Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hello, my name is Emma, and in today's lesson we are going to learn about writing. What

    こんにちは、エマです。今日のレッスンでは、ライティングについて学びます。何を

  • kind of writing? Writing letters. Okay? So this is important for people who work in business.

    手紙の種類は?手紙を書くこといいですか?これはビジネスで働く人には重要なことなんですね。

  • It's also important for people who like to write letters to their friends maybe or to

    もしかしたら友達に手紙を書くのが好きな人や

  • their grandparents in English. Also, it is very... It is a very useful video for anyone

    祖父母が英語で話していますまた、それは非常に...これは、誰にとっても非常に有用なビデオです。

  • who is taking the general IELTS test. So if you're taking not academic, but general, this

    一般的なIELTSを受験している人なので、アカデミックではなく、一般的な試験を受けている方は、この

  • is an important video. And also, if you plan to immigrate to Canada and you want to do

    は重要な動画です。また、カナダへの移住を計画している方や

  • the Canadian immigration test which is called: "the CELPIP", this video is also... It will

    カナダの移民テストと 呼ばれています"セルピップ "と呼ばれています このビデオも...それは

  • also be useful and helpful to you. Okay?

    も参考になるし、参考になります。いいですよね?

  • So let's get started. What do I mean by "formal" and "informal"? "Informal" means something

    では、早速始めてみましょう。"フォーマル "と "インフォーマル "の意味は?"インフォーマル "の意味は

  • you would write to your friends, something you would write to your parents, - well, probably

    お友達に書くようなこと、親に書くようなこと、まあ、たぶん

  • your parents unless you're afraid of your parents, then you might be more formal -, your

    あなたの両親を恐れていない限り、あなたの両親は、あなたがよりフォーマルかもしれません -、あなたの

  • classmates, your coworkers. Okay? So this is... It means it's not formal; it's for people

    クラスメイトや同僚いいですか?これは...正式なものではなく、人々のためのものです。

  • you know well. On the other hand, "formal" English we use with strangers, we use with

    をよく知っている人は知っているでしょう。一方、見知らぬ人と使う「フォーマルな」英語は

  • our boss, in the workplace, we use it in these different ways. So it's the English you really

    私たちの上司や職場では このように使い分けていますだから、それはあなたが本当に

  • have to think about, whereas informal is kind of the relaxed English. So relaxed, serious. Okay?

    考える必要がありますが インフォーマルはリラックスした英語のようなものですリラックスして真面目にいいですか?

  • So, sometimes you will have to write a letter formally, maybe to your boss or your company,

    そのため、上司や会社に向けて正式に手紙を書かなければならないこともあるでしょう。

  • other times maybe you're on holiday and you want to write a letter to your friend, you'll

    他の時間は、多分あなたが休日にしているし、あなたの友人に手紙を書きたい場合は、あなたがするでしょう。

  • use informal English. So what is the difference? Let's see.

    インフォーマルな英語を使います。では何が違うのでしょうか?見てみましょう。

  • Informal English uses contractions. What are contractions? "Didn't", "wouldn't", "couldn't",

    インフォーマルな英語では、短縮形を使います。短縮形とは?"Didn't" "d wouldn't" "couldn't" "couldn't

  • "haven't", "hasn't". So if you see a verb with an apostrophe and then a "t", that is

    "have't"、"have't "です。ですから、動詞にアポストロフィがついていて、その後に "t "がついていたら、それは

  • a contraction. Okay? It's very important to know this because in formal writing, you don't

    縮約。いいですか?これを知っておくことは非常に重要です。なぜなら、フォーマルな文章では、

  • use contractions. "Didn't" would be: "Did not". I can write that for you. "Did not".

    短縮形を使うんだ"Didn't "は "Didn't "になる"しなかった "は私が書いてあげましょう"しなかった "は

  • Couldn't: could not, haven't: have not, can't: cannot. Okay? So that's one major difference.

    できなかった:できなかった、できなかった:できなかった、できなかった:できなかった、できなかった:できなかった。いいですか?そこが大きな違いですね。

  • Another major difference between formal and informal writing is the use of idioms; the

    フォーマルとインフォーマルのもう一つの大きな違いは、イディオムの使用です。

  • use of certain expressions. If I'm writing to my friend, maybe I'll say: "Oh, you know,

    特定の表現を使用します。もし私が友人に手紙を書いているのであれば たぶんこう言います"ああ、そうだよね。

  • I've been very under the weather lately." Meaning: I've been very sick. If I'm writing

    "最近、調子が悪いんだ"意味は...私はとても体調が悪いんだ。私が書いている場合

  • to my boss, I won't use idioms. If I'm writing a formal letter, I will not use idioms. Those

    上司には、慣用句は使いません。正式な手紙を書くときは 慣用句は使いませんそれらの

  • aren't good to use in formal writing.

    はフォーマルな文章で使うのには向いていません。

  • Phrasal verbs, this is another thing we find in informal writing. What is a phrasal verb?

    句動詞、これもインフォーマルライティングで見かけるものです。句動詞とは何ですか?

  • It's a verb that has a preposition. Okay? So, for example: "find out", "find" is a verb,

    前置詞がある動詞だよいいですか?だから例えば"find out"、"find "は動詞です。

  • "out" is the preposition. "Go" is the verb, "up" is the preposition. So the... The preposition

    "out "は前置詞"go "は動詞で "up "は前置詞ですということは前置詞の

  • adds a different meaning to the verb. Phrasal verbs are very difficult to learn; we have

    は動詞に別の意味を付加します。句動詞を覚えるのはとても難しいです。

  • so many of them in English. My students have told me phrasal verbs are one of the hardest

    英語にはたくさんの句動詞があります私の生徒たちは、句動詞は最も難しいものの一つだと言っています。

  • parts of learning English, but it's possible, you can do it.

    英語学習の部分ですが、可能です。

  • So, in informal writing, we use phrasal verbs, whereas in formal writing: what do we use?

    インフォーマルな文章では句動詞を使いますが、フォーマルな文章では何を使うのでしょうか?

  • We don't use phrasal verbs. We usually use longer words that mean the same thing. Example:

    句動詞は使いません。私たちは通常、同じ意味の長い単語を使います。例。

  • "find out": "discover". "Discover" is more formal. "Go up", for example: "Prices have

    "発見する""discover""discover "の方がフォーマルですね。"Go up" 例えば"価格は

  • gone up.": "Prices have increased." "Increased" is more formal. Okay. For more of these examples,

    上がってしまった""物価が上がった""増加した "の方がフォーマルですねでは、次のようにします。これらの例文をもっと見るには

  • there will be a list in the resource section of the engVid website.

    engVidウェブサイトのリソースセクションにリストがあります。

  • I'll talk more about that later.

    それについては後ほど詳しくお話します。

  • Next: imperatives. Imperatives are sentences that start with a verb. "Don't talk to me

    次の記事:命令文命令文とは、動詞で始まる文のことです。"私に話しかけるな

  • that way.", "Help your mother more.", "Do your homework." Okay? Parents love to use

    "あっち" "もっとお母さんを助けて" "宿題して"いいですか?親が好きなのは

  • imperatives and so do teachers. So, if you're writing to your friends, you can use imperatives.

    仮定法を使います 先生もそうですだから友達に書くときは 仮定法を使います

  • "Send it soon!" Maybe your friend has to mail you a package, you write: "Send it soon! I

    "すぐに送れ!"友達が小包を郵送することになった時に 書いたんだろう"すぐに送って!I

  • want it, send it soon!" In formal writing, we do not use imperatives; they're too strong.

    欲しいなら、すぐに送ってくれ!"フォーマルな文章では命令文は使いません。

  • We like to use more polite sentences: "You may send it at your earliest convenience."

    もっと丁寧な文章がいいですね。"お客様のご都合の良い時にお送りください"

  • Do you see how much longer the formal is than the informal? Formal writing is usually a

    フォーマルの方がインフォーマルよりも長いのがわかりますか?フォーマルな文章は通常

  • lot longer than informal writing; it's not simple sentences, it's long complex sentences.

    インフォーマルな文章よりもずっと長い、単純な文章ではなく、長い複雑な文章です。

  • And you often see words like: "may", "could", "would" instead of: "want", "can". Okay. So

    そして、よく見かけるのが、"かもしれない" "かもしれない" "かもしれない" "かもしれない" "かもしれない" "かもしれない" "かもしれない" "かもしれない" "かもしれない" "かもしれない" "かもしれない" "かもしれない" "かもしれない" "かもしれない" "かもしれない" "かもしれない" "かもしれない" "かもしれない" "かもしれない" "かもしれない" "かもしれない" "かもしれない" "かもしれない" "かもしれない" "かもしれない" "かもしれない" "かもしれない"

  • this is one of the main differences.

    これが大きな違いの一つです。

  • All right, so what are some more examples? For informal, words like: "very". "He's very

    では、もう少し例を挙げてみましょう。インフォーマルの場合は、次のような言葉です。"とても""彼はとても

  • cool.", "He's really great.", "He's totally hot." Okay, these are things you would never

    "カッコいい "とか "すごい "とか "めちゃくちゃイケてる "とかこれらは、あなたが決して

  • say in the workplace, but you might say to your friend. So if you see: "very", "really",

    職場では言うかもしれませんが 友人には言うかもしれませんだから、もしあなたが目にしたら"very"、"very"、"real

  • "totally" - informal English. Okay? It's... It's okay to use these in letter writing,

    "total" - インフォーマルな英語いいですか?それは...手紙を書くときに使ってもいいですね。

  • but not when you're writing to a client, to your boss, in the workplace, on the IELTS

    しかし、クライアントや上司、職場でのIELTSでのライティングでは、そうではありません。

  • if it says, you know: "A formal letter", don't use these words.

    と書いてあれば"正式な手紙" こんな言葉は使わないようにしましょう

  • What about formal? "Strongly". "I strongly advise you to clean your room." You'd never

    フォーマルは?"強く""部屋を掃除することを強くお勧めします"あなたは決して

  • write that to anyone, but that's an example of "strongly". It gives emphasis just like

    誰にでも書けますが、それは「強く」の例です。と同じように強調を与えます。

  • "really", "very", and "totally" do. Okay? So: "I strongly agree.", "We strongly recommend

    "本当に" "非常に" "完全に" そうだないいですか?だから"I strongly agree.", "We strongly recommend

  • that you send in your order form as soon as possible." Okay? So you might see the word

    "できるだけ早くオーダーフォームを 送ってください"いいですか?という言葉が出てくるかもしれませんね。

  • "strongly" used in formal writing.

    フォーマルな文章で使われる "強く"

  • Okay. Informal writing, you can use these as connectors. Okay? So if you're connecting

    インフォーマルな文章を書くときは、これをコネクタとして使うといいわ。いいですか?接続する場合は

  • one idea to another idea, one paragraph to another paragraph. "To top it all off,", "On

    一つのアイデアを別のアイデアに、一つの段落を別の段落に"最後までやり遂げるために"、"オン

  • top of it all,". "To top it all off, my vacation was ruined because of a blizzard.", "To top

    "TOP OF IT ALL"To top it all off, To top it all off, my vacation was ruined because a blizzard."、"To top of it all.

  • it all off, there was a fly in my salad.", "To top it all off, the actor in the movie

    サラダの中にハエが入っていた」、「最後に、映画の中の俳優さんが

  • was horrible." Okay? "On top of it all," these sort of mean like the last thing you say,

    "恐ろしいことになっていた"いい?"それに加えて" これは最後の言葉のような意味よ

  • the last word on something. "On top of it all, she was very rude to me." So these are

    "最後の言葉"それに加えて、彼女は私に非常に失礼な態度をとった"だから、これらは

  • informal expressions to connect ideas.

    アイデアをつなぐインフォーマルな表現

  • Here, we have some formal equivalents: "Furthermore,". "Furthermore, she was rude to me.", "Furthermore,

    ここでは、いくつかの形式的な同等のものがあります。"さらに、""さらに、彼女は私に失礼なことをした。"、"さらに。

  • the actor was terrible." Okay? So it's the formal way of saying things. "Moreover," and

    "役者がひどかった"いいですか?これが正式な言い方なんですね"しかも"

  • all of these are another way to say: "and", so don't let these words scare you; it's just

    これらはすべて別の言い方です"これらの言葉を怖がらせてはいけません。

  • another way to say: "also", "and", you add another piece of information.

    別の言い方をします。"また"、"そして"、あなたは情報の別の部分を追加します。

  • Okay, next idea for what's informal use: "TV". "TV", what is "TV"? It's an abbreviation;

    さて、次のアイデアは何のための非公式な使用です。"テレビ""TV"、"TV "とは何ですか?略語です。

  • it's the short form of a word. The full word is: "television". So what does this mean?

    それは単語の短縮形です。完全な言葉は「テレビ」ですでは、これはどういう意味なのでしょうか?

  • Do not use abbreviations in formal writing. You can use "TV" in informal writing. Don't

    フォーマルな文章では略語を使わないようにしましょう。フォーマルな文章では「テレビ」を使いましょう。使ってはいけません。

  • use abbreviations in formal writing.

    フォーマルな文章では略語を使う

  • Next idea: "!". In informal writing, you can write: "!", it's okay. In formal writing:

    次のアイデア:「!」。インフォーマルな文章では"!"、大丈夫です。フォーマルな文章では

  • can you do this? No. So no "!".

    あなたはこれをすることができますか?いや、だから「!」はダメだ

  • Another difference: in informal writing, you can use the word: "a lot". "I have a lot of

    もう一つの違い:インフォーマルな文章では、「たくさん」という言葉を使うことができます。"I have a lot of

  • friends.", "I have a lot of hobbies.", "I have a lot to say to you.", "I have a lot

    友達がたくさんいる」、「趣味がたくさんある」、「自分で言うのもなんだけど

  • to teach you." In formal writing, the better thing to use is: "much/many". Okay, so if

    "あなたに教えるために"フォーマルな文章では、より良いものを使います。"much/many "です。では、もし

  • you write a letter in your company: "much/many" better idea. They all mean: "a lot".

    会社で手紙を書くときに"多くの/多くの "より良いアイデアどれも意味は"a lot "です。

  • Finally, in informal writing, non-Latin words are common. Now, why do I say: "non-Latin"?

    最後に、インフォーマルな文章では、ラテン語以外の単語がよく出てきます。さて、なぜ私が言うかというと"non-Latin"?

  • For those of you who speak Spanish, French, Italian, these are Latin-based languages.

    スペイン語、フランス語、イタリア語を話す人のために、これらはラテン語ベースの言語です。

  • For example: "intelligente" in French, the English word... The English equivalent: "intelligent".

    例えばフランス語の "intelligente "は英語では英語では「インテリジェント」に相当します。

  • So you can see that many words in English have a Latin root. Now, these words are usually

    このように、英語の多くの単語はラテン語の語源を持っていることがわかります。さて、これらの単語は通常

  • more formal, so you don't want to use Latin words. You want to use common words. Okay?

    フォーマルな表現が多いので、ラテン語の単語は使いたくありません。一般的な言葉を使いたいいいですか?

  • So non-Latin words/common words, this is in informal writing, but you don't want to use

    だから非ラテン語/一般的な単語、これはインフォーマルな文章ではありますが、あなたは

  • it in formal writing.

    フォーマルな文章で

  • In formal writing: use Latin based words, use uncommon words. Okay? That's a characteristic.

    フォーマルな文章では、ラテン語をベースにした単語を使い、珍しい単語を使いましょう。いいですか?それが特徴です。

  • So I would use the word: "intelligent", I would use the word... Instead of "smart".

    だから私は「賢い」という言葉を使います。賢い」のではなく

  • Maybe with my friends, I write: "smart", here, I might use: "intelligent".

    たぶん友達と一緒に書いてるんだ"賢い "と書くかもしれないが、ここでは "賢い "と書くかもしれない。"聡明 "と書くかもしれません

  • Okay, so for a full list of some of these words I'm talking about, - you know, another

    では、私が話している言葉の全リストを見てみましょう。

  • example would be: "kids", "children" -, phrasal verbs, expressions to use in informal writing

    の例は次のようになります。"子供」「子供」「句動詞」「インフォーマルな文章で使う表現

  • versus formal writing, for a longer list, you can come visit our website at www.engvid.com.

    より長いリストのために、あなたは www.engvid.com で私たちのウェブサイトを訪問して来ることができます。

  • You can also visit our website to do our quiz to see how much of this you remember.

    また、あなたがこれをどのくらい覚えているかを確認するために私たちのクイズを行うために私たちのウェブサイトを訪問することができます。

  • Until next time.

    次回まで。

Hello, my name is Emma, and in today's lesson we are going to learn about writing. What

こんにちは、エマです。今日のレッスンでは、ライティングについて学びます。何を

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 インフォーマル 文章 動詞 しれ 使い 書く

手紙の書き方:フォーマル&インフォーマル

  • 8020 748
    William Hvef に公開 2015 年 09 月 06 日
動画の中の単語