Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • South Island NEW ZEALAND

    南島 ニュージーランド

  • Wanaka Airport 0700 Hours

    ワナカ空港 0700時間

  • MOOG: Were about to be dropped into one of the most remote parts of the planet.

    MOOG: 地球上で最も人里離れた場所の一つに落とされようとしています。

  • The south island of New Zealand and weve got 24 hours to survive and make our way back to civilization.

    ニュージーランドの南の島で、24時間で生き延びて文明に戻ろう。

  • This is the all-new Ford Ranger and weve battled some freaking epic New Zealand landscape so we can review it for you.

    これは新型フォードレンジャーで、私たちはニュージーランドの壮大な風景と戦ってきたので、あなたのためにそれをレビューすることができます。

  • Ours is the Wildtrak but the Ranger comes in a variety of different models so let’s cover the basics.

    私たちのはWildtrakですが、レンジャーは様々なモデルがありますので、基本をカバーしてみましょう。

  • The Ranger is a proper Ute and it makes a mad tow vehicle for your racecar or your boat...

    レンジャーは適切なUteであり、それはあなたのレースカーやあなたのボートのための狂った牽引車になります。

  • ...with a 3.5 tonne towing capacity. Under the bonnet, there’s a 3.2L turbo diesel engine...

    ...3.5トンの牽引力がありますボンネットの下には3.2Lターボディーゼルエンジン...

  • ...pushing out around 147 kilowatts and 470 newton meters of torque.

    ...約147キロワットと470ニュートンメートルのトルクを押し出しています。

  • Inside the cabin, youve got all sorts of clever technology including the Sync 2 system...

    キャビン内には、Sync 2システムをはじめとする数々の優れたテクノロジーが搭載されています。

  • ...which gives you voice control for hands-free phone, music and even your climate control.

    ...それはあなたにハンズフリー電話、音楽、さらにはあなたの気候制御のための音声制御を与えます。

  • Plus, you can listen to your text messages and do your navigation.

    さらに、テキストメッセージを聞いたり、ナビゲーションをしたりすることができます。

  • It’s got a locking rear diff, hill descent control and you can shift on the fly between 2 wheel drive and 4 wheel drive.

    それはロック式リアデフを持っていて、坂道の下り坂を制御し、2輪駆動と4輪駆動の間でオンザフライでシフトすることができます。

  • So, that’s the basics, and now it’s time to hit the road.

    これが基本で、これからが本番ですね。

  • MOOG: So, my feeling is Marty if that way is north and that way is west then we probably head that way.

    MOOG: 私の感覚では、マーティが北であっちが西だとしたら、そっちに向かうのではないかと思います。

  • Marty: That makes no sense!

    マーティそれは意味がありません!

  • MOOG: Because see

    MOOG: だって...

  • Marty: That makes no sense because were going up the hill. Dude, marlins swim downstream.

    マーティ私たちは丘を上っているので、それは意味がありません。おい、マーリンは下流に泳ぐ。

  • MOOG: No, upstream.

    MOOG:いや、上流。

  • Marty: Yeah, but to beMOOG: Upstream.

    Marty.Yeah, but to be... MOOG: Upstream.

  • Marty: Yeah, but for survival you walk upstreamMOOG: Have you not seen any of these documentaries?

    Marty.Yeah, but for survival you walk upstream... MOOG: Have you don't seen any of these documentaries?

  • They go upstream. They jump into the mouths of the bears. Youve never seen the marlin do that?

    彼らは上流に行く。熊の口に飛び込むんだカジキを見たことがないのか?

  • Marty: The marlin do that?

    マーティThe marlin do that?

  • MOOG: Youve never seen that on National Geographic!

    MOOG:ナショナルジオグラフィックで見たことないでしょ!?

  • MOOG: Anyway, so the point is we are somewhere here.

    MOOG:とにかく、要はここのどこかにいるということです。

  • Marty: Were not on a... MOOG: Maybe were on this side.

    マーティ私たちはこちら側ではなく...MOOG: たぶんこっち側にいるんだよ。

  • Marty: You don’t even knowWhat are you looking...What are you doing?

    マーティYou don't even know...What are you looking...What are you doing?

  • MOOG: Maybe were near Bob’s reach around Marty: Were definitely not near Bob’s reach around. That’s later.

    MOOG: たぶんマーティの周りのボブのリーチの近くにいるんじゃないかな。We're definitely not near Bob's reach around.それは後でね。

  • MOOG: Look down here, there’s catfish. That’s what you want.

    MOOG。下を見てください、ナマズがいます。それが欲しいんでしょう。

  • (MOOG and Marty tearing up the map together)

    (MOOGとマーティが一緒に地図を引き裂く)

  • MOOG: Let’s just go. No maps required.

    MOOGです。行きましょう。地図は必要ありません。

  • MOOG: Alright, sowere going then.

    MOOG: さてさて、それでは...行きましょう。

  • MOOG: So, we are here, in the brand new Ford Ranger. Um…I don’t know why to be honest...

    MOOG: さて、私たちはここにいます、ブランドの新しいフォード・レンジャーに乗っています。うーん...正直なところ、なぜかわからないのですが...。

  • ...because weve never reviewed a new car before. And, I’ve never gone 4 wheel driving. Have you?

    ...新車のレビューをしたことがないからです。それに、私は四輪駆動にも行ったことがありません。そうなのか?

  • Marty: No, never.

    マーティいいえ、決して。

  • MOOG: So, were the right people for the job then!

    MOOG: そう、私たちはその仕事に適した人たちなんですね。

  • Marty: Yeah man. MOOG: Look what weve got man!

    マーティYeah man.MOOG.Look what we've got man!

  • Marty: Our little adventure magazine. MOOG: Yeah, I got a 4 wheel drive magazine...

    マーティ俺たちの小さな冒険雑誌MOOG: ええ、4輪駆動の雑誌があって...。

  • and weve got the Ford Ranger Owner’s Manual.

    フォード レンジャー オーナーズマニュアルを手に入れた

  • Marty: And I’ve got an atlas.

    マーティアトラスを持っている

  • MOOG: Yeah, oh!

    MOOG: うん、おー!(笑)。

  • MOOG: So, for starters

    MOOG:では、手始めに...。

  • Marty: Hey, look Dongara

    Marty: Hey, look Dongara

  • MOOG: Ok, that’s the wrong country my friend.

    MOOG.OK、それは間違った国だ......友よ。

  • MOOG: Of course, were not really littering in the beautiful New Zealand.

    MOOGです。もちろん、美しいニュージーランドでポイ捨てをしているわけではありません。

  • MOOG: Ok, so I’m into neutral. I’m going into 4 low.

    MOOGです。OK、だから私はニュートラルに入りました。私は4ローに入ります

  • I’m going into drive and were driving through a river my friend.

    ドライブに入って、友人の川の中をドライブしています。

  • Marty: Yes, I think that’s known as a creek in 4 wheel drive land.

    マーティはい、私はそれが4輪駆動の土地で小川として知られていると思います。

  • MOOG: Dude, it isit is like the Amazon. Look at this!

    MOOGです。おいおい、それは...アマゾンみたいなもんだよ。これを見てください!(笑)。

  • MOOG: YES Marty: Did that feel good?

    MOOG:はい、マーティ。気持ちよかったですか?

  • MOOG: Yeah, well…I’veIt didn’t feel bad.

    MOOG:うん、まぁ...悪い気はしなかった。

  • Presenter: Okay, let’s be honest for a second. We don’t actually know anything about this car at all but luckily, weve got the Owner’s Manual.

    プレゼンターさて、2番目に正直になりましょう。私たちはこの車のことを全く知りませんが、幸運にもオーナーズマニュアルがあります。

  • MOOG: Can I stop halfway up a hill? Marty: If you want to, yeah.

    MOOG: 坂道を途中で止めてもいいですか?Marty.あなたが望むなら、ええ。

  • MOOG: Will I…Will we roll backwards? Marty: You might roll back

    MOOG: 私は...後ろ向きに転がるのでしょうか?Marty.You might roll back...

  • Marty: It’s like a hill holder. Marty: And youre supposed to gouhm

    マーティそれは丘のホルダーのようなものです。Marty.そして、あなたは行くことになっている...ええと...

  • ...as slownoas slow as possible but fast enough. Is that a term that they use?

    ...ゆっくりと...いや...出来るだけゆっくりと...でも十分に速く。それは彼らが使う言葉なのか?

  • MOOG: As fast as necessary, as slow as possible? Marty: In 4 wheel drive low, itll still shift gears.

    MOOG:必要に応じて、できるだけ早く、できるだけ遅く?マーティ4輪駆動のローでは、それはまだギアをシフトします。

  • MOOG: Okay.

    MOOG: わかりました。

  • Marty: You can do it manually as well. You can flick it across in the manual. It’s pretty cool.

    マーティあなたも手動で行うことができます。マニュアルの中でフリックすることができます。それはかなりクールです。

  • MOOG: Martin, were 4 wheel driving my friend.

    MOOG: マーティン、私たちは4輪駆動の友人です。

  • Presenter: We have 24 hours to find our way out of here and meet a barge, which only comes once a week. If we miss it, we really will be stuck in the wild.

    プレゼンター24時間以内にここから出る方法を見つけて、週に一度しか来ないはしけに会う必要があります。それを逃すと、私たちは本当に野生の中で立ち往生してしまいます。

  • MOOG: Tell us a little bit about this beautiful place that were in! We have no idea where we are.

    MOOG: 私たちがいるこの美しい場所について少し教えてください!私たちはここがどこなのか見当もつきません。

  • Marty: This is a station

    マーティThis is a station...

  • MOOG: Okay. Marty: …which kind of means is a massive...

    MOOGです。はい、わかりました。マーティ...これは一種の意味で大規模な...

  • ...enormous block of land, which is 27 kilometers by 27 kilometers. It’s one of the most remote places in the world.

    ...27キロ×27キロの巨大な土地の塊です世界で最も人里離れた場所の一つです

  • It’s in the south islandbeautiful landscape. So, it’s a station so it is a working farm. There are 35,000 units of animals here.

    南の島の中にあるんですね・・・景色が綺麗です。駅なのでワーキングファームなんですね。ここには35,000頭の動物がいます。

  • Presenter: This really is one of the most incredible landscapes on the planet and now, weve just reached a hill.

    プレゼンターこれは本当に地球上で最も信じられない風景の一つであり、今、私たちは丘に到達したところです。

  • MOOG: Weve got to our first hill. Were going down and then were gonna cross a waterfall. And so, there’s a button here, which is a car going down a hill. So

    MOOG: 最初の丘に到着しました。下っていくと滝を越えますそれで ここにボタンがあります 車が丘を下っていきますそれで...

  • Marty: It looks like a little cruise control icon

    マーティそれは小さなクルーズコントロールのアイコンのように見えます...

  • MOOG: I’m gonna press that.

    MOOG:それを押してみます。

  • MOOG: Okay, Hill Descent Control ready. What do we do then?

    MOOG。よし、ヒル・ディセント・コントロールの準備ができた。どうするの?

  • Marty: Uhm, soitll work at speeds less than 35 K’s. MOOG: That’s good.

    マーティUhm, so...35 K's以下の速度で動作します。MOOG: それはいいですね。

  • Marty: And you activate it above 40. And turns off at 60. It doesn’t work on the diff’s lock just so it has full control. And it’s gonna control the diff by

    マーティそして、あなたは40以上のそれをアクティブにします。そして、60でオフになります。それはデフのロックでは動作しませんので、それは完全に制御しています。そして、それはつもりでデフを制御しています...

  • MOOG: It’s gonna take us down and brake the wheel individually.

    MOOG:それは私たちを降ろして、個別にブレーキをかけてくれます。

  • Marty: You don’t need your feet on. MOOG: Okay.

    マーティ足は必要ありません。MOOG.オーケーです。

  • Marty: The car is doing all that. MOOG: Okay. It’s doingNow…I…

    マーティ車が全部やってくれています。MOOG.Okay. It's doing... Now... I...

  • Marty: Can you hear it braking individual wheels?

    マーティあなたはそれが個々の車輪にブレーキをかけて聞くことができますか?

  • MOOG: Yes and now I do the speed with these buttons here.

    MOOG: はい、今はこのボタンでスピードを出しています。

  • Marty: You can turn it up or down with thisMOOG: Oh, just like cruise control.

    Marty.You can turn it up or down with this... MOOG.ああ、クルーズコントロールのようにね。

  • Marty: Exactly. MOOG: Are we going down a hill? Okay, this is cool.

    マーティExactly.MOOG: 坂道を下っていくんですか?オーケー、これはクールだね。

  • Marty: And you can’t take it front on, you gotta get a bit of an angle on this last

    マーティAnd you can't take it front on, you gotta get bit of an angle on this last...

  • MOOG: I’m really worried that I’m gonna like knock our lowered front lip off but were not lowered.

    MOOG: 本当に心配なのは、ローダウン化したフロントリップを叩き落とすような感じで、でもローダウン化していないんですよね。

  • MOOG: So, but, it’s a similar tactic to getting out of a car park when youve got a lowered car. It’s the same kind of process.

    MOOG:で、でも、でも、車を下げた時に駐車場から降りるのと似たような戦術ですよね。同じような流れですね。

  • And now, this is goodthis is good. On the juice. Up we go. Oh yes. No, your Sylvia can’t do that.

    そして今、これがいいんですよ、これがいいんですよ。ジュースの上に上げよういいね君のシルビアには無理だよ

  • Presenter: For a couple of guys used to drag racing and drifting, were feeling pretty good about conquering our first hill but now, this is a car review so here’s some more car review-y stuff from the experts.

    プレゼンタードラッグレースとドリフトに慣れている二人組は、最初の坂道を制覇したことで気分は上々だが、これは車のレビューなので、専門家による車のレビュー的なものを紹介しよう。

  • MOOG: So we know nothing about 4 wheel drives or 4 wheel driving but this is what we know so far about this car.

    MOOG:だから、4輪駆動とか4輪駆動については何も知らないんだけど、この車については今のところ分かっていることはこんな感じ。

  • Marty: It’s an actual proper trucklike a Utelike on chasey rails it’s not just like a…like a…same build as a hatchbacklike it’s a proper truck.

    マーティそれは実際にちゃんとしたトラックだ...ウテのような...チェイジーレールのような...ハッチバックのような...同じ構造の...ちゃんとしたトラックのような。

  • MOOG: It’s a got a reverse camera Martin.

    MOOG: マーティンには逆カメラがついています。

  • Marty: Fancy pancy screens. Twin screens. MOOG: Uphill assist

    マーティファンシーパンシースクリーン。ツインスクリーン。MOOG: 上り坂のアシスト

  • Marty: There’s the lane keeping thing. MOOG: Yep, safety stuff to make sure you stay in your lanes, which weve turned off on ours.

    マーティ車線維持のことです。MOOG: そう、車線を維持するための安全装置です。

  • Marty: Yeah. MOOG: You can change from 2 high to 4 high on the fly.

    Marty.そうですね。MOOG: その場で2ハイから4ハイに変更することができます。

  • When you go down a hill, you can press a button and it will automatically brake...

    坂道を下るときにボタンを押すと自動でブレーキをかけてくれる...

  • ...different wheels for you and then you use the speed controls for the cruise control...

    ...あなたのために別のホイールを使用して、あなたはクルーズコントロールのための速度制御を使用しています...

  • ...on your steering wheel to control your ascent. Marty: It’s got like a blind spot identification thing...

    ...ステアリングホイールで上昇を制御します。マーティIt's got like a blind spot identification thing...

  • ...so you can tell when stuffs in your blind spot. There’s a collision thing, like a radar shooting up prompts so if you come close to like another person it will...

    ...あなたの死角にあるものを伝えることができます。衝突のことがあります、レーダーのようなプロンプトを撮影しているので、別の人のように近くに来る場合は、それがなります...

  • it will help you brake. The thing about that is you can get a lot of this stuff in like high-end luxury cars but this is a Ute.

    ...ブレーキを効かせてくれる高級車のような高級車にはこういうのがたくさんあるが、これはウテだ。

  • MOOG: Yeah.

    MOOG: うん。

  • Marty: Like a legitimate, you take out to the country do what we are doing kind of thing.

    マーティ合法的なように、あなたは国に持ち出す私たちがやっていることの種類のものを行う。

  • MOOG: Which is what, I mean it’s a working Ute. In New Zealand, this is the biggest selling car.

    MOOG:それはつまり、働くウテということです。ニュージーランドではこれが一番売れている車です。

  • Marty: Yeah.

    Marty.うん。

  • MOOG: They have. They are crazy for them over here.

    MOOG: 彼らはそうしています。こっちでは彼らは夢中になっています。

  • Marty: It kind of makes sense why like this is what you do but this is also a factory car.

    マーティそれは一種の理にかなっている理由のように、これはあなたが何をするかですが、これはまた、工場の車です。

  • It’s worth mentioning that it’s a factory car here.

    ここでは純正車と言っても過言ではないでしょう。

  • MOOG: Factory car. Exactly as it left the factory and now were trying to defeat these mountains with it so were doing pretty well Martin.

    MOOG。工場出荷時の車です。工場から出てきた時のままで、今はこの車でこの山に挑んでいます。

  • The other reason that you and I have to be proud Martin is this car was designed by Aussies mate.

    あなたと私がマーティンを誇りに思うもう一つの理由は、この車がオーストラリア人によって設計されたからです。

  • It’s exported to like hundreds of countries all over the world. Almost 200 countries.

    世界中の数百カ国に輸出されています。約200カ国に輸出されています。

  • Marty: Made by Aussies and it’s the most popular car in New Zealand.

    マーティです。オーストラリア人が作った車で、ニュージーランドでは一番人気のある車です。

  • MOOG: That’s right. Marty: You know the woman today when I was getting breakfast...

    MOOG: そうですね。マーティです。今日の女性を知っていますか、私が朝食を取っているときに...

  • ...she didn’t wanna give me Vegemite. She looked at me funny like she didn't knew what Vegemite was!

    ...彼女はベジマイトをくれなかった。彼女はベジマイトが何か知らないみたいに変な目で見てたよ!

  • MOOG: That wasn’t because of the Vegemite, cause you weren’t wearing any pants.

    MOOG:あれはベジマイトのせいじゃなくて、パンツを履いていなかったから。

  • Marty: You gotta do a bit of a KFC drive through driveway kind of feel. MOOG: Oh, do you?

    マーティKFCのドライブスルードライブウェイみたいな感じでやってみてください。MOOG.Oh, do you?

  • Okay. Do you have a veggie burger?

    いいわよベジバーガーはありますか?

  • Marty: Who said a veggie burger? MOOG: I though you said were doing a KFC drive through?

    マーティ誰がベジバーガーって言ったの?MOOG: KFCのドライブスルーをするんじゃなかったっけ?

  • MOOG: Oh you mean getting into the carpark like a KFC drive through, like this.

    MOOGです。ああ、KFCのドライブスルーみたいに駐車場に入るってことか。

  • MOOG: I thought you meant we had to like order KFC drive through and then flick it the other way.

    MOOG: KFCドライブスルーを注文してから、逆にフリックするということかと思っていました。

  • Marty: Youre a legit 4 wheel driver now. MOOG: Oh, am I?

    マーティあなたは今、合法的な4輪ドライバーです。MOOG.Oh, am I?

  • Marty: Yeah. MOOG: Alright, let’s go.

    Marty.彡(゚)(゚)(゚)(゚)(゚)(゚)ノ(゚)ノ(゚)ノ(゚)ノ(゚)ノ(゚)ノ(゚)ノ(゚)ノ(゚)ノ(゚)ノ(゚)ノ(゚)ノ(゚)ノ(゚)ノ(゚)ノ(゚)ノ(゚)ノ(゚)ノ(゚)ノ(゚)ノ(゚)ノ(゚)ノ(゚)ノMOOG: よし、行こう。

  • Marty: Up the hill. MOOG: Up the hill.

    マーティ丘を上ってMOOG: Up the hill.

  • Marty: Second gear. Third gear. MOOG: Oh, humpaty hump.

    マーティ第二のギア。サードギア。MOOG.Oh, humpaty hump.

  • Marty: Another one. MOOG: Here we go. KFC drive through?

    マーティもう一枚。MOOG: これだよ。KFCドライブスルー?

  • Marty: Yeah, yeah KFC drive through. MOOG: OHHHH!

    マーティええ、ええKFCドライブスルー。MOOG.OHHHHHH!

  • Presenter: As we cross another little creek, it’s worth mentioning that New Zealand has...

    プレゼンターもう一つの小さな小川を渡るとき、ニュージーランドには...

  • ...some of the cleanest water in the known universe. Fresh snow from the icy peaks that we conquered...

    ...宇宙で最もきれいな水があります征服した氷の峰からの新雪...

  • ...this morning melt and runs down the mountainside creating crystal clear fresh water and my friend here is pretty excited about it.

    ...今朝の雪解け水は、山の斜面を流れ落ちて、透き通った清水を作り出していて、私の友人はそれについてかなり興奮しています。

  • Marty: You know what’s in fresh water?

    マーティあなたは真水の中に何があるか知っていますか?

  • MOOG: Ummmm Marty: Marlin

    MOOG:うーんマーティ:マーリン

  • MOOG: Really? Marty: Dude, I’m gonna catch me a fresh water marlin.

    MOOGです。Really?マーティ.Dude, I'm gonna catch me a fresh water marlin.

  • MOOG: Really?

    MOOGです。そうなんですか?

  • Marty: Yep. The biggest marlin ever caught in New Zealand is like in a hundreds of kilos

    マーティそうだなニュージーランドで獲れた最大のカジキは何百キロもあるんだぞ...

  • ...2 or 3 hundred kilos, something like that. I’m gonna catch a fresh water blue fin white belly marlin.

    ...2、300キロとかそんな感じ。淡水の青ヒレの白腹カジキが釣れそうだ。

  • MOOG: You don’t even own a fishing rod.

    MOOG:釣竿も持ってないんですよね。

  • Marty: Dude, there’s fishing rod in the back, the whole way since we got here. I’ve got a fishing rod.

    Marty.おい、そこに釣り竿の後ろには、私たちがここに来てからの全体の道。私は釣り竿を持っている。

  • MOOG: Youve never been fishing in your life man.

    MOOG: 人生で一度も釣りをしたことがないんだな。

  • MOOG: Dude, c’mon man, I’ve known you for a long time. I’ve never seen you fish in my life and now youre Mr. Fishing Rod marlin man.

    MOOGです。おい、おい、俺はお前を昔から知っているぞ。君が釣りをしているのを見たことがないのに、今ではミスターフィッシングロッドのカジキ男になっている。

  • MOOG: What was the last fish you caught and when was it?

    MOOG:最後に釣った魚は何で、それはいつですか?

  • Marty: It was a swordfish.

    マーティカジキでした。

  • MOOG: Do you even know how to catch a marlin? Marty: I’ve been catching marlins since you were a kid.

    MOOGです。あなたもカジキを捕まえる方法を知っていますか?Marty.子供の頃からカジキを釣っていたよ。

  • Marty: You think someone who hasn’t been fishing for a long time would ever wear this shirt?

    マーティあなたは誰かと思う 長い時間のために釣りをされていない人が今までにこのシャツを着るだろうか?

  • Marty: Point is, I’m gonna catch myself a mad blue fin white belly marlin…a big one...

    マーティPoint is, I'm gonna catch myself myself mad blue fin white belly marlin...big one...

  • …I’m gonna impress fishing people everywhere cause you know how fishing people are all likecheck out me big fish”, that’s what I’m gonna do.

    ...釣り人を感動させてやるよ釣り人はみんな "俺の大物を見てみろ "みたいな感じだからね、俺もそうするよ。

  • MOOG: I’m building us an epic camp by the way. You may have noticed that we have no tentno tent required because I’m building us a camp out...

    MOOG: ところで、僕は僕らに壮大なキャンプを作っているんだ。お気づきかもしれませんが、私たちはテントを持っていません...テントは必要ありません...なぜなら私たちは外でキャンプを作っているからです...。

  • Marty: Youre gonna make it? Your track record of survival

    マーティYou're gonna make it?Your track record of survival...

  • Presenter: He can laugh all he likes but I am well versed in survival technique.

    プレゼンター。好きなだけ笑うことができるが、サバイバル術には精通している。

  • MOOG: SAS Survival Handbook. Marty: Oh mad!

    MOOG: SASサバイバルハンドブック。マーティOh mad!

  • MOOG: Everyone needs it. MOOG: Bush CraftYour Guide To Pubic Origami.

    MOOG: 誰もが必要としている。MOOG: Bush Craft...Your Guide To Pubic Origami.

  • MOOG: T-Bone’s Guide to Raising Sheep including breeding, care, facilities and dating. Updated edition with legal information.

    MOOG: T-Bone's Guide to Raising Sheep including breeding, care, facilities, dating.法律情報を掲載した更新版。

  • Marty: Look at that!

    マーティLook at that!

  • MOOG: Rural Delivery poems and images from New Zealand.

    MOOG。ニュージーランドの農村配達の詩と画像。

  • MOOG: You can probably see what that one says. MOOG: Home Collection Vegetables full of vegetarian recipes.

    moog: あれに書いてあることは、たぶんわかると思います。MOOG: Home Collection Vegetables ベジタリアンのレシピがいっぱい。

  • MOOG: A staple for any survivalist.

    MOOG:どんなサバイバル派にも必需品。

  • MOOG: You supply the food, I’ll supply the accommodation. I think that’s a pretty fair deal.

    食べ物を提供してくれれば、私は宿泊施設を提供する。かなり公平な取引だと思います。

  • Marty: I have a question, survival man!

    マーティI have a question, survival man!

  • MOOG: Yes Marty: Defiance in the face of adversity.

    MOOG: はい、マーティです。逆境に直面した時の Defiance

  • 136 easy to remember techniques of being the sole survivor by Krom Thursbund.

    Krom Thursbundによる唯一の生存者であることのテクニックを覚えやすい136。

  • Marty: When to take presumptive treatment?

    マーティ推定治療を受けるタイミングは?

  • MOOG: What does presumptive mean? Marty: Malaria is more likely if you have a fever plus any of the other symptoms present...

    MOOG: presumptiveってどういう意味ですか? Marty.マラリアは発熱に加えて他の症状があれば可能性が高いです...

  • Have we got anything to guard us against malaria? MOOG: I can’t speak for malaria but what...

    マラリア対策はしているのかな?マラリアのことは言えませんが...

  • ...I can say is because we are in New Zealand there’s no snakes and no spiders. It’s not like Australia.

    ...ニュージーランドにはヘビもクモもいません。オーストラリアとは違います。

  • Nothing here kills youMarty: What?

    ここでは何もできないわWhat?

  • MOOG: …except rabid sheep. Marty: No there’s a….therethere must be spiders but spiders but they don’t kill you.

    MOOG: ...狂信的な羊を除いて。マーティ.No there's a... there's a... there must be there to be spiders but spiders but they don't kill you.

  • MOOG: No bad ones. MOOG: They don’t even have Spider-Man, the movie, here. It was never released.

    MOOG:悪いやつはない。MOOG: 映画のスパイダーマンもここにはないんですよ。公開されていませんでした。

  • Marty: Really? MOOG: Yeah, becauseMarty: They would have scared people

    マーティReally?MOOG: Yeah, because... Marty.彼らは人々を怖がらせているだろう...

  • MOOG: They are like no one knew what they were. Spider? What’s that?

    MOOG:誰も知らないような存在です。蜘蛛ですか?それは何ですか?

  • MOOG: Oh, what’s this? Never heard of a spider aye.

    MOOGです。おお、これは何だ?クモアイなんて聞いたことないな。

  • MOOG: Oh wow, this is intense. This is it. My feet are off, it’s so weird. It’s just driving itself.

    MOOGです。うわー、これは強烈だ。これだよ。足が外れていて、変な感じです。自分で運転しているだけなのに。

  • Marty: Great!

    マーティGreat!

  • MOOG: This is pretty cooMarty: I love. I love that!

    MOOG:これはかなりクゥ...マーティ。I love.私はそれを愛しています!

  • MOOG: That’s pretty awesome. That’s technology actually doing something.

    MOOG: それはかなりすごいですね。テクノロジーが実際に何かをしているということですね。

  • Marty: I’m aware that you could be an expert 4 wheel driver and use a 50 year old 4 wheel drive and be a boss at it...

    マーティ私はあなたが専門家の4輪ドライバーになることができ、50年前の4輪駆動を使用して、それでボスになることを認識しています...

  • ...but for some peoplelike people like uspeople who have not reviewed a 4 wheel drive before, that’s pretty cool. Isn’t it?

    ...でも、私たちのような...4輪駆動のレビューをしたことがない人にとっては、それはかなりクールなことなんです。そうだろ?

  • MOOG: Yeah, that is pretty cool. MOOG: Some technology is completely useless like who needs a Bluetooth dildo?

    MOOG: うん、それはかなりクールだね。MOOG: Bluetoothのディルドを必要としている人がいないような、全く役に立たない技術もあります。

  • Waste of time, you know. Whereas this, it actually does something for youit works.

    時間の無駄だそれに対して、これは、実際に何かをしてくれる...効果がある。

  • Presenter: As we continue down the mountain, we found some mud.

    プレゼンター。山を下っていくと、いくつかの泥が出てきました。

  • Weve conquered some mud and weve conquered some cows. Now, let’s talk engine.

    泥も制覇したし、牛も制覇したし。さて、エンジンの話をしよう。

  • MOOG: Any car review worth its weightworth its salt, is that the term?

    MOOG:どんな車のレビューでも、その重さに見合うだけの価値がある......その塩の価値がある、という言葉でいいのでしょうか?

  • Marty: Worth its salt

    マーティその塩の価値が...

  • MOOG: …Worth its salt. I should talk about the power plant of a car. This is a 3.2L?

    MOOG: ...その塩の価値がある。車のパワープラントの話をしなければなりませんね。これは3.2Lですか?

  • Marty: 3.2L dieselturbocharged dieselCommonrail injection

    マーティ3.2Lディーゼル...ターボディーゼル...コモンレール噴射...

  • MOOG: 5-Cylinder? Marty: 5-Cylinder.

    MOOG:5気筒?マーティ:5気筒。

  • MOOG: That’s freaky, isn’t it? Marty: Yeah man. You know, like those XR5 turbos...and

    MOOG: That's freaky, isn't it?Marty.Yeah man.あなたが知っている、それらのXR5ターボのような...そして...

  • ...and Volvos and stuff that have 5-Cylinder engines. This is a 5-Cylinder engine!

    5気筒エンジンを搭載しているボルボなどもそうですがこれが5気筒です。

  • MOOG: Okay. Marty: But, it’s a diesel. It’s like about a 150 kW, roughly.

    MOOGです。はい、わかりました。マーティです。でも、ディーゼルなんですよ。ざっと150kWくらいですね。

  • MOOG: Far out, man!

    moog.遥か彼方へ!

  • Marty: Get in there, dude. Marty: Slow.

    マーティそこに、男を取得します。マーティ:スロー。

  • MOOG: I’m just worried we won’t actually get out again.

    MOOG:実際にまた出られないのではないかと心配しているだけです。

  • Marty: Nah, you'll be alright. Marty: We got this.

    マーティNah, you'll be alright.マーティ:私たちはこれを得た。

  • Marty: Well, wheel spin, Diff Lock dude. MOOG: Yeah, can you Diff Lock me?

    マーティWell, wheel spin, Diff Lock dude.MOOG: Yeah, can you Diff Lock me?

  • Marty: Is it on?

    マーティIs it on?

  • Marty: Hey, how cool is that? MOOG: Mad, brother.

    Marty.Hey, how cool is that?MOOG: Mad, brother.

  • Presenter: Here’s some more review-y stuff for you. The Ranger has storage compartments...

    プレゼンターここにもレビュー的なものがあります。レンジャーには収納コンパートメントがあります...

  • ...everywhere including a laptop sized glove box and an integrated light that’s in the cargo tray.

    ...ノートパソコンサイズのグローブボックスや、カーゴトレイに内蔵されたライトなど、どこにでもあります。

  • There’s rain sensing wipers, automatic headlights, electric power-assisted steering, a lane keeping system..

    レインセンサーワイパー 自動ヘッドライト 電動パワーステアリング レーンキーピングシステム...

  • ...plus adaptive cruise control available, which adjust your speed based on the traffic around you.

    ...プラス適応型クルーズコントロールが利用可能で、周囲の交通状況に応じて速度を調整します。

  • MOOG: Dude, there’s 2 screens in here that you can totally customize. Different guages, dials and stuff like that.

    MOOGです。ここには2つの画面があって、完全にカスタマイズできるんだ。いろいろなゲージやダイヤルなどがあります。

  • This is all touch screen but what’s really awesome is the powerno, not the enginewe got like multiple USB powers and Martin, my favorite

    これは全てタッチスクリーンですが、何がすごいかというと...いや、エンジンじゃなくて...複数のUSBパワーと、私の大好きなマーティンのような...

  • Marty: There’s a built-in inverter.

    マーティインバーターが内蔵されています。

  • MOOG: That’s right. Marty: Yeah, that’s pretty cool.

    MOOG: そうですね。Marty.うん、それはかなりクールだね。

  • So, weve got back behind here, youve got a 240-volt plug that you can plug charges and all sorts of stuff into which is pretty handy.

    だから、ここに戻ってきて、240ボルトのプラグを持っていて、充電したり、いろいろなものを差し込むことができるので、かなり便利です。

  • And you know what? With some of this technology if you can have it, why wouldn’t you?

    そして、あなたは何を知っていますか?この技術のいくつかは、あなたがそれを持つことができるならば、なぜあなたはそれを持っていないのですか?

  • For example, like it’s…it tells you when your tire pressure is low, which if you are doing 4 wheel driving, you drop your tire pressures generally.

    例えば、それのような...それはあなたが4輪駆動をしている場合は、一般的にあなたのタイヤの圧力をドロップしている場合、あなたのタイヤの圧力が低いときに教えてくれます。

  • Marty: And that reminds you that it’s down so when you get back on the bitchumen it reminds you on filling up, you get out and you get your inflator

    マーティそして、それがダウンしていることを思い出させますので、あなたが bitchumenに戻ってくるとき、それは充填にあなたを思い出させ、あなたが出て、あなたのインフレータを取得します...

  • MOOG: Well, weve got whole episodes on that like installing them, putting them in. It already has it which I think is pretty cool.

    MOOG: そうですね、それをインストールしたり、入れたり、というようなエピソードがあります。それはもう、とてもクールだと思います。

  • Marty: Just factory….so cool.

    マーティです。Just factory...so cool.

  • MOOG: What I like about this is that you can customize this so you can have your RPM

    MOOG:私が気に入っているのは、これをカスタマイズできるので、自分のRPMを持つことができるということです。

  • ...you can have all sorts of different stuff there and set it up, which is actually really cool.

    ...いろいろな種類のものを用意して、それをセットアップすることができて、本当にクールなんです。

  • Presenter/MOOG: So there’s your nerdy facts but now it’s time for food.

    プレゼンター/MOOG: さて、オタク的な事実が出てきましたが、次は食べ物の時間です。

  • MOOG: Are you hungry yet? Marty: What are we eating?

    MOOG: Are you hungry yet?Marty.What are we eating?

  • MOOG: Now, unlike some of the shrooms that you might find in Nimbin or up in Byron Bay...

    ビンビンやバイロンベイで 見つけるような キノコとは違って...

  • ...most of the ones around here are fairly safe to eat. They are also particularly delicious if they are brightly colored and spotted so these ones here...

    ...この辺りのものは、ほとんどが食べても大丈夫なものが多いです。また、色が鮮やかで斑点のあるものは特に美味しいので、ここのものは

  • ….I’ll just pick one of those….you could literally just pick those and get straight into them.

    ........文字通りそれらを選んで、そのまま突っ込んでもいいんじゃないかな。

  • MOOG: That’s a good shroom.

    MOOG:いいシュルームですね。

  • Presenter: My friend hasn’t had much luck foraging for food so it’s my time to shine.

    プレゼンター。友人があまり餌を求めていないので、私が輝く時が来ました。