Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Baked or fried,

    焼いたり揚げたり。

  • boiled or roasted,

    茹でたり焼いたりしています。

  • as chips or fries.

    チップスやフライドポテトのように

  • At some point in your life, you've probably eaten a potato.

    人生のどこかの時点で、あなたはジャガイモを食べたことがあるでしょう。

  • Delicious, for sure,

    美味しいよ

  • but the fact is potatoes have played a much more significant role in our history

    しかし、実際には、ジャガイモは私たちの歴史の中ではるかに重要な役割を果たしてきました。

  • than just that of the dietary staple we have come to know and love today.

    今の私たちが知るようになった食生活の主食のそれだけではありません。

  • Without the potato,

    ポテト抜きで。

  • our modern civilization might not exist at all.

    私たちの現代文明は全く存在しないかもしれません。

  • 8,000 years ago in South America, high atop the Andes,

    8000年前の南米、アンデス山脈の高地。

  • ancient Peruvians were the first to cultivate the potato.

    古代ペルー人が最初にジャガイモを栽培していました。

  • Containing high levels of proteins and carbohydrates,

    タンパク質と炭水化物を多く含む。

  • as well as essential fats, vitamins and minerals,

    必須脂肪酸、ビタミン、ミネラルはもちろんのこと

  • potatoes were the perfect food source to fuel a large Incan working class

    ジャガイモはインカの大規模な労働者階級の燃料として最適な食料源でした。

  • as they built and farmed their terraced fields,

    彼らは段々畑を作り、耕作していました。

  • mined the Rocky Mountains,

    ロッキー山脈を採掘しました。

  • and created the sophisticated civilization of the great Incan Empire.

    と、大インカ帝国の洗練された文明を生み出しました。

  • But considering how vital they were to the Incan people,

    しかし、彼らがインカ人にとってどれほど重要な存在であったかを考えると

  • when Spanish sailors returning from the Andes

    アンデスから戻ってきたスペインの船乗りたちが

  • first brought potatoes to Europe,

    最初にジャガイモをヨーロッパに持ち込んだのは

  • the spuds were duds.

    不発弾は不発弾だった

  • Europeans simply didn't want to eat

    ヨーロッパ人は単に食べたくなかっただけ

  • what they considered dull and tasteless oddities from a strange new land,

    見知らぬ土地から来た、つまらない、味気ない奇妙なもの。

  • too closely related to the deadly nightshade plant

    殺伐とした夜刀魚には縁がない

  • belladonna for comfort.

    ベラドンナで快適に

  • So instead of consuming them, they used potatoes as decorative garden plants.

    そのため、彼らはそれらを消費する代わりに、ジャガイモを装飾的な庭の植物として使用していました。

  • More than 200 years would pass before the potato caught on

    ジャガイモが流行るまでには200年以上の歳月がかかります。

  • as a major food source throughout Europe,

    ヨーロッパ全土の主要な食料源として

  • though even then,

    それでも

  • it was predominantly eaten by the lower classes.

    それは主に下層階級の人たちが食べていました。

  • However, beginning around 1750,

    しかし、1750年頃から

  • and thanks at least in part

    お陰様で

  • to the wide availability of inexpensive and nutritious potatoes,

    安価で栄養価の高いジャガイモの広い利用可能性に。

  • European peasants with greater food security

    食の安全性を高めた欧州の農民

  • no longer found themselves at the mercy of the regularly occurring grain famines of the time

    穀物飢饉の影響を受けずに済んだ

  • and so their populations steadily grew.

    そのため、彼らの人口は着実に増加しました。

  • As a result, the British, Dutch and German Empires

    その結果、英・蘭・独帝国は

  • rose on the backs of the growing groups of farmers, laborers, and soldiers,

    農民、労働者、兵士たちの成長していく集団の背中を見て、「これは、私たちには、とても重要なことなのです」と言っていました。

  • thus lifting the West to its place of world dominion.

    このようにして、西洋は世界支配の場所に持ち上げる。

  • However, not all European countries sprouted empires.

    しかし、すべてのヨーロッパ諸国が帝国を芽生えさせたわけではありません。

  • After the Irish adopted the potato,

    アイルランド人がジャガイモを採用した後

  • their population dramatically increased,

    彼らの人口は劇的に増加した。

  • as did their dependence on the tuber as a major food staple.

    主食である塊茎に依存していたのと同様に。

  • But then disaster struck.

    しかし、その後、災害が発生しました。

  • From 1845 to 1852,

    1845年から1852年まで

  • potato blight disease ravaged the majority of Ireland's potato crop,

    ジャガイモの病気はアイルランドのジャガイモの作物の大部分を荒廃させました。

  • leading to the Irish Potato Famine,

    アイルランドのポテト大飢饉につながる

  • one of the deadliest famines in world history.

    世界史に残る大飢饉の一つ。

  • Over a million Irish citizens starved to death,

    100万人以上のアイルランド人が餓死した。

  • and 2 million more left their homes behind.

    と200万人以上が家を出ていった。

  • But of course, this wasn't the end for the potato.

    しかし、もちろん、これでポテトは終わりではありませんでした。

  • The crop eventually recovered,

    作物は最終的には回復しました。

  • and Europe's population, especially the working classes,

    とヨーロッパの人口、特に労働者階級。

  • continued to increase.

    が増加し続けています。

  • Aided by the influx of Irish migrants,

    アイルランドからの移民の流入に助けられて

  • Europe now had a large, sustainable, and well-fed population

    ヨーロッパは現在、大規模で持続可能な、十分に肥えた人口を抱えていました。

  • who were capable of manning the emerging factories

    新興工場を担う人材

  • that would bring about our modern world via the Industrial Revolution.

    それは産業革命を介して現代の世界をもたらすだろう。

  • So it's almost impossible to imagine a world without the potato.

    だから、芋のない世界はほとんど考えられない。

  • Would the Industrial Revolution ever have happened?

    産業革命は起こらなかったのか?

  • Would World War II have been lost by the Allies

    第二次世界大戦は連合国によって失われていただろうか

  • without this easy-to-grow crop that fed the Allied troops

    連合軍の餌になる作物がなければ

  • Would it even have started?

    始まっていたのでしょうか?

  • When you think about it like this,

    こうやって考えてみると

  • many major milestones in world history can all be at least partially attributed

    ばんじょうのきせきはすべてのきせきに帰する

  • to the simple spud from the Peruvian hilltops.

    ペルーの丘の上からシンプルなスプラッドに。

Baked or fried,

焼いたり揚げたり。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed ジャガイモ アイルランド ヨーロッパ インカ ポテト

TED-ED】じゃがいもの目から見た歴史 - レオ・ベア=マクギネス

  • 1742 157
    稲葉白兎 に公開
動画の中の単語