Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The discovery of the structure of DNA

    DNAの構造の発見

  • was one of the most important scientific achievements in the last century,

    は、前世紀の最も重要な科学的成果の一つであった。

  • in human history, in fact.

    人類の歴史の中で

  • The now-famous double helix is almost synonymous with Watson and Crick,

    今では有名な二重らせんは、ワトソンとクリックのほぼ同義語です。

  • two of the scientists who won the Nobel Prize for figuring it out.

    それを解明するためにノーベル賞を受賞した科学者のうちの二人。

  • But there's another name you may know, too,

    でも、もう一つ知っている名前があります。

  • Rosalind Franklin.

    ロザリンド・フランクリン

  • You may have heard that her data supported Watson and Crick's brilliant idea,

    彼女のデータがワトソンとクリックの見事なアイデアを裏付けたと聞いたことがあるかもしれません。

  • or that she was a plain-dressing, belligerent scientist,

    とか、彼女が地味な格好で好戦的な科学者だったとか。

  • which is how Watson actually described her in "The Double Helix."

    ワトソンが実際に「ダブル・ヘリックス」で 彼女を描写した言葉だ

  • But thanks to Franklin's biographers,

    でもフランクリンの伝記には感謝しています。

  • who investigated her life and interviewed many people close to her,

    彼女の人生を調査し、身近な多くの人にインタビューした。

  • we now know that that account is far from true,

    その説明は真実とは程遠いことが分かっています。

  • and her scientific contributions have been vastly underplayed.

    と彼女の科学的な貢献は、大きく過小評価されてきました。

  • Let's hear the real story.

    本当の話を聞いてみよう。

  • Rosalind Elsie Franklin was born in London in 1920.

    ロザリンド・エルシー・フランクリンは1920年ロンドン生まれ。

  • She wanted to be a scientist ever since she was a teenager,

    10代の頃から科学者になりたいと思っていたそうです。

  • which wasn't a common or easy career path for girls at that time.

    当時の女子の進路は一般的ではなく、簡単なものではありませんでした。

  • But she excelled at science anyway.

    しかし、彼女はとにかく理科に秀でていた。

  • She won a scholarship to Cambridge to study chemistry,

    彼女はケンブリッジ大学で化学を学ぶために奨学金を獲得しました。

  • where she earned her Ph.D.,

    また、博士号を取得しています。

  • and she later conducted research on the structure of coal

    であり、後に石炭の構造に関する研究を行った。

  • that led to better gas masks for the British during World War II.

    それが第二次世界大戦中のイギリスのためのより良いガスマスクにつながった。

  • In 1951, she joined King's College

    1951年、キングスカレッジに入校。

  • to use x-ray techniques to study the structure of DNA,

    DNAの構造を研究するためにX線技術を使用しています。

  • then one of the hottest topics in science.

    そして、科学の中で最もホットな話題の一つです。

  • Franklin upgraded the x-ray lab and got to work

    フランクリンはX線検査室をアップグレードし、仕事に取り掛かった。

  • shining high-energy x-rays on tiny, wet crystals of DNA.

    高エネルギーX線をDNAの微小で湿った結晶に照射。

  • But the acadmemic culture at the time wasn't very friendly to women,

    しかし、当時のアカデミック文化は女性に優しいものではありませんでした。

  • and Franklin was isolated from her colleagues.

    フランクリンは同僚から孤立していました。

  • She clashed with Maurice Wilkins,

    モーリス・ウィルキンスと衝突した

  • a labmate who assumed Franklin had been hired as his assistant.

    フランクリンが助手として雇われたと思い込んでいた研究室の仲間。

  • But Franklin kept working,

    しかし、フランクリンは仕事を続けた。

  • and in 1952, she obtained Photo 51, the most famous x-ray image of DNA.

    そして1952年には、DNAの最も有名なX線画像である写真51を取得しました。

  • Just getting the image took 100 hours,

    画像を取得するだけで100時間かかりました。

  • the calculations necessary to analyze it would take a year.

    それを分析するために必要な計算は1年かかるでしょう。

  • Meanwhile, the American biologist James Watson

    一方、アメリカの生物学者ジェームズ・ワトソンは

  • and the British physicist Francis Crick

    とイギリスの物理学者フランシス・クリック

  • were also working on finding DNA's structure.

    は、DNAの構造を見つけることにも取り組んでいました。

  • Without Franklin's knowledge,

    フランクリンの知らないところで

  • Wilkins took Photo 51 and showed it to Watson and Crick.

    ウィルキンスは写真51を撮影し、ワトソンとクリックに見せました。

  • Instead of calculating the exact position of every atom,

    すべての原子の正確な位置を計算する代わりに

  • they did a quick analysis of Franklin's data

    彼らはフランクリンのデータを簡単に分析した

  • and used that to build a few potential structures.

    それを利用して、いくつかの潜在的な構造を構築しました。

  • Eventually, they arrived at the right one.

    最終的には、ぴったりのものに辿り着きました。

  • DNA is made of two helicoidal strands,

    DNAは2本のヘリコイド鎖でできています。

  • one opposite the other with bases in the center like rungs of a ladder.

    梯子の梯子のように中央にベースがある反対側の1つのはしご

  • Watson and Crick published their model in April 1953.

    ワトソンとクリックは1953年4月にモデルを発表した。

  • Meanwhile, Franklin had finished her calculations,

    その間にフランクリンは計算を終えていた。

  • come to the same conclusion,

    同じ結論になる

  • and submitted her own manuscript.

    と自作の原稿を提出した。

  • The journal published the manuscripts together,

    誌面では、原稿をまとめて掲載した。

  • but put Franklin's last,

    フランクリンを最後にした

  • making it look like her experiments just confirmed Watson and Crick's breakthrough

    彼女の実験でワトソンとクリックの躍進を確認したように見せかけて

  • instead of inspiring it.

    鼓舞するのではなく

  • But Franklin had already stopped working on DNA

    しかし、フランクリンはすでにDNAの研究をやめていた。

  • and died of cancer in 1958,

    で、1958年に癌で死亡した。

  • never knowing that Watson and Crick had seen her photographs.

    ワトソンとリックが彼女の写真を見たことを知らなかった。

  • Watson, Crick, and Wilkins won the Nobel Prize in 1962

    ワトソン、クリック、ウィルキンスの3人が1962年にノーベル賞を受賞

  • for their work on DNA.

    DNAに関する研究に

  • It's often said that Franklin would have been recognized by a Nobel Prize

    フランクリンはノーベル賞を受賞してもおかしくないとよく言われている

  • if only they could be awarded posthumously.

    死後に表彰してくれればいいのですが。

  • And, in fact, it's possible she could have won twice.

    実際には2回も勝てた可能性もあるし

  • Her work on the structure of viruses led to a Nobel for a colleague in 1982.

    彼女のウイルスの構造に関する研究は、1982年に同僚のためにノーベル賞を受賞しました。

  • It's time to tell the story of a brave woman who fought sexism in science,

    科学の中で性差別と戦った勇敢な女性の話をする時が来ました。

  • and whose work revolutionized medicine, biology, and agriculture.

    そして、その仕事は医学、生物学、農業に革命をもたらしました。

  • It's time to honor Rosalind Elsie Franklin,

    ロザリンド・エルシー・フランクリンを 讃える時が来たのです

  • the unsung mother of the double helix.

    二重らせんの不名誉な母。

The discovery of the structure of DNA

DNAの構造の発見

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed フランクリン ワトソン dna クリック 受賞

TED-ED】ロザリンド・フランクリン。DNAの知られざる英雄-クラウディオ・L・ゲラ

  • 643 84
    Sh, Gang (Aaron) に公開 2016 年 07 月 14 日
動画の中の単語