Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Thomas Edison introduced Christmas lights to the world in 1880.

    トーマス・エジソンは 1880 年にクリスマスイルミネーションを世に送り出しました。

  • They were vast improvement over the dangerous tradition of putting actual flaming candles in a very, very dry tree, but in doing so he also invented a new kind of headache ...

    それは、とても乾燥した木の中に火のついたロウソクを置くという危険な伝統を大幅に改良したものでしたが、そうすることで、彼はまた新しい種類の頭痛の種を発明しました。

  • Howhow did this happen? I was so careful last year

    どうして...どうしてこんなことになったのか…去年は気をつけていたのに...。[MUSIC]

  • Scientists have spent a lot of time thinking about how things get tangled.

    科学者たちは、物事がどうしてもつれるのかを考えるのに多くの時間を費やしてきました。

  • And it turns out it’s just the rules of the universe.

    そして、それがただの宇宙のルールだと判明しました。

  • In 2007, physicists showed for any cord longer than about 2 meters, knots aren’t rare, theyre almost guaranteed to happen.

    2007年、物理学者たちは、約2メートル以上の長さのコードであれば、結び目は珍しいものではなく、ほぼ確実であることを証明しました。

  • Though the math is a little complex, but think of it as the most frustrating example of entropy youve ever encountered:

    この数学は少し複雑ですが、今まででいちばんイライラするエントロピーだと考えてください。

  • There’s always only one way for a string of lights to be untangled, but with a few turns, there’s billions, or trillions or more ways for them to get tied up.

    紐がほどける方法はいつも一つしかないですが、少し巻いただけで何十億、何兆、それ以上の紐が絡まる方法があります。

  • Stupid Edison. I bet Tesla would have figured this out.

    バカなエジソン。テスラなら気付いていただろうな。

  • On Christmas Eve, 1968, the astronauts of Apollo 8 became the first humans to orbit another world.

    1968 年のクリスマスイブに、アポロ8号の宇宙飛行士は人類初の異世界周回軌道に乗りました。

  • The next day, on Christmas, they radioed back a very important observation from their vantage point above Earth.

    翌日のクリスマスには、地球を見下ろす見晴らしの良い場所から、非常に重要な観測を無線で返信してくれました。

  • "Roger, please be informed there is a Santa Claus"

    "ロジャー、 サンタクロースがいることをお知らせします"

  • Well, if NASA said it, it’s gotta be true!

    NASA がそう言ったのなら、本当なんだ!

  • According to reliable sources, Santa’s sleigh is pulled by a team of reindeer, the most famous one being, of course, Rudolph.

    信頼できる情報源によると、サンタのそりはトナカイのチームに引っ張られていました。一番有名なのはもちろんルドルフです。

  • But Rosie might be a more appropriate name.

    しかし、ロージーの方が適切な名前かもしれません。

  • Male reindeer, and caribou, theyre the same species, shed their antlers during the winter, and that means Santa’s reindeer are all female.

    オスのトナカイと同じ種のカリブーは冬の間に角が取れます。なので、サンタのトナカイは全てメスということになります。

  • Reindeer vision is uniquely adapted for Santa’s nighttime flight.

    トナカイの視覚は、サンタの夜間飛行のために独自に進化しています。

  • To cope with the months of darkness at northern latitudes, the inside of a reindeer’s eyes change from gold-colored in summer to blue in winter, which scatters more light onto their retina.

    北緯の暗い季節に対応するため、トナカイの目の内側は夏には金色に、冬には青色に変化し、網膜により多くの光が散乱します。

  • So how do they fly? Would you believe that reindeer are buoyant?

    では、どうやって飛ぶのでしょうか?トナカイは浮力があると思いますか?

  • (singing) Reindeers float better than people.

    (歌)トナカイは人より浮くのが上手い。

  • But theyre huge, how could that be true? Oh well it’s physics, you follow?

    でもトナカイは巨大なんですよ、どうしてそうなるんですか?まあ物理学なんですが、わかるかな?

  • Their hairs, they're hollow, They insulate much better than youit’s true.

    彼らの毛は中が空洞で、あなたよりも断熱性が高いんです...本当に

  • A reindeer’s coat contains two kinds of hairs:

    トナカイの毛には2種類の毛があります。

  • A layer of short, dense hair covered with a mesh of longer, hollow hairs.

    短くて密度の高い毛の層は、長くて網目の毛に覆われています。

  • This traps a layer of air in between, which insulates them from the cold, just like those puffy jackets that we wear.

    これは間に空気の層を閉じ込め、寒さから断熱します、ちょうど私たちが着ているもこもこのダウンジャケットのようなものです。

  • This insulation works so well, not only can snow land on reindeer’s backs and not melt, with a little jog they can overheat, even in temperatures down to -40 Celsius.

    この断熱材は、雪がトナカイの背中に降り積もっても溶けないだけでなく、少しのジョギングで-40℃以下の気温でも過熱することができます。

  • Reindeer have 25% more blood vessels packed in their nasal cavities than we do, so they get rid of excess heat through their noses.

    トナカイの鼻孔内の血管は私たちのより25%も多く詰まっているので、鼻から余分な熱を取り除いてくれます。

  • This makes their noses glow on a thermal camera, and sometimes they even look red to the naked eye.

    そのため、赤外線カメラでは鼻が光り、肉眼では赤く見えることもあります。

  • But even with his team of flying reindeer, how does Santa get around the world in a single night?

    しかし、空飛ぶトナカイのチームを持っていても、サンタさんはどうやって一晩で世界を回るのでしょうか?

  • There’s only so many hours in a day. Well, luckily, he’s got more than 24 of them.

    一日に使える時間は限られています、ただ幸いにも彼には24時間以上あります!

  • If Santa starts delivering presents at, say, 10 p.m. at the international date line and travels west with the rotating Earth, he can circle the globe without losing any time.

    もしサンタさんが、例えば国際日付変更線の午後10時からプレゼントを届け始めて、地球の自転とともに西に移動すれば、時間を失うことなく地球儀を一周することができます。

  • Then he can reverse course until kids wake up at 6 AM, giving him 32 hours total to deliver presents.

    その後、彼は子供が朝6時に目を覚ますまで逆周りすることができ、プレゼントを届けるために合計32時間が使えます。

  • Let’s assume Santa delivers gifts to all 2.2 billion children on Earth, because hey, it’s Christmas after all.

    サンタが地球上の22億人の子供たちに プレゼントを届けたとしましょう。 だって、クリスマスですから。

  • At 2.3 children per household, that’s 944 million stops.

    1 世帯あたり2.3人の子供がいるので、9 億 4,400 万回止まります。

  • How far does he have to travel?

    彼はどのくらいの距離を移動しなければならないのでしょうか?

  • There’s about 24.6 million square miles of habitable land on Earth, so if we average out the space between every chimney, that gives us about .026 square miles per household.

    地球上には約 2,460 万平方マイルの居住可能な土地があるので、全ての煙突の間の空間を平均すると、一世帯あたり約 0.026 平方マイルになります。

  • If every house occupies an evenly spaced square 0.16 miles apart, Santa’s sleigh has to cover more than 150,000,000 miles in 32 hours, which means an average speed of more than 1,300 miles per second.

    すべての家が 0.16 マイル離れた正方形の等間隔にあるとすると、サンタのそりは 32 時間で 150,000,000,000 マイル以上をカバーしなければならず、平均速度は 1 秒間に 1,300 マイル以上になることになります。

  • That’s about 130 times faster than NASA’s New Horizons probe, which is the fastest of all fast human things.

    NASA の探査機「ニュー・ホライズンズ」の約 130 倍の速さで、人間の速いものの中では最速です。

  • Ignoring the fact that at those speeds, Santa’s sleigh would burst into flames from air resistance, that gives St. Nick less than 1/10,000th of a second between each delivery.

    その速度では、サンタのそりが空気抵抗から炎を噴出するという事実を無視して、セント・ニックは各配達の間に 1/10,000 秒以下の時間があります。

  • Even if he stopped and got going again instantly at each house, he’d experience acceleration 1.8 billion times Earth’s gravity.

    一軒一軒の家で瞬時に立ち止まってまた進んだとしても、地球の重力の 18 億倍の加速度を体験することになる。

  • If we assume the jolly old fella weighs around 330 pounds, that’s a thrust equivalent to about a million and a half Space Shuttle engines.

    この陽気な老人の体重を約 330 ポンドと仮定すると、スペースシャトルのエンジンの約 100 万個半に相当する推力になります。

  • In other words, he’d be a bowl full of jelly. Literally.

    言い換えれば、彼はボール一杯のゼリーになるでしょう。文字通り。

  • This doesn’t take into account his payload of gifts, either.

    これは、彼のプレゼントの有効過重も考慮に入れていません。

  • At two pounds of presents per child, that comes to four and a half billion pounds of Christmas cargo.

    子供一人あたり2ポンドのプレゼントで、クリスマスの貨物が 40 億 5000 万ポンドになります。

  • The world’s largest cargo plane, the Antonov-225, can carry about 550,000 pounds, meaning we’d need a fleet of almost 8,000 to deliver Christmas.

    世界最大の貨物機「アントノフ-225」は約55万ポンドを運ぶことができ、クリスマスを届けるためには約 8000 隻の船団が必要になります。

  • Not only is that pretty bad for the environment, I’m pretty sure you’d hear them flying over your street on Christmas Eve.

    環境に悪いだけじゃなくてクリスマスイブには通りの上を飛んでくる音が聞こえてきそうですね

  • Clearly, Santa uses other methods.

    明らかにサンタは他の方法を使っていますね。

  • I suppose he could generate stocking-to-stocking wormholes, or have spacetime warp drive on board his sleigh, but I’ve got a different theory.

    彼が長靴下から長靴下へのワームホールを発生させたり、そりに時空間ワープドライブを搭載したりすることは可能だと思いますが、私は別の理論を持っています。

  • There’s a prediction in quantum mechanics that says every possible observation for the universe is real, that every timeline that can happen, does happen.

    量子力学の予言があります、宇宙の可能性のある観測は全て実在していて 起こる可能性のある全てのタイムラインは 起こることがある

  • The universe that we live in is just one of of infinite, parallel possibilities.

    私たちが生きている宇宙は、無限のパラレルな可能性の一つに過ぎません。

  • Schrodinger’s cat, for instance, isn’t alive or dead inside the box, it’s both.

    例えばシュレディンガーの猫は、箱の中で生きているのか死んでいるのかではなく、両方です。

  • This universe contains just one of many possible outcomes.

    この宇宙には、多くの可能性のある結果の一つが含まれています。

  • What if on Christmas eve, Santa creates a universe for all of us, there is one of him for every home, and his real magic is that every Christmas morning, he ties all of our timelines back together, when we open the box to see what’s inside.

    もしクリスマスの夜に サンタが私たち全員のために 宇宙を創造したら どの家にも彼の一人がいて 彼の本当の魔法は 毎年クリスマスの朝 彼は私たちのタイムラインのすべてを繋ぎ合わせることです

  • Ever wonder why eggnog is the only nog?

    なぜエッグノッグだけが...ノッグなのか不思議に思ったことはありませんか?

  • The nog part of its name probably refers to a small mug called a noggin used centuries ago in England to serve alcoholic beverages.

    名前の nog の部分は、おそらく何世紀も前にイギリスでアルコール飲料を提供するために使用されていた noggin と呼ばれる小さなマグカップを指していると思われます。

  • Why don’t you use your noggin, and subscribe to It’s Okay To Be Smart? Happy holidays, and stay curious.

    脳活性化のために It's Okay To Be Smart をチャンネル登録してみませんか?では、休日を楽しんで!そして好奇心旺盛なままでいてください。

Thomas Edison introduced Christmas lights to the world in 1880.

トーマス・エジソンは 1880 年にクリスマスイルミネーションを世に送り出しました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 トナカイ サンタ クリスマス そり 宇宙 地球

サンタって実在するの?科学的に検証してみる!

  • 5979 503
    陳叔華 に公開 2020 年 12 月 11 日
動画の中の単語