Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • CHAPTER 35

    第35章

  • Elizabeth awoke the next morning to the same thoughts and meditations which had at

    エリザベスはでていた同じ思考や瞑想に翌朝目を覚ました

  • length closed her eyes.

    長さは目を閉じ。

  • She could not yet recover from the surprise of what had happened; it was impossible to

    彼女はまだ何が起こったかの驚きから回復することができなかった、それは不可能だ

  • think of anything else; and, totally indisposed for employment, she resolved,

    何かを考え、そして、雇用のための完全に気分がすぐれない、彼女は、解決

  • soon after breakfast, to indulge herself in air and exercise.

    すぐに朝食の後、空気と運動に身をお楽しみに。

  • She was proceeding directly to her favourite walk, when the recollection of

    彼女は彼女のお気に入りの散歩、の記憶に直接進んでいた

  • Mr. Darcy's sometimes coming there stopped her, and instead of entering the park, she

    ミスターダーシーは時々彼女は、公園を入力する代わりに、彼女をそこに停止して来て、とて

  • turned up the lane, which led farther from the turnpike-road.

    ターンパイク道路から遠く導いた車線を、上がって。

  • The park paling was still the boundary on one side, and she soon passed one of the

    公園の柵はまだ片側の境界であり、彼女はすぐにのいずれかを渡す

  • gates into the ground.

    地面へのゲート。

  • After walking two or three times along that part of the lane, she was tempted, by the

    車線のその部分に沿って2〜3回を歩いて、彼女はで、誘惑された

  • pleasantness of the morning, to stop at the gates and look into the park.

    朝の快、ゲートで停止し、公園を検討する。

  • The five weeks which she had now passed in Kent had made a great difference in the

    彼女は現在ケントで通過した5週間は大きな違いをしていた

  • country, and every day was adding to the verdure of the early trees.

    国、そして日々は、初期の木の新緑に追加されました。

  • She was on the point of continuing her walk, when she caught a glimpse of a

    彼女はのちらりと見たとき、彼女は、彼女の散歩を続けるの点にあった

  • gentleman within the sort of grove which edged the park; he was moving that way;

    公園を研が木立の一種内で紳士、彼はそのように動いていた。

  • and, fearful of its being Mr. Darcy, she was directly retreating.

    と、そのされて氏ダーシーの恐れ、彼女は直接後退した。

  • But the person who advanced was now near enough to see her, and stepping forward

    が、高度な人物は、今の彼女を見るために十分な近くに、そして前方にステップだった

  • with eagerness, pronounced her name.

    熱心で、彼女の名前を発音した。

  • She had turned away; but on hearing herself called, though in a voice which proved it

    彼女は背けたしていた、しかし彼女を聞いてそれを証明した音声でも、と呼ばれる

  • to be Mr. Darcy, she moved again towards the gate.

    ミスターダーシーに、彼女はゲートに向かって再び移動。

  • He had by that time reached it also, and, holding out a letter, which she

    彼はその時でも、それに達し、そして、手紙を保持し、その彼女いた

  • instinctively took, said, with a look of haughty composure, "I have been walking in

    本能的に私は歩いてきた"、横柄な落ち着きのな表情で、言った、だった

  • the grove some time in the hope of meeting you.

    お会いできるのを望んで木立いくつかの時間。

  • Will you do me the honour of reading that letter?"

    あなたは私にその手紙を読んでの名誉をしますか?"

  • And then, with a slight bow, turned again into the plantation, and was soon out of

    して、わずかな弓と、植林地に再びオンになり、外からすぐにあった

  • sight.

    視力。

  • With no expectation of pleasure, but with the strongest curiosity, Elizabeth opened

    喜びのない期待と、しかし強い好奇心と、エリザベスはオープン

  • the letter, and, to her still increasing wonder, perceived an envelope containing

    彼女はまだ増加する驚異への手紙、とは、、を含むエンベロープを認識

  • two sheets of letter-paper, written quite through, in a very close hand.

    手紙 - 2枚の用紙、非常に近い手で、通過非常に書かれた。

  • The envelope itself was likewise full. Pursuing her way along the lane, she then

    封筒自体も同様に満ちていました。彼女はその後、車線に沿って自分の道を追求

  • began it.

    それを始めた。

  • It was dated from Rosings, at eight o'clock in the morning, and was as follows:--

    それは朝の8時に、ロージングスから日付、および以下の通りであった: -

  • "Be not alarmed, madam, on receiving this letter, by the apprehension of its

    "心配ないさ、マダム、そのの不安によって、この手紙を受け取った上で

  • containing any repetition of those sentiments or renewal of those offers which

    ものの提供のそれらの感情または更新のいずれかの繰り返しを含む

  • were last night so disgusting to you.

    最後の夜はあなたにそう嫌だった。

  • I write without any intention of paining you, or humbling myself, by dwelling on

    私は上の住居で、自分のことをpainingの任意の意図することなく書き込み、または謙虚

  • wishes which, for the happiness of both, cannot be too soon forgotten; and the

    両方の幸せのために、あまりにも早く忘れることのできない、願い、そして

  • effort which the formation and the perusal

    努力の形成と閲覧

  • of this letter must occasion, should have been spared, had not my character required

    この手紙から、倹約されている必要があります私の文字が必要としていなかった、機会必要があります

  • it to be written and read.

    それは、読み書きする。

  • You must, therefore, pardon the freedom with which I demand your attention; your

    あなたは、それゆえ、私はあなたの注意を要求するどのと自由を大目に見てもらう必要があります。お

  • feelings, I know, will bestow it unwillingly, but I demand it of your

    感情は、私が知って、渋々それを授けるだろうが、私はあなたからそれを要求する

  • justice.

    正義。

  • "Two offenses of a very different nature, and by no means of equal magnitude, you

    "非常に異なる性質の二つの犯罪、と等しい大きさのない手段によって、お客様

  • last night laid to my charge.

    昨夜は、私の担当する敷設。

  • The first mentioned was, that, regardless of the sentiments of either, I had detached

    述べたように最初は、関係なく、どちらかの感情の、私は切り離さていたことだった

  • Mr. Bingley from your sister, and the other, that I had, in defiance of various

    さんご姉妹からBingley、および他の、私が持っていた、様々の反抗的な態度で

  • claims, in defiance of honour and humanity,

    名誉と人類の反抗の主張、、

  • ruined the immediate prosperity and blasted the prospects of Mr. Wickham.

    即時の繁栄を台無しにし、氏ウィッカムの見通しを非難した。

  • Wilfully and wantonly to have thrown off the companion of my youth, the acknowledged

    Wilfullyと気まぐれに私の青春のコンパニオンをオフにスローされたように、認め

  • favourite of my father, a young man who had scarcely any other dependence than on our

    私の父の好きな、私たちの上以外は殆どの他の依存性を持っていた若い男

  • patronage, and who had been brought up to

    ご愛顧、そして誰に育てていた

  • expect its exertion, would be a depravity, to which the separation of two young

    その努力を期待し、二人の若いのどの分離するために、堕落だろう

  • persons, whose affection could be the growth of only a few weeks, could bear no

    その愛情だけ数週間の成長可能性がある人は、、何を負担することができなかった

  • comparison.

    比較。

  • But from the severity of that blame which was last night so liberally bestowed,

    しかし、そう寛大に授けた最後の夜だったその責任の重大性から、

  • respecting each circumstance, I shall hope to be in the future secured, when the

    時の各状況を尊重し、私は、安全な未来になることを期待するもの

  • following account of my actions and their motives has been read.

    私の行動とその動機の次のアカウントが読み込まれています。

  • If, in the explanation of them, which is due to myself, I am under the necessity of

    それらの説明で、これは私自身によるものである場合、私は必要性の下です

  • relating feelings which may be offensive to yours, I can only say that I am sorry.

    あなたへの攻撃かもしれない感情に関する、私は私が申し訳ありませんと言うことができます。

  • The necessity must be obeyed, and further apology would be absurd.

    必要性に従う必要があります、そしてさらなる謝罪は不条理であろう。

  • "I had not been long in Hertfordshire, before I saw, in common with others, that

    私が見た前に"私は、他人と共通で、ハートフォードシャー州に長いれていないこと

  • Bingley preferred your elder sister to any other young woman in the country.

    Bingleyは、国の他の若い女性にあなたの姉を好んだ。

  • But it was not till the evening of the dance at Netherfield that I had any

    しかし、それは私がいずれかを持っていたことNetherfieldでダンスの夜までではなかった

  • apprehension of his feeling a serious attachment.

    彼の気持ち深刻な添付ファイルの不安。

  • I had often seen him in love before.

    私は頻繁に前の愛で彼を見ていた。

  • At that ball, while I had the honour of dancing with you, I was first made

    私はあなたと踊るの名誉を持っていたがそのボールでは、、私が最初に作られた

  • acquainted, by Sir William Lucas's accidental information, that Bingley's

    Bingleyのこと、ウィリアムルーカスの偶発的な情報によって、精通して

  • attentions to your sister had given rise to a general expectation of their marriage.

    あなたの妹に注目が彼らの結婚の一般的な期待を引き起こしていた。

  • He spoke of it as a certain event, of which the time alone could be undecided.

    彼は一人の時間が未定の場合もあるから、特定のイベント、ようなものだと話した。

  • From that moment I observed my friend's behaviour attentively; and I could then

    その瞬間から私は熱心に私の友人の行動を観察、そして私は、可能性

  • perceive that his partiality for Miss Bennet was beyond what I had ever witnessed

    ミスベネットのための彼の偏愛は、私が今まで目撃したものを超えていたことに気付く

  • in him.

    彼インチ

  • Your sister I also watched.

    あなたの妹は、私も見ました。

  • Her look and manners were open, cheerful, and engaging as ever, but without any

    彼女の見た目とマナーは、開いて明るく、そしてこれまでのように魅力的でしたが、どんなことなく、

  • symptom of peculiar regard, and I remained convinced from the evening's scrutiny, that

    独特のについての症状、と私は夕方の精査から、その確信のまま

  • though she received his attentions with

    彼女が付いている彼の注目を浴びても

  • pleasure, she did not invite them by any participation of sentiment.

    喜び、彼女は感情の任意の参加によって、それらを招待しませんでした。

  • If you have not been mistaken here, I must have been in error.

    あなたがここに間違ってされていない場合、私はエラーにされている必要があります。

  • Your superior knowledge of your sister must make the latter probable.

    あなたの妹のあなたの優れた知識は、後者が可能性を確認する必要があります。

  • If it be so, if I have been misled by such error to inflict pain on her, your

    私は彼女に苦痛を与えるためにこのようなエラーに惑わされている場合、それはあなたの、、そうである場合、

  • resentment has not been unreasonable.

    憤りは不合理ではなかった。

  • But I shall not scruple to assert, that the serenity of your sister's countenance and

    しかし、私は、アサートする気がとがめるものとその妹の表情の穏やかさと

  • air was such as might have given the most acute observer a conviction that, however

    しかし、信念その最も鋭い観察者を与えている可能性があるので空気は、そのような物だった

  • amiable her temper, her heart was not likely to be easily touched.

    彼女の気性和やか、彼女の心は簡単に触れることにそうではなかった。

  • That I was desirous of believing her indifferent is certain--but I will venture

    私は彼女の関心を信じるの望んでいたということは確かである - しかし、私は思い切って予定

  • to say that my investigation and decisions are not usually influenced by my hopes or

    私の調査と決定が、通常は私の期待に影響されないと言うことか

  • fears.

    恐怖。

  • I did not believe her to be indifferent because I wished it; I believed it on

    私はそれを望んだので、彼女が無関心であるように信じていない、私は上それを信じて

  • impartial conviction, as truly as I wished it in reason.

    私が理由でそれを望んだとして真にとして公平な信念、。

  • My objections to the marriage were not merely those which I last night

    結婚への私の反論は、単に夜に私が最後のものではなかった

  • acknowledged to have the utmost force of passion to put aside, in my own case; the

    私自身の場合には、後回しにする情熱の最大限の力を持つことを認めた。

  • want of connection could not be so great an evil to my friend as to me.

    接続の必要は私にように私の友人に悪そう大きなことができませんでした。

  • But there were other causes of repugnance; causes which, though still existing, and

    しかし、そこに嫌悪の他の原因だった;それでも、既存のも、原因は、と

  • existing to an equal degree in both instances, I had myself endeavoured to

    両方のインスタンスで同じ程度に、既存の、私自身は努力していた

  • forget, because they were not immediately before me.

    彼らが私の直前にはなかったので、忘れて。

  • These causes must be stated, though briefly.

    これらの原因は簡単にかかわらず、記載されている必要があります。

  • The situation of your mother's family, though objectionable, was nothing in

    あなたの母親の家族の状況は、不快なのに、で何もなかった

  • comparison to that total want of propriety so frequently, so almost uniformly betrayed

    その合計との比較が頻繁に妥当性が必要なので、ほぼ一様に裏切ら

  • by herself, by your three younger sisters, and occasionally even by your father.

    彼女自身で、3台の妹で、そして時折にもあなたの父親で。

  • Pardon me. It pains me to offend you.

    私をお許しください。それは痛み私はあなたを怒らせる。

  • But amidst your concern for the defects of your nearest relations, and your

    しかし、あなたの最寄りの関係の欠陥に対する懸念、そして自分の中に

  • displeasure at this representation of them, let it give you consolation to consider

    彼らのこの表現で不満は、それはあなたに考慮する慰めを与えてみましょう

  • that, to have conducted yourselves so as to

    ように自分を実施しているため、こと

  • avoid any share of the like censure, is praise no less generally bestowed on you

    あまり一般的にあなたに贈与さは称賛のような非難の任意の共有を避けるために、ではない

  • and your elder sister, than it is honourable to the sense and disposition of

    それはの感覚と処分の名誉よりも、そしてあなたの姉、

  • both.

    両方。

  • I will only say farther that from what passed that evening, my opinion of all

    私は何から、すべての私の考えをその日の夕方に合格したことを遠いと言うだろう

  • parties was confirmed, and every inducement heightened which could have led me before,

    当事者が確認され、前に私を導いたかもしれない高め、すべての誘因、した

  • to preserve my friend from what I esteemed a most unhappy connection.

    私は最も不幸な接続を高く評価したものと私の友人を維持する。

  • He left Netherfield for London, on the day following, as you, I am certain, remember,

    あなたが、私は確かだ、覚えている彼は、、一日の次のように、ロンドンのためNetherfieldを残した

  • with the design of soon returning.

    すぐに戻っての設計と。

  • "The part which I acted is now to be explained.

    "私は行動の部分は説明されるようになりました。

  • His sisters' uneasiness had been equally excited with my own; our coincidence of

    彼の姉妹の不安は等しく自分で興奮していた、私たちの偶然の一致の

  • feeling was soon discovered, and, alike sensible that no time was to be lost in

    感がない、時間が失われたことになかったことをすぐに発見し、そして、同様に賢明された

  • detaching their brother, we shortly resolved on joining him directly in London.

    兄弟切り離し、我々はまもなくロンドンで直接聞いて入社を決意した。

  • We accordingly went--and there I readily engaged in the office of pointing out to my

    我々はそれに応じていた - と私はすぐに私に指摘のオフィスでそこに従事

  • friend the certain evils of such a choice.

    そのような選択肢の特定の悪友だちづきあい。

  • I described, and enforced them earnestly.

    私が説明した、と真剣にそれらを適用。

  • But, however this remonstrance might have staggered or delayed his determination, I

    しかし、しかし、この抗議は、私は、彼の決意をずらしたり、遅れるかもしれない

  • do not suppose that it would ultimately have prevented the marriage, had it not

    それは、それが最終的に結婚を妨げていたと仮定していなかったしないでください

  • been seconded by the assurance that I

    私はその保証によって出向

  • hesitated not in giving, of your sister's indifference.

    あなたの妹の無関心から、与えることではなく躊躇した。

  • He had before believed her to return his affection with sincere, if not with equal

    彼は前に彼女がいない場合は等しいと、誠実で愛情を返すように考えられていた

  • regard.

    について。

  • But Bingley has great natural modesty, with a stronger dependence on my judgement than

    しかしBingleyは、より私の判断に強く依存して、偉大な自然の慎み深さを持っています

  • on his own.

    彼自身の上に。

  • To convince him, therefore, that he had deceived himself, was no very difficult

    彼は自分を欺いていたこと、従って、彼を説得するために、非常に困難でしたありません

  • point.

    ポイント。

  • To persuade him against returning into Hertfordshire, when that conviction had

    その信念があったときに、ハートフォードシャー州に戻っに対して、彼を説得する

  • been given, was scarcely the work of a moment.

    与えられて、ほとんど一瞬の作業でした。

  • I cannot blame myself for having done thus much.

    私はこのように多くを行うことでも自分を責めることはできない。

  • There is but one part of my conduct in the whole affair on which I do not reflect with

    私は反映しないで事件全体の私の行動の一つの部分がありますが

  • satisfaction; it is that I condescended to adopt the measures of art so far as to

    満足、それは私がこれまでに、当該技術分野の施策を採用するcondescendedということです

  • conceal from him your sister's being in town.

    彼からの町のあなたの姉妹の存在を隠す。

  • I knew it myself, as it was known to Miss Bingley; but her brother is even yet

    私はそれがBingleyミスすることが知られていたとして、それを自分自身を知っていた、しかし彼女の弟もまだです。

  • ignorant of it.

    それを知らない。

  • That they might have met without ill consequence is perhaps probable; but his

    しかし、彼の、彼らはおそらく考えている病気を破壊せずに会っている可能性があること

  • regard did not appear to me enough extinguished for him to see her without

    に関してはなく彼女を見られるようにしてくれたのに十分な彼のために消滅表示されませんでした

  • some danger.

    いくつかの危険。

  • Perhaps this concealment, this disguise was beneath me; it is done, however, and it was

    しかし、それが行われ、そしてそれはだった;おそらくこの隠蔽は、この変装は、私の下にあった

  • done for the best. On this subject I have nothing more to say,

    最善のために行わ。このテーマで私が言うことは何も、ない

  • no other apology to offer.

    提供する他の謝罪。

  • If I have wounded your sister's feelings, it was unknowingly done and though the

    私はあなたの妹の感情を傷つけている場合、それは無意識のうちに行われてもいた

  • motives which governed me may to you very naturally appear insufficient, I have not

    私を支配動機はあなたに非常に自然に不足して表示されることがあります、私はそうではありません

  • yet learnt to condemn them.

    まだ、それらを非難することを学んだ。

  • "With respect to that other, more weighty accusation, of having injured Mr. Wickham,

    "そのほかの、より重い告発に関しては、氏ウィッカムを負傷したという、

  • I can only refute it by laying before you the whole of his connection with my family.

    私はあなたの前に私の家族と彼の接続の全体を置くことによってそれを論破することができます。

  • Of what he has particularly accused me I am ignorant; but of the truth of what I shall

    彼は特に私が無知な時私を非難しているのかの、しかし、私が条の真実の

  • relate, I can summon more than one witness of undoubted veracity.

    関連する、私は紛れもない真実の複数の証人を召喚することができます。

  • "Mr. Wickham is the son of a very respectable man, who had for many years the

    "氏ウィッカムは長年持っていた非常に立派な男の息子、です。

  • management of all the Pemberley estates, and whose good conduct in the discharge of

    すべてPemberleyの不動産の管理、およびの放電で、その善行

  • his trust naturally inclined my father to

    彼の信頼は、自然に私の父への傾斜

  • be of service to him; and on George Wickham, who was his godson, his kindness

    彼へのサービスでなければ、そして彼の名付け子であったジョージウィッカム、、彼の優しさに

  • was therefore liberally bestowed.

    したがって、寛大に授与された。

  • My father supported him at school, and afterwards at Cambridge--most important

    父は学校で、そしてその後ケンブリッジで彼をサポート - 最も重要な

  • assistance, as his own father, always poor from the extravagance of his wife, would

    彼の妻の浪費から常に貧しい人々の支援は、彼自身の父親として、、でしょう