Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • For centuries, China had remained largely aloof from the intrigues of world politics,

    何世紀にもわたって、中国は世界の政治の陰謀からほとんど離れていた。

  • but things were beginning to change, and what started as a dispute over trading rights,

    しかし、事態は変わり始めており、売買権をめぐる争いから始まった。

  • would bring about a full-scale war, which was to then bring about a huge influx of foreign influence

    ばんごうせんか

  • and herald the beginning of a "century of humiliation".

    と「屈辱の世紀」の幕開けを告げる。

  • The Middle Kingdom would never be the same again,

    中王国は二度と同じにはならないだろう。

  • and it all started with two highly addictive and lucrative goods: tea and opium.

    そして、すべては非常に中毒性の高い、有利な2つの商品から始まりました:お茶とアヘン。

  • I’m Indy Neidell, welcome toBattlefields”.

    私はインディ・ニーデルだ "戦場 "へようこそ

  • Regular trade between China and Europe had been ongoing since the arrival of the Portuguese in the 16th Century.

    中国とヨーロッパの間の定期的な貿易は、16世紀にポルトガル人が到着して以来、継続していました。

  • As European economic power expanded in the 17th and 18th centuries,

    17世紀から18世紀にかけてヨーロッパの経済力が拡大していく中で

  • Chinese goods like silk and porcelain became highly fashionable in the cities and courts of the West,

    絹や磁器などの中国製品は、西洋の都市や宮廷で非常にファッショナブルになりました。

  • and trade in these products was very lucrative.

    と、これらの商品の取引は非常に有利でした。

  • In Britain, however, there was no Chinese product which created a greater demand than tea,

    しかし、イギリスでは、お茶よりも大きな需要を生み出した中国製品はありませんでした。

  • for which the British developed an insatiable appetite.

    イギリス人が飽くなき食欲を開発したものです。

  • There were two problems with that, though.

    しかし、それには2つの問題がありました。

  • First, European merchants could not directly access the Chinese market,

    第一に、ヨーロッパの商人は中国市場に直接アクセスすることができなかった。

  • but were restricted to a small merchant's quarter outside the city of Canton.

    が、カントン市外の小さな商人街に限定されていました。

  • They dealt through Chinese middlemen known as the Cohong, who charged high prices in order to cover heavy taxes.

    彼らは重税をカバーするために高額な価格を請求した「コーホン」と呼ばれる中国の仲買人を介して取引を行っていました。

  • Second, Chinese interest in European goods was limited, and payment was only accepted in silver.

    第二に、中国のヨーロッパ製品への関心は限られており、支払いは銀貨のみで行われていた。

  • To the British, who were on the gold standard and had to purchase silver

    金本位制で銀を買わなければならなかったイギリスに

  • from other countries in order to trade with China, this created a huge trade deficit.

    中国との貿易をするために他の国から来たため、大規模な貿易赤字が発生した。

  • How then could the British trade for these goods? Well, there was one crop,

    では、イギリスはどのようにしてこれらの商品と交易したのでしょうか?まあ、一つの作物がありました。

  • abundant in British-controlled India, which might solve the problem.

    イギリスの支配下にあるインドに豊富にあり、それが問題を解決してくれるかもしれない。

  • Opium, a narcotic derived from the resin of the opium poppy,

    アヘンは、アヘンケシの樹脂に由来する麻薬。

  • had been known in China since at least the 8th Century AD,

    は、中国では少なくとも紀元後8世紀から知られていました。

  • initially being used for medicinal purposes and as an aphrodisiac.

    当初は薬用として、また媚薬として使用されていました。

  • When the Portuguese first introduced tobacco from North America,

    ポルトガル人が最初に北米からタバコを持ち込んだ時に

  • many Chinese had started smoking the two drugs together recreationally.

    多くの中国人がレクリエーションで2つの薬物を一緒に吸い始めていた。

  • It became a popular social pastime and by the late 18th Century,

    社会的娯楽として人気を博し、18世紀後半には

  • increasingly large amounts of opium, produced by the British East India Company,

    イギリスの東インド会社によって生産されたアヘンの大量生産。

  • were being shipped to China. The Chinese imperial government tried to ban the opium trade several times,

    が中国に出荷されていました。中国帝国政府は何度かアヘン貿易を禁止しようとした。

  • but the British were able to bypass these laws with the help of smugglers

    しかし、イギリスは密輸業者の助けを借りてこれらの法律を回避することができました。

  • and cooperative local authorities eager to exploit the demand.

    と協力的な地方自治体が需要を開拓したいと考えています。

  • British companies flooded the black market with thousands of tons of the drug during the 1830s receiving silver in return.

    イギリスの企業は、その見返りに銀を受け取っていた1830年代に数千トンの薬を闇市場に氾濫させた。

  • The number of Chinese opium addicts grew as large as 12 million,

    中国のアヘン中毒者は12000万人にも膨れ上がった。

  • obviously a cause for concern. In December 1838, the Daoguang Emperor

    憂慮すべきことは明らかである。1838年12月、大光帝は

  • sent commissioner Lin Zexu to Canton to deal with the problem.

    リン・ゼクス総監をカントンに派遣して問題に対処した。

  • Lin declared the death penalty would be applied to anyone found importing or possessing opium.

    リンは、アヘンの輸入や所持を発見された者には死刑が適用されると宣言した。

  • He also confiscated over 1000 tons of opium (worth £2 million) following a blockade

    彼はまた、封鎖の後、1000トン以上のアヘン(200万ポンド相当)を没収した。

  • of the merchant's quarter. He then had the opium destroyed in May 1839.

    商人区画の彼は1839年5月にアヘンを破壊しました

  • The British merchants demanded compensation for their seized goods,

    イギリス商人が差し押さえられた商品の補償を要求した。

  • which, Superintendent Charles Elliot assured them, would be provided by the British government.

    巡査長のチャールズ・エリオットは、英国政府が提供することを保証した。

  • But that government was unwilling to compensate the merchants for the seized opium,

    しかし、政府は押収したアヘンを商人に補償する気はなかった。

  • believing that the responsibility should lie with the Chinese.

    責任は中国人にあるべきだと信じている。

  • There was a fierce, prolonged public debate on the matter.

    この問題については、激しい、長引く公開討論が行われました。

  • A young William Gladstone said, "...a war more unjust in its origin,

    若きウィリアム・グラッドストーンは「......その起源にはもっと不公平な戦争がある。

  • a war more calculated in its progress to cover this country with permanent disgrace, I do not know."

    "この国を永久に不名誉なものにするために もっと計算された戦争が進行しているのか 私は知らない"

  • But profitable interests won out over moral outrage at the "infamous and atrocious traffic",

    しかし、利益のある利益は、「悪質で悪質な交通」の道徳的な怒りを凌駕していました。

  • and parliament voted in April 1840 to send a fleet to China carrying Britain's demands:

    そして、1840年4月、英国の要求を乗せた艦隊を中国に派遣することを議会が決議した。

  • Compensation for the confiscated opium, an end to the Cohong monopoly,

    没収されたアヘンの賠償金、コホンの独占に終止符を打つ。

  • and the right to occupy an island off the coast to use as a base.

    沖合の島を占領して基地として使用する権利があります。

  • By June, the expeditionary force had arrived on the Chinese coast.

    6月になると、遠征隊は中国沿岸に到着していた。

  • It blockaded the Pearl River before heading north to bring the demands to the Emperor.

    珠江を封鎖してから北に向かい、天皇に要求を持ち込む。

  • On July 6th, the British captured the island of Zhoushan near the mouth of the Yangtze,

    7月6日、イギリスは揚子江の河口近くにある舟山島を拿捕した。

  • virtually annihilating Chinese defences in a nine-minute barrage after local officials refused to surrender.

    9分間の砲撃で中国の防衛を事実上全滅させました 地元の役人が降伏を拒否した後です

  • They headed further north in August, blockading more ports.

    彼らは8月にさらに北に向かい、より多くの港を封鎖した。

  • In battle after battle, the dire state of the Chinese military had become clear:

    戦後の戦いでは、中国軍の悲惨な姿が明らかになっていた。

  • Soldiers were equipped with bows, spears, and swords, and the occasional matchlock musket.

    兵士は弓、槍、剣を装備し、時折マッチロック・マスケットも装備していました。

  • Military units, scattered across a vast empire, would take many months to march to where they were needed.

    広大な帝国に散らばった軍事ユニットは、必要とされる場所への行軍に何ヶ月もかかるだろう。

  • Chinese coastal defences were crumbling stone forts, and the small war junks

    中国の沿岸防備は石垣が崩れていて、小さな軍用船は

  • simply weren't equipped to fight the battleships and frigates of the Royal Navy.

    英国海軍の戦艦やフリゲートと戦うための装備がなかっただけです。

  • Also, local authorities and military leaders were unwilling to bear news of defeats to Beijing,

    また、地方自治体や軍の指導者は、北京に敗戦のニュースを背負わせることを嫌がっていた。

  • and the Emperor instead received fabricated reports of heroic victories.

    その代わりに、天皇は英雄的な勝利の捏造報告を受けた。

  • Seeing the whole business with Britain as a mere sideshow, many refused to acknowledge that there was a war on at all.

    イギリスとのビジネスの全てを単なる余興と見て、多くの人は戦争があったことを全く認めようとしなかった。

  • Indeed, when the British fleet first arrived, Daoguang was informed

    実際、イギリス艦隊が最初に到着したとき、大光は知らされていた

  • that it was simply an unusually large flotilla of opium smugglers.

    それは単にアヘンの密輸業者の異常な大群だっただけだと。

  • The British attacked two forts guarding the mouth of the Pearl River, Chuanbi and Tycocktow.

    イギリスは珠江の河口を守る2つの砦、チュアンビとタイコックトウを攻撃した。

  • Fighting lasted less than an hour, with over 500 killed on the Chinese side and a mere 38 wounded among the British.

    戦闘は1時間以内に続き、中国側では500人以上が死亡し、英国側ではわずか38人が負傷した。

  • The battle of Chuanbi also marked the debut of the first steam-powered iron warship Nemesis,

    また、チュアンビの戦いでは、初の蒸気動力鉄戦艦「ネメシス」がデビューしました。

  • whose devastating onslaught was described in a book from 1845:

    1845年に書かれた本には、その壊滅的な猛攻が書かれています。

  • "The very first rocket fired from the Nemesis

    "ネメシスから発射された最初のロケット

  • was seen to enter the large junk against which it was directed, near that of the admiral,

    は、提督の近くで、それが向けられていた大型ジャンクに入るのを見た。

  • and almost the instant afterwards it blew up with a terrific explosion,

    そして、そのほぼ一瞬後には、ものすごい爆発で吹き飛びました。

  • launching into eternity every soul on board, and pouring forth its blaze like the mighty rush of fire from a volcano."

    "船上のすべての魂を永遠に打ち出し 火山からの猛烈な火のような炎を注ぐ"

  • Several more battles followed in February and March 1841,

    1841年2月と3月には、さらにいくつかの戦いが続きました。

  • with the British seizing more towns and forts on the Pearl River,

    珠江の町や砦をイギリスが占領したことで

  • putting them in a position to bombard Canton itself by the end of May.

    5月末までにカントンを 砲撃できる状態にしておきます

  • Local officials and merchants paid the British six million dollars to withdraw.

    地元の役人や商人はイギリスに600万ドルを支払って撤退した。

  • Following the withdrawal from Canton, the fleet headed north again,

    カントンからの撤退に続き、艦隊は再び北上した。

  • occupying several cities between August and October 1841.

    1841年8月から10月にかけていくつかの都市を占領した。

  • Campaigns the following year captured Chapu and Shanghai, then still a small town.

    翌年のキャンペーンでは、まだ小さな町だったチャプと上海を捕獲しました。

  • The final major battle of the war took place at Zhenjiang [Jen-jiahng],

    最後の大合戦は鎮江[ジェンジャウン]で行われました。

  • where the British assault destroyed much of the city and killed many of the men defending it.

    英国の攻撃は都市の多くを破壊し、それを守る多くの男性を殺しました。

  • With the road to Nanjing open, and with it control of the entire Yangtze region,

    南京への道が開かれ、長江全域を掌握することになる。

  • the Chinese government became fully aware of how serious the situation was, and sued for peace.

    中国政府は事態の深刻さを十分に認識し、和平を訴えた。

  • On August 29, 1842, Britain and China signed the Treaty of Nanking.

    1842年8月29日、イギリスと中国は南京条約に調印した。

  • Among other things, China agreed to pay 20 million silver dollars in indemnities,

    中でも中国は2000万銀ドルの賠償金を支払うことで合意した。

  • abolish the Cohong monopoly, adhere to fixed customs duties, open five ports to foreign trade

    コホン独占を廃止し、固定関税を堅持し、五つの港を開放して外国との貿易を開始する。

  • (including Canton and Shanghai), and cede the island of Hong Kong to Britain.

    広東、上海を含む)、香港島をイギリスに割譲する。

  • This was the first of many "Unequal Treaties" that China was to sign over the following decades.

    これは、中国がその後数十年にわたって署名することになった多くの「不平等条約」の最初のものであった。

  • The 1850s saw Britain and France fight China in a second Opium War,

    1850年代、イギリスとフランスは第二次アヘン戦争で中国と戦った。

  • which culminated in the burning of the Emperor's Summer Palace in Beijing,

    北京の皇帝の夏の宮殿の焼き討ちで最高潮に達しました。

  • fully legalised the opium trade and opened yet more ports to foreign merchants.

    アヘン貿易を完全に合法化し、外国商人にさらに多くの港を開放した。

  • The one-sided victories that the technologically superior British forces had achieved

    技術的に優れたイギリス軍が成し遂げた一方的な勝利

  • drove home the need to modernise, and shook the public's faith in the ability of the Qing Dynasty

    近代化の必要性を訴え、清朝の能力に対する国民の信頼を揺るがしました。

  • to defend China from a foreign invasion.

    外国の侵略から中国を守るために

  • The huge influx of Westerners in the second half of the 19th Century

    19世紀後半の欧米人の大量流入

  • was to have a profound influence on the Chinese way of life.

    は、中国の生き方に多大な影響を与えることになった。

  • All these factors would lead to the Boxer Rebellion and the overthrow of imperial rule in the 20th Century.

    これらの要因はすべて、20世紀のボクサーの反乱と帝国支配の転覆につながる。

  • But that's all story for another time.

    でも、それはまた別の機会に。

  • In any case, while it might initially have been seen as a relative sideshow at the time,

    いずれにしても、当初は相対的な余興として見られていたかもしれませんが。

  • both in London and Beijing, it should be no surprise

    ロンドンでも北京でも

  • that the first Opium War is now widely regarded as the beginning of modern Chinese history.

    第一次アヘン戦争は、今では中国の近代史の始まりと広く見なされている。

  • The Opium War, though, wasn’t the first time that century

    アヘン戦争は、世紀になって初めてのことではなかった。

  • that Britain crushed their enemy with their naval power.

    イギリスが海軍力で敵を粉砕したことを

  • You can find out all about Admiral Nelson’s Battle of Trafalgar up here.

    ネルソン提督のトラファルガーの戦いについては、ここで詳しく知ることができます。

  • A battle that would lay the groundwork to centuries of Great Britain’s naval superiority.

    何世紀にもわたるイギリスの海軍の優位性の基礎を築くことになった戦いです。

  • So what do you think?

    で、どう思う?

  • Was the forceful opening of China an inevitable consequence of rising European Imperialism

    中国の強引な開放は、ヨーロッパ帝国主義の台頭の必然的な結果だったのか?

  • and China's military weakness, or might things have gone differently

    と中国の軍事力の弱さ、それとも違った展開になっていたかもしれません。

  • if the opium dispute had taken a different course?

    もしアヘン問題が違った方向に進んでいたら?

  • Let us know in the comments.

    コメントで教えてください。

  • Stay tuned for next week when we'll look at what happened in China during the second half of the 19th century.

    来週は、19世紀後半の中国で何が起こったのかを見ていきます。

  • Don't forget to subscribe to It's History for more historical action every week.

    毎週、より多くの歴史的なアクションをお届けするために、It's Historyの購読をお忘れなく。

For centuries, China had remained largely aloof from the intrigues of world politics,

何世紀にもわたって、中国は世界の政治の陰謀からほとんど離れていた。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 アヘン イギリス 世紀 商人 貿易 戦争

アヘン戦争-補償金で失われたもの l 中国の歴史

  • 725 67
    Pedroli Li に公開
動画の中の単語