Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • I'm going to talk

    これからお話しするのは

  • about some of my discoveries

    私が仕事を通じて

  • around the world through my work.

    世界中で発見したことです

  • These are not discoveries of planets

    それは惑星や新しい技術の--

  • or new technologies

    発見ではなく 科学的な--

  • or science.

    発見でもありません

  • They're discoveries of people

    私は人について 人の在り方と

  • and the way people are, and new leadership.

    新しいリーダーシップについて 発見をしました

  • This is Benki.

    彼の名前はビンキーです

  • Benki is a leader of the Ashaninka Nation.

    アシャニンカ族の長で

  • His people live in Brazil

    彼の部族はブラジルと

  • and in Peru.

    ペルーで暮らしています

  • Benki comes from a village

    ビンキーはアマゾンの

  • so remote up in the Amazon

    奥地にある村の出身です

  • that to get there, either you have to fly

    そこにたどり着くには

  • and land on water,

    空路で水の上に着陸するか

  • or go by canoe for several days.

    カヌーで何日間も旅するしかありません

  • I met Benki three years ago in Sao Paulo

    3年前 私はサンパウロで 先住民族の--

  • when I'd brought him and other leaders

    リーダー達と各国のリーダー達が

  • from indigenous peoples

    会う機会を設けた時に 初めて

  • to meet with me and leaders from around the world,

    ビンキーに会いました

  • because we wanted to learn from each other.

    私達は互いに学びあい

  • We wanted to share our stories with each other.

    状況を共有したかったのです

  • The Ashaninka people

    アシャニンカ族の人々は

  • are known throughout South America

    南アメリカで

  • for their dignity, their spirit

    彼らの威厳 豊かな精神 そして侵略に対する

  • and their resistance,

    強い抵抗で知られています

  • starting with the Incas

    インカ帝国に始まり 19世紀には

  • and continuing through the 19th century

    ゴムの木の樹液を採取する

  • with the rubber tappers.

    労働者達と戦ってきました

  • Today's biggest threat to the Ashaninka people

    今 アシャニンカ族とビンキーを

  • and to Benki

    最も脅かしているものは

  • comes from illegal logging --

    森林の違法伐採です--

  • the people who come into the beautiful forest

    人々が美しい森林に侵入し

  • and cut down ancient mahogany trees,

    マホガニーの古木を切り倒し

  • float them down the river to world markets.

    川に浮かべて世界の市場へと 運んでいます

  • Benki knew this.

    ビンキーは彼の森と環境に 起こっている異変に気がついていました

  • He could see what was happening to his forest, to his environment,

    ビンキーは彼の森と環境に 起こっている異変に気がついていました

  • because he was taken under his grandfather's wing

    ビンキーは2歳のとき 森林と

  • when he was only two years old

    部族の生活様式を

  • to begin to learn about the forest

    学び始めるために

  • and the way of life of his people.

    祖父のもとに預けられました

  • His grandfather died when he was only 10.

    彼がわずか10歳のときに祖父が亡くなり

  • And at that young age, 10 years old,

    ビンキーは10歳という若さで

  • Benki became the paje of his community.

    彼の住むコミュニティのパジェになりました

  • Now, in the Ashaninka tradition and culture,

    アシャニンカ族の伝統と文化において

  • the paje is the most important

    パジェはコミュニティの中で

  • person in the community.

    最も重要な人物です

  • This is the person who contains within him

    何世紀もの間積み重ねてきた

  • all the knowledge, all the wisdom

    生命に関する知恵と知識の

  • of centuries and centuries of life,

    全てを内に秘めた存在なのです

  • and not just about his people,

    それは自分達の 部族のことだけではなく

  • but about everything that his people's survival depended on:

    部族の生存に関わる全てのことを含みます:

  • the trees, the birds,

    木に鳥--

  • the water, the soil, the forest.

    水に土 そして森

  • So when he was only 10 and he became the paje,

    ビンキーはわずか10歳でパジェに--

  • he began to lead his people.

    部族のリーダーになり

  • He began to talk to them

    彼らと話し始めました

  • about the forest that they needed to protect,

    彼らが守るべき森林について

  • the way of life they needed to nurture.

    これから育んでいくべき生活様式について

  • He explained to them

    ビンキーは皆に説明したのです

  • that it was not a question of survival of the fittest;

    大事なのは適者生存の問題ではなく

  • it was a question of understanding

    生き残るために そして

  • what they needed to survive

    森林を守るために必要なものを

  • and to protect that.

    理解することだと伝えました

  • Eight years later,

    それから8年後

  • when he was a young man of 18,

    18歳の若者だったビンキーは

  • Benki left the forest for the first time.

    初めて森を離れ 3,000マイルも

  • He went 3,000 miles on an odyssey to Rio

    離れたリオで開かれる地球サミットに

  • to the Earth Summit

    参加する旅に出ました

  • to tell the world what was happening

    彼の小さな村で起こっている--

  • in his tiny, little corner.

    事を世界に知らせるために

  • And he went because he hoped the world would listen.

    そして世界が耳を 傾けてくれることを願って

  • Some did, not everybody.

    何人かは耳を傾けましたが 皆ではありません

  • But if you can imagine this young man

    想像してみてください

  • with his headdress and his flowing robe,

    長いローブと髪飾りを纏い

  • learning a new language, Portuguese,

    英語はもちろんのこと ポルトガル語という

  • not to mention English,

    新しい言語を学んで

  • going to Rio,

    リオに出かけていく若者の姿を

  • building a bridge

    敵意の少なくないこの世界で

  • to reach out to people he'd never met before --

    初対面の人達と繋がるため

  • a pretty hostile world.

    架け橋を作りあげていく姿を

  • But he wasn't dismayed.

    しかし彼は落胆することなく

  • Benki came back to his village full of ideas --

    沢山のアイディアを持って 村に帰ってきました

  • new technologies, new research,

    例えば 新しい技術や研究結果

  • new ways of understanding what was going on.

    物事に対する新しい考え方などです

  • Since that time,

    それ以来彼は 仲間と共に

  • he's continued to work with his people,

    問題に取り組み続けました

  • and not only the Ashaninka Nation,

    アシャニンカ族だけでなく

  • but all the peoples of the Amazon and beyond.

    アマゾンとその向こうに住む 人々を巻き込んで

  • He's built schools

    彼は学校を建て 子供達に

  • to teach children to care for the forest.

    森林を大事にするよう教えています

  • Together, he's led the reforestation

    同時に彼は 森林再生を指揮し

  • of over 25 percent of the land

    伐採業者によって破壊された

  • that had been destroyed by the loggers.

    土地の25%を再生したのです

  • He's created a cooperative

    そして協同組織をつくり

  • to help people diversify their livelihoods.

    生計を立てる手段を多様化しました

  • And he's brought the internet and satellite technology

    彼はインターネットと衛星技術を

  • to the forest --

    森に持ち込みました--

  • both so that people themselves

    そうすることで

  • could monitor the deforestation,

    森林伐採を監視するだけでなく

  • but also that he could speak from the forest

    彼は その森林から世界へ

  • to the rest of the world.

    語りかけることができるのです

  • If you were to meet Benki

    もし あなたがビンキーに会い

  • and ask him, "Why are you doing this?

    「何故このようなことをするのですか

  • Why are you putting yourself at risk?

    どうして自ら危険を冒すのですか

  • Why are you making yourself vulnerable

    なぜ この敵意ある世界に

  • to what is often a hostile world?"

    自分をさらすのですか」と尋ねたら

  • he would tell you,

    彼は私に答えてくれたように

  • as he told me,

    あなたにもこう答えるでしょう

  • "I asked myself," he said,

    「自分自身に問いかけたのです

  • "What did my grandparents and my great-grandparents do

    私の祖父母や曾祖父母は 私のために

  • to protect the forest for me?

    森を守るため 何をしていたのだろうか

  • And what am I doing?"

    そして私は今何をしているのだろうか」と

  • So when I think of that,

    この彼の言葉について考えると

  • I wonder what our grandchildren

    私の孫やひ孫達が 自分達に

  • and our great-grandchildren,

    その問いを尋ねた時

  • when they ask themselves that question,

    彼らはどんな答えを

  • I wonder how they will answer.

    見つけるのか 考えてしまいます

  • For me, the world is veering

    深く考えてみると 私には

  • towards a future we don't much want

    この世界があまり望ましくない未来へと

  • when we really think about it deep inside.

    向かっているように思えます

  • It's a future we don't know the details of,

    未来の詳細は分かりませんが 未来についての

  • but it's a future that has signs,

    サインは出ています

  • just like Benki saw the signs around him.

    ビンキーが彼の周りでサインを見たように

  • We know we are running out of what we need.

    私達に必要な物が 足りなくなっています

  • We're running out of fresh water.

    新鮮な水が足りなくなり

  • We're running out of fossil fuels.

    化石燃料も足りなくなり

  • We're running out of land.

    土地が足りなくなってきています

  • We know climate change is going to affect all of us.

    気候変動が皆に影響することも明白です

  • We don't know how, but we know it will.

    どんな影響かはわかりませんが 影響はします

  • And we know that there will be more of us than ever before --

    今までのどの時代よりも 人が増えます--

  • five times as many people in 40 years

    40年後の人口は60年前に比べて

  • than 60 years ago.

    5倍に増えるのです

  • We are running out of what we need.

    私達に必要な物は 足りないのです

  • And we also know

    また 世界が別の意味で

  • that the world has changed in other ways,

    変化していることもわかっています

  • that since 1960

    1960年以降 この地球上に

  • there are one-third as many new countries

    存在する独立国家の数は それまでの

  • that exist as independent entities on the planet.

    3分の1増えました

  • Egos, systems of government --

    エゴと政治システム--

  • figuring it out --

    互いに模索しながら--

  • massive change.

    本当に大きな変化です

  • And in addition to that,

    そのことに加え

  • we know that five other really big countries

    5つの新しい大国が将来発言権を

  • are going to have a say in the future,

    持つことに私達は気付いています

  • a say we haven't even really started to hear yet --

    まだ聞こえぬ発言権を持つのは

  • China, India,

    中国 インド

  • Russia, South Africa

    ロシア 南アフリカ

  • and Benki's own Brazil,

    そしてビンキーの国 ブラジルです

  • where Benki got his civil rights

    1988年に公布された憲法により

  • only in the 1988 constitution.

    ビンキーは公民権を認められました

  • But you know all that.

    しかし 皆さんは全てご存知です

  • You know more than Benki knew when he left his forest

    ビンキーが森を離れ 3,000マイルの

  • and went 3,000 miles.

    旅に出る前に得ていた知識より 多くを知っています

  • You also know

    さらにわかっているのは

  • that we can't just keep doing what we've always done,

    今までと同じようなやり方を

  • because we'll get the results

    続けていては 同じ結果を

  • we've always gotten.

    繰り返すということです

  • And this reminds me of something I understand

    百年以上前にソールズベリー卿が

  • Lord Salisbury said to Queen Victoria over a hundred years ago,

    ビクトリア女王に「変わってください」と

  • when she was pressing him, "Please change."

    詰め寄られたときに返した 言葉を思い出します

  • He said, "Change?

    彼は言いました「変わる?

  • Why change?

    なぜ変わるんですか?

  • Things are bad enough as they are."

    見てのとおり すでに状況はとても悪いのです」

  • We have to change.

    私達は変わらなければなりません

  • It's imperative to me, when I look around the world,

    世界を見渡すと 私達自身が変わることが

  • that we need to change ourselves.

    不可欠だと私には思えるのです

  • We need new models of what it means to be a leader.

    リーダーとしての新しい手本が 必要です

  • We need new models

    リーダーとして 一人の人間として

  • of being a leader and a human in the world.

    新しいモデルが必要なのです

  • I started life as a banker.

    私は最初 銀行員として働いていました

  • Now I don't admit to that

    といっても私は親しい友人以外に

  • to anybody but my very close friends.

    そのことは認めたくないのですが

  • But for the past eight years,

    しかし この過去8年間 私は

  • I've done something completely different.

    全く違った事に取り組んできました

  • My work has taken me around the world,

    私は仕事で世界中を周り

  • where I've had the real privilege

    ビンキーのように それぞれの--

  • of meeting people like Benki

    コミュニティーで変化を 起こしている人達に

  • and many others who are making change happen

    出会えるという光栄を

  • in their communities --

    賜ることが出来ました--

  • people who see the world differently,

    世界を違う視点で見て

  • who are asking different questions,

    異なる質問を投げかけ

  • who have different answers,

    異なる答えを出し

  • who understand the filters that they wear

    世界に出た時に 自分達が持つフィルターを

  • when they go out into the world.

    理解している人達なのです

  • This is Sanghamitra.

    これはサンガミトラの写真です

  • Sanghamitra comes from Bangalore.

    サンガミトラはバンガロールの出身です

  • I met Sanghamitra eight years ago

    8年前 私がバンガロールで

  • when I was in Bangalore

    難しい社会問題に取組む

  • organizing a workshop with leaders of different NGO's

    NGOのリーダー達とのワークショップを

  • working in some of the hardest aspects of society.

    開いていた時にサンガミトラと出会いました

  • Sanghamitra didn't start life

    サンガミトラは初めからNGOの

  • as a leader of an NGO,

    リーダーだったわけではありません

  • she started her career as university professor,

    大学教授としてキャリアを始め

  • teaching English literature.

    英文学を教えていました

  • But she realized that she was much too detached from the world doing that.

    しかし その仕事は周りと 繋がっていないと

  • She loved it, but she was too detached.

    仕事は好きでしたが 繋がりがないと気付きました

  • And so in 1993,

    そして 1993年に

  • a long time ago,

    ずいぶん前の話になりますが

  • she decided to start a new organization

    サムラクシャと呼ばれる新しい団体を

  • called Samraksha

    設立する決意をしました

  • focused on one of the hardest areas,

    その団体は インドで

  • one of the hardest issues in India --

    当時の世界で最も困難な

  • anywhere in the world at the time --

    問題に取り組むものでした--

  • HIV/AIDS.

    HIV/AIDSです

  • Since that time, Samraksha has grown

    その時から サムラクシャは成長し

  • from strength to strength

    影響力を強め 今ではインドにおいて

  • and is now one of the leading health NGO's in India.

    健康問題への取り組みを リードするNGOの一つです

  • But if you just think about the state of the world

    しかし 1993年の世界情勢と

  • and knowledge of HIV/AIDS

    HIV/AIDSに関する

  • in 1993 --

    知識について考えてみると--

  • in India at that time it was skyrocketing

    当時のインドでは患者が急激に増え

  • and nobody understood why,

    原因が誰にもわかりませんでした

  • and everyone was actually very, very afraid.

    そして皆が非常に恐れていたのです

  • Today there are still three million

    今日でもインドでは

  • HIV-positive people in India.

    300万人のHIV感染者がいます

  • That's the second largest population in the world.

    世界で2番目に多い数です

  • When I asked Sanghamitra,

    ある時 サンガミトラに 「どうやって

  • "How did you get from English literature

    英文学からHIV/AIDSに

  • to HIV/AIDS?"

    たどり着いたのか」とたずねました

  • not an obvious path,

    2つは全く違った道のように見えます

  • she said to me,

    彼女はこう答えました

  • "It's all connected.

    「すべては繋がっていたのです

  • Literature makes one sensitive,

    文学は人を敏感にさせ 人々や

  • sensitive to people,

    彼らの夢やアイディアに

  • to their dreams and to their ideas."

    共感できるようになるのです

  • Since that time, under her leadership,

    それから彼女のリーダーシップの下

  • Samraksha has been a pioneer

    サムラクシャはHIV/AIDSに

  • in all fields related

    関連するあらゆる分野での

  • to HIV/AIDS.

    先駆者になりました

  • They have respite homes, the first,

    彼らは初の介護ホームを持ち

  • the first care centers,

    初の治療センターを持ち 初の

  • the first counseling services --

    カウンセリングサービスを提供しました

  • and not just in urban, 7-million-population Bangalore,

    都会--700万人の住むバンガロール-- だけではなく

  • but in the hardest to reach villages

    カルナタカ州にある

  • in the state of Karnataka.

    遠く離れた村に対してもです

  • Even that wasn't enough.

    彼女はそれだけで満足せず

  • She wanted to change policy at the government level.

    政府レベルで政策を変えようとしました

  • 10 of their programs that she pioneered

    彼女が先陣を切ったプログラムのうち

  • are now government policy and funded by the government.

    10個が現在政策として 予算がついています

  • They take care of 20,000-odd people today

    彼らは現在 カルナタカ周辺の

  • in over 1,000 villages around Karnataka.

    1,000以上の村で20,000人余りの人々を

  • She works with people like Murali Krishna.

    地元出身の このムラリ・クリシュナのような

  • Murali Krishna comes from one of those villages.

    人達と共に看護しています

  • He lost his wife to AIDS a couple of years ago,

    彼は2年前にエイズで奥さんを亡くし

  • and he's HIV-positive.

    彼自身もHIV感染者です

  • But he saw the work, the care,

    彼はサンガミトラと

  • the compassion

    彼女のチームの村に対する

  • that Sanghamitra and her team brought to the village,

    仕事 看護 そして思いやりを目にして

  • and he wanted to be part of it.

    その一員になりたいと思いました

  • He's a Leaders' Quest fellow, and that helps him with his work.

    リーダズクエストの一員であることは 彼の仕事に役立っています

  • They've pioneered a different approach to villages.

    彼らは村々への情報伝達を新しい

  • Instead of handing out information in pamphlets,

    先駆的な方法で行っています

  • as