Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • We read fiction for many reasons.

    私たちが小説を読む理由は、たくさんあります。

  • To be entertained, to find out who done it, to travel to strange new planets, to be scared, to laugh, to cry, to think, to feel, to be so absorbed that for a while we forget where we are.

    楽しむため、やったのは誰かを見つけるため、奇妙な新しい惑星に旅するため、怖がるため、笑うため、泣くため、考えるため、感じるため、あまりに夢中になって、自分がどこにいるかを忘れるため。

  • So, how about writing fiction? How do you suck your readers into your stories?

    小説を書くことはどうでしょうか?読者を自分のストーリーに吸い込むには、どうすれば良いでしょうか?

  • With an exciting plot? Maybe.

    ワクワクする筋書き?そうかもしれません。

  • Fascinating characters? Probably.

    魅力的なキャラクター?多分そうですね。

  • Beautiful language? Perhaps.

    美しい言語?おそらくそうですね。

  • "Billie's legs are noodles. The ends of her hair are poison needles. Her tongue is a bristly sponge, and her eyes are bags of bleach."

    「ビリーの脚は麺。彼女の髪の先は、毒入りの針。彼女の舌はごわごわのスポンジで、彼女の目は漂白剤の袋。」

  • Did that description almost make you feel as queasy as Billie?

    この描写で、ビリーと同じくらいに落ち着かない気持ちになりましたか?

  • We grasp that Billie's legs aren't actually noodles.

    ビリーの脚が麺ではないことは、分かっていますね。

  • To Billie, they feel as limp as cooked noodles.

    ビリーにとっては、脚がゆでた麺のようにぐにゃぐにゃなのです。

  • It's an implied comparison, a metaphor.

    これは言外の比較、メタファーです。

  • So, why not simply write it like this?

    それならどうして、このようにシンプルに書かないのでしょう?

  • "Billie feels nauseated and weak."

    「ビリーは吐き気がして、弱った気分です。」

  • Chances are the second description wasn't as vivid to you as the first.

    2つ目の表現は、最初ほど鮮明ではなかったでしょう。

  • The point of fiction is to cast a spell, a momentary illusion that you are living in the world of the story.

    小説で重要なのでは、魔法をかけて、物語の世界の中に生きているという、瞬間的な幻想を生み出すことです。

  • Fiction engages the senses, helps us create vivid mental simulacra of the experiences the characters are having.

    小説は感覚を魅了させ、キャラクターが味わっている経験を、心の中で鮮明に作り出します。

  • Stage and screen engage some of our senses directly.

    舞台や画面だと、私たちの感覚の一部は、直接的に引き込まれます。

  • We see and hear the interactions of the characters and the setting.

    キャラクターのやりとりや場面を見たり、聞いたりできます。

  • But with prose fiction, all you have is static symbols on a contrasting background.

    しかし散文小説だと、あるのは対照的な背景の上にある、静的な記号だけです。

  • If you describe the story in matter-of-fact, non-tactile language, the spell risks being a weak one.

    ストーリーを無味乾燥に、立体感のない言葉で述べると、魔法が弱いものになる危険があります。

  • Your reader may not get much beyond interpreting the squiggles.

    読者は、くねった波線を解釈する以上に、何も得られないかもしれません。

  • She will understand what Billie feels like, but she won't feel what Billie feels.

    ビリーがどんな気持ちがは理解できても、ビリーの感覚を感じることはできません。

  • She'll be reading, not immersed in the world of the story, discovering the truths of Billie's life at the same time that Billie herself does.

    読んでいても、ビリーの人生の秘密について彼女と同時に見出して、ストーリーの世界に没頭するようなことはありません。

  • Fiction plays with our senses: taste, smell, touch, hearing, sight, and the sense of motion.

    小説は、私たちの感覚をもてあそびます―味覚、嗅覚、触覚、聴覚、視覚、そして運動感覚です。

  • It also plays with our ability to abstract and make complex associations.

    小説はまた、複雑な関係性を抽象化させ、生み出す能力にも働きかけます。

  • Look at the following sentence.

    次の文を見てください。

  • "The world was ghost-quiet, except for the crack of sails and the burbling of water against hull."

    「世界はひっそりと静まりかえり、帆がパキッと鳴り、船体に水がゴボゴボと当たる音がするだけでした。」

  • The words, "quiet," "crack," and "burbling," engage the sense of hearing.

    「静か」「パキッ」「ゴボゴボ」という単語が、聴覚に働きかけます。

  • Notice that Buckell doesn't use the generic word, "sound."

    バッケルは、一般的な単語である"sound"を使っていませんね。

  • Each word he chooses evokes a particular quality of sound.

    彼が選ぶ単語1つ1つが、ある特定の性質を持った音を想起させます。

  • Then, like an artist laying on washes of color to give the sense of texture to a painting, he adds another layer, motion, "the crack of sails," and touch, "the burbling of water against hull."

    そして、色を塗り重ねて絵画に質感を与える芸術家のように、彼はまた別の層、動きを加えます―「帆がパキッと鳴り」。さらに、触感です―「船体に水がゴボゴボと当たる」。

  • Finally, he gives us an abstract connection by linking the word quiet with the word ghost.

    最後に、"quiet"と"ghost"という単語を組み合わせ、抽象的なつながりを与えます。

  • Not "quiet as a ghost," which would put a distancing layer of simile between the reader and the experience.

    「幽霊のように静か」ではありません。そうすると、読者と経験との間に直喩の層を加え、距離を置いてしまいます。

  • Instead, Buckell creates the metaphor "ghost-quiet" for an implied, rather than overt, comparison.

    そうではなく、"ghost-quiet"というメタファーを作り、明白ではなく、暗示された例えを生み出しているのです。

  • Writers are always told to avoid cliches because there's very little engagement for the reader in an overused image, such as "red as a rose."

    作家は常に、決まり文句を避けるよう言われます。それは、過度に使われたイメージ、例えば「バラのように赤い」のような表現だと、読者をほとんど引き込むことができないからです。

  • But give them, "Love...began on a beach. It began that day when Jacob saw Anette in her stewed-cherry dress," and their brains engage in the absorbing task of figuring out what a stewed-cherry dress is like.

    そうではなく、「愛…それはビーチで始まった。ジェイコブが、煮込んだチェリーのような色をしたワンピースに身を包んだアネットを見た時に。」こういう表現をすると、「煮込んだチェリーのような色をしたワンピース」とは何かを理解する、すごく面白いことに脳が引き込まれます。

  • Suddenly, they're on a beach about to fall in love.

    突如、読者はビーチで、恋に落ちそうになります。

  • They're experiencing the story at both a visceral and a conceptual level, meeting the writer halfway in the imaginative play of creating a dynamic world of the senses.

    本能的にも概念的にもストーリーを体感します。そして、ダイナミックな感覚の世界観を生み出す想像上の劇のさなかで、作者と落ち合うのです。

  • So when you write, use well-chosen words to engage sound, sight, taste, touch, smell, and movement.

    書くときには、音、景色、味、触感、におい、動きの関連する、よく吟味した単語を使いましょう。

  • Then create unexpected connotations among your story element, and set your readers' brushfire imaginations alight.

    そして、ストーリーの要素の中で、予想もしないようなコノテーションを作り出し、燃える山火事のような読者の想像力を、輝かせるのです。

We read fiction for many reasons.

私たちが小説を読む理由は、たくさんあります。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed ビリー 読者 幽霊 描写 静か

【TED-Ed】英作文にも役立つ!記述文を上手に書く方法!

  • 10619 918
    稲葉白兎 に公開 2021 年 07 月 13 日
動画の中の単語