていたように、精神的な幸福は、より優しく、寛容で、希望に満ちた内なる声のレパートリーを手にすることにかかっています。

  • To keep going, there are moments when one side of the mind needs to say to the other that the criticism is enough,

    続けるためには、一方の心の中に「批判はもういいよ」と言わなければならない瞬間があります。

  • that it understands that this could happen to anyone that one couldn't have known.

    これは誰にでも起こりうることだと理解しているからだ。

  • It's this kind of indispensable, benevolent voice that the child first starts to rehearse and exercise with the help of a stuffed animal.

    子供が最初にぬいぐるみの力を借りてリハーサルや運動を始めるのは、このような、なくてはならない、慈愛に満ちた声です。

  • In adolescence, animals tend to get put away.

    思春期になると、動物は片付けられがちになります。

  • They become embarrassing, evoking a vulnerability we're keen to escape from.

    彼らは恥ずかしくなり、私たちが逃げ出したくなるような脆弱性を呼び起こします。

  • But, to follow Winnicott, if our development has gone well, what was trialed in the presence of a stuffed animal should continue all of our lives.

    しかし、ウィニコットに従うために、私たちの開発がうまく行っている場合は、ぬいぐるみの存在下でトライアルされたものは、私たちの生活のすべてを継続する必要があります。

  • Because, by definition, we will frequently be let down by the people around us

    なぜなら、定義によって、私たちは頻繁に<a href='#post_comment_5'>be let down by<i class="icon-star"></i>周囲の人たちに失望させられるからです。

  • who won't be able to understand us, won't listen to our griefs, and won't be kind to us in the manner we crave and require.

    私たちを理解してくれない、私たちの悲しみを聞いてくれない、私たちが切望し、求めているように親切にしてくれない人。

  • Every healthy adult should therefore possess a capacity for self-nurture,

    したがって、すべての健康な成人は、自給自足の能力を持っていなければなりません。

  • that is, for retreating to a safe, secluded space, and speaking in a tone that's gentle, encouraging and infinitely forgiving.

    それは、安全で人里離れた空間に引きこもり、優しく、励まし、限りなく寛容な口調で話すためのものです。

  • That we don't formally label the understanding self "white rabbit" or "yellow bear"

    理解している自分に「白ウサギ」や「黄色い熊」というレッテルを貼らないこと。

  • shouldn't obscure the debt that the nurturing adult self owes to its earlier embodiment in a furry toy.

    育てる大人の自己が、毛皮のおもちゃの初期の体現に負っている負債を曖昧にしてはいけません。

  • A good adult life requires us to see the links between our strengths and our regressive, childlike states.

    いい大人になるためには、自分の強みと退行的な子供のような状態のリンクを見る必要があります。

  • Being properly mature demands a gracious accommodation with what could seem embarrassing or humiliatingly vulnerable.

    適切に成熟しているということは、恥ずかしいことや屈辱的な弱さを抱えているように見えることにも寛容に対応することが求められます。

  • We should honor stuffed animals for what they really are - tools to help us on our first steps in the vital business of knowing how to look after ourselves.

    私たちは、ぬいぐるみの本当の姿を尊重すべきである - 自分自身の世話をする方法を知るという重要なビジネスの最初のステップで私たちを助けるためのツール。

Sometimes you can catch important things about human nature in apparent incidentals.

人間の本質についての重要なことを、見かけ上の付随的なものの中からキャッチできることがあります。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ぬいぐるみ 動物 少年 ウサギ 子供 毛皮

ソフトトイの重要性

  • 20718 1959
    Sabrina Hsu に公開 2016 年 12 月 05 日
動画の中の単語