Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The Brother and the Sister who became the Sun and the Moon

    太陽と月になった兄と妹

  • Once upon a time, a young brother and sister lived in a small village with their mother.

    昔々、小さな村で幼い兄妹が母親と一緒に暮らしていました。

  • One day, their mother got work with the wealthiest family in the village

    ある日、彼らの母親は、村で最も裕福な家族と一緒に仕事を得た。

  • and had to leave her children alone for the day.

    と言って、その日は子供を一人にしなければなりませんでした。

  • Watch your little sister while I’m away. I will be back in the evening with delicious rice cakes for both of you!

    私が留守の間、妹を見ていてください。夕方にはお二人に美味しいお餅を持って帰ってきますよー

  • Mmm! I love rice cakes!

    んんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんお餅が大好きなんです。

  • I will take good care of her, Mother.

    私が面倒を見ますよ、お母さん。

  • Come home soon, Mother!

    早く帰ってきてね、お母さん!

  • The brother and sister decided to prepare a nice surprise for their mother on her return.

    お兄さんとお姉さんは、帰省中のお母さんに素敵なサプライズを用意することにしました。

  • They went together to a nearby chestnut grove to pick some fresh chestnuts for her.

    二人は一緒に近くの栗林に行き、彼女のために新鮮な栗を摘んできました。

  • The brother brought a long pole and the sister carried a basket.

    お兄さんは長い竿を持ってきて、お姉さんは籠を担いでいました。

  • Watch, if you shake the branches like this, the chestnuts will come down by themselves.

    見てください、こうやって枝を振ると栗が勝手に降りてきます。

  • Oh, this is fun! I can catch them in my basket!

    あ、これは楽しい! カゴの中で釣れるんですよ!

  • Watch out, here they come!

    気をつけろ!

  • When they had gathered as many as they could carry,

    彼らが運ぶことができるだけの数を集めたとき。

  • the brother and sister sat down to peel them in their front yard.

    兄妹は前庭で皮を剥くために座っていました。

  • They burst open the prickly shells to pick out the smooth brown chestnuts inside.

    彼らはトゲのある殻を破り、中の滑らかな茶色の栗を摘み取りました。

  • They look so good, I can’t wait to have some!

    美味しそうなので、早く食べたいですね。

  • Wait, we have to roast them on the furnace first. Alright.

    待って、先に炉で焼かないと。分かった。

  • Meanwhile, their Mother was hurrying home across the hill balancing rice cakes on her head.

    その間、彼らの母親は丘の向こうの家に急いで帰ってきて、頭の上に餅を乗せてバランスを取っていた。

  • The children must be hungry by now. I am sure they will enjoy these rice cakes.

    そろそろ子どもたちもお腹が空いてきたのではないでしょうか。きっとこのお餅を喜んでくれると思います。

  • Suddenly, she heard a terrifying growl

    突然、彼女は恐ろしいうなり声を聞いた...。

  • What was that!?

    今のは何だ?

  • Slowly, the tiger leaped down from a tree and approached the frightened Mother, glaring at her with fierce yellow eyes.

    虎はゆっくりと木から飛び降り、怯えている母に近づき、獰猛な黄色い目で睨みつけた。

  • I will perhaps let you go unscathedif you hand over one of those rice cakes.

    餅を渡してくれれば、無傷で済むかもしれませんが。

  • Oh is that all? You can have all the rice cakes you want! Here

    あ、これだけですか?餅は食べ放題ですよ!(静流) これ...

  • Ahh..they look so tempting,..

    ああ...とても魅力的に見える。

  • As the tiger busied himself with the delicious rice cakes, the Mother turned and ran for her life.

    虎が美味しいお餅に夢中になっていると、母は振り返って命がけで走ってきました。

  • The mother had just reached another hill, when the same tiger blocked her path once more

    母親は、同じ虎が再び彼女の道を遮ったとき、ちょうど別の丘に達していた。

  • I demand more rice cakes! You must have another hidden somewhere….give it to me now!

    餅をもっとよこせ!もう一個どこかに隠してあるんじゃないのか...今すぐよこせ!

  • I am sorrythis is my last one…I have to feed my children

    すみません...これで最後です...子供たちを養わないといけないので...。

  • The Mother turned and ran as fast as she could, hoping to reach home.

    母は家にたどり着くことを願って、振り向いて全力で走った。

  • But she wasn’t fast enough, and the tiger stopped her again.

    しかし、彼女はスピードが足りず、またもや虎に止められてしまった。

  • Ah, you again! Your life for a rice cake! Give one more and you can go….

    ああ、またお前か!餅のための人生だ! もう一個くれたら、もういいよ...。

  • But I gave you all I had! I don’t have anymore, I swear!

    でも、持っているものは全部あげた!もう持ってないんだ!

  • Is that so? Well, well, and how do I fill my empty belly?

    そうなのかな?さてさて、さてさて、どうやって空っぽのお腹を満たせばいいのかな?

  • I am still hungrywhat do you think I should do?

    まだお腹が空いているのですが、どうしたらいいと思いますか?

  • Nopleaseplease let me go, I have children waiting for mePlease have mercy...

    いや...どうか...離してください...子供たちが待っているんです...ご慈悲を...

  • Oh, what a tragic story. I am so sorry for you

    ああ、なんて悲惨な話なんだろう。お気の毒に...

  • Disregarding her please, the merciless tiger grabbed her with his powerful jaws

    彼女の願いを無視して、無慈悲な虎は強力な顎で彼女を掴んだ...

  • Still blissfully unaware, the children sat side-by-side by the warm furnace,

    子供たちはまだ何も知らずに、暖炉のそばに並んで座っていました。

  • watching the chestnuts roast in the crackling flames.

    割れんばかりの炎の中で焼かれる栗を見ながら

  • Suddenly, they heard a strange voice.

    突然、彼らは奇妙な声を聞いた。

  • Oh children! Mummy’s home! Why don’t you open the door?

    子供たち!ママのお家よ! ドアを開けたら?

  • Oh! Mother! Mother! Mother is home!

    母さん!母さん!母さんが帰ってきた!

  • No, wait! There’s something wrong herethat isn’t Mother’s voice

    いや 待ってくれ!何か変だな...母の声じゃないな...。

  • If you really are our Mother, show us your hand!

    もしあなたが本当に私たちの母ならば、あなたの手を見せてください!

  • Filled with doubt and suspicion, the brother refused to open the door.

    疑いと疑念でいっぱいの兄は、ドアを開けるのを拒否した。

  • His instincts had served him well.

    彼の本能は彼によく効いていた。

  • The voice outside the door was not their Mother, of course, but the ravenous tiger.

    ドアの外の声は、もちろん彼らの母親ではなく、猛虎だった。

  • Finishing off the Mother, he had come to devour the children too.

    母を殺して、彼は子供たちを食い物にしに来ていた。

  • What a clever boybut I can fool him.

    なんて賢い子なんだろう...でも誤魔化すことはできる。

  • I still have some grains of rice on my paw from all those rice cakes.

    餅を食べた時の米粒がまだ前足に残っています

  • When they see it, they will believe I am their mother!

    それを見れば、私が母親だと信じるでしょう!

  • So the tiger confidently demonstrated his paw with the rice grains stuck to it.

    そこで虎は自信満々に米粒をくっつけて前足を披露した。

  • The Brother and Sister fell for the devious trick and opened the door.

    兄妹は巧妙な手口に引っかかり、扉を開けた。

  • It really must be Mother! Let’s open the door and let her in.

    本当にお母さんに違いない!ドアを開けて中に入れよう

  • Oh, no, a tiger!!!! Help! Help!

    虎だ!助けて!助けて!

  • I hope you are as tasty as your Mother!

    お母様のように美味しくなるといいですね!

  • You ate our Mother!? NO!! Mother! NO!!

    母さんを食べたのか?違う!母さん!ダメだ!

  • Oh, stop your whining!

    泣き言はやめて!

  • Hmm...you two look even plumper and juicier than herwhich should I eat first?

    うーん...お二人とも彼女よりもさらにふっくらとジューシーに見えますね...どっちを先に食べようかな?

  • Why don’t you help me decide? Eenie-Meenie-Minie-Moe….

    決めるのを手伝ってくれないか?イーニーミニーミニーモエ......。

  • When the tiger pointed his paw at the Sister, the Brother cried out

    虎がシスターに前足を向けると、ブラザーは泣き叫んだ...。

  • Hold on! I bet youve never had a chestnut!

    ちょっと待って!きっと栗を食べたことがないんでしょうね!

  • What? What’s a chestnut? What is it? Tell me.

    栗ってなんだ?栗って何?栗ってなんですか?教えてください。

  • Well, it’s only the most delicious thing in the world! Don’t you want to try one?

    まあ、世界で一番美味しいと言われるだけのことはありますよね!一度は食べてみたいと思いませんか?

  • Desperate to save himself and his sister, the Brother had come up with a plan.

    自分と妹を救おうと必死になっていたブラザーはある計画を思いついた。

  • Can they be more delicious than rice cakes?

    お餅よりも美味しく食べられるのかな?

  • Of course they are! They are perfectly scrumptious! Look, we are roasting some right now

    もちろんです!美味しいわよ! 見てください、私たちは今、いくつかの焙煎しています...

  • They certainly do look delicious, so brown and crunchyjust looking at them makes my mouth water.

    確かに美味しそうですね、茶色くてカリカリしていて...見ているだけで口の中がポカポカしてきます。

  • I will try one!

    一度はやってみようと思います!

  • Ahh!!! My mouth!!! It burns! It burns! Ahhh!!! Help!

    ああ!口が!燃える!燃える!あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

  • In his eagerness to snatch a chestnut,

    栗を掠め取ろうとする彼の熱心さに

  • the foolish Tiger burned his paws and tongue on the blazing furnace.

    愚かなタイガーは燃え盛る炉の上で前足と舌を焼いた。

  • As he blundered around the room in pain and fury, the Brother and Sister seized their chance and ran.

    彼が痛みと怒りで部屋の周りをぼんやりしていると、ブラザーとシスターはチャンスを掴んで走った。

  • Running out into the backyard, they clambered up a tree beside the well.

    裏庭に飛び出し、井戸の横の木に登った。

  • Oh, Brother, I am so scared of that tiger!

    あ、お兄ちゃん、あの虎が怖くてたまらない!

  • I am so scared! Shhh! Try not to cry so loudly! If he hears us, we are lost!

    怖くてたまらない!シーッ!大声で泣かないで!聞かれたら終わりだ!

  • The sister stopped crying and sat still quietly.

    妹は泣き止んで静かに座っていた。

  • The tiger was furious with the Brother for fooling him and causing him to burn himself.

    虎は兄を騙して焼身自殺させたことに激怒した。

  • Those horrid children! They will pay for this, both of them! You can run, but you can’t hide!

    あの恐ろしい子供たち!償いをさせてやる!二人とも!逃げても隠れることはできない!

  • Do you really think you can trick me and get away with it!?

    私を騙して逃げ切れると本気で思っているのか!?

  • At that moment, the tiger glimpsed the children’s reflection in the water.

    その瞬間、虎は水に映る子供たちの姿をちらりと見た。

  • Ahthat’s where youre hiding! You thought you could hide from me?

    ああ...そこに隠れているのか!?俺から隠れるとでも思ったのか?

  • You are trapped now, you fools! Youre mine!!!

    追い詰められたんだよ、このバカども!お前は俺のものだ!

  • What? Where are they? Where did they go? Those rascals have tricked me again!

    何が?どこにいるの?どこに行ったんだ? あの悪党どもにまた騙された!

  • Seeing the tiger splashing helplessly around in the water, the Brother could not restrain his laughter.

    虎が水の中で無力にはねているのを見て、ブラザーは笑いを抑えることができませんでした。

  • You ridiculous creature! Couldn’t you tell it was just our reflection? Were up in a tree!

    このバカな生き物め!映っているのが分からなかったのか?私たちは木の上にいる!

  • Silly tiger! We fooled you again!

    愚かな虎!私たちは再びあなたをだました!

  • A reflection!? Oh, how could I be so stupid! I will get you for this!

    反省!?ああ、私は何てバカなんだ! 捕まえてやる!

  • Finally realizing that the children had never been in the well,

    子供たちが井戸の中に入ったことがなかったことにようやく気づく。

  • the humiliated tiger grabbed hold of the rope and dragged himself out.

    屈辱を受けた虎はロープを掴んで引きずり出した。

  • Ughit’s so slippery! Ow! Ouch! That hurt! I can’t do thishow did you two get up there?

    うわぁ...ヌルヌルしてる!痛っ!痛っ!痛い!無理だよ。どうやって二人で登ったの?

  • If you tell me the truth, I won’t eat you! I promise, I promise!

    本当のことを言ってくれたら、食べないからね!約束する!

  • You won’t!? Oh, it was so simple. We just used an axe to help us up one step at a time.

    しないの?ああ、とても簡単だった。斧を使って一歩ずつ登っていっただけだ。

  • No! Why did you tell him!? But..But..

    (吉森) いや なんで言ったんだよ! (吉森) でも...

  • Ah! Thank you! Thank you very much! Ha ha ha!

    あー、ありがとうございます!ありがとうございます!ハハハハ!

  • Grabbing an axe, the tiger scaled the tree the way the Sister had told him. The two children were horrified.

    虎は斧を手にして、シスターが言った通りに木に登りました。二人の子供たちは怯えていました。

  • Please decide our fate! Send us a strong rope if we are meant to survive, or a rotten one if we must die!

    我々の運命を決めてください!生き残るためには強いロープを、死ぬためには腐ったロープを送ってくれ!

  • Ah! The rope has come! Let’s try itThank you!

    (吉森) あっ 縄が来た!やってみよう ありがとうございます!

  • What!? Am I to be robbed of my prey at the last minute? I will not submit to this!

    何だと!?土壇場で獲物を奪われるのか?こんなことには屈しない!

  • Send me a strong rope to let me achieve my purpose or a rotten one to cast me to the earth to die!

    目的を達成させるために強い縄を送ってくれ、あるいは死ぬために地上に投げ捨てられる腐った縄を送ってくれ!

  • A thick rope descended slowly from the sky.

    空から太いロープがゆっくりと降りてきた。

  • The instant the tiger grabbed hold of the rope, it snapped. The tiger’s rope was rotten!

    虎がロープを掴んだ瞬間に切れた。虎の縄は腐っていた!

  • He fell to the ground with a crash and was killed.

    墜落事故で転落死した。

  • The Brother and Sister climbed their strong rope all the way into the sky

    ブラザー&シスターは、強いロープをずっと空に登っていました。

  • and became the sun and the moon to shed their light upon the world day and night.

    そして、太陽となり、月となって、昼夜を問わず世界を照らすようになった。

The Brother and the Sister who became the Sun and the Moon

太陽と月になった兄と妹

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 母さん ブラザー ロープ 前足 シスター 子供

太陽と月-ベッドタイム・ストーリー (BedtimeStory.TV)

  • 3433 293
    SylviaQQ に公開
動画の中の単語