Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Many believe driving is an activity solely reserved for those who can see.

    車の運転というのは、目が見える人のみのものだと考える人が多いですよね。

  • A blind person driving a vehicle safely and independently was thought to be an impossible task, until now.

    盲目の人が自動車を安全に自分の力で運転するというのは、今までは不可能なことだとされてきました。

  • Hello, my name is Dennis Hong,

    こんにちは、デニス・ホンです。

  • and we're bringing freedom and independence to the blind by building a vehicle for the visually impaired.

    私たちは、盲目の方が1人で自由に運転ができるように、視覚障害をお持ちの方のための自動車を開発しています。

  • So before I talk about this car for the blind, let me briefly tell you about another project that I worked on

    この盲目の方のための車についてお話しする前に、別のプロジェクトについてお話しさせてください。

  • called the DARPA Urban Challenge.

    DARPA Urban Challengeと呼ばるものです。

  • Now this was about building a robotic car that can drive itself.

    このプロジェクトは自走するロボット自動車を作ろうというものでした。

  • You press start, nobody touches anything, and it can reach its destination fully autonomously.

    スタートボタンを押して、誰も何も押さないで、目的地まで完全自動でたどり着くというものです。

  • So in 2007, our team won half a million dollars by placing third place in this competition.

    2007年に、私たちのチームは大会で3位に入り、50万ドルの賞金を獲得しました。

  • So about that time, the National Federation of the Blind, or NFB, challenged the research committee about

    同じころ、全国盲人連盟(NFB)が研究委員会に対して

  • who can develop a car that lets a blind person drive safely and independently.

    盲人でも1人で安全に運転できる車を開発できないものか、という課題を持ちかけました。

  • We decided to give it a try, because we thought, "Hey, how hard could it be?"

    それに対する私たちの反応は「そんなに難しい物じゃないんじゃないか?」というものだったので、挑戦することにしたんです。

  • We have already an autonomous vehicle. We just put a blind person in it and we're done, right?

    すでに自動運転できる車はあったので、単に目の見えない人をそれに乗せればばっちりでしょ?というわけですね。

  • We couldn't have been more wrong.

    全くもって間違いでした。

  • What NFB wanted was not a vehicle that can drive a blind person around, but a vehicle where a blind person can make active decisions and drive.

    NFBが考えていたのは、盲目の人を乗せて移動できる車ではなくて、盲目の人が自分の意志で操作を決定して運転できる車だったんです。

  • So we had to throw everything out the window and start from scratch.

    ですから、それまでのアイデアを全部頭から取り去って、最初からやり直さないといけなかったのです。

  • So to test this crazy idea, we developed a small dune buggy prototype vehicle to test the feasibility.

    このクレイジーなアイデアをテストするために、実現性の度合いを見るためにプロトタイプの小型デューンバギーを開発しました。

  • And in the summer of 2009, we invited dozens of blind youth from all over the country and gave them a chance to take it for a spin.

    そして2009年の夏、国内から盲目の若者を大勢招待してテスト走行をしてもらったんです。

  • It was an absolutely amazing experience.

    本当に素晴らしい時間を過ごしました。

  • But the problem with this car was it was designed to only be driven in a very controlled environment, in a flat, closed-off parking lot -- even the lanes defined by red traffic cones.

    ただ、この車はかなり整えられた環境でのみ運転されるようになっていて、平坦かつ外部からの侵入ができない駐車場で赤いコーンで整備された状態に限られていたんです。

  • So with this success, we decided to take the next big step, to develop a real car that can be driven on real roads.

    ですから、これが成功したのを受けて、実際の道路で運転できる本物の車を開発するという次の大きなステップに進もうということになったのです。

  • So how does it work?

    ではどんな感じで運転されるのでしょうか?

  • Well, it's a rather complex system, but let me try to explain it, make it simplified.

    まあ、ちょっと複雑なシステムなんですけど、簡単に説明させていただきますね。

  • So we have three steps.

    3つのステップからなります。

  • We have perception, computation and non-visual interfaces.

    認知・計算・非視覚的インターフェースですね。

  • Now obviously the driver cannot see, so the system needs to perceive the environment and gather information for the driver.

    まあ明らかに運転者は物が見えないわけですから、環境を認知して情報を集めたものを運転者に伝えるシステムである必要があるわけです。

  • For that, we use an initial measurement unit. So it measures acceleration, angular acceleration -- like a human ear, inner ear.

    この点に関しては、初期測定単位を使います。加速・角加速度を測るわけで、人間の耳と内耳みたいなものです。

  • We fuse that information with a GPS unit to get an estimate of the location of the car.

    その情報をGPSユニットと融合させて、車の所在地を割り出すわけです。

  • We also use two cameras to detect the lanes of the road.

    それからカメラも2台使って道路のレーンを感知します。

  • And we also use three laser range finders.

    さらにレーザー距離測定器を3台使っています。

  • The lasers scan the environment to detect obstacles -- a car approaching from the front, the back and also any obstacles that run into the roads,

    レーザーが周辺観光をスキャンして障害物を見つけ出しますが、正面や背後からくる車だったり、道路に入り込んでくる障害物だったりします。

  • any obstacles around the vehicle.

    車の周辺に存在する障害物なら何でも対象になるわけです。

  • So all this vast amount of information is then fed into the computer, and the computer can do two things.

    ですから、こういった大量の情報がコンピューターに登録されて、そこから2種類のことが実行できます。

  • One is, first of all, process this information to have an understanding of the environment -- these are the lanes of the road, there's the obstacles -- and convey this information to the driver.

    まず1つ目は、この情報をプロセスして周辺環境を把握するというもので、レーンがここにあって障害物はここ、という具合に情報を運転者に伝えるわけです。

  • The system is also smart enough to figure out the safest way to operate the car.

    このシステムは一番安全に車を運転できる方法を割り出すこともできます。

  • So we can also generate instructions on how to operate the controls of the vehicle.

    それから、自動車のコントロール操作をどのように行うかという指示も出すことができます。

  • But the problem is this: How do we convey this information and instructions to a person who cannot see fast enough and accurate enough so he can drive?

    ただし、ここで問題となるのは「このように伝達される情報を、受け取る側が運転に必要なだけ素早く正確に見ることができない状況ではどうするのか?」という点です。

  • So for this, we developed many different types of non-visual user interface technologies.

    この問題に対しては、たくさんの種類の非視覚的インターフェースを開発しました。

  • So starting from a three-dimensional ping sound system, a vibrating vest,

    まずは3D Pingサウンドシステム、振動ベスト、

  • a click wheel with voice commands, a leg strip, even a shoe that applies pressure to the foot.

    声認識クリックホイール、レッグストリップ、それから足に圧力をかける靴まで。

  • But today we're going to talk about three of these non-visual user interfaces.

    ただ、今日はこういった非視覚的インターフェースのうち3つについて話します。

  • Now the first interface is called a DriveGrip.

    最初のインターフェイスは DriveGrip という名前です。

  • So these are a pair of gloves, and it has vibrating elements on the knuckle part so you can convey instructions about how to steer, and the direction and the intensity.

    これは振動エレメントがこぶし部分に入っている手袋で、ハンドルの切り方や方向、強さ加減を伝えられます。

  • Another device is called SpeedStrip.

    もう1つのデバイスは SpeedStrip と呼ばれるものです。

  • So this is a chair -- as a matter of fact, it's actually a massage chair.

    これはイスですね。実際のところマッサージチェアです。

  • We gut it out, and we rearrange these vibrating elements in different patterns, and we actuate them to convey information about the speed, and also instructions how to use the gas and the brake pedal.

    中身を取り出して、振動エレメントをアレンジし直して、速度情報を伝達させると同時にアクセルとブレーキペダルの使い方も伝達します。

  • So over here, you can see how the computer understands the environment, and because you cannot see the vibration, we actually put red LED's on the driver so that you can see what's happening.

    ここではコンピューターが周辺環境を把握している様子が分かりますけど、振動は見えないので赤のLEDを運転者に付けて実際に何が起きているかを見やすくしています。

  • This is the sensory data, and that data is transferred to the devices through the computer.

    これはセンサリーデータで、このデータはコンピューターを経由してデバイスに送られます。

  • So these two devices, DriveGrip and SpeedStrip, are very effective.

    というわけで、この2つのデバイス DriveGrip と SpeedStrip はとても効果的です。

  • But the problem is these are instructional cue devices.

    ただ問題は、指示型キューデバイスだという点です。

  • So this is not really freedom, right?

    本当の意味での自由ではないですよね?

  • The computer tells you how to drive -- turn left, turn right, speed up, stop.

    コンピューターが左に曲がれ、右に曲がれ、速度を上げろ、止まれ、と指示を出すので

  • We call this the "backseat-driver problem."

    これを「自動車の客席から運転のさしずをする人」と言いますよね。

  • So we're moving away from the instructional cue devices, and we're now focusing more on the informational devices.

    ですからこういった指示型キューデバイスから離れて、より情報デバイスに焦点を当てています。

  • A good example for this informational non-visual user interface is called AirPix.

    情報非視覚的インターフェースの好例は、AirPixと呼ばれるものです。

  • So think of it as a monitor for the blind.

    ある種の盲人用モニターとでも言えるでしょうか。

  • So it's a small tablet, has many holes in it, and compressed air comes out, so it can actually draw images.

    小さなタブレットにたくさん穴が開いていて、圧縮空気が出てきて絵が描ける感じです。

  • So even though you are blind, you can put your hand over it, you can see the lanes of the road and obstacles.

    ですから目が見えなくても手をかざせば道路のレーンや障害物が見えるわけです。

  • Actually, you can also change the frequency of the air coming out and possibly the temperature.

    それに出てくる空気の頻度や、可能性としては温度も変えられる可能性があります。

  • So it's actually a multi-dimensional user interface.

    多角的ユーザーインターフェイスなわけですね。

  • So here you can see the left camera, the right camera from the vehicle and how the computer interprets that and sends that information to the AirPix.

    ここには自動車の左右に設置されたカメラが写っていて、これをコンピューターがどのように解釈して情報をAirPixに送っているかを示しています。

  • For this, we're showing a simulator, a blind person driving using the AirPix.

    ここでは、盲目の人がAirPixを使ってシミュレーターで運転をしている様子が写っています。

  • This simulator was also very useful for training the blind drivers and also quickly testing different types of ideas for different types of non-visual user interfaces.

    このシミュレーターは盲目の人をトレーニングする上でもとても便利で、色々な種類の非視覚的インターフェースに関する異なるアイデアを手早くテストするのにも役立ちました。

  • So basically that's how it works.

    ざっと話すとこんな感じです。

  • So just a month ago, on January 29th,

    これは1か月前の1月29日の話でした。

  • we unveiled this vehicle for the very first time to the public at the world-famous Daytona International Speedway during the Rolex 24 racing event.

    この自動車を、世界的に有名なデイトナ国際スピードウェイで行われた Rolex 24のイベントの中で初めてお披露目したのですが、

  • We also had some surprises. Let's take a look.

    そこで、ちょっとしたサプライズもありましたので、一緒に見てみましょう。

  • (Video) Announcer: This is an historic day in January.

    (動画)アナウンサー:今日は歴史的1月の日です。

  • He's coming up to the grandstand, fellow Federationists.

    ご覧ください皆さん、グランドスタンド前にやってきました。

  • (Cheering)

    (歓声)

  • (Honking)

    (クラクション)

  • There's the grandstand now.

    今、グランドスタンド前に来ました。

  • And he's [unclear] following that van that's out in front of him.

    そして(聞き取りにくい)前方を走るワゴン車を追走しています。

  • Well there comes the first box. Now let's see if Mark avoids it.

    さあ最初の箱が落とされました、果たしてマークは避けられるでしょうか。

  • He does. He passes it on the right.

    できました。右へ避けました。

  • Third box is out. The fourth box is out.

    3つ目、4つ目の箱が落とされていきます。

  • And he's perfectly making his way between the two.

    そして完璧にその間を通り抜けていきます。

  • He's closing in on the van to make the moving pass.

    今度は追い越しをかけるべく距離を縮めていきます。

  • Well this is what it's all about, this kind of dynamic display of audacity and ingenuity.

    このように大胆かつクレバーな開発成果をとくとご覧ください。

  • He's approaching the end of the run, makes his way between the barrels that are set up there.

    コースの終わりに差し掛かってきました、樽の間をすり抜けていきます。

  • (Honking)

    (クラクション)

  • (Applause)

    (喝采)

  • Dennis Hong: I'm so happy for you.

    デニス・ホン:本当におめでとう。

  • Mark's going to give me a ride back to the hotel. -Yes.

    マークに乗せてもらってホテルまで帰ります。 -そうだね。

  • DH: So since we started this project, we've been getting hundreds of letters, emails, phone calls from people from all around the world.

    デニス:というわけで、このプロジェクトを初めて依頼たくさんのお手紙とメール、電話を世界各地の方々からいただきました。

  • Letters thanking us, but sometimes you also get funny letters like this one:

    感謝の手紙なんですけど、中にはこんな変なものもありました:

  • "Now I understand why there is Braille on a drive-up ATM machine."

    「ドライブスルーATMに点字ブロックが付いているのはそういう意味だったのか」

  • But sometimes --

    でも時には…

  • But sometimes I also do get, you know I wouldn't call it hate mail,

    ヘイトメールとまでは言いたくないですけど、

  • but letters of really strong concern:

    とても強い問題提議をする手紙ですね。

  • "Dr. Hong, are you insane, trying to put blind people on the road? You must be out of your mind."

    ドクター・ホン、アホかお前は。盲人を公道に出させようとしてんのか?気でも狂ったか。

  • But this vehicle is a prototype vehicle, and it's not going to be on the road until it's proven as safe as, or safer than, today's vehicle.

    でもこれはプロトタイプですから、安全性が現行の普通の自動車よりも優れていると証明されなけば公道に出ることはありません。

  • And I truly believe that this can happen.

    私は心の底からその日はやってくると信じています。

  • But still, will the society, would they accept such a radical idea?

    でも、それでもこんな思い切ったアイデアを社会が受け入れるでしょうか?

  • How are we going to handle insurance? How are we going to issue driver's licenses?

    保険はどうなるのか?運転免許の交付はどのように?

  • There's many of these different kinds of hurdles besides technology challenges that we need to address before this becomes a reality.

    実現させる前に、技術的な問題以外にもとてもたくさんの種類のハードルを越えなければなりません。

  • Of course, the main goal of this project is to develop a car for the blind.

    もちろん、盲人の方のための車を開発することがこのプロジェクトの最大の目的ですけど、

  • But potentially more important than this is the tremendous value of the spin-off technology that can come from this project.

    もしかしたらこのプロジェクトから派生するテクノロジーで、とてつもない重要性を持つものが出てくるかもしれません。

  • The sensors that are used can see through the dark, the fog and rain.

    ここで使われているセンサーは暗闇やキリ、雨の中でも物体を見ることができます。

  • And together with this new type of interfaces, we can use these technologies and apply them to safer cars for sighted people.

    この新しいタイプのインターフェイスと合わせれば、目が見える人にとってもより安全な車を作ることができるわけです。

  • Or for the blind, everyday home appliances -- in the educational setting, in the office setting.

    または盲人の方にとっても、日常で使う家電や、学校やオフィスでも。

  • Just imagine, in a classroom a teacher writes on the blackboard and a blind student can see what's written and read using these non-visual interfaces.

    教室で先生が黒板に書いた内容を、盲目の生徒が非視覚的インターフェースを使ってその場で読めることを考えてみて下さい。

  • This is priceless.

    すごくないですか。

  • So today, the things I've showed you today, is just the beginning.

    ですから、今日お見せしたものは始まりに過ぎません。

  • Thank you very much.

    ご清聴どうもありがとうございます。

  • (Applause)

    (拍手)

Many believe driving is an activity solely reserved for those who can see.

車の運転というのは、目が見える人のみのものだと考える人が多いですよね。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED 視覚 障害 運転 ドライバー 指示

【TED】視覚障がい者のための自動車開発

  • 4630 138
    Max Lin に公開 2021 年 06 月 29 日
動画の中の単語