Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • The United States is well known for its love of guns.

    アメリカは銃が大好きな国としてよく知られています。

  • With more guns per resident than any other country on earth, the US also suffers from the highest number of gun deaths per capita.

    住民一人当たりの銃所持数が世界で最も多い国であり、アメリカは一人当たりの銃による死亡者数も最も多い国であることに悩まされている。

  • So, why does America love guns so much?

    では、なぜアメリカはこれほどまでに銃が好きなのでしょうか?

  • Well, the basis for the US’s gun policy is the Second Amendment to the United States Constitution.

    アメリカの銃政策の基本は、合衆国憲法修正第2条にあります。

  • It states, "A well regulated militia being necessary to the security of a free state, the right of the people to keep and bear arms shall not be infringed."

    それには「自由な国家の安全保障のためには、統制された民兵が必要であり、人民が武器を保持する権利は侵害されてはならない」と書かれています。

  • Since it was written in 1791, gun control laws have been narrowed down, and varied from state to state.

    1791年に書かれて以来、銃規制の法律は狭められ、州ごとに異なっています。

  • However, America’s love of guns still comes from their early history.

    しかし、アメリカが銃を愛するのは、その初期の歴史に由来しているのです。

  • The founding fathers understood that in most conflicts, the more powerfully armed force usually wins.

    建国の父は、ほとんどの紛争で、より強力な武装をした軍が勝つことを理解していました。

  • The Second Amendment was intended to fight tyrannical oppression, defend against invaders, and guarantee the right to self-defense.

    憲法修正第2条は、専制的な抑圧に対抗し、侵略者から身を守り、自衛権を保証することを目的としていました。

  • The right to self defense is actually found in the British common law on which the founders based much of the constitution.

    自衛権は、実は建国者が憲法の多くの部分を基礎とした英国の慣習法に見られます。

  • Inherent in America’s birth is the idea that freedom and liberty must be defended with force.

    アメリカの誕生には、自由と解放は武力で守らなければならないという考えが内在しているのです。

  • Today, although the political and military situation has changed, many Americans continue to associate freedom with gun ownership.

    今日、政治的・軍事的状況は変わったものの、多くのアメリカ人は自由と銃の所有を結びつけています。

  • Pro-gun advocates, such as the National Rifle Association, argue that guns allow people to protect themselves against criminals with guns.

    全米ライフル協会などの銃支持の提唱者たちは、銃があれば、銃を持った犯罪者から身を守ることができると主張しています。

  • It’s argued that since guns are so ubiquitous, gun control laws would only prevent law abiding citizens from having guns.

    銃はどこにでもあるものなので、銃規制法は法を守る市民が銃を持てなくなるだけだと主張しています。

  • Meanwhile, criminals would ignore those laws and crime would increase.

    一方、犯罪者はそれらの法律を無視し、犯罪は増加するでしょう。

  • A 2014 Pew study confirms that American attitudes have shifted towards gun ownership rights instead of gun control.

    2014年のピュー研究所の調査では、アメリカ人の意識が銃規制ではなく、銃の所有権にシフトしていることがわかっています。

  • This suggests that people believe it is safer to have guns for protection than to limit gun ownership.

    これは、人々が銃の所有を制限するよりも、身を守るために銃を持つ方が安全だと考えていることを示しています。

  • The most repeated argument for associating freedom and guns, is that the United States government was intended to exist only at the whim of its citizens.

    自由と銃を関連付けるために最も繰り返される議論は、アメリカ政府は市民の思いつきでのみ存在するというものです。

  • In 1946, a town in Tennessee led an armed revolt against the police and sheriff. He had restricted their voting rights, unlawfully jailed and fined citizens for profit, and rigged an election.

    1946年、テネシー州のある町が警察と保安官に対する武装反乱を起こしました。彼は、選挙権を制限し、不法に市民を投獄し、利益のために罰金を科し、選挙を不正に行っていたのです。

  • As it says in the declaration of independence "whenever any Form of Government becomes destructive, it is the Right of the People to alter or to abolish it".

    独立宣言にあるように、「いかなる形態の政府も破壊的になったときには、それを変更または廃止することは人々の権利である。」

  • It's argued that the Second Amendment is supposed to guarantee the people’s ability to actually get that done.

    憲法修正第2条は、人々が実際にそれを成し遂げる能力を保証するためのものだと主張されています。

  • Still, despite the potential freedom from tyranny, conflicting studies can’t seem to determine whether or not gun controls actually lower violent crime.

    しかし、独裁政治から自由になれる可能性があるにもかかわらず、相反する研究結果は、銃規制が実際に凶悪犯罪を減少させるかどうかを断定できないようです。

  • However, researchers at Harvard determined that in nearly every case, more guns equals more homicides.

    しかし、ハーバード大学の研究者は、ほとんどすべてのケースで、銃の数が多ければ殺人件数も増えると判断しました。

  • In the US, children are 17 times more likely to be murdered with a firearm than in other countries.

    アメリカでは、子供が銃で殺される確率が他国に比べて17倍も高いのです。

  • Still, it is doubtful that Americans will ever transition away from conflating guns and freedom.

    しかし、アメリカ人が銃と自由の融合から脱却できるかどうかは疑問です。

  • Europe has a very different relationship with guns than the United States, but do the gun control laws there really work? Well, check out our video.

    ヨーロッパでは、銃との関係がアメリカとは大きく異なりますが、そこでの銃規制法は本当に機能しているのでしょうか?私たちの動画をご覧ください。

  • In other places, like Lithuania and Romania, few civilians own firearms because at one point they were part of the Soviet Union, which had extremely strict gun laws.

    リトアニアやルーマニアのように、一般市民が銃器をほとんど持っていないところもあります。これは、かつてソ連の一部であったため、銃規制が非常に厳しかったからです。

  • Thanks for watching TestTube! Join us on Facebook and Twitter if youve got any other ideas for videos!

    TestTubeをご覧いただきありがとうございました!他にも動画にするべきアイデアがあれば、私たちのFacebookやTwitterに参加してくださいね。

The United States is well known for its love of guns.

アメリカは銃が大好きな国としてよく知られています。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 アメリカ 憲法 自由 市民 犯罪 所有

【英語で社会問題】アメリカ「銃社会」の起源、なぜこれほど銃が好きなのか

  • 5087 234
    鄭小鬼 に公開 2021 年 09 月 08 日
動画の中の単語