Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • The idea of human rights is that each one of us, no matter who we are or where we are born, is entitled to the same basic rights and freedoms.

    人権とは、誰であろうと、どこで生まれようと、私たち一人一人に同じ基本的な権利と自由が与えられているという考え方です。

  • Human rights are not privileges, and they cannot be granted or revoked.

    人権は特権ではなく、付与することも取り消すこともできません。

  • They are inalienable and universal.

    譲れないものであり、普遍的なものです。

  • That may sound straight forward enough, but it gets incredibly complicated as soon as anyone tries to put the idea into practice.

    それは簡単に聞こえるかもしれませんが、実行しようとした途端、それは信じられないほど複雑になります。

  • What exactly are the basic human rights?

    基本的人権とは一体何でしょうか?

  • Who gets to pick them?

    誰がそれを選ぶのでしょう?

  • Who enforces them, and how?

    誰が、どのようにそれを実施するのでしょう?

  • The history behind the concept of human rights is a long one.

    人権という概念の背景には、長い歴史があります。

  • Throughout the centuries and across societies, religions, and cultures, we have struggled with defining notions of rightfulness, justice, and rights.

    何世紀にもわたって、社会、宗教、文化の違いを超えて、私たちは正当性、正義、権利といった概念を定義するのに苦労してきました。

  • But one of the most modern affirmations of universal human rights emerged from the ruins of World War II with the creation of the United Nations.

    しかし、最も近代的な普遍的人権の主張は、第二次世界大戦後の荒廃とともに国連が設立されたときに生まれました。

  • The treaty that established the UN gives as one of its purposes to reaffirm faith in fundamental human rights.

    国連設立の条約では、基本的人権への信頼を再確認することを目的の一つとしています。

  • And with the same spirit, in 1948, the UN General Assembly adopted the Universal Declaration of Human Rights.

    そして同じ精神で、1948年には国連総会で世界人権宣言が採択されました。

  • This document, written by an international committee chaired by Eleanor Roosevelt, lays the basis for modern international human rights law.

    エレノア・ルーズベルトが議長を務める国際委員会によって書かれたこの文書は、現代の国際人権法の基礎となっています。

  • The declaration is based on the principle that all human beings are born free and equal in dignity and rights.

    この宣言は、すべての人間は生まれながらにして自由であり、尊厳と権利において平等であるという原則に基づいています。

  • It lists 30 articles recognizing, among other things, the principle of nondiscrimination and the right to life and liberty.

    その中には、無差別の原則、生命と自由の権利などを認めた30の条文が含まれています。

  • It refers to negative freedoms, like the freedom from torture or slavery, as well as positive freedoms, such as the freedom of movement and residence.

    これは、拷問や奴隷からの自由などの負の自由と、移動や居住の自由などの正の自由を指しています。

  • It encompasses basic civil and political rights, such as freedom of expression, religion, or peaceful assembly, as well as social, economic, and cultural rights, such as the right to education and the right to freely choose one's occupation and be paid and treated fairly.

    これは、表現、宗教、平和的集会の自由などの基本的な市民的・政治的権利と、教育を受ける権利、自由に職業を選択し、公正な報酬と待遇を受ける権利などの社会的・経済的・文化的権利を網羅しています。

  • The declaration takes no sides as to which rights are more important, insisting on their universality, indivisibility, and interdependence.

    宣言では、どの権利がより重要であるかということは表しておらず、その普遍性、不可分性、相互依存性を主張しています。

  • And in the past decades, international human rights law has grown, deepening and expanding our understanding of what human rights are, and how to better protect them.

    そして過去数十年の間に、国際人権法は成長し、人権とは何か、そして人権をよりよく守るにはどうしたらよいかについての理解を深め、成長してきました。

  • So if these principles are so well-developed, then why are human rights abused and ignored time and time again all over the world?

    では、このような原則が整備されているのであれば、なぜ世界中で人権が濫用され、無視されることが繰り返されるのでしょうか。

  • The problem in general is that it is not at all easy to universally enforce these rights or to punish transgressors.

    一般的な問題は、これらの権利を普遍的に行使したり、違反者を罰したりすることはまったく容易ではないということです。

  • The UDHR itself, despite being highly authoritative and respected, is a declaration, not a hard law.

    UDHR(世界人権宣言)自体は、非常に権威があり尊重されているにもかかわらず、宣言であり、硬い法律ではありません。

  • So when individual countries violate it, the mechanisms to address those violations are weak.

    そのため、個々の国が違反しても、その違反に対処するためのメカニズムが弱いのです。

  • For example, the main bodies within the UN in charge of protecting human rights mostly monitor and investigate violations, but they cannot force states to, say, change a policy or compensate a victim.

    例えば、国連で人権保護を担当している主な機関は、違反行為を監視・調査することはあっても、政策の変更や被害者への補償などを国家に強制することはできません。

  • That's why some critics say it's naive to consider human rights a given in a world where state interests wield so much power.

    だからこそ、「国家の利益が大きな力を持つ世界で、人権を当然のことと考えるのは甘い」という批判もあるのです。

  • Critics also question the universality of human rights and emphasize that their development has been heavily guided by a small number of mostly Western nations to the detriment of inclusiveness.

    また、批判家は人権の普遍性を疑問視し、その発展が少数の主に欧米諸国によって大きく導かれ、包括性が損なわれてきたことを強調しています。

  • The result?

    その結果は?

  • A general bias in favor of civil policital liberties over sociopolitical rights and of individual over collective or groups rights.

    社会的政治的権利よりも公民権を支持し、集団的または集団的権利よりも個人を支持する一般的な偏りです。

  • Others defend universal human rights laws and point at the positive role they have on setting international standards and helping activists in their campaigns.

    また、普遍的な人権法を擁護し、国際的な基準を設定したり、活動家のキャンペーンを支援したりする上で、普遍的な人権法が積極的な役割を果たしていると指摘する人もいます。

  • They also point out that not all international human rights instruments are powerless.

    また、彼らはすべての国際人権文書が無力なわけではないことも指摘しています。

  • For example, the European Convention on Human Rights establishes a court where the 47 member countries and their citizens can bring cases.

    例えば、欧州人権条約では、加盟国47カ国とその国民が裁判を起こせる裁判所を設置しています。

  • The court issues binding decisions that each member state must comply with.

    裁判所は拘束力のある決定を下し、各加盟国はそれに従わなければなりません。

  • Human rights law is constantly evolving as are our views and definitions of what the basic human rights should be.

    基本的な人権とは何かについての私たちの見解や定義と同様に、人権法も常に進化しています。

  • For example, how basic or important is the right to democracy or to development?

    例えば、民主主義の権利や開発の権利は、どれほど基本的で重要なものなのでしょうか。

  • And as our lives are increasingly digital, should there be a right to access the Internet?

    また、私たちの生活がますますデジタル化していく中で、インターネットにアクセスする権利は必要なのでしょうか?

  • A right to digital privacy?

    デジタル・プライバシーの権利?

  • What do you think?

    どう思いますか?

The idea of human rights is that each one of us, no matter who we are or where we are born, is entitled to the same basic rights and freedoms.

人権とは、誰であろうと、どこで生まれようと、私たち一人一人に同じ基本的な権利と自由が与えられているという考え方です。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed 人権 権利 自由 国連 国際

【TED-Ed】12月10日は「世界人権デー」:普遍的人権とは何か?

  • 13227 1200
    Ann に公開 2021 年 12 月 09 日
動画の中の単語