Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Hey Wisecrack, Jared again, and this week were delving into the dark and scandalous world of politics with a show that goes right for the jugular: House of Cards. The American version.

    ワイズクラックへようこそ。ジャレッドです。今週は政治を激しく批判するアメリカ版の『ハウス・オブ・カード』を見て、一緒に暗くてスキャンダラスな政治の世界を掘り下げていきましょう。

  • Starting as a Congressional Whip and the head of a non-profit, the show chronicles power couple Frank and Claire Underwood’s quest for power and the presidency at any cost.

    院内幹事と非営利団体の代表の視点から始まり、権力のあるカップルであるフランクとクレア・アンダーウッドがどんな犠牲を払ってでも権力と大統領職を求める姿が描かれています。

  • One could easily link the popularity of House of Cards to our increasing cynicism about the current state of American politics.

    『ハウス・オブ・カード』の人気は、高まりつつあるアメリカ政治の現状に対する皮肉と関係していると思うかもしれません。

  • But many American political dramas are either uncritical of our system, or offers us a morally righteous character who triumphs against the adversity of a broken government.

    しかしアメリカの政治ドラマでは、体制を批判しないか、または腐った政府に勝利するなど道徳的に正しいことをする役が中心となるものが多いです。

  • President Jed: "We must do better and we will do better."

    ジェド大統領:「もっと良くしなければなりません。必ず良くしてみせます。」

  • In the end, we're always offered redemption.

    最終的に救済を与えて終わりです。

  • If the system is temporarily broken, it at least pertains a mechanism for good to triumph over evil.

    体制が一時的に腐っているならまだ良いです。少なくとも善が悪に勝つメカニズムの一種です。

  • House of Cards rejects this narrative, and instead offers us a process where raw power and cunning wins every time.

    『ハウス・オブ・カード』はこのような陳腐な内容ではなく、剥き出しの力と狡猾が毎回勝つことを語りますが、

  • Despite this, the show isn’t a tale of evil overcoming good.

    悪が善に勝つというような物語ではありません。

  • Rather, the question that drives House of Cards seems to be: Is there more to politics than pure spectacle?

    むしろ『ハウス・オブ・カード』の核となっているのは「政治にはただの見世物の他に何があるのか」というものです。

  • So without further ado, welcome to this Wisecrack Edition on the philosophy of House of Cards.

    では、さっそくワイズクラック版の『ハウス・オブ・カード』の哲学をご覧ください。

  • Part one: Aesthetics, Theater and Politics

    第1部:美学・演劇・政治

  • In the cynical world of House of Cards, characters are always maintaining an image, both public and private.

    『ハウス・オブ・カード』の皮肉な世界では、キャラクターは公私ともに常にイメージを保っています。

  • For the careful viewer, it becomes abundantly apparent that the show’s creators are obsessed with aesthetics, that is art and beauty within the show.

    深く見ると、この劇の制作者が美学、つまり劇の中の芸術と美に執着していることがはっきり分かります。

  • Important dealings are often done while reflecting on art.

    重要な取引はほぼ、芸術性を考えつつ行います。

  • Claire’s appearance is carefully manicured, with her wardrobe not only the subject of frequent dialogue but real-life fashion listicles.

    クレアの外見は入念に設計されており、彼女の洋服だんすは劇でよく話題になるだけでなく、現実世界のファッション記事にも取り上げられています。

  • But once you peel away the pretty aesthetics and art references, what lies behind the world of House of Cards? Well, nothingWell get to that.

    しかし、いったん美学や芸術の表面を剥がしてしまうと、『ハウス・オブ・カード』の世界の背後にまだ何が残るのか?まあ、空っぽですよ。後でまた話します。

  • House of Cards preoccupation with aesthetics also manifests itself in the show's frequent tribute to theater and, more specifically, William Shakespeare.

    『ハウス・オブ・カード』の美学へのこだわりは、何度もされた演劇への、特にウィリアム・シェイクスピアへのオマージュにも表れています。

  • Frank often uses soliloquies and asides, a theatrical device used heavily by Shakespeare wherein a character’s inner thoughts are explicated to the audience.

    例えば、フランクはよく独り言やわきぜりふを言います。これはシェイクスピアが登場人物の考えを観客に詳しく説明する際に多用する演劇的手法です。

  • Others have noted that much of the show’s plot and characters are reminiscent of Shakespeare classics like Macbeth and Richard III, which inspire Frank’s charming asides about his terrible behavior.

    この劇における多くの構想や登場人物が『マクベス』『リチャード三世』といったシェイクスピアの古典作品を彷彿とさせると指摘されており、フランクがそれをもとに自分のありえない行動について魅力的なわきぜりふをします。

  • Frank: "When you're fresh meat...KILL. And throw them something fresher."

    フランク:「君が生肉だったら…殺してもっと新鮮な肉を投げつけろ。」

  • Petrov, in his visit to the White House, even quotes Gorbachev quoting Richard III’s famous opening line.

    ペトロフがホワイトハウスを訪問した時に、ゴルバチョフが引用した『リチャード三世』の有名な冒頭のセリフを引用していることもあります。

  • Petrov: "...of an end to our winter of discontent."

    ペトロフ:「…不満の冬に終止符を打つ。」

  • Theater is just one facet of the political philosophy in House of Cards. Theater, aesthetics, and art, all point to the more fundamental concept that appearance drives politics.

    だが演劇は『ハウス・オブ・カード』の政治哲学の一面に過ぎません。演劇、美学、芸術が全て、表面が政治を動かすというより根本的な概念を示しています。

  • Politics is theater, or at the very least, its own kind of performance.

    政治は演劇であり、少なくともそれ自体が一種のパフォーマンスです。

  • For instance, Frank visits his father to seem more human,

    例えば、フランクはより人間性を示すために父親を訪問した時のこと。

  • Frank: "Oh, I wouldn't be here if I had a choice. But I have to do these sorta things now. Makes me seem more human."

    フランク:「しょうがなくここに来たんだ。でも人間らしく見えるには今こういうことをする必要があるんだ。」

  • before revealing his true intentions.

    そして彼の本当の意図が明かされます。

  • His breaking of the fourth wall to address the viewer is more than just a convenient way to develop his character -- it’s an important way to blur the distinction between the show and reality and theater in politics.

    第四の壁を破って視聴者に語りかけることは、彼のキャラクターを豊かに作成するための便利な手段というだけではありません。それは劇と現実と政治に関わる演劇の区別を曖昧にする重要な方法です。

  • Contemporary commentators bemoan the fact that politics has become entertainment, with catchphrases and slogans replacing real political argument.

    現代の解説者は、本当の政治的議論に代わってキャッチフレーズやスローガンが使われるようになり、政治がエンターテイメントになってしまったと嘆いています。

  • Frank: "A vote for Frank Underwood is a vote for America Works!"

    フランク:「アメリカの雇用機会のためにフランク・アンダーウッドに投票するんだ!」

  • We see it in the show, too.

    劇でも見られます。

  • Frank destroys Michael Kern’s career over an op-ed he didn’t even write, and Kern self-destructs when he’s unable to keep pace with the media sensationalism.

    フランクは書いてもいない論評をマイケル・カーンになすりつけて彼のキャリアにダメージを与え、そしてマスコミの扇情主義に耐えられなくなったカーンは自滅してしまいます。

  • A brick through Frank’s window serves as a symbol against out of control teachers, which, of course, Frank fabricated himself.

    フランクの窓に投げられたレンガは制御不能な教師に反対する象徴となっており、言うまでもなくフランクがでっち上げたのです。

  • To clarify, those commentators are totally right about the out-of-control theater of politics, but let’s complicate this for a minute.

    はっきり説明すると、暴走する政治劇については正に解説者の言うとおりですが、ちょっと複雑に考えてみましょう。

  • According to German philosopher Hannah Arendt, the realm of appearances is the realm of politics.

    ドイツの哲学者ハンナ・アーレントによれば、表面的な領域は政治の領域であるという。

  • The idea of stripping away appearances to get at the core of things is pointless because theyre the same.

    物事の核心に迫ろうと表面を剥ぎ取るという発想は無意味です。全く同じものですから。

  • This idea originates in the ancient Greek Polis, where politics meant entering into the Agora, where individuals could speak and be heard in front of their fellow Greeks.

    この発想は古代ギリシャのポリス(都市国家)に由来し、政治が人々が自由に話したり、聞いたりすることができるアゴラ(広場、市場)に浸透することを意味します。

  • In this public realm, it was only the words, rhetoric and deeds of citizens that were to be judged by their peers.

    この公的領域では、言葉や修辞、行動だけで評価されることになっていました。

  • In other words, one’s political life was identical to how they appeared to others, kind of like an actor.

    言い換えれば、他人からの評価は自身の政治生活となり、俳優のような感じです。

  • This idea is deeply rooted in how we experience the world.

    この発想は、私たちが世界をどのように体験するかに深く根ざしています。

  • For humans, Arendt says, "appearance -- something that can be seen or heard by others as well as ourselves, constitutes reality."

    アーレントは、人間にとっては「表面という、自分だけでなく他人にも見聞きできるものが現実を構成している」という。

  • Frank Underwood understands this concept when he says:

    この概念を理解しているフランク・アンダーウッドが

  • Frank: "We are nothing more or less than what we choose to reveal. What I am to Claire is not what I am to Zoe, just as Zoe is not to me, what she is to her father."

    「私たちは他人に何を見せるかを選んだんだ。それ以上でもそれ以下でもない。私がクレアに見せた様子とゾーイに見せた様子が違う。ゾーイの私に対する態度と父親に対する態度が異なるのと同じだ。」

  • Another way to read this, of course, is that Frank is a sociopath, and what he chooses to reveal to us is a carefully crafted manipulation to get us to like him.

    もう一つの読み方としては、フランクは社会病質者であり、視聴者に好きになってもらうためにわざと入念に作られた巧妙な手段を見せたということが考えられます。

  • Seriously, how is it that we still don’t hate Frank Underwood?

    マジな話だけど、フランク・アンダーウッドを憎まないのはなぜだ?

  • The easiest criticism to leverage against Frank is his lack of sincerity and frequent use of deception.

    フランクが一番よく言われる批判は、誠実さの欠如と詐欺手段の多用です。

  • President Walker: "Peter Russo is dead. Suicide."

    ウォーカー大統領:「ピーター・ルッソは死んだ。自殺だ。」

  • The idea that appearances are deceptive and unreliable is really really old.

    表面は欺瞞的で信頼できないという考えは本当に古い。

  • One of the first things philosophy students learn is Plato’s allegory of the cave, where we have to disillusion ourselves of the misleading shadows on the wall and discover the "true" world behind them.

    哲学を学ぶ学生が最初に学ぶ知識の一つはプラトンの「洞窟の比喩」であり、壁に描かれた紛らわしい影に惑わされず、その背後にある「本当の」世界を発見しなければならないということです。

  • Karl Marx used this Platonic distinction between appearance and reality in his "Theory of Ideology".

    カール・マルクスは『イデオロギー論』にこのプラトニックな表面と現実の区別を取り入れました。

  • Even the Matrix is just a modern rehashing of this idea dating back to the Greeks.

    『マトリックス』でさえ、ギリシャ時代に芽生えたこの考えの現代的な改作に過ぎません。

  • Those news commenters complaining that modern political media has become a grotesque spectacle concealing what really goes on behind closed doors are the modern torch-bearers of this millennia-old argument.

    現代の政治メディアが見えないところで起こっていることを隠すという奇妙な光景に不満を漏らすコメンテーターは、この何千年も前の議論を推進する現代の啓蒙家です。

  • Frank, and Arendt, undermine one of the central tenants of this tradition: that there lies an authentic reality behind the world of appearance.

    フランクとアーレントは、表面の世界の背後には本物の現実があるというこの伝統の中心的な原則の一つを破っています。

  • For Arendt and Frank, appearance is reality.

    アーレントとフランクにとって、表面こそ現実です。

  • If we can’t hate Frank Underwood, it’s because there is no stable identity to hate.

    なぜフランク・アンダーウッドを憎めないのか、憎むべき変動のない正体が存在しないからでしょう。

  • He’s a sometimes good husband to Claire, a manipulative murderer to Zoe, a kind boss and one-time lover to Meecham, a supportive friend to Freddy, a job creator for the masses, and a two-timing liar to...well everybody else.

    クレアにとっては良い旦那、ゾーイにとっては人を操る殺人犯、ミーチャムにとっては親切な上司で元恋人、フレディにとってはいつも支えてくれる友人、国民にとっては雇用者、そして二股をかける嘘つき…まあ他のみんなにとってはね。色々な面を持っています。

  • Another angle of this problem is seen in Remy and Jackie’s relationship, who are ultimately unable to reconcile their professional lives with their authentic selves.

    この問題のもう一つの様相は、最終的に職業生活と本当の自分自身を調和させることができなかったレミーとジャッキーの関係から分かります。

  • Through the show’s intermingling of art, theater, and aesthetics, it challenges old ideas about how reality operates.

    芸術、演劇、美学が交錯するこの劇は、現実がどのように動くかについての考え方をひっくり返そうとしています。

  • The idea behind this argument isn’t that Frank Underwood is good, or that the perpetual lying of modern politicians is good,

    私が本当に言いたいのは、フランク・アンダーウッドが良いとか、現代の政治家の絶え間ない嘘が良いとかそういうことではなく、

  • Clinton: "I did not have sexual relations with that woman."

    クリントン:「私はあの女性と男女関係を持っていませんでした。」

  • it’s that appearances and reality aren’t as easy to disentangle as we might think.

    表面と現実を切り離すのは私たちが思うほど簡単ではないということです。

  • Nothing illustrates this better than a simple fact: Frank is the epitome of a hypocrite.

    フランクは典型的な偽善者であるという単純な事実を見れば一目瞭然。

  • Frank: "Do you think I'm a hypocrite? Well you should."

    フランク:「私が偽善者だと思うか?まあ、そう思った方がいい。」

  • A hypocrite is someone who acts in a way that is inconsistent with their stated beliefs, but, more specifically, puts on "false appearances".

    偽善者とは自分の信念と矛盾するような行動をする人のことですが、より具体的に言うと「偽装」をしている人のこと。

  • Originally, the term comes from the Ancient Greek words for playacting, another hint that the politics of House of Cards is mere theater.

    元々古代ギリシャ語で演劇を意味する言葉に由来し、『ハウス・オブ・カード』における政治が単なる演劇であることをほのめかしています。

  • Frank: "The road to power is paved with hypocrisy...and causalities."

    フランク:「権力への道は偽善と因果で舗装されている。」

  • History hates hypocrites, Dante even put them in the 8th circle of hell.

    歴史は偽善者を憎み、ダンテは彼らをマーレボルジェ(地獄の8番目のサークル)にまで落としました。

  • But rooting out hypocrites, the search for true motives in politics, has historically gone really really bad.

    しかし、偽善者を根絶すること、つまり政治における真の動機の探求は、歴史的に見ると本当に考えられないほど酷いです。

  • The hunt for the Frank Underwoods of the world is impossible behind of the aesthetic nature of politics.

    フランク・アンダーウッドを追求することは、政治の美学がある限り不可能です。

  • As Arendt says, "The search for motives, the demand that everybody displays [their] innermost motivation...transforms all actors into hypocrites andhypocrisy' begins to poison all human relations."

    アーレントの「動機の探求、『誰もが』心の奥底にある動機をさらけ出すように要求することは…人を偽善者に変え、『偽善』は人間関係に毒をもたらす」という言葉のとおり。

  • The solution, for Arendt, is to realize that we have no ability to distinguish between "being and appearance."

    アーレントにとって「存在と表面は表裏一体であること」を理解すれば問題を解決できるという。

  • After all, does Frank even know his true, unwavering convictions behind every action?

    いろいろ言っても、フランクは自分の行動の背後にある真の揺るぎない信念はどういうものなのか知っているのでしょうか?

  • Sure, he makes a point that power is his end game, but why?

    無論だ。彼は権力が最終目標だと言ってましたし。でもなぜ?

  • Arendt’s argument is that when you try to strip away the façade of appearances we all adorn, you don’t reveal the real person inside of us, but just more mystery.

    アーレントは、人々が身につけている表面上の見せかけを剥ぎ取ろうとすると、本当の自分が明らかにならず、ただ謎が増える一方だと主張しました。

  • And then there’s Claire.

    そしてクレアの状況も見てみましょう。

  • Claire’s whole portrayal in the show suggests that, unlike Frank, there is something behind the mask, something that she must inhibit in order to continue her quest for power.

    劇におけるクレアの描写を見ると、フランクと異なり、表情の背後に何かがあることを示唆しています。権力の探求を続けるために抑制しなければならないもの。

  • When Claire sees the news that Zoe Barnes has died, she immediately turns to applying her makeup, as if aesthetics suppresses her true feelings of disgust about Frank's deeds.

    クレアはゾーイ・バーンズが死んだというニュースを見たとたん、あたかも美学が彼女のフランクの行為に対する本当の気持ち「嫌悪感」を抑制するかのようにお化粧をし始めました。

  • And while we may try in vain to hunt down an authentic Frank, Claire's love of art seems to indicate a yearning for authentic self expression -- to stop performing.

    我々は真のフランクを追い詰めるという無駄なことをするかもしれません。しかし、クレアの芸術に対する愛は真正の自己表現に対する憧れを示しているように思われ、すなわち演じるのをやめるということ。

  • Claire seeks authenticity in aesthetics, like photography and origami.

    クレアは撮影や折り紙のような美学に真実味を求めています。

  • Even her relationship with the photographer suggests that she's seduced by his genuine bohemian lifestyle.

    写真家との関係からも、彼女は彼の真のボヘミアンのライフスタイルに引きつけられているということが伺えます。

  • Part 2: Leaving a Legacy

    第2部:歴史に名を刻む

  • Unlike some TV characters, what drives Frank Underwood is amazingly simple: He wants power, and will remind us every chance he gets.

    他のテレビの登場人物と違ってフランク・アンダーウッドの原動力は驚くほど単純なもので、つまり権力です。視聴者がそのことを忘れないように機会があれば何か行動をとります。

  • Frank: "Power is more important than money."

    フランク:「金よりも権力なんだ。」

  • "I'm a powerful friend to have right now."

    「今の私は強力な味方だ。」

  • "The most you'll ever make of yourself is blowing men like me. Men with REAL power."

    「私みたいな男にフェラをすることが君の限界だ。私みたいな実権の持ち主。」

  • But power is the foundation of Frank’s larger dream, to build a legacy.

    しかし、権力はフランクの歴史に名を刻むという大きな夢の出発点に過ぎません。

  • We could even liken Frank’s quest for power as part of a larger quest to build a work of art in the form of his legacy.

    フランクの権力の追求は政治的な功績という芸術作品を創作するというより大きな追求の一部と言えよう。

  • Consider the Buddhist monks sand painting in Season 3, also known as sand mandala, the practice of painstakingly creating elaborate designs and then destroying them.

    シーズン 3 に登場する、砂曼荼羅とも呼ばれる仏教僧の砂絵を考えてみましょう。精巧なデザインを丹念に作成したら破壊するという芸術です。

  • Frank is deeply annoyed by the Buddhist monks, and it’s no minor detail.

    フランクは仏教僧に苛立ちを感じますが、それは意義のあるワンシーンとなります。

  • "They'll be here for a month."

    「彼らは1ヶ月間ここにいます。」

  • Frank: "A month?"

    フランク:「1ヶ月?」

  • Sand mandalas stand in stark contrast to most of the Western artistic tradition, which routinely seeks to create art to endure through the ages, with bonus point if it’s gigantic.

    砂曼荼羅と、大きいほど良いという特徴を持ちながら耐久性の高い芸術作品を作成しようとするほとんどの西洋の伝統的な芸術との間に鮮やかな対比がみられます。

  • Sand Mandalas represent the fleeting nature of our own existence, so should we be surprised that Frank, the man who wants to achieve immortality through his quest for power, hates it?

    砂曼荼羅は人間の存在の儚さを表しているものなので、権力の追求を通じて不死を追いかけているフランクがそれを嫌ってもおかしくないでしょう。

  • Frank: "Money is the McMansion in Sarasota that starts falling apart after ten years."

    フランク:「金ってサラソータにあるマクマンションのような10年後に崩壊し始めるもので、

  • "Power is the old stone building that stands for centuries."

    「権力は何世紀にもわたって倒れない古い石造りの建物だ。」

  • "I cannot respect someone who can't see the difference."

    「その違いがわからない人を尊敬できない。」

  • Frank’s civil war diorama is an interesting counterpoint to this.

    フランクの内戦ジオラマは興味深い対比を見せています。

  • It’s a way to memorialize Frank’s ancestors, before he destroys it and he realizes it, like his presidency, is fleeting.

    それはフランクの先祖を記念するためのものでしたが、彼はそれが彼の大統領職のように儚いと気づいて破壊しました。

  • There’s an important insight about Claire here worth noting.

    ここでクレアに関する重要な洞察に着目しましょう。

  • She doesn’t detest the sand mandala like Frank does, and its destruction seems to foreshadow her departure from Frank.

    彼女はフランクのように砂曼荼羅に嫌悪感を抱いておらず、砂曼荼羅の破壊は彼女がフランクから離れることの兆しだと思われます。

  • Like the mandala, Claire acknowledges that nothing, not even her marriage, is permanent.

    クレアは彼女の結婚を含め、全てが曼荼羅のようにいつか消えていくことがよく分かっています。

  • Just as the monks destroyed the thing they worked on with painstaking detail, so too does Claire leave her political life behind despite the fact she's toiled away on it for so long.

    僧侶が丹精込めて作成したものを破壊したように、クレアも長い年月を費やしてきた自分の政治キャリアを置き去りにします。

  • Claire also struggles with legacy, but in a different way.

    クレアも政治的な功績の追求に苦労していました。別の形で。

  • While she values and supports Frank’s political ambitions, she’s also discarded her own, at times throwing the CWI under the bus or shunting her desire to have kids.

    彼女はフランクの政治的野心を重視して支持する一方で、自分の野心を捨てます。CWI を犠牲にしたり、子供が欲しいという願望を諦めたり。

  • When Claire hands a homeless person money, itself a symbol of the power and status that her and Frank have achieved, he rejects it and instead turns the bill into origami.

    クレアが彼女とフランクが得た権力と地位を象徴するお金をホームレスに渡すと、彼は断ってお札で折り紙を作りました。

  • Claire is essentially being confronted by the choice she’s made: power and wealth over creation.

    クレアは本質的に彼女がした「創造よりも権力と富」という選択に直面しています。

  • She takes up the hobby as if a symbol of her desire to create a legacy through family rather than power.

    彼女は権力ではなく家族を通じて歴史に名を刻むという願望を表すかのようにこの趣味に取り組みます。

  • We could use this as an opportunity to explore the title of the show.

    これを機に劇のタイトルを検討してみましょう。

  • Is Frank building a lasting legacy or simply a house of cards, whose very existence is on the verge of collapse at any minute?

    フランクは不滅の政治的な功績を残しているのか?それともただの今にも崩壊しそうなトランプの家なのか?

  • Frank: "I will win. And I will leave a legacy."

    フランク:「必ず勝利する。歴史に名を刻むんだ。」

  • Frank is essentially striving for immortality, a not unfamiliar concept in the politics of Ancient Greece.

    フランクは基本的に不老不死という古代ギリシアの政治で馴染みのある概念を求めています。

  • Frank: "When they bury me, it won't be in my backyard."

    フランク:「私は裏庭に埋葬されない。

  • "And when they come to pay their respects, they'll have to wait in line."

    お墓参りに来た人は列に並んで待つことになる。」

  • The point is to struggle to make a name for yourself through your great deeds and words.

    重要なのは、自分の偉業や言葉で名を上げるために奮闘することです。

  • That this idea has become so alien to our society that it can only be distorted through vainglorious characters like Frank Underwood is symptomatic of the loss of genuine politics of our time.

    この考えがフランク・アンダーウッドのような虚栄心に満ちた人物によってしか歪められないほど社会から疎外されているということは、私たちの時代では真の政治が失われていることを示しています。

  • Part 3: Politics as spectacle

    第3部:見せ物としての政治

  • It might seem strange that a show about America’s political system is suspiciously lacking its central tenet: Democracy.

    アメリカの政治体制を語る劇なのに、その中心的な信条である「民主主義」を欠いているのは不思議に思えますよね。

  • In House of Cards, our political system is essentially reduced to backroom dealings and media.

    『ハウス・オブ・カード』では、現実世界の政治体制は基本的に裏取引とメディアの 2 つに省略されています。

  • Frank: "Democracy is so overrated."

    フランク:「民主主義は過大評価されている。」

  • Frank even likens Congress to a game of chess where one should keep their pieces concealed.

    フランクは更に議会をチェスに例え、駒を隠しておくべきだとしています。

  • Public opinion is important, but only as a variable to be manipulated:

    世論は重要ですが、操作される変数としてだけ。

  • What color should Claire’s hair be?

    例えばクレアの髪色は何色がいい?

  • Claire: "What do you think?"

    クレア:「どう思う?」

  • Frank: "I don't like it."

    フランク:「気に入らない。」

  • What do people think of Peter Russo’s phoenix-out-of-ashes story?

    人々はピーター・ルッソの灰のフェニックスの物語を見てどう思うのか?

  • At other times, public opinion is something that can simply be turned off.

    それ以外の時に、世論というのは簡単に消せるものです。

  • Even the media, which our Constitution specifically protects as integral to our democracy, is just part of a larger political game.

    憲法が民主主義に不可欠なものとして明確に保護しているメディアでさえ、巨大な政治ゲームの一部にすぎません。

  • Zoe Barnes is fed information that’s beneficial to Frank’s political machinations, Tom Yates is hired to write what is essentially propaganda, the list goes on.

    フランクの政治的な企みに有益な情報を与えられるゾーイ・バーンズ、基本的に宣伝用のものを書くために雇われるトム・イエーツなど。

  • There are, frankly, too many thinkers who tackle this problem to cover here.

    率直に言うと、この問題に取り組む思想家は、ここでは取り上げられないほど多い。

  • German philosopher Carl Schmitt argued that things like debate and openness have become mere spectacle for the backroom dealings of party leaders.

    ドイツの哲学者カール・シュミットは、議論や開放性のようなものは、ただの党首の裏取引のための見せ物になってしまっていると主張しました。

  • Frank: "You're finally one of us. The men in their smoky backrooms."

    フランク:「ついに仲間入りだな。燻ってる奥の部屋にいる男たち。」

  • But one philosopher takes this a step further.

    しかし、ある哲学者はこれをもとにさらに一歩進めています。

  • While lots of people argue that deception masks an inner reality, French philosopher Jean Baudrillard argues that there is no truth behind the lies.

    欺瞞が内なる現実を覆い隠していると主張する人が多い中、フランスの哲学者ジャン・ボードリヤールは嘘の裏には真実はないと反論しています。

  • For Baudrillard, to have a lie concealing a truth is child’s play compared to our modern media nightmare.

    ボードリヤールにとって、真実を隠す嘘をつくことは、悪夢のような現代メディアに比べれば朝飯前だという。

  • Lies told by politicians and the media take on lives of their own, until information circulates like commodities on the stock market.

    政治家やメディアがつく嘘は独り歩きをします。情報が株式市場の商品のように流通するまで止まりません。

  • Frank and Zoe literally barter for information.

    フランクとゾーイは文字通り情報を交換します。

  • Before getting canned, her boss at the newspaper claims:

    彼女が働いている新聞社の上司がクビになる前にこう主張していました。

  • "Zoe Barnes...Twitter, Blogs, Enriched media. They're all surface. They're fads."

    「ゾーイ・バーンズ…ツイッター、ブログ、豊富なメディア。どれも表面上だけのもの。流行り物だ。」

  • As if to prove the integrity and depth are relegated to the dustbin of history.

    誠実さと深さが歴史のゴミ箱に捨てられていることを証明するかのように。

  • Slugline, the new standard for media, is more concerned about seeming edgy and bleeding edge, so much so that Zoe’s boss informs her that her work won’t even be checked.

    メディアの新基準である『スラグライン』は流行の最先端を行っていると思われることに関心を抱きます。ゾーイの上司が彼女の書いたものを確認しないくらい。

  • Zoe: "Oh, I thought you might wanna take a look."

    ゾーイ:「あ、確認してみたいと思いました。」

  • Carly: "The goal here is for everyone to post things faster than I have a chance read them."

    カーリー:「うちの目標は早く投稿すること。私が読み切るより早いスピードで。

  • "If you're satisfied with the article, you just put it up."

    書いた記事に納得できたら投稿すればいい。」

  • Baudrillard says: "Where we think that information produces meaning, the opposite occurs. Information devours it's own content."

    ボードリヤールは「情報が意味を生み出すと考えているとその逆が起こる。情報は自分自身を飲み込むのである。」と主張しました。

  • Zoe: "Is that true?"

    ゾーイ:「本当ですか?」

  • Frank: "It will be after you write it."

    フランク:「君が書いたら本当になる。」

  • More than just existing for its own sake, this circuit of information is seductive.

    自分自身のために存在しているというよりも、このような情報の回路が魅力的です。

  • Frank Underwood is seductive, not only to his former classmate, Tom Yeats, and Meecham, but to us the viewer.

    フランク・アンダーウッドはかつての同級生、トム・イーツ、ミーチャムだけでなく、私たち視聴者をも魅了します。

  • Frank: "Great man once said, that everything in life is about sex...except sex. Sex is about power."

    フランク:「偉人はかつてこう言った。人生のすべてはセックスに関わる…セックスを除いて。セックスは権力だ。」

  • Frank knocking his ring at the end of Season 2 leaves us confounded with a feeling of awe.

    シーズン 2 の最後に指輪で机を叩いたフランクは、視聴者に畏怖の念と戸惑いを残します。

  • If we, too, are seduced by Frank Underwood, what does that say about our political system?

    もし私たちもフランク・アンダーウッドに魅了されたとしたら、政治体制はどうなるのでしょうか?

  • Do we enjoy the performance? Are we doomed to fall in love with the real Frank Underwoods of the world?

    このようなパフォーマンスを楽しむのか?本物のフランク・アンダーウッドと恋に落ちる運命なのか?

  • Conclusion

    まとめ

  • If House of Cards is so good, it’s because it has so many incredible layers to it.

    『ハウス・オブ・カード』が信じられないほど素敵なものを何度も積み重ねてきてこそ優秀な作品として認められたでしょう。

  • It’s ultimately a show about the politics of appearance, whether through art or theater.

    最終的にはこれは芸術や演劇を通じて表面の政治を語る劇です。

  • Whether or not that’s a bad thing is up for debate, but so far it's looking pretty bad.

    それは悪いことかどうかはまだ議論の余地がありますが、今のところかなり悪いように見えますよね。

  • Hey Wisecrack! As always, thanks for watching and for all the support.

    やあ、ワイズクラック!いつものように、見てくれて、そして応援してくれてありがとうございます。

  • Stick around, weve got a few important things to share with you.

    また次の動画で会いましょう。皆さんに必ず紹介したいことがたくさんあります。

  • We hope youre liking these Wisecrack Edition videos.

    ワイズクラック版の動画を気に入っていただけたら幸いです。

  • Were having a great time doing them for you.

    これらを皆さんに紹介することができて嬉しいです。

  • Weve got great new videos for you around the corner on, A Clockwork Orange, Final Fantasy, The Incredibles, Dark Souls and tons more.

    『時計じかけのオレンジ』『ファイナルファンタジー』『Mr.インクレディブル』『ダークソウル』など、素敵な新作動画も用意しました。

  • To make sure you get notified when new videos come out, head over to our channel page and hit the subscribe button.

    チャンネルホームにアクセスしてチャンネル登録を押して新着動画をお見逃しなく!

  • If youre on a smartphone or tablet, click on that bell icon too and youll get notified the second a new video is released.

    スマホやタブレットをお使いの方は、ベルマークをクリックすると新着動画が公開された瞬間に通知が届きます。

  • Another great great way to support this show is by supporting our sponsors.

    この劇を応援したい方は、もう一つ素敵な方法があります。スポンサーを応援しましょう。

  • This episode is sponsored by Audible.com.

    このエピソードは Audible.com の提供でお送りしました。

  • Audible is the world's leading source of digital audiobooks.

    Audible は、世界屈指のデジタルオーディオブックの会社です。

  • Theyve got more than 180,000 downloadable titles across all types of literature including bestsellers and the latest releases.

    ベストセラーや最新作を含め、あらゆる種類の文学作品を18万冊以上ダウンロードできるようになっています。

  • If youre looking for a book recommendation, check out "Sex, Drugs and Cocoa Puffs" by Chuck Klosterman.

    おすすめ本をお探しの方は、チャック・クロスターマンの『 Sex、Drugs、Cocoa Puffs』をぜひ読んでみてください。

  • It’s a smart and funny book, and the first to examine breakfast cereal, reality television, tribute bands, Internet porn, serial killers, and the Dixie Chicks all in one book.

    スマートで面白いし、朝食シリアル、リアリティ番組、トリビュートバンド、インターネットポルノ、シリアルキラー、ザ・チックス(アメリカの女性バンド)を全て一冊の本で検証したのはこの本が初めてです。

  • For more about Audible and to start your 30-day free trial with a free audiobook, go to audible.com/8bit to sign up.

    詳しい情報やオーディオブックの30日間無料体験については、audible.com/8bit にアクセスして会員登録をしてください。

  • Alright, time for me to head out, I’ve gotta finish workin' on our Dark Souls video.

    そろそろ終わりにしましょう。『ダークソウル』の動画を編集しないと。

  • Thanks for watching everyone. Peace.

    ご視聴ありがとうございました。平和が訪れますように。

Hey Wisecrack, Jared again, and this week were delving into the dark and scandalous world of politics with a show that goes right for the jugular: House of Cards. The American version.

ワイズクラックへようこそ。ジャレッドです。今週は政治を激しく批判するアメリカ版の『ハウス・オブ・カード』を見て、一緒に暗くてスキャンダラスな政治の世界を掘り下げていきましょう。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 フランク クレア 政治 ゾーイ 権力 オブ

ハウス・オブ・カードの哲学-ワイズクラック版 (The Philosophy of House of Cards – Wisecrack Edition)

  • 646 54
    羅紹桀 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語