Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • I think that everyone at some point in their life should work in a fast-food or retail job.

    人生のどこかのタイミングで、誰もがファストフードや小売の仕事に就くべきだと思います。

  • Not to improve their work ethic or anything,

    彼らの労働意欲を高めるためでもなんでもなく

  • but so that everyone knows what it's like to have that kind of job.

    でも、そういう仕事があるということがどういうことなのかをみんなに知ってもらうために。

  • They wouldn't work in fast-food their whole lives,

    彼らは一生ファーストフードでは働かないだろう。

  • maybe just like, for six months.

    半年間だけかもしれない

  • Just so they get a feel for it.

    ただ、彼らがそれを感じるように

  • So with that, let's talk about the time when I worked in fast food.

    それを踏まえて、私がファーストフードで働いていた頃の話をしましょう。

  • I used to work at a very small, local, sandwich shop.

    私は以前、地元のとても小さなサンドイッチ屋さんで働いていました。

  • I don't know if any of you guys heard of it, it's called SOOUBWAY?

    聞いたことある人はいないかもしれないけど、SOUBWAYって言うんだっけ?

  • Our spokesperson was in the news recently.

    先日、弊社の広報担当者がニュースになっていました。

  • I don't know if you guys look at the news.

    お前らニュース見てないのかよw

  • Did you hear he got beat up in jail?

    刑務所でボコボコにされたって聞いた?

  • I kinda want to meet the person who beat up Jared, more than Jared.

    ジャレドよりも、ジャレドを殴った人に会ってみたい気がする。

  • Not in person, we wouldn't meet in person, obviously.

    直接会うことはないだろう。

  • But like, he would be behind bars,

    しかし、彼は刑務所の中にいるだろう。

  • and I would just look at the guy who beat up my spokesperson.

    とか言って広報担当者をボコボコにした奴を見てしまう。

  • How many people get to say that they beat up a fast-food icon, who was also a pedophile?

    ファストフードのアイコンでもあるロリコンをボコボコにしたって言う人がどれだけいるんだろう?

  • Only one, and it's that guy.

    一人だけ、それはあの男だ。

  • Okay but seriously guys,

    分かったけど、マジでみんな。

  • working at Subway was probably one of the most easiest jobs out there.

    地下鉄で働くことは、おそらく世界で最も簡単な仕事の一つだったでしょう。

  • I don't know what I'm about to complain about it to you guys.

    お前らに文句言っても意味がわからん。

  • We got free cookies!

    無料のクッキーをいただきました

  • And you know the comic with the Subway's in Hell?

    地獄のサブウェイの漫画も知ってるか?

  • I was actually working at Subway when I made that comic.

    実はその漫画を作った時、私はサブウェイで働いていたんです。

  • I just think it had sort of a little bit of value to it.

    ちょっとした価値があると思ったんだ

  • You see, the owners, who were husband and wife...

    ほら、ご夫婦であったご主人は

  • Can you believe it?

    信じられるか?

  • ...of the Subway I worked at, owned two stores.

    私が働いていた地下鉄では 2つの店を経営していました

  • One of the Subway stores was in a Walmart, on an Indian Reservation,

    サブウェイの店舗の一つはインディアン居留地のウォルマートにありました。

  • 'cause we have those in Arizona,

    アリゾナにもある

  • and the other Subway...

    と、もう一つのサブウェイは

  • ...was the Subway I worked at.

    ...私が働いていたサブウェイです。

  • And since the Walmart store was always busy, the owners would spend 99% of their time at that store.

    そして、ウォルマートの店舗はいつも忙しくしていたので、オーナーはその店舗で99%の時間を過ごすことになります。

  • So I didn't really have a boss, most of the time.

    だから、ほとんどの場合、上司がいなかったんです。

  • On the off-chance the owners did show up,

    偶然にもオーナーは現れた。

  • they would just pick up some food and then they would make sure I was making sandwiches the right way.

    食べ物を拾ってきてくれて、私がサンドイッチを作っているのを確認してくれていました。

  • And every time I made a sandwich in front of them, they would always find something wrong with it, without fail.

    そして、彼らの目の前でサンドイッチを作るたびに、必ずと言っていいほど、必ずと言っていいほど、おかしいところを見つけてくれます。

  • FEMALE OWNER: You put on too many olives.

    女性オーナー:オリーブをつけすぎです。

  • Do you know, according to the Subway formula,

    地下鉄の公式によると、知ってますか?

  • you're only supposed to put on 8 olives on a foot long?

    足の長さのオリーブを8個しかつけられないのか?

  • EIGHT!

    EIGHT!

  • One for every other bite.

    一口ごとに1つ。

  • That's just ridiculous! Can you imagine someone just counting out 8 olives?

    バカバカしい!オリーブを8個数えている人を想像できる?

  • Nobody does that!

    誰もそんなことしない!

  • I usually worked the closing shift,

    いつもは閉店間際の仕事をしていました。

  • and at the end of the night, we would turn the alarm and we would have 60 seconds to get out of the store.

    と夜の終わりにアラームを回して、60秒で店を出ようとしました。

  • But one time, I had the opening shift.

    でも、ある時、オープニングシフトがあったんです。

  • So I unlocked the door to get in with my key, and the alarm went,

    だから鍵を開けて鍵で中に入ろうとしたら、アラームが鳴った。

  • *Beep*

    *Beep*

  • *Beep*

    *Beep*

  • meaning I had 60 seconds to turn it off.

    60秒で電源を切ることができました。

  • No big deal, right?

    大したことないでしょ?

  • I turned the alarm on all the time when I was closing.

    閉店間際にずっとアラームをオンにしていました。

  • So I go to the little control panel, and I type in the code,

    小さなコントロールパネルに行って コードを入力したの

  • and nothing happens.

    と何も起こらない。

  • The beeping is still there and the clock is still ticking down.

  • So I go, "Okay, I'm going to press each button very carefully.

    そこで私は、「よし、一つ一つのボタンを丁寧に押していくぞ。

  • I'm going to make sure each button makes a beep when I press it."

    各ボタンを押すとビープ音が鳴るようにしている。"

  • *Beep*

    *Beep*

  • *Beep*

    *Beep*

  • *Long Beep*

    *Long Beep*

  • Nothing still happens.

    まだ何も起きていません。

  • So I go, "OKAY! I'm going to make sure to press each button, VERY CAREFULLY!"

    だから私は "OKAY!ボタンを押すのを忘れないように 注意深く!"

  • And I start thinking, did they change the pass code without telling me?

    私に言わずにパスコードを変えたのかな?

  • Was the only pass code I know, so we're just gonna try it again.

    私が知っている唯一のパスコードだったので、もう一度試してみることにしました。

  • And I press each button, very carefully.

    そして、私は一つ一つのボタンを丁寧に押しています。

  • *Beep*

    *Beep*

  • *Beep*

    *Beep*

  • *Long Beep*

    *Long Beep*

  • And it goes quiet...

    そして静かになる...。

  • (Alarm Sound) AND THEN THE ALARM GOES OFF!

    (アラーム音) そしてアラームが消える!

  • I still had, like, 20 seconds left,

    まだ20秒ほど残っていました。

  • but I guess when you get it wrong 3 times, it automatically assumes that you're a burglar.

    でも、3回間違えると自動的に空き巣だと思い込んでしまうんだよね。

  • (Alarm Sound) So while the alarm is going off,

    (アラーム音)なので、アラームが鳴っている間は

  • I look on the contact sheet for the owner's cell phone number,

    コンタクトシートでオーナーの携帯電話番号を見てみる。

  • I step outside, I call him, and he doesn't pick up.

    外に出て電話しても出ない。

  • (Alarm Sound) So I go back inside, find the number for the other Subway store,

    (アラーム音) それで私は中に戻って、他のサブウェイの店の番号を見つけた。

  • they open an hour before we do,

    1時間前に開店する

  • Someone picks up with their stupid voice,

    くだらない声で拾う人がいる。

  • "Oh, thank you for calling Subway, I'm...

    "あ、サブウェイに電話してくれてありがとう、私は...

  • (Gibberish)

    (ギバリング)

  • ...how may I help you?"

    ...何かご用ですか?"

  • And I go, "Hey, is Mike there?"

    私は "マイクはいるか?"って言ったの

  • That's not his real name guys, don't worry.

    それは彼の本名ではありません、みんな心配しないでください。

  • And they go, "Um, just a minute."

    "ちょっと待って "って言うんだよ

  • Yeah, sure, I have all the time in the world. The cops might be on their way, but take your time.

    ええ、もちろん、時間はいくらでもあるわ。警察が来るかもしれないが、ゆっくりしてくれ。

  • So, Mike picks up.

    マイクが拾うんだな

  • MIKE: Hello?

    もしもし?

  • JAMES: Hey Mike, this is James. Uh, what's the pass code for the alarm?

    やあ、マイク、ジェームスだ。警報のパスコードは?

  • MIKE: Who is this?

    これは誰ですか?

  • JAMES: It's James. What's the passcode?

    ジェームスだ。パスコードは?

  • MIKE: What are you doing there James?

    ジェームズはそこで何をしているの?

  • JAMES: WHY AREN'T YOU ANSWERING THE QUESTION?

    JAMES: WHY AREN'T YOU ANSWERING THE QUESTION?

  • I have the opening shift.

    オープニングシフトがあります。

  • MIKE: Is the alarm going off?

    MIKE: アラームはオフになっていますか?

  • JAMES: (Alarm Sound) Yeah. No one told me the new code.

    JAMES: (アラーム音) うん。誰も新しいコードを教えてくれなかった。

  • MIKE: Yeah, we changed it. It's the last 4 digits of your social security number.

    うん、私たちはそれを変えた。それは最後の4桁です あなたの社会保障番号の。

  • JAMES: Oh, oh, okay. Thanks Mike.

    JAMES: ああ、ああ、わかった。ありがとう、マイク。

  • I DON'T KNOW MY SOCIAL SECURITY NUMBER!

    自分の社会保障番号を知らない!

  • So I finally get the alarm off,

    それで、やっとアラームが解除されました。

  • no one showed up, thankfully.

    ありがたいことに誰も来なかった

  • Which, I actually don't know if that's a good thing or not,

    それが良いことなのかどうかは分からないが

  • now that I say it out loud.

    今では声を大にして言うと

  • We did have a store manager who would, like, make the schedule and sometimes tell us,

    確かに店長さんがスケジュールを作ってくれたり、たまに教えてくれたりしていました。

  • "Hey, can you guys do a better job at...

    "彡(゚)(゚)「お前らもっといい仕事してくれないかな...

  • your job?"

    お前の仕事は?

  • But other than that, she was cool!

    でも、それ以外はカッコよかったですよ!(笑)。

  • She watches my videos and so do her little brothers,

    彼女は私のビデオを見ているし、弟たちも見ている。

  • They're big fans. Shout out to Ivan and Andy.

    彼らは大ファンです。アイヴァンとアンディに感謝だ

  • Those are the brothers.

    あれが兄弟だ

  • So get this, at Subway, you only work with one other person.

    地下鉄では一人の人間としか働かない

  • Just you and them in an empty Subway for 5 hours.

    誰もいない地下鉄の中で5時間も

  • I mean we weren't, like, empty all the time. Okay?

    つまり、私たちはいつも空っぽではなかった。だろ?

  • And when you're not making sandwiches, you have other stuff to do like,

    サンドイッチを作っていない時は、他にもやることがあるんですよね。

  • stocking the chips or...

    チップスを仕入れたり...

  • ...we had stuff to do.

    ...やることがあった

  • But okay, we did watch a lot of Netflix and do homework, so I mean...

    でも大丈夫、Netflixをたくさん見たし、宿題もしたし、だから...

  • (Gibberish)

    (ギバリング)

  • That other person you worked with, would make or break your entire shift.

    あなたが一緒に働いていたもう一人の人は、あなたのシフト全体を決定するか、または壊してしまうでしょう。

  • It wasn't the annoying customers. I kinda got used to annoying customers.

    迷惑な客のせいじゃないよ迷惑な客に慣れてしまったんだ

  • So I worked with a lot of crappy people.

    だから、私は多くのくだらない人たちと一緒に働いていました。

  • And I also worked with a lot of people who I would probably never become friends with

    そして、私はまた、私がおそらく友達になることはないであろう多くの人々と一緒に仕事をしました。

  • except in a work setting.

    仕事の場面を除いて

  • You see, you got to understand the type of people who got jobs at Subway.

    サブウェイに就職した人たちのタイプを理解してね

  • Potheads.

    ポトヘッズ

  • Most of them were potheads.

    ほとんどがポツダムだった

  • AND SOME OF THEM WERE REALLY COOL!

    そして、その中にはとてもクールなものもありました!

  • I'm just gonna go over a couple of the characters that I worked with.

    一緒に仕事をしたキャラを紹介すると

  • There was Tyler, I freakin love this guy. He smoked a lot of weed.

    タイラーがいたんだ こいつが好きなんだマリファナをたくさん吸ってた

  • He actually told me what vaping was, and he got me into Clash of Clans.

    彼は実際に私にベイピングとは何かを教えてくれて、彼は私をクラッシュオブクランズに入れてくれました。

  • I actually mentioned him and his girlfriend in my riddles video.

    実はなぞなぞの動画の中で彼と彼の彼女のことを言っていました。

  • I don't know if I ever told him that.

    そんなことを言ったかどうかはわからない。

  • And of course I have to mention Corey, he was cool.

    もちろんコーリーのことも言っておかないといけないが、彼はクールだった。

  • We watched "How To Get Away With Murderer" on Netflix,

    Netflixで「How To Get Away With Murderer」を視聴しました。

  • and I've also hung outside with him outside of work.

    と、仕事以外でも彼と外でつるんだことがあります。

  • What him and Tyler had in common is that they would actually do their job,

    彼とタイラーに共通していたのは、実際に仕事をするということ。

  • Which you got to appreciate.

    それを評価してくれ

  • Then there was this guy.

    そして、この男がいた。

  • And get this,

    そして、これを手に入れる。

  • who was also named Jared. And he was fat!

    ジャレドという名前もあった彼は太っていた!

  • I KNOW, RIGHT?

    I KNOW, RIGHT?

  • He's like... Jared, but before!

    彼は...ジャレドだけど、前の!

  • He loved Marvel and that's, like, the only thing he would talk about.

    彼はマーベルを愛していて、それは彼が話す唯一のもののようなものでした。

  • I can say these things. He dosen't watch my videos.

    こういうことが言えるんです。彼は私の動画を見ない

  • There's Sarah. She was cool. She made me a bread bowl,

    サラがいる彼女はクールだったパンを作ってくれた

  • and her boyfriend, Jay.

    と彼氏のジェイ。

  • He talked about chacras and...

    チャクラや...

  • ...third eyes, he was...

    ...第三の目、彼は...

  • interesting.

    興味深い

  • And also, there's Anthony. He's cool.

    あとアンソニーも彼はクールだ

  • What's up Anthony!

    調子はどうだ アンソニー!

  • For the Hundred & Thousand sprinkles video,

    百と千のふりかけ動画のために。

  • I actually went back to Subway to use their scale because I knew they had one,

    私は実際にサブウェイに戻って体重計を使ってみましたが、それがあるのを知っていたので、それを使ってみました。

  • and we counted 500 sprinkles again just to be more accurate for the Hundred & Thousand,

    と、百&千のためにもっと正確になるように、もう一度500のスプリンクルを数えてみました。

  • and Anthony helped me count.

    とアンソニーが数えるのを手伝ってくれました。

  • Instead of working.

    仕事をする代わりに

  • I mean, at least he got paid...

    少なくとも彼は給料をもらっていた...

  • ...minimum wage for it.

    ...そのための最低賃金。

  • So 2 more stories, before I go.

    というわけで、行く前にあと2話。

  • One time...

    一度だけ...

  • Jared asked to take out this pile of trash,

    ジャレッドはこのゴミの山を出すように頼んだ。

  • and I was like, "Oh, okay, I'll just put this pile of trash in the dumpster."

    私は「ああ、わかった、このゴミの山をゴミ箱に入れよう」と思った。

  • And as I was taking it out, I saw that there was a chip poster in the pile.

    で、取り出していたら、チップのポスターが山積みになっていました。

  • And I thought, "This is too cool to throw away. I'm going to keep it."

    そして、"これは捨てられないほどカッコいい "と思った。"取っておこう"

  • So I took it home with me, and then the next day, when I went in,

    で、持って帰って、次の日に入ったら

  • people were saying, "Oh, where's the chip poster?

    人は「あれ、チップのポスターはどこにあるの?

  • We can't find the chip poster! We ha-

    チップのポスターが見つからない!私たちは...

  • We haven't seen it anywhere!"

    "どこにも見てないぞ!"

  • And I'm thinking,

    と、私は考えています。

  • (Whispers) "I have the poster."

    (ささやき) "ポスターを持っている"

  • I decide not to tell anyone that I had the poster,

    ポスターを持っていたことは誰にも言わないことにしています。

  • and it's still hanging up in my room.

    と言って、まだ部屋に飾っています。

  • (Whispers) Sorry boss if you're finding out about this now.

    (ささやき声)あなたが今、これについて知っているならば、申し訳ありませんが、ボス。

  • Okay, then the other story,

    よし、じゃあ他の話をしよう。

  • I was working with the manager and we were just making sandwiches like usual,

    店長と一緒に仕事をしていたのですが、いつものようにサンドイッチを作っていました。

  • and I noticed that when we toasted a sandwich, it would burn the paper a little on the edges.

    で、気がついたのですが、サンドイッチをトーストすると、紙の端が少し焦げてしまうんですよね。

  • "That probably shouldn't be happening."

    "それは恐らく起こるべきではない"

  • So then a customer asks for just bacon toasted.

    それで、お客さんがベーコンのトーストだけを頼みます。

  • And the boss lady put some bacon on paper, and then puts it in the toaster.

    そして、社長夫人は紙にベーコンを貼り付けてトースターに入れた。

  • And we don't have a setting for just bacon.

    ベーコンだけの設定もないし。

  • So then when she opens the toaster,

    それで彼女がトースターを開けると

  • There was a fire, on the bacon!

    ベーコンに火がついていた!

  • So then she starts to wack it with the little, metal, tray thing,

    それで彼女は金属製のトレイを使って 叩き始めたんだ

  • but all she ended up doing was fanning the flames, making the fire bigger.

    でも結局彼女がしたことは 炎を煽って 火を大きくすることだった

  • *Fire Sound*

    *Fire Sound*

  • "Uh, you got this, right?"

    "あー、これでいいんだよね?"

  • Then I went in the back and I got the fire extinguisher and I actually used it!

    そして、奥に行って消火器をもらってきて、実際に使ってみました!

  • I single-handedly saved that Subway!

    私は一人で地下鉄を救った!

  • Wait.

    待って

  • What have I done?

    私が何をした?

  • BOSS LADY: Is it okay if the bacon's a little crispy?

    BOSS LADY:ベーコンが少しカリカリしていてもいいですか?

  • And has nitrogen and carbon dioxide stuff on it?

    窒素や炭酸ガスが入っているのか?

  • Wow, I didn't even mention a single bad customer experience.

    うわー、客の悪い経験なんて一言も書いてないのに。

  • Well, I don't want the video to be too long

    まあ、動画が長すぎても困るので

  • I should make a part 2.

    パート2を作ろうかな。

  • I'm gonna make a part 2 and it's just gonna be stories about annoying customers that I had to deal with.

    パート2を作って迷惑な客を相手にした話になるだけだからな

  • And if anyone I used to work with is watching, and I didn't mention you,

    昔一緒に働いていた人が見ていて、あなたのことを言っていなかったら

  • It's because I hate you.

    それは、あなたが嫌いだからです。

I think that everyone at some point in their life should work in a fast-food or retail job.

人生のどこかのタイミングで、誰もがファストフードや小売の仕事に就くべきだと思います。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 サブウェイ アラーム beep サンドイッチ 地下鉄 仕事

お仕事体験談(地下鉄

  • 32119 2197
    Martin に公開 2016 年 11 月 20 日
動画の中の単語