Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Translator: Timothy Covell Reviewer: Morton Bast

    今回TEDの講演を頼まれて つい うれしくなりました

  • Well when I was asked to do this TEDTalk, I was really chuckled,

    亡き父の名もテッドだからです

  • because, you see, my father's name was Ted,

    私は日ごろから 特に音楽に関しては

  • and much of my life, especially my musical life,

    今でも私の心の中に生き続ける

  • is really a talk that I'm still having with him,

    父と会話をしています

  • or the part of me that he continues to be.

    テッドはニューヨーク出身で 演劇界の仕事を何でもこなし

  • Now Ted was a New Yorker, an all-around theater guy,

    絵も描きましたし ミュージシャンでもありました

  • and he was a self-taught illustrator and musician.

    楽譜は全く読めず

  • He didn't read a note,

    耳も良く聞こえなかったんです

  • and he was profoundly hearing impaired.

    でも いろいろな事を 教えてくれました

  • Yet, he was my greatest teacher.

    補聴器からは きれいな音は聞こえなくても

  • Because even through the squeaks of his hearing aids,

    父はとても良く音楽を理解していたんです

  • his understanding of music was profound.

    父にとって音楽とは 単にどう聞こえるかではなく

  • And for him, it wasn't so much the way the music goes

    何を描き 何を伝えるかだったのです

  • as about what it witnesses and where it can take you.

    父はこの経験を絵に描きました

  • And he did a painting of this experience,

    「音楽の世界で」というタイトルです

  • which he called "In the Realm of Music."

    父は即興を通じて毎日 この世界に入っていたのです

  • Now Ted entered this realm every day by improvising

    この様な ティン・パン・アレーのスタイルで

  • in a sort of Tin Pan Alley style like this.

    (音楽)

  • (Music)

    でも 父は音楽に対しては厳しく

  • But he was tough when it came to music.

    よく言いました 「音楽で大切なのは2つだけ

  • He said, "There are only two things that matter in music:

    『何』を『如何に』伝えるかだけだ

  • what and how.

    クラシック音楽では

  • And the thing about classical music,

    これが無限にある」

  • that what and how, it's inexhaustible."

    こんな熱意を持って音楽に接していたのです

  • That was his passion for the music.

    両親 二人とも音楽が大好きで

  • Both my parents really loved it.

    あまり音楽に詳しくはありませんでしたが

  • They didn't know all that much about it,

    その素晴らしさを発見していく 機会を与えてくれました

  • but they gave me the opportunity to discover it

    その素晴らしさを発見していく 機会を与えてくれました

  • together with them.

    その様に育ったせいか

  • And I think inspired by that memory,

    音楽をより多くの人に楽しんで欲しいと

  • it's been my desire to try and bring it

    思うようになりました

  • to as many other people as I can,

    あらゆる方法で 音楽を伝えたいのです

  • sort of pass it on through whatever means.

    人々の生活に 音楽がどう入り込むかには

  • And how people get this music, how it comes into their lives,

    とても興味があります

  • really fascinates me.

    ある日通りを歩いていて

  • One day in New York, I was on the street

    家の前で車や消火栓の間を使って 野球をしている子供たちを見かけました

  • and I saw some kids playing baseball between stoops and cars and fire hydrants.

    頑丈そうで もさっとした子が打席に立ち

  • And a tough, slouchy kid got up to bat,

    バットを振り しっかり球をとらえ

  • and he took a swing and really connected.

    球が飛んでいくのを眺めると

  • And he watched the ball fly for a second,

    「ラーラ ラーラ ラララララー

  • and then he went, "Dah dadaratatatah.

    ラーラ ラーラ ラララララー」と歌いながら

  • Brah dada dadadadah."

    ベースを回って行きました

  • And he ran around the bases.

    信じられませんでした

  • And I thought, go figure.

    18世紀のオーストリアの 貴族が楽しんだものを

  • How did this piece of 18th century Austrian aristocratic entertainment

    ニューヨークの こんな子が 勝利の歓声に使うなんて

  • turn into the victory crow of this New York kid?

    いったい この子は モーツァルトにどこで出会ったのでしょう

  • How was that passed on? How did he get to hear Mozart?

    クラシック音楽は

  • Well when it comes to classical music,

    音楽の宝庫です

  • there's an awful lot to pass on,

    モーツァルト、ベートーベン チャイコフスキーに限りません

  • much more than Mozart, Beethoven or Tchiakovsky.

    クラシックは千年もの間

  • Because classical music

    絶えず続いてきたものです

  • is an unbroken living tradition

    絶えず続いてきたものです

  • that goes back over 1,000 years.

    そのすべての期間を通じて

  • And every one of those years

    生きるとは何かについて 独特な方法で力強く

  • has had something unique and powerful to say to us

    伝えてきたのです

  • about what it's like to be alive.

    題材はもちろん

  • Now the raw material of it, of course,

    日々の暮らしに基づいた音楽で

  • is just the music of everyday life.

    国歌や 流行のダンス

  • It's all the anthems and dance crazes

    バラードとか行進曲とかですが

  • and ballads and marches.

    クラシック音楽はそこから

  • But what classical music does

    不純物を取り除き

  • is to distill all of these musics down,

    核心となるものに凝縮して

  • to condense them to their absolute essence,

    そこから新しい言葉を作り出しているのです

  • and from that essence create a new language,

    その言葉は私たちの本質を見つめ

  • a language that speaks very lovingly and unflinchingly

    とてつもなく美しく奏でるのです

  • about who we really are.

    この言葉は今でも進化し続けています

  • It's a language that's still evolving.

    年月を経て人々に親しまれる

  • Now over the centuries it grew into the big pieces we always think of,

    協奏曲とか交響曲となりましたが

  • like concertos and symphonies,

    どんな大がかりな名作でも

  • but even the most ambitious masterpiece

    核心にある動機は

  • can have as its central mission

    聞く人 それぞれの持つ デリケートな感覚を呼び戻すことです

  • to bring you back to a fragile and personal moment --

    例えばこのベートーベンの バイオリン協奏曲です

  • like this one from the Beethoven Violin Concerto.

    (音楽)

  • (Music)

    とてもシンプルですが 強い感情を引き起こします

  • It's so simple, so evocative.

    たくさんの感情が隠れているようです

  • So many emotions seem to be inside of it.

    でも どの音楽も

  • Yet, of course, like all music,

    それ自体 意味はないんです

  • it's essentially not about anything.

    音の高低や静寂 タイミングを 組み合わせただけなんです

  • It's just a design of pitches and silence and time.

    音符で表される音の高さは単なる振動で

  • And the pitches, the notes, as you know, are just vibrations.

    聞こえる周波数域の特定の場所を 示しているにすぎません

  • They're locations in the spectrum of sound.

    毎秒440回の振動と呼ぶか それを「ラ」と呼ぶか

  • And whether we call them 440 per second, A,

    3729回なら「シのフラット」か

  • or 3,729, B flat -- trust me, that's right --

    それは単なる現象です

  • they're just phenomena.

    でもこの現象の組み合わせ方によって

  • But the way we react to different combinations of these phenomena

    私たちは複雑に感情的に反応しますが その仕組みは完全にわかっていません

  • is complex and emotional and not totally understood.

    反応の仕方も 歴史とともに変化し

  • And the way we react to them has changed radically over the centuries,

    好みも変わっています

  • as have our preferences for them.

    例えば 11世紀には

  • So for example, in the 11th century,

    音楽はこの様に終わるのが 好まれていました

  • people liked pieces that ended like this.

    (音楽)

  • (Music)

    17世紀になると このように変わります

  • And in the 17th century, it was more like this.

    (音楽)

  • (Music)

    21世紀になると こうです

  • And in the 21st century ...

    (音楽)

  • (Music)

    21世紀のみなさんは このようなコードを「いいな」なんて思うのですが

  • Now your 21st century ears are quite happy with this last chord,

    少し前までは 理解に苦しみ 不快に感じたり

  • even though a while back it would have puzzled or annoyed you

    逃げ出したくなったかもしれません

  • or sent some of you running from the room.

    心地よく感じるようになったのは

  • And the reason you like it

    意識的にか無意識に

  • is because you've inherited, whether you knew it or not,

    何百年という間に起こった

  • centuries-worth of changes

    音楽理論、習慣、流行を 受け継いできたからです

  • in musical theory, practice and fashion.

    クラシック音楽では この変化を かなり正確に理解する事ができます

  • And in classical music we can follow these changes very, very accurately

    音楽の静かなパートナー

  • because of the music's powerful silent partner,

    音楽を後世に伝えてきた 「楽譜」を見るとわかります

  • the way it's been passed on: notation.

    音楽を書き留めたい--

  • Now the impulse to notate,

    コード化と呼んだ方が 正確かと思いますが

  • or, more exactly I should say, encode music

    この思いは かなり昔からあるものです

  • has been with us for a very long time.

    紀元前200年頃 セイキロスという人が

  • In 200 B.C., a man named Sekulos

    旅立った妻のために この曲を書き

  • wrote this song for his departed wife

    ギリシャ当時のシステムで 墓石に刻みました

  • and inscribed it on her gravestone

    ギリシャ当時のシステムで 墓石に刻みました

  • in the notational system of the Greeks.

    (音楽)

  • (Music)

    千年後には

  • And a thousand years later,

    表記に対する志は かなり違った形態のものを生み出しました

  • this impulse to notate took an entirely different form.

    これをご覧下さい

  • And you can see how this happened

    『我らに幼な子が生まれ給えり』という クリスマス・ミサで歌われる

  • in these excerpts from the Christmas mass "Puer Natus est nobis,"

    曲の一部です

  • "For Us is Born."

    (音楽)

  • (Music)

    10世紀にはくねっとした線で

  • In the 10th century, little squiggles were used

    曲の大まかな形が記録されました

  • just to indicate the general shape of the tune.

    12世紀になると譜線のような 水平な線が現れます

  • And in the 12th century, a line was drawn, like a musical horizon line,

    これで音程の場所が少しはっきりします

  • to better pinpoint the pitch's location.

    13世紀になると 線の数が増え 音符の形も変わり

  • And then in the 13th century, more lines and new shapes of notes

    音程の概念が しっかりと根付きます

  • locked in the concept of the tune exactly,

    そして 現在の様な表記法になりました

  • and that led to the kind of notation we have today.

    このような表記によって 音楽が後世に残されただけでなく

  • Well notation not only passed the music on,

    音楽のありかたを変えてしまいました

  • notating and encoding the music changed its priorities entirely,

    書き留めることによって

  • because it enabled the musicians

    作曲家が音楽を大きなスケールで 捉えられるようになったのです

  • to imagine music on a much vaster scale.

    即興で思いついたメロディーを

  • Now inspired moves of improvisation

    書き留め保存し 考えて整理し

  • could be recorded, saved, considered, prioritized,

    複雑なものに構築できます

  • made into intricate designs.

    これによって クラシック音楽の

  • And from this moment, classical music became

    中心となるものは

  • what it most essentially is,

    人間の2つの能力である 直感と知性の対話になりました

  • a dialogue between the two powerful sides of our nature:

    人間の2つの能力である 直感と知性の対話になりました

  • instinct and intelligence.

    これを期して 音楽というものが

  • And there began to be a real difference at this point

    即興の芸術と 構成の芸術に

  • between the art of improvisation

    分かれたのです

  • and the art of composition.

    即興をする人は次に来る 粋なフレーズを感じそれを演奏します

  • Now an improviser senses and plays the next cool move,

    構成を好む人は 可能な様々なフレーズを吟味し

  • but a composer is considering all possible moves,

    試したり 並べてみて

  • testing them out, prioritizing them out,

    インパクトがあり バランスの取れた

  • until he sees how they can form a powerful and coherent design

    「これだ」という 絶対的なものが見つかるまで 試行錯誤を繰り返します

  • of ultimate and enduring coolness.

    さて偉大な作曲家 バッハなどは

  • Now some of the greatest composers, like Bach,

    即興と構成の両方の能力の持ち主です

  • were combinations of these two things.

    バッハは即興も得意でしたが チェスの王者の様な頭脳を持ち合わせていました

  • Bach was like a great improviser with a mind of a chess master.

    モーツァルトも同様です

  • Mozart was the same way.

    でも それぞれの音楽家によって このバランスは違っています

  • But every musician strikes a different balance

    信念と理屈 直感と知能

  • between faith and reason, instinct and intelligence.

    時代によって これらの 重要性が変わり

  • And every musical era had different priorities of these things,

    「何」を「如何に」伝えるかも 変わってきたのです

  • different things to pass on, different 'whats' and 'hows'.

    最初の8世紀ほどは

  • So in the first eight centuries or so of this tradition

    「何」にあたるものは 神を崇めることでした

  • the big 'what' was to praise God.

    1400年代になると 音楽は

  • And by the 1400s, music was being written

    神の心をなぞらえようと

  • that tried to mirror God's mind

    夜空のようなデザインになりました

  • as could be seen in the design of the night sky.

    「如何に」にあたる手法は ポリフォニーと呼ばれる

  • The 'how' was a style called polyphony,

    独立した複数のメロディーです

  • music of many independently moving voices

    プトレマイオスの天動説に基づいた 地球を中心に動く天体を

  • that suggested the way the planets seemed to move

    表しているかのようです

  • in Ptolemy's geocentric universe.

    真に天体の世界の音楽です

  • This was truly the music of the spheres.

    (音楽)

  • (Music)

    レオナルド・ダヴィンチは こんな音楽を聞いていたはずです

  • This is the kind of music that Leonardo DaVinci would have known.

    知的な完璧さと 静寂

  • And perhaps its tremendous intellectual perfection and serenity

    これは新しい変化が必要になります

  • meant that something new had to happen --

    そして 1600年代に全く新しい 変化が起こりました

  • a radical new move, which in 1600 is what did happen.

    (音楽) 歌手: ああ 恐ろしいこと

  • (Music) Singer: Ah, bitter blow!

    ああ なんていう運命

  • Ah, wicked, cruel fate!

    ああ 不吉な星

  • Ah, baleful stars!

    情けのない天なのだろう

  • Ah, avaricious heaven!

    これはもちろんオペラ時代の始まりです

  • MTT: This, of course, was the birth of opera,

    オペラの発展は音楽を 全く新しい方向に発展させました

  • and its development put music on a radical new course.

    「何」で伝えるものは 神の心の反映ではなく

  • The what now was not to mirror the mind of God,

    人の心の浮き沈みを描くようになり

  • but to follow the emotion turbulence of man.

    「どう」伝えるかの手段は ハーモニーになりました

  • And the how was harmony,

    異なる音を組み合わせた和音です

  • stacking up the pitches to form chords.

    和音を使うと

  • And the chords, it turned out,

    実に沢山の感情を 表す事ができるとわかりました

  • were capable of representing incredible varieties of emotions.

    基本的な和音は 今でも使っています

  • And the basic chords were the ones we still have with us,

    お馴染みの三和音 です

  • the triads,

    長三和音 は

  • either the major one,

    うれしく聞こえ

  • which we think is happy,

    短三和音 であれば

  • or the minor one,

    悲しく聞こえます

  • which we perceive as sad.

    でもこの2つの和音の違いはなんでしょう

  • But what's the actual difference between these two chords?

    音階の中央付近にある この2音だけです

  • It's just these two notes in the middle.

    「ミ」がナチュラルで

  • It's either E natural,

    毎秒 659回振動しているか

  • and 659 vibrations per second,

    「ミ」がフラットで 622回かの違いです

  • or E flat, at 622.

    人間が幸せか 悲しいかの違いは

  • So the big difference between human happiness and sadness?

    なんと たった37回の振動数の違いなんです

  • 37 freakin' vibrations.

    ですから このようなシステムでは

  • So you can see in a system like this

    人間の微妙な感情を表現出来る可能性が 膨大にあるわけです

  • there was enormous subtle potential

    人間の微妙な感情を表現出来る可能性が 膨大にあるわけです

  • of representing human emotions.

    実際 人間が自分達の複雑で不安定な

  • And in fact, as man began to understand more

    感情を認識するにつれ

  • his complex and ambivalent nature,

    旋律もそれを反映し 次第に複雑になりました

  • harmony grew more complex to reflect it.

    音楽は言葉で表せないことまで

  • Turns out it was capable of expressing emotions

    表現できるのです

  • beyond the ability of words.

    この可能性を踏まえ

  • Now with all this possibility,

    クラシック音楽は大きく変わりました

  • classical music really took off.

    大きな形式が作られ始め

  • It's the time in which the big forms began to arise.

    技術の発達による影響も 感じられるようになりました

  • And the effects of technology began to be felt also,

    印刷技術の発達により 暗号として楽譜に記された音楽は

  • because printing put music, the scores, the codebooks of music,

    様々な所にいる演奏家の手に渡ります

  • into the hands of performers everywhere.

    新しい楽器や 改善された楽器のおかげで

  • And new and improved instruments

    演奏のレベルが上がります

  • made the age of the virtuoso possible.

    次第に 大きな形式がうまれました

  • This is when those big forms arose --

    交響曲やソナタ 協奏曲など

  • the symphonies, the sonatas, the concertos.

    当時の大きな構築物で

  • And in these big architectures of time,

    ベートーベンのような音楽家は 人生を垣間見せてくれるのです

  • composers like Beethoven could share the insights of a lifetime.

    ベートーベンの5番を聞くと

  • A piece like Beethoven's Fifth

    ベートーベンの5番を聞くと

  • basically witnessing how it was possible

    悲しみや怒りから30分くらいの間に

  • for him to go from sorrow and anger,

    悲しみや怒りから30分くらいの間に

  • over the course of a half an hour,

    彼の注意深く敷いた道をたどって

  • step by exacting step of his route,

    喜びにたどり着けるのです

  • to the moment when he could make it across to joy.

    (音楽)

  • (Music)

    交響曲はもっと複雑なことにも使えます

  • And it turned out the symphony could be used for more complex issues,

    心をひきつける人間の活動

  • like gripping ones of culture,

    例えば愛国主義や自由への願望や

  • such as nationalism or quest for freedom

    さらには 官能的なものにも迫ります

  • or the frontiers of sensuality.

    しかし 音楽がどのような方向をとっても

  • But whatever direction the music took,

    最近まで 変わらぬことがありました

  • one thing until recently was always the same,

    それはミュージシャンが演奏をやめると

  • and that was when the musicians stopped playing,

    音楽も止まってしまうことでした

  • the music stopped.

    これはとても興味のある瞬間です

  • Now this moment so fascinates me.

    とても大切な瞬間です

  • I find it such a profound one.

    音楽が止むとどうなるか?

  • What happens when the music stops?

    音楽はどこに行ってしまうのか? 何か残るのだろうか?

  • Where does it go? What's left?

    演奏を聴いた人の耳に何が残るだろうか?

  • What sticks with people in the audience at the end of a performance?

    メロディーかリズムか

  • Is it a melody or a rhythm

    感覚かそれとも姿勢か

  • or a mood or an attitude?

    そして 聞いた人の人生が どう変わるだろうか

  • And how might that change their lives?

    これは私にとって 音楽が持つ 親密でプライベートな一面です

  • To me this is the intimate, personal side of music.

    伝えるということ 「なぜ」音楽をするかということです

  • It's the passing on part. It's the 'why' part of it.

    私にとって一番大切な部分です

  • And to me that's the most essential of all.

    音楽がもたらす影響は 人から人へと伝えられるものでした

  • Mostly it's been a person-to-person thing,

    先生から生徒にとか 演奏家から観客

  • a teacher-student, performer-audience thing,

    ところが1880年頃に 新しい技術がもたらされました

  • and then around 1880 came this new technology

    最初は機械的で 後にアナログを経てデジタルになりました

  • that first mechanically then through analogs then digitally

    これで音楽を驚くような方法で 伝える事が可能になりました

  • created a new and miraculous way of passing things on,

    人間性はありませんが

  • albeit an impersonal one.

    だれでも いつでも音楽を聴くことができます

  • People could now hear music all the time,

    楽器や譜を読む知識も要りません 演奏会に行く必要もないのです

  • even though it