Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Your brain on food.

    食べ物が脳にどのような影響を及ぼすか?

  • If you sucked all of the moisture out of your brain and broke it down to its constituent nutritional content, what would it look like?

    もしあなたが脳にある水分を取り除いて、栄養の構成成分に分解したら、どのように見えるでしょうか?

  • Most of the weight of your dehydrated brain would come from fats, also known as lipids.

    無水脳の大部分は脂肪 つまり脂質で構成されています。

  • In the remaining brain matter, you would find proteins and amino acids, traces of micronutrients, and glucose.

    そして残りの部分はタンパク質とアミノ酸、微量栄養素、そしてグルコースで構成されています。

  • The brain is, of course, more than just the sum of its nutritional parts, but each component does have a distinct impact on functioning, development, mood, and energy.

    もちろん、脳はこれらの栄養成分が混合しているだけでなく、各成分は機能、成長、気分、そして活力に異なった影響を与えます。

  • So that post-lunch apathy, or late-night alertness you might be feeling, well, that could simply be the effects of food on your brain.

    なので、昼食後の眠気や深夜の活力は、単に食物による脳への影響かもしれません。

  • Of the fats in your brain, the superstars are omegas 3 and 6.

    脳内の脂肪にあるオメガ 3 と 6 はとても重要です。

  • These essential fatty acids, which have been linked to preventing degenerative brain conditions, must come from our diets.

    退行性脳疾患の予防に役立つこれら必須脂肪酸は、食事を通して摂取しなければなりません。

  • So eating omega-rich foods, like nuts, seeds, and fatty fish, is crucial to the creation and maintenance of cell membranes.

    そのため、ナッツ、種、脂肪の多い魚など、オメガが豊富な食品を食べることは、細胞膜の生成と維持するのに非常に重要です。

  • And while omegas are good fats for your brain, long-term consumption of other fats, like trans and saturated fats, may compromise brain health.

    そして、オメガ脂肪酸はあなたの脳にとって良い脂肪ですが、トランス脂肪や飽和脂肪のような他の脂肪を長期摂取すると、脳の健康を危うくするかもしれません。

  • Meanwhile, proteins and amino acids, the building block nutrients of growth and development, manipulate how we feel and behave.

    一方、発育と成長の栄養素である蛋白質とアミノ酸は、私達の感じ方と行動に影響が出ます。

  • Amino acids contain the precursors to neurotransmitters, the chemical messengers that carry signals between neurons.

    アミノ酸は前駆物質である神経伝達物質(すなわちニューロンの間でシグナルを伝達する化学伝達物質) を含みます。

  • Affecting things like mood, sleep, attentiveness, and weight.

    気分、睡眠、注意力、体重などに影響を与えます。

  • They're one of the reasons we might feel calm after eating a large plate of pasta, or more alert after a protein-rich meal.

    それは私達がパスタ大盛りを食べた後に落ち着きを感じたり、あるいは蛋白質が豊富な食べ物の摂取後により機敏になる理由の一つです。

  • The complex combinations of compounds in food can stimulate brain cells to release mood-altering norepinephrine, dopamine, and serotonin.

    食物の中の化合物の複雑な組み合わせは脳細胞を刺激し、気分を変えるノルエピネフリン、ドーパミンとセロトニンを放出することができます。

  • But getting to your brain cells is tricky, and amino acids have to compete for limited access.

    しかし、脳細胞にたどり着くのは難しいです。それに、アミノ酸は限られた通路を競わなければなりません。

  • A diet with a range of foods helps maintain a balanced combination of brain messengers, and keeps your mood from getting skewed in one direction or the other.

    さまざまな食物を含む食事は、脳信号の組み合わせのバランスを維持するのを助け、気分が偏らないようにするのを防ぎます。

  • Like the other organs in our bodies, our brains also benefit from a steady supply of micronutrients.

    体の他の臓器と同様に、微量栄養素の安定供給は脳にとって良いことです。

  • Antioxidants in fruits and vegetables strengthen the brain to fight off free radicals that destroy brain cells, enabling your brain to work well for a longer period of time.

    果物や野菜に含まれる抗酸化物質は、脳細胞を破壊するフリーラジカルを撃退するために脳を強化し、脳が長期間、うまく機能することを可能にします。

  • And without powerful micronutrients, like the vitamins B6, B12, and folic acid, our brains would be susceptible to brain disease and mental decline.

    そして、もしビタミンB 6、B 12、葉酸のような強力な微量栄養素がなければ、私たちの脳は脳疾患や知能低下を感染しやすくなるでしょう。

  • Trace amounts of the minerals iron, copper, zinc, and sodium are also fundamental to brain health and early cognitive development.

    微量のミネラル、鉄、銅、亜鉛、ナトリウムも脳の健康と初期の認知発達に不可欠です。

  • In order for the brain to efficiently transform and synthesize these valuable nutrients, it needs fuel, and lots of it.

    脳がこれら貴重な栄養素を効率的に変換して合成するためには、たくさんな燃料を必要とします。

  • While the human brain only makes up about 2% of our body weight, it uses up to 20% of our energy resources.

    人間の脳は私たちの体重の約2%しか占めていませんが、最大20%のエネルギーを消費します。

  • Most of this energy comes from carbohydrates that our body digests into glucose, or blood sugar.

    エネルギー源の大部分は、私たちの体が炭水化物をブドウ糖か血糖に消化して来るものです。

  • The frontal lobes are so sensitive to drops in glucose, in fact, that a change in mental function is one of the primary signals of nutrient deficiency.

    前頭葉は血中グルコース濃度の低下に非常に敏感です。実際、精神機能の変化は栄養不足の主な症状の1つです。

  • Assuming that we are getting glucose regularly, how does the specific type of carbohydrates we eat affect our brains?

    仮に私たちが定期的にブドウ糖を摂取したら、摂取する様々な炭水化物はどのように私たちの脳に影響を与えるでしょうか?

  • Carbs come in three forms: starch, sugar, and fiber.

    炭水化物には 3 つの形態があります:でんぷん、糖、および繊維です。

  • While on most nutrition labels, they are all lumped into one total carb count, the ratio of the sugar and fiber subgroups to the whole amount affect how the body and brain respond.

    しかし、ほとんどの栄養表示は、それらはすべて 1 つの総炭水化物量にまとめられています。全量に対する糖と繊維亜群の比率は、どのように体と脳の反応に影響するかです。

  • A high glycemic food, like white bread, causes a rapid release of glucose into the blood, and then comes the dip.

    白パン(小麦粉で作ったパン)のような高血糖食品は、血液の中でブドウ糖を急速に放出して、それから血糖値が下がります。

  • Blood sugar shoots down, and with it, our attention span and mood.

    血糖値が下がるとともに、私たちの注意力と気分も低下します。

  • On the other hand, oats, grains, and legumes have slower glucose release, enabling a steadier level of attentiveness.

    その一方で、麦、穀物、豆類はブドウ糖の放出が遅いため、安定な注意力が得られます。

  • For sustained brain power, opting for a varied diet of nutrient-rich foods is critical.

    脳をすこやかに維持するためには、栄養豊富で多様な食事が大事です。

  • When it comes to what you bite, chew, and swallow, your choices have a direct and long-lasting effect on the most powerful organ in your body.

    あなたが噛んだり、飲み込んだりするものはあなたの体の中で最も強力な器官(脳)に直接的で長続きする効果をもたらします。

Your brain on food.

食べ物が脳にどのような影響を及ぼすか?

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed 栄養 脂肪 アミノ 血糖 炭水

【TED-教育】食べ物が脳に及ぼす影響!?(【TED-Ed】How the food you eat affects your brain - Mia Nacamulli)

  • 74451 2815
    Kunieng Ieong に公開 2019 年 06 月 20 日
動画の中の単語