Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In the Northern Hemisphere, December has the fewest hours of daylight and the most darkness

    北半球では、12月は日照時間が最も短く、最も暗い時期です。

  • because at that time, the tilt of the Earth's axis is pointing the Northern Hemisphere away from the Sun.

    なぜなら、その時、地球の軸の傾きが北半球を太陽から遠ざけているからです。

  • However, as counterintuitive as it might sound,

    しかし、それは逆説的に聞こえるかもしれません。

  • December actually has the longest days of the year.

    実は12月は1年の中で一番長い日があります。

  • Modern clocks, of course, think everyday is 86400 seconds long,

    現代の時計は、もちろん毎日が86400秒だと思っています。

  • but that's just the average length of a solar day of the course of the year.

    と言っても、それは一年のうちの太陽の一日の平均的な長さに過ぎません。

  • A solar day is when you actually measure with a sundial

    太陽の日とは、実際に日時計で測ってみると

  • or equivalently it's the time it takes for a line of a longitude of the Earth to rotate back to face the Sun again.

    またはそれに相当するものは、地球の経度の線が再び太陽に向かって自転するまでの時間です。

  • This actually requires slightly more than 360 degrees of rotation because the Earth isn't just sitting in space rotating.

    これは、地球がただ回転しているだけではないので、実際には360度以上の回転が必要になります。

  • It's also moving around the Sun, so it has to rotate roughly 361 degrees

    太陽の周りを回っているので、大体361度回転しています。

  • before the sun comes back perfectly overhead a particular place on consecutive days.

    晴れの日が連続して特定の場所の頭上に完全に戻ってくる前に

  • If the Earth's orbit were perfectly circular and its axis were perfectly upright,

    地球の軌道が完全に円形で、その軸が完全に直立していたとします。

  • that would be the end of the story.

    ということになってしまいます。

  • However, the Earth's orbit is elliptical, so sometimes the Earth is slightly closer to the Sun,

    しかし、地球の軌道は楕円軌道なので、地球が太陽に少しだけ近づいていることもあります。

  • and the peculiarities of gravity mean it moves faster when it's closer to the Sun,

    重力の特殊性は、太陽に近い方が速く動くということです。

  • so it goes farther around the Sun in 24 hours,

    24時間で太陽の周りをぐるりと回っています。

  • so the Earth has to rotate slightly farther before the Sun comes back right overhead.

    太陽が真上に戻ってくる前に地球は少し遠くまで回転しなければなりません。

  • 0.033 degrees farther, to be precise.

    正確には0.033度離れている。

  • More rotation takes more time,

    回転数を上げると時間がかかります。

  • so when the Earth is closest to the Sun, the real sundial measured day length is lengthened by about 8 seconds.

    そのため、地球が太陽に最も近いとき、実際の日時計の測定日の長さは約8秒長くなります。

  • Plus, the Earth's axis is tilted which is what gives rise to the seasons,

    さらに、地球の軸が傾いているからこそ、季節が生まれるのです。

  • but also means at the time of the year, when the tilt points toward or away from the sun ,

    傾いている時期を意味しますが、太陽の方を向いている時や、太陽から離れている時も意味します。

  • narrower slices of longitude are aimed directly at the sun,

    経度の狭いスライスは、太陽に直接向けています。

  • so as the Earth moves in its orbit,

    地球が軌道上を移動している間に

  • it has to rotate slightly farther in order for a particular line of longitude

    緯線になるためには少し遠回りする必要があります。

  • to catch up with the changing directions of the sun.

    刻々と変化する太陽の方向性に追いつくために

  • 0.088 degrees farther to be precise.

    正確には0.088度離れています。

  • And again, more rotation takes more time,

    そして繰り返しになりますが、回転数が増えると時間がかかります。

  • so when the Earth is tilted towards the sun,

    地球が太陽に向かって傾いているときに

  • the real sundial day length is lengthened by about 21 seconds.

    実際の日時計の日の長さは約21秒長くなっています。

  • Now, by a strange coincidence,

    さて、奇妙な偶然の一致で

  • we live during a time in geological history

    地質時代

  • when the Earth's closest approach to the sun happens almost perfectly to coincide

    太陽最接近

  • with one of the two times of the year when the Earth's tilt is oriented directly towards the Sun.

    地球の傾きが太陽に向かって直接向きを変えている1年のうちの2つの時期のうちの1つであることを示しています。

  • So these two day-lengthening effects add up

    この2つの1日の長さの効果が加算されるわけですね。

  • and on December 22nd, the length of a solar day as measured by a sundial

    日時計で見た太陽の一日の長さ

  • will be the longest day all year!

    今年一番の長丁場になりそうです

  • 86430 seconds, for a grand total of 30 extra seconds.

    86430秒、合計30秒余分に。

  • Oh, and in case you're wondering where those extra 30 seconds on December 22nd go

    そういえば、12月22日の30秒はどこに行ったのかな?

  • Well, they get pushed into December 23rd,

    まあ、12月23日に押し込まれるんですけどね。

  • and the extra seconds from the 23rd pushed into the 24th and so on

    そして23日からの余剰秒数が24日に押し込まれるなど

  • which is why solar noon or the time that the sun is directly overhead

    だからこそ太陽の正午や太陽が真上にある時間

  • shifts about 30 seconds everyday around the solstice.

    夏至を中心に毎日30秒ほどシフトします。

  • This increasing disparity between solar time and clock time

    この太陽時間と時計の時間の格差の拡大

  • is also why in the Northern Hemisphere

    はまた、なぜ北半球では

  • the earliest sunset happens a few weeks before the solstice

    日の入りは夏至の数週間前

  • and the latest sunrise happens a few weeks after.

    そして、最新の日の出は数週間後に起こります。

In the Northern Hemisphere, December has the fewest hours of daylight and the most darkness

北半球では、12月は日照時間が最も短く、最も暗い時期です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 太陽 地球 回転 半球 軌道 傾い

12月はなぜ一番日が長いのか

  • 11084 532
    Michael Lu に公開 2015 年 12 月 28 日
動画の中の単語