Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hi, I’m John Green and this is Crash Course Literature

    こんにちは ジョン・グリーンです クラッシュ・コースの文学です

  • and today were going to talk about The Catcher in the Rye,

    今日は「ライ麦畑でつかまえて」についてお話しします。

  • the bestselling book never to be adapted into a film.

    映画化されないベストセラー。

  • Mr. Green, Mr. Green!

    グリーンさん、グリーンさん!

  • What about the Quran?

    コーランはどうなの?

  • Fair enough, Me from the Past,

    いいだろう、過去の私。

  • but there’s a religious injunction there.

    しかし、そこには宗教的な差し止めがあります。

  • The reason this has never been made into a movie is of course

    これが映画化されていないのは、もちろん

  • because Salinger and his estate won’t allow it.

    サリンジャーと彼の財産が許さないからだ

  • [spoilsporting FTL or Litigation as sport FTW?]

    スポイルスポーツとしてのFTLや訴訟はスポーツとしてのFTW?

  • But how this text

    しかし、このテキストがどのように

  • I mean, even most of Salinger’s covers are imageless

    サリンジャーのカバーでさえ、ほとんどが無イメージなんだよ

  • has managed to remain relevant without a movie adaptation

    映画化されなくても

  • in our image-saturated and image-driven culture is a very interesting question.

    私たちのイメージ飽和型、イメージ駆動型の文化の中では、非常に興味深い質問です。

  • [but not one to subject TFIOS to, if you please]

    [でも TFIOS を対象とするものではありませんが、よろしければ]

  • And so today were gonna take a look at the pure and unadulterated text of

    今日は、純粋で純粋なテキストを見てみましょう

  • The Catcher in the Rye.

    ライ麦畑でつかまえて

  • Now there are many ways to read a novel critically,

    今は小説を批判的に読む方法がたくさんあります。

  • and next week well take a very different approach:

    と、来週はまた違ったアプローチをします。

  • Well infuriate J.D Salinger’s ghost by reading this novel in a historical

    この小説を歴史的に読んでJ.D.サリンジャーの幽霊を怒らせます。

  • and biographical context.

    と伝記的な文脈があります。

  • But today, let’s appease Salinger’s ghost by pretending

    でも今日はサリンジャーの幽霊をなだめるために、ふりをして

  • that he as a person never existed.

    人としての彼が存在しないことを

  • [BEST]

    ベストです。

  • [intro music]

    [イントロの音楽]

  • [intro music]

    [イントロの音楽]

  • [intro music]

    [イントロの音楽]

  • [intro music]

    [イントロの音楽]

  • [EVER]

    [EVER]

  • These days our artistic landscape is so deeply defined by visual narratives

    最近の私たちの芸術の風景は、視覚的な物語によって深く定義されています。

  • on TV and in the movies that we can hardly imagine a world without images.

    テレビや映画では、映像のない世界はほとんど想像できません。

  • [or without HBO, ideally]

    理想的にはHBOなしで

  • In fact, I’d argue that we have a bad habit

    実際、私たちの悪い癖に

  • of seeing books as sort of cheaply-made movies

    安物見たさ

  • where the words do nothing but create visual narratives in our heads.

    言葉は頭の中に視覚的な物語を作り出すだけで、何もしていません。

  • So too often what passes for literary criticism is

    そのため、文芸批評のようなものは、あまりにも多くの場合

  • “I couldn’t picture that guyor “I liked that part

    "あいつが描けなかった "とか "あそこが好きだった "とか

  • orThis part shouldn’t have happened;”

    または "この部分は起こるべきではなかった"

  • that is, weve left language so far behind that sometimes

    というか、言葉を置き去りにしてきたので、時々

  • we judge quality solely based on a story’s actions.

    私たちは物語の行動だけで品質を判断しています。

  • So we can appreciate a novel that constructs its conflicts

    だからこそ、その葛藤を構築する小説を評価することができる。

  • primarily through plot

    主にプロットを介して

  • the layered ambiguity of a fatal car accident caused

    重複した曖昧さ

  • by a vehicle owned by Gatsby but driven by someone else, for instance.

    例えば、ギャツビーが所有していたが、他の誰かが運転していた車によって。

  • But in this image-drenched world, sometimes we struggle to appreciate

    しかし、このイメージに溢れた世界では、時として、私たちは、そのことを評価するのに苦労することがあります。

  • and celebrate books where the quality arises not exclusively from plot

    筋書きだけではなく、質の高い本を称えよう

  • but also from the language itself. [did things just get a bit personal?]

    しかし、言語自体からも。[ちょっと個人的になっちゃった?]

  • Holden Caulfield, by the way,

    ホールデン・コーフィールドだ

  • was aware of this because he too lived in an image-driven world.

    彼もまた、イメージの世界に生きていたからこそ、そのことに気付いていたのです。

  • I mean,

    というか

  • on the very first page of the book, Holden calls his brother a prostitute

    本の最初のページでホールデンは弟を娼婦と呼ぶ

  • for abandoning bookwriting for Hollywoodband says,

    ハリウッドバンドのために本の執筆を放棄したために言っています。

  • If there’s one thing I hate, it’s the movies.”

    "嫌いなものがあるとすれば 映画だ"

  • [hipsters can be such haters]

    [ヒップスターは嫌われる]

  • And the novel frequently identifies itself in direct opposition to film,

    そして、この小説は、映画とは直接対立するものであることを頻繁に認識している。

  • as for instance when Holden says,

    例えばホールデンが言うように

  • “I don’t remember if he knocked me out or not, but I don’t think so.

    "ノックアウトされたかどうかは覚えていませんが、そうではないと思います。

  • It’s pretty hard to knock a guy out, except in the goddam movies.”

    男をノックアウトするのは難しい映画以外ではね"

  • By the way, for the record,

    ところで、念のため。

  • it is okay to sayCharlotte Bronteif you are quoting the book in question.

    問題の本を引用しているのであれば、「シャーロット・ブロンテ」と言っても構いません。

  • But, now, outside of the text, I have to useCharlotte Bronte.”

    でも今は文章以外では "シャーロット・ブロンテ "を使わないといけない

  • Stan, I know we have to do it for the schools,

    スタン、学校のためにやらないといけないのは分かっている。

  • but this prohibition on cursing is so Emily Bronte annoying.

    でも、この罵り合いの禁止は、エミリー・ブロンテがうっとうしいくらいです。

  • [see what he did there]

    [彼が何をしたか見て]

  • Okay so if youll just allow me one biographical note here,

    では、一つだけ伝記を書かせてください。

  • Salinger once wrote in a letter,

    サリンジャーはかつて手紙でこう書いていた。

  • “‘The Catcher in the Ryeis a very novelistic novel.

    "ライ麦畑でつかまえて "はとても斬新な小説です。

  • There are readymadescenes’— only a fool would deny that

    既製の「シーン」がある-それを否定するのは愚か者だけだ-。

  • but, for me, the weight of the book is in the narrator’s voice,

    しかし、私にとってこの本の重みは語り手の声にあります。

  • the non-stop peculiarities of it,

    そのノンストップのクセに

  • his personal, extremely discriminating attitude to his reader-listener.

    彼の個人的な、極めて差別的な読者リスナーへの態度。

  • He can’t legitimately be separated from his own first-person technique.”

    彼は合法的に自分の一人称のテクニックと切り離すことはできない。"

  • Alright, but before we examine that first-person technique,

    いいだろうが、その前に一人称視点のテクニックを調べよう。

  • let’s go to the image-tastic Thought Bubble.

    イメージタスティックな思考バブルへ行こう

  • Catcher in the Rye is the story of Holden Caulfield’s expulsion from Pencey Prep

    キャッチャー・イン・ザ・ライ」は、ホールデン・コーフィールドがペンシー予備校から追放されるまでの物語です。

  • and his journey back home to New York City,

    とニューヨークへの帰路についた。

  • where he bums around for a few days trying to get someone to listen to him

    愚痴を聞いてもらいに行くところ

  • and meaningfully respond to his fears about becoming an adult

    と、大人になることへの不安に有意義に対応しています。

  • Holden has grown six inches in the past year

    ホールデンはこの1年で6インチ成長しました。

  • and one side of his head is full of gray hair,

    と、頭の片側が白髪だらけになっています。

  • both symbols of impending, inevitable adulthood

    共に成人の象徴

  • and its accompanying adulteration of innocence.

    そして、それに伴う無垢の冒涜。

  • He’s so obsessed with and protective of innocence

    無垢に執着して保護している

  • that he can’t even throw a snowball at a car because the car quote

    車に雪だるまを投げることもできないとは

  • looked so nice and white.”

    "白くて素敵だった"

  • Over and over again, Holden tries to reach out to people

    何度も何度も何度も、ホールデンは人々に手を差し伸べようとする。

  • who might tell him that adulthood will be okay

    大人になっても大丈夫だと言ってくれる人がいたら...

  • friends, old teachers, a prostitute, a nun, cab drivers--

    友人、古い先生、売春婦、尼僧、タクシー運転手...

  • but he can never quite find a way to ask these questions directly,

    しかし、彼はこれらの質問を直接聞く方法を見つけることができません。

  • and anyway, no one ever listens to him.

    そして、とにかく、誰も彼の話を聞かない。

  • Nothing much else happens:

    他には何も起こらない。

  • There are no explosions or car chases and certainly no skoodilypooping,

    爆発やカーチェイスはありませんし、確かにskoodilypoopingはありません。

  • as Holden Caulfield is perhaps the first human in history

    ホールデン・コーフィールドは、おそらく史上初の人間です。

  • ever to pay a prostitute not to have sex with him.

    娼婦に金を払ってまでセックスをしないことはない

  • What Holden really wants is not

    ホールデンが本当に求めているのは

  • sex or money or power or any of the dramatic stuff in Hollywood movies:

    セックス、お金、権力、ハリウッド映画のドラマチックなものは何でもあります。

  • He wants to stop time.

    彼は時間を止めたがっている。

  • As he famously says when thinking about the Natural History Museum,

    自然史博物館のことを考えるとき、彼は有名なように言う。

  • The best thing, though,

    "最高のもの "ではありますが

  • in that museum was that everything always stayed right where it was.”

    "その博物館では全てが常にあるべき場所に 留まっていた"

  • Holden wants to be a protector of innocence

    ホールデンは無垢の守護者になりたいと思っている

  • a catcher in the rye

    拾い手

  • but he also wants to stay innocent himself.

    しかし、彼自身も無邪気なままでいたいと思っています。

  • Thanks, Thought Bubble.

    ありがとう、思考の泡。

  • So one way this is explored is through sex.

    だから、これを探求する一つの方法は、セックスを通してです。

  • Holden is certainly very interested in sexuality,

    ホールデンは確かにセクシュアリティに興味があります。

  • and he acknowledges his sexual desire,

    と性欲を認める。

  • but what he knows of the adult world of sex is very scary and even abusive.

    しかし、彼が知っている大人のセックスの世界はとても怖く、虐待ですらあります。

  • After a possible sexual advance from a trusted adult near the end of the novel,

    小説の終わり近くに、信頼できる大人から性的な誘いを受ける可能性があった後。

  • Holden says,

    ホールデンが言う。

  • That kind of stuff’s happened to me about twenty times since I was a kid.”

    "子供の頃からそういうことは20回くらいあった"

  • [grody to the maXXX]

    [grody to the maXXX]

  • Like a lot of what Holden tells us about his feelings, that’s very subtle

    ホールデンの気持ちもそうだが微妙だな

  • and it requires close reading. But it’s important.

    それには精読が必要ですでも重要なことです

  • Like it’s easy to see why the adult world strikes Holden as so phony:

    大人の世界がホールデンを偽物扱いするのは 簡単なような気がする

  • The only adult who pays attention to him in the entire novel has ulterior motives.

    小説全体の中で唯一彼に注目している大人には下心がある。

  • So he just wants to stop time

    だから彼は時間を止めたいだけなんだ

  • to keep himself and the people he cares about away from that world.

    自分や大切な人をその世界から遠ざけるために

  • You may remember this obsession with stopping time

    時間を止めることへの執着を覚えているかもしれません。

  • holdintime back, [grumble] if youll pardon the pun

    遅ればせながら

  • from The Great Gatsby.

    グレート・ギャツビーより

  • Of course,

    もちろんです。

  • that doesn’t work out for Gatsby, just as it doesn’t work for Holden.

    ギャツビーにもホールデンにも通用しない

  • I mean, the kid’s sixteen-years-old and he’s already got gray hair.

    子供は16歳でもう白髪になってるし

  • [worked for Anderson "silverfox" Cooper]

  • Oh, it’s time for the Open Letter?

    あ、そろそろオープンレターの時間かな?

  • [Solo Green squarely skids to score specific seat singly significant to self]

    [ソロ・グリーンは自分にとって重要な特定の席を獲得するために、正面から横滑りする]

  • An Open Letter to Gray Hair.

    白髪へのオープンレター。

  • But first, let’s see what’s in the secret compartment today.

    でもその前に、今日は秘密の区画の中身を見てみましょう。

  • Oh, thank God, it’s the red hunting cap.

    ああ、よかった、赤いハンチング帽だ。

  • Oh, my people-hunting hat.

    ああ、私の人探しの帽子。

  • [the most dangerous game]

    危なげなげなゲーム

  • Stan, I know this is corny,

    スタン 変な言い方だけど

  • but I just feel so much more confident when I’m wearing it.

    でも、着ていると自信が湧いてくるんですよね。

  • It’s kind of my emblem of protection.

    私の保護の紋章のようなものです。

  • Dear Gray Hair,

    白髪の方へ

  • You generally result from the wisdom that comes with age,

    一般的には年齢に応じた知恵で結果を出していますね。

  • or else someone experiencing a great fright.

    そうでなければ、大きな恐怖を経験している人がいます。

  • But gray hair, if youre associated with age,

    でも白髪は、年齢と関係があるなら

  • how come youve already attacked Holden Caulfield?

    なぜホールデン・コーフィールドを攻撃した?

  • And more importantly, how come youve already attacked ME?

    ましてや、なんでもうMEを攻撃してきたんだ?

  • I just had a haircut,

    髪を切ったばかりなのに

  • and not a great one I might add, [for reals. Poufador? Pompapouf?]

    傑作ではないかもしれませんが。

  • and my [former] stylist said,

    と[元]スタイリストが言っていました。

  • Do you think we should dye your hair? You ARE on YouTube.”

    "髪を染めるべきだと思う?"ユーチューブにいるのは君だ"

  • There’s no room in the brave, new media world for wisdom or age.

    勇敢な新しいメディアの世界には、知恵も年齢も入る余地はありません。

  • Holden Caulfield, I’m beginning to know what it’s like to be you.

    ホールデン・コーフィールド 君の気持ちが分かってきたよ

  • Gray hair, all of this leads,

    白髪、すべてにつながる。

  • as T.S. Eliot put it, to anoverwhelming question,”

    エリオットの言うところの「圧倒的な疑問」に対して

  • should I dye my hair?

    髪を染めた方がいいですか?

  • Eh, I think I’ll just stick with my red hat.

    赤い帽子のままでいようかな

  • It covers my gray hair and [preempts Stan from flicking his ears]

    白髪を覆い、[スタンの耳かきを免除]してくれる。

  • it makes me feel like I can take on the crushing phoniness of the adult world.

    大人の世界の押しつぶしのような音痴さを引き受けることができるような気がしてきます。

  • Best Wishes, John Green

    ジョン・グリーンに幸あれ

  • Okay, let’s now turn to what Salinger called Holden’s first-person technique.

    サリンジャーがホールデンの一人称で呼んでいたものを見てみよう

  • So, all these experiences are obviously very important and intense to Holden.

    だから、これらの経験は、ホールデンにとって明らかに非常に重要で強烈なものなのです。

  • I mean, he’s writing us about the stuff that led him to a mental hospital.

    精神病院に入院した経緯を書いてくれてるんだが

  • But, the intensity of these emotions is masked by the tactics of his narration.

    しかし、その感情の激しさは、彼の語りの戦術によって覆い隠されている。

  • I mean, we just saw how subtly he hints at sexual abuse, for instance.

    彼が性的虐待をほのめかしてたのを 見たばかりだからな

  • And also, Holden uses the passive voice constantly,

    あと、ホールデンは常に受身の声を使っています。

  • which of course youre not supposed to do as a writer.

    作家としてやってはいけないことですよね。

  • Look, for instance, at this sentence,

    例えば、この文章を見てください。

  • The reason I was standing way up on Thomsen Hill,

    "トムセン丘の上に立っていた理由

  • instead of down at the game,

    ゲームでダウンするのではなく

  • was because I’d just got back from New York with the fencing team.”

    "フェンシングチームと一緒に ニューヨークから帰ってきたばかりだったから"

  • Any writing teacher would tell you that this is a disaster.

    文章を書く先生なら誰でも「これは災難だ」と言うでしょう。

  • You ought to say, “I stood way up on Thomsen Hill,”

    "トムセンの丘の上に立っていた" と言うべきだな

  • not “I was standing on it.”

    "その上に立っていた "ではなく

  • But this passive voice is a coping mechanism.

    しかし、この受動的な声は対処メカニズムです。

  • I mean,

    というか

  • the whole reason that writing teachers tell you not to use the passive voice

    文章を書くときに受動態を使うなと言われる全理由

  • is because it creates distance, whereas active verbs feel immediate and real.

    というのは、能動詞が即時的でリアルに感じるのに対し、距離感が生まれるからです。

  • But Holden needs to create distance between himself

    ホールデンは自分との間に 距離を置く必要がある

  • and the reality of his pain.

    と彼の痛みの現実。

  • I mean, he’s standing on top of that hill because he’s been expelled from school

    退学になったからあの坂の上に立ってるんだから

  • and also because everyone hates him

    ましてやみんなに嫌われているから

  • because he left the fencing team’s equipment on the subway

    地下鉄にフェンシング部の道具を置いてきたから

  • thereby forcing them to forfeit, becoming

    没収を余儀なくされて

  • the first person in history to lose the big game WITHOUT BEING ON THE TEAM.

    史上初の大敗を喫した人物であり、チームに所属していないまま大敗を喫した。

  • Who wouldn’t want to distance themselves from that humiliation?

    その屈辱から距離を置きたいと思わない人はいないのではないでしょうか?

  • You see this again and again in Holden’s voice, and you also see

    ホールデンの声に何度も何度も出てきますし、また

  • other strategies of minimization of language as a form of self-protection.

    自己防衛の一形態としての言語の最小化の他の戦略。

  • I mean, he describes his institutionalized self as

    つまり、彼は制度化された自分を次のように表現しています。

  • pretty run down.”

    "かなりの廃墟"

  • He says that Ackley issort of a nasty guy.”

    アックレーは "意地悪な男 "だと言ってた

  • Hesort ofstrikes up a conversation with a cab driver,

    彼はタクシーの運転手と会話をしている。

  • asking him what happens to the ducks in the pond when winter comes.

    冬が来たら池の鴨はどうなるのかと聞いてみた。

  • Late in the novel, he sort of gives his sister, Phoebe, a kiss.

    小説の後半では、彼は一種の彼の妹、フィービー、キスを与える。

  • In fact, the phrasesort ofappears in the novel 179 times.

    実際、この小説には179回も "sort of "というフレーズが出てきます。

  • Also, even sixty years later, Holden’s voice still sounds authentic,

    また、60年経った今でもホールデンの声は本物に聞こえます。

  • which is a function of grammar and word choice.

    これは文法と単語の選択の機能です。

  • After Stradlater asks the expelled Holden to write a composition for him

    ストラドレイターが除名されたホールデンに作文を書いてくれと頼んだ後

  • because he quotedoesn’t know where to put the commas,” Holden writes,

    なぜなら、彼は「どこにカンマを入れたらいいかわからない」と引用しているからだ、とホールデンは書いている。

  • "That’s something else that gives me a royal pain. I mean if

    "That's something else that's gives me a royal pain.私が意味するのは、もし

  • youre good at writing compositions and somebody starts talking about commas.

    作文を書くのが得意な人がコンマの話を始めると

  • Stradlater was always doing that.

    ストラドレイターはいつもそれをやっていた。

  • He wanted you to think that the only reason HE was lousy at

    彼はあなたに、HEがお粗末なだけだと思わせたかったのです。

  • writing compositions was because he stuck all the commas in the wrong places.

    作文を書いていたのは、カンマを間違った場所に全部貼り付けていたからです。

  • He was a little bit like Ackley, that way.”

    "彼はアックリーに少し似ていた"

  • You see what Holden did there?

    ホールデンが何をしたか見たか?

  • He stuck a comma in the wrong place;

    コンマを間違った場所に突っ込んでしまった。

  • there shouldn’t technically be a comma beforethat way,” but it sounds right.

    の前にコンマを入れるべきではありませんが、それが正しいように聞こえます。

  • [also suffer with comma vomit, a bit]

    [コンマ吐いても苦しい、ちょっとだけ]

  • But Holden’s greatest gift as a narrator is that all these techniques

    しかし、ホールデンのナレーターとしての最大の才能は、これらのテクニックのすべてが

  • of creating distance only make it easier to empathize with him,

    距離を作ることは、彼に共感しやすくなるだけです。

  • especially when his defenses finally break down.

    特に最後に彼の守備が崩壊した時には

  • I mean, look, for instance,

    つまり、例えば、見てください。

  • at this passage where he’s talking about his brother Allie’s baseball glove:

    弟のアリーの野球のグローブの話をしているこの一節を見て

  • He had poems written all over the fingers and the pocket and everywhere.

    "彼は指やポケットの至る所に詩を書いていた

  • In green ink. He wrote them on it so that he’d have

    緑のインクで彼はそれを書いていたので

  • something to read when he was in the field and nobody was up at bat. He’s dead now.”

    彼が野原にいた時 誰も打席に立っていなかった時に 読むものがありました"彼は死んだ"

  • The gutpunch of those last three words is brilliant

    最後の3つの言葉のガツンとした感じが素晴らしい

  • a present tense sentence in a past tense novel.

    過去形小説の現在形文

  • We go from imagining a kid standing in the outfield reading poetry from his glove

    外野に立ってグローブから詩を読んでいる子供の姿を想像していると

  • to knowing that this kid is deadnot that he died or that he passed away

    この子が死んだことを知っていることと、死んだことではなく、死んだことでもなく、死んだことでもないことを知ること。

  • but that he IS dead now.

    しかし、彼は今、死んでいる。

  • The tense reminds us that the dead don’t stop being dead;

    時制は死者が死んでも止まらないことを思い出させてくれます。

  • that they remain dead, and that is how they haunt us.

    彼らが死んだままだからこそ、私たちを悩ませているのです。

  • Or another example, look at the use of the word listen in this novel.

    あるいは別の例として、この小説の「聞く」という言葉の使い方を見てみましょう。

  • Over and over again, charactersbut especially Holden

    何度も何度も登場人物、特にホールデンは...

  • begin sentences with LISTEN.

    LISTENで文章を始める。

  • Listen, do you feel like playing canasta?” Holden asks Ackley.

    "カナスタをやりたいか?"ホールデンがアックリーに尋ねる。

  • Ackley doesn’t.

    アックリーは違う

  • To Luce he says, “Listen, hey, Luce.

    ルーチェには、「聞いてくれよ、ルーチェ。

  • Youre one of those intellectual guys. I need your advice. I’m in a terrific—”

    君は知的な人だアドバイスが必要なんだ"私は今、すごい..."

  • and then Luce cuts him off, unable to listen even to the end of the sentence.

    と、最後まで聞く耳を持たずにルーチェに切り捨てられてしまう。

  • But at the end of the novel, Holden says to Phoebe,

    しかし、小説の最後にホールデンはフィービーに言います。

  • Listen, do you want to go for a walk?”

    "散歩に行かないか?"

  • It takes her a whilethey start out walking on opposite sides of the street

    彼女には時間がかかりますが、彼らは通りの反対側を歩き始めます。

  • but they do go for a walk. Holden finally does get listened to.

    散歩に行ったんだホールデンはやっと話を聞いてくれた

  • Maybe you realize that as youre reading

    もしかしたら、読んでいるうちに気づくかもしれませんが

  • or maybe you don’t, but it works on you unconsciously regardless.

    そうではないかもしれないが、無意識のうちに、関係なくあなたに働きかけている。

  • And so, moments later, you feel something welling up inside of you as Holden writes,

    ホールデンが書いている間に 何かが湧き上がるのを感じる

  • "I felt so damn happy all of a sudden,

    私は突然、とても幸せな気分になりました。

  • the way old Phoebe kept going around and around. I was damn near bawling,

    フェーベが何度も何度も回っていたのを見て私は泣きそうになった

  • I