Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Translator: Thu-Huong Ha Reviewer: Youna Jung

    私の悩みについてお話しましょう

  • I'm going to tell you about an affliction I suffer from.

    もしかしたら皆さんの中にも同じ悩みを抱えている人が

  • And I have a funny feeling that quite a few of you

    多くいらっしゃるのではないかと思います

  • suffer from it as well.

    美術館では多く絵画が展示されていますが

  • When I'm walking around an art gallery,

    部屋から部屋へと歩いていて

  • rooms and rooms full of paintings,

    20分もしないうちに気付くのです

  • after about 15 or 20 minutes,

    自分が絵画のことなんて

  • I realize I'm not thinking about the paintings.

    ろくに考えていないことに

  • I'm not connecting to them.

    代わりに私の頭に浮かぶのは一杯のコーヒー・・

  • Instead, I'm thinking about that cup of coffee

    目覚ましの一杯がどうしても必要だと

  • I desperately need to wake me up.

    私が苦しんでいるのは「美術館疲れ」です

  • I'm suffering from gallery fatigue.

    皆さんの中にもきっと・・・

  • How many of you out there suffer from --

    やっぱりね

  • yes. Ha ha, ha ha!

    20分以上持つこともあれば

  • Now, sometimes you might last longer

    そんなに持たないこともあります

  • than 20 minutes, or even shorter,

    いずれにせよ悩みは同じです そしてそれに

  • but I think we all suffer from it. And do you have

    罪悪感を抱くことはないですか?

  • the accompanying guilt?

    壁に掛かった絵を眺めていて 私は思います

  • For me, I look at the paintings on the wall

    展示した人は この絵には この壁に飾るだけの価値が

  • and I think, somebody has decided to put them there,

    あると思って展示したのだろうけど

  • thinks they're good enough to be on that wall,

    自分はろくに観てもいない

  • but I don't always see it.

    そう 私は大抵の絵は観もせずに

  • In fact, most of the time I don't see it.

    そして悲しい気持ちでそこを去るのです

  • And I leave feeling actually unhappy.

    自分自身に対して罪悪感と悲しみを覚えます

  • I feel guilty and unhappy with myself,

    この気持ちを絵のせいにするよりも

  • rather than thinking there's something wrong with the painting,

    私自身に原因があるのだと思うのです

  • I think there's something wrong with me.

    そんな風に美術館をあとにするのは あまりいいことではないですよね

  • And that's not a good experience, to leave a gallery like that.

    (笑い)

  • (Laughter)

    もう少し気楽にいけばいいんじゃないでしょうか

  • The thing is, I think we should give ourselves a break.

    レストランに行ったとして

  • If you think about going into a restaurant,

    メニューを見ますね そこに載っているものを

  • when you look at the menu, are you expected to order

    一つ残らず注文しますか?

  • every single thing on the menu?

    しませんよね 選びますよね

  • No! You select.

    デパートにシャツを買いにいって

  • If you go into a department store to buy a shirt,

    そこにあるシャツ全部試着して

  • are you going to try on every single shirt

    全部買おうと思いますか?

  • and want every single shirt?

    そんなことはないですね 選ぶのが当然のことなんです

  • Of course not, you can be selective. It's expected.

    それなら何故 美術館では

  • How come, then, it's not so expected

    選り好みをしようと思わないのでしょうか?

  • to be selective when we go to an art gallery?

    本当に一枚一枚の絵全てに 関心を 持つべきなのでしょうか?

  • Why are we supposed to have a connection with every single painting?

    そこで私はちょっと考え方を変えてみました

  • Well I'm trying to take a different approach.

    私が美術館でやることは2つです

  • And there's two things I do:

    会場に入ったら まずはとにかく素早くまわります

  • When I go into a gallery, first of all, I go quite fast,

    まず全体に目を通します そして何故か

  • and I look at everything, and I pinpoint the ones

    足を止めてしまう作品に集中します

  • that make me slow down for some reason or other.

    その作品の何に惹かれるのかわからなくても

  • I don't even know why they make me slow down, but something

    磁石のように惹かれることってあるものです

  • pulls me like a magnet

    他の作品は全て無視して その作品だけに集中します

  • and then I ignore all the others, and I just go to that painting.

    まず自前のキュレーションをするんです

  • So it's the first thing I do is, I do my own curation.

    選ぶ絵は 50枚に1枚しかない かもしれません

  • I choose a painting. It might just be one painting in 50.

    そして2番目にやることは その絵の前に立って

  • And then the second thing I do is I stand in front of that painting,

    自分自身に物語りをして聞かせるのです

  • and I tell myself a story about it.

    なぜ物語かって? それはそうせざるをえないというか

  • Why a story? Well, I think that we are wired,

    物語りをせよとDNAが命じるからです

  • our DNA tells us to tell stories.

    私たちはいつも何かについて話をしています

  • We tell stories all the time about everything,

    この世の中は混沌としたおかしなところで

  • and I think we do it because the world is kind of a crazy, chaotic place,

    その世界を何かしら理解しようとして 物語にするのだと思います

  • and sometimes stories, we're trying to make sense of the world a little bit,

    整理しようとするんです

  • trying to bring some order to it.

    それを絵画鑑賞でもやります

  • Why not apply that to our looking at paintings?

    だから今ではレストランのメニューのように

  • So I now have this sort of restaurant menu

    美術館の絵を見ているのです

  • visiting of art galleries.

    これから3枚の絵をご覧いただこうと思います

  • There are three paintings I'm going to show you now

    それらの絵は私に足を止めさせ

  • that are paintings that made me stop in my tracks

    物語りを作ろうと思わせた絵です

  • and want to tell stories about them.

    1枚目についての説明はほとんど不要でしょう

  • The first one needs little introduction --

    ヨハネス・フェルメール作「真珠の耳飾りの少女」です

  • "Girl with a Pearl Earring" by Johannes Vermeer,

    彼は17世紀オランダの画家で

  • 17th-century Dutch painter.

    この絵は中でも最も見事な絵でしょう

  • This is the most glorious painting.

    私は19歳のときこの絵に出会いました

  • I first saw it when I was 19,

    そして展示スペースを出るや否やポスターを買い求め

  • and I immediately went out and got a poster of it,

    30年前に買ったそのポスターは今も私の家に飾ってあります

  • and in fact I still have that poster. 30 years later it's hanging in my house.

    以来どこへ行くにもこの絵は私と一緒でした

  • It's accompanied me everywhere I've gone,

    彼女のことを見飽きることはありません

  • I never tire of looking at her.

    最初に私を惹きつけたのは

  • What made me stop in my tracks about her to begin with

    その華麗な色使い

  • was just the gorgeous colors he uses

    そして少女の顔を照らす光でした

  • and the light falling on her face.

    しかし時を経て何度も何度も見直してみて

  • But I think what's kept me still coming back

    別の何かに惹かれていることに気付きました

  • year after year is another thing, and that is

    それはこの少女の何か葛藤を感じさせるような表情でした

  • the look on her face, the conflicted look on her face.

    彼女が喜んでいるのか悲しんでいるのか

  • I can't tell if she's happy or sad,

    それが未だにわかりません

  • and I change my mind all the time.

    その謎が私を惹きつけて止まないのです

  • So that keeps me coming back.

    この絵のポスターを壁に貼ってから16年経ったある日

  • One day, 16 years after I had this poster on my wall,

    私はベッドに寝転がって彼女を見つめていました

  • I lay in bed and looked at her,

    何気なく思ったのですが

  • and I suddenly thought, I wonder what

    フェルメールは一体何をして 彼女にこんな顔をさせたのだろう

  • the painter did to her to make her look like that.

    そんな風に考えたことはそれまでなかったのですが

  • And it was the first time I'd ever thought that

    少女の表情はフェルメールへの感情を

  • the expression on her face is actually reflecting

    表しているのではないかと

  • how she feels about him.

    それまで私はこの絵を とある少女の肖像画と考えてきました

  • Always before I'd thought of it as a portrait of a girl.

    でも これはある人間関係を描いたものだと 思うようになりました

  • Now I began to think of it as a portrait of a relationship.

    その関係とは一体どんなものだったのだろう?

  • And I thought, well, what is that relationship?

    そう思って調べてみてわかったことがあります

  • So I went to find out. I did some research and discovered,

    この少女が誰か全くわからないのです

  • we have no idea who she is.

    それどころか フェルメール作品のモデルは

  • In fact, we don't know who any of the models

    一人として誰かわからないのです

  • in any of Vermeer's paintings are,

    フェルメール自身についてもよくわかっていません

  • and we know very little about Vermeer himself.

    そこで私は思ったのです 「やったね!」と

  • Which made me go, "Yippee!"

    何でも思い通り気の向くまま お話を作ることができる

  • I can do whatever I want, I can come up with whatever story I want to.

    そこで私はこんな風に考えてみました

  • So here's how I came up with the story.

    何よりもまず

  • First of all, I thought,

    彼女を家に入れなきゃいけない

  • I've got to get her into the house.

    フェルメールは彼女をどうやって知ったのだろう?

  • How does Vermeer know her?

    フェルメール自身の

  • Well, there've been suggestions that

    12歳の娘だという説があります

  • she is his 12-year-old daughter.

    絵が描かれた当時 娘は12歳でした

  • The daughter at the time was 12 when he painted the painting.

    でも 私は違うと思いました この親密さをたたえた眼差しは

  • And I thought, no, it's a very intimate look,

    娘が父親を見つめるそれではありません

  • but it's not a look a daughter gives her father.

    もう一つは 当時の オランダの絵画で

  • For one thing, in Dutch painting of the time,

    モデルの開いた口は その女性が 性的対象になりえたことを表し

  • if a woman's mouth was open, it was indicating sexual availability.

    自身の娘をそんな風に描くことは

  • It would have been inappropriate for Vermeer

    フェルメールにとっておかしなことです

  • to paint his daughter like that.

    ですから娘ではない しかし

  • So it's not his daughter, but it's somebody

    それは画家の身近にいた 親しい人物です

  • close to him, physically close to him.

    では 他に家にいたのは誰か

  • Well, who else would be in the house?

    召使いです とっても可愛い召使いです

  • A servant, a lovely servant.

    さて これで彼女は家の中です

  • So, she's in the house.

    では次はアトリエに入れなければなりません

  • How do we get her into the studio?

    フェルメールは謎の多い画家ですが

  • We don't know very much about Vermeer,

    わかっていることもあります それは

  • but the little bits that we do know, one thing we know

    カトリックの女性と結婚し その母親と同居していたこと

  • is that he married a Catholic woman, they lived with her mother

    そこに彼だけの部屋がありました

  • in a house where he had his own room

    彼のアトリエです また 彼には11人の子供がいました

  • where he -- his studio. He also had 11 children.

    それは混沌とした 騒音に満ちた家庭だったことでしょう

  • It would have been a chaotic, noisy household.

    これまでに彼の作品をご覧になった方は

  • And if you've seen Vermeer's paintings before,

    静寂や静謐さを感じられたことでしょう

  • you know that they're incredibly calm and quiet.

    11人も子供がいる中で あんな静寂を描くことはできません

  • How does a painter paint such calm, quiet paintings with 11 kids around?

    彼はその生活を切り離していたのでしょう

  • Well, he compartmentalizes his life.

    「アトリエには誰も入ってはならない」と言って

  • He gets to his studio, and he says, "Nobody comes in here.

    妻も 子供も入れません でも 召使いだけは 掃除のために入れます

  • Not the wife, not the kids. Okay, the maid can come in and clean."

    彼は召使いである彼女を部屋に招き入れます そして彼らは二人っきり

  • She's in the studio. He's got her in the studio, they're together.

    画家は彼女を描くことにします

  • And he decides to paint her.

    彼は少女の衣装を ごく簡素なものにしました

  • He has her wear very plain clothes.

    フェルメールの描く女性はほとんど皆

  • Now, all of the women, or most of the women in Vermeer's other paintings

    ベルベットやシルク 毛皮など とても豪華なものを身にまとっています

  • wore velvet, silk, fur, very sumptuous materials.

    でも少女のそれは質素です 唯一質素でないもの

  • This is very plain; the only thing that isn't plain

    それが真珠の耳飾りです

  • is her pearl earring.

    彼女は一介の召使いですから 真珠の耳飾りなんて

  • Now, if she's a servant, there is no way she could afford

    持っているはずがありません

  • a pair of pearl earrings.

    では彼女の物でないとすると それは誰の物でしょうか?

  • So those are not her pearl earrings. Whose are they?

    妻カタリーナの持っていた衣装のリストが見つかっています

  • We happen to know, there's a list of Catharina, the wife's clothes.

    その中には 白い毛皮の縁のついた黄色のコート

  • Amongst them a yellow coat with white fur,

    黄色と黒の胴着など

  • a yellow and black bodice,

    彼の他の作品に描かれた女性たちが

  • and you see these clothes on lots of other paintings,

    身につけていた衣服が載っています

  • different women in the paintings, Vermeer's paintings.

    従ってカタリーナの衣装は 色々な女性に貸し出されていたわけです

  • So clearly, her clothes were lent to various different women.

    ですから真珠の耳飾りも

  • It's not such a leap of faith to take

    奥さんのものだと考えて差し支えなさそうです

  • that that pearl earring actually belongs to his wife.

    さて 物語に必要な材料は全て揃いました

  • So we've got all the elements for our story.

    少女は長い時間を画家と過ごします

  • She's in the studio with him for a long time.

    絵を描く間の長い時間を

  • These paintings took a long time to make.

    いつも 二人っきりで過ごします

  • They would have spent the time alone, all that time.

    彼女の耳には奥さんの耳飾り

  • She's wearing his wife's pearl earring.

    彼女はかくも美しく 画家に恋し 悩んでいます

  • She's gorgeous. She obviously loves him. She's conflicted.

    奥さんは気付いているのでしょうか?

  • And does the wife know? Maybe not.

    もし気付いてないのだとすると・・・

  • And if she doesn't, well --

    そうやって物語ができます

  • that's the story.

    (笑い)

  • (Laughter)

    次にご紹介する絵は

  • The next painting I'm going to talk about

    シャルダン作「カードのお城」です

  • is called "Boy Building a House of Cards" by Chardin.

    シャルダンは18世紀フランスの画家で 静物画がよく知られていますが

  • He's an 18th-century French painter best known for his still lifes,

    時々人間も描きました

  • but he did occasionally paint people.

    実はこの絵には4つのバージョンがあって

  • And in fact, he painted four versions of this painting,

    そのいずれも男の子が無心で トランプの家を作っている絵です

  • different boys building houses of cards, all concentrated.

    中でも私はこの絵が好きです なぜかというと

  • I like this version the best, because some of the boys

    他の少年たちは少し年上だったり年下だったりしますが

  • are older and some are younger, and to me, this one,

    ゴルディロックスのお粥みたいに これがぴったりくるんです

  • like Goldilocks's porridge, is just right.

    子供とも大人とも言えない微妙な年頃

  • He's not quite a child, and he's not quite a man.

    子供の無邪気さと大人への一歩との間で 絶妙なバランスを保っています