Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Are you sarcastic? You must be so smart.

    あなたは嫌味っぽい?とても頭が良いに違いないわ。

  • Hi smart alecks, Julian here for DNews.

    こんにちは賢い皆さん、DNews の Julianです。

  • My parents always told me when I was a petulant teenager that, "Sarcasm is the lowest form of wit."

    私が小気難しい10代だったの頃、両親はいつも「皮肉は機転に最も欠けるものである」と言っていました。

  • To which I replied, "Yeah whatever," and totally won the argument.

    それに対して、私は「ああ、何でもいい」と答え、完全に勝利したのです。

  • Now I’m a petulant adult and I’m happy to report science seems to agree with me.

    今、私は気難しい大人ですが、科学が私に同意しているようで嬉しい限りです。

  • A new study published in Organizational Behavior and Human Decision Processes examined if there was a link between sarcasm and creativity.

    Organizational Behavior and Human Decision Processes に掲載された新しい研究では、皮肉と創造性の間に関連性があるかどうかが調査されました。

  • Participants were randomly assigned to behave sarcastically, sincerely or neutral.

    参加者は、皮肉っぽく振る舞うか、誠実に振る舞うか、中立的に振る舞うかをランダムに割り当てられました。

  • They were then paired with another participant and went through a simulated conversation.

    その後、他の参加者とペアを組み、擬似的な会話を行いました。

  • In a variation of the experiment, participants were asked to recall an exchange that they had had in their life that was either sarcastic, sincere or neutral.

    この実験のバリエーションとして、参加者はこれまでの人生で経験した嫌味、誠実、中立のいずれかのやりとりを思い出してもらうことにしました。

  • After they had simulated or recalled a conversation, they were given 3 tests to measure their creativity, and another to measure how well they could think abstractly.

    会話のシミュレーションをしたり、会話を思い出したりした後、創造性を測る3つのテストと、抽象的な思考力を測るテストを行いました。

  • The researchers found that after a sarcastic conversation, participants were more creative and better at abstract thinking.

    研究者は、皮肉な会話をした後、参加者はより創造的になり、抽象的な思考が得意になることを発見しました。

  • And it didn’t matter if they were the ones being sarcastic; just being on the receiving end bolstered their cognitive functions.

    そして、皮肉られる側であっても、それを受け取る側であっても、認知機能が高まるのです。

  • So just hearing sarcasm, makes you more intelligent. Youre welcome.

    皮肉を聞くだけで賢くなれるんですね。どういたしまして。

  • But why would being sarcastic help with anything aside from being the funniest person ever?

    しかし、皮肉を言うことが、なぜ今までで一番面白い人であることを除けば、何の役に立つのでしょうか?

  • Co-author of the study, Francesca Gino, explained in an email to the Harvard Gazette that:

    この研究の共著者であるフランチェスカ・ジーノは、ハーバード・ガゼットへの電子メールで次のように説明しています。

  • "To create or decode sarcasm, both the expressers and recipients of sarcasm need to overcome the contradiction between the literal and actual meanings of the sarcastic expressions.

    「皮肉を生み出す、あるいは解読するためには、皮肉の表現者と受け手の双方が、皮肉表現の文字通りの意味と実際の意味の間の矛盾を克服する必要があります。

  • This is a process that activates and is facilitated by abstraction, which in turn promotes creative thinking."

    これは、抽象化することで活性化し、創造的思考を促進するプロセスです。」

  • So decoding when someone says, "You look nice today" needs more thought than just hearing "You look nice today!", and it gets your brain in gear.

    だから、「今日も素敵だね」と言われたときの解読は、ただ「今日も素敵だね!」と聞くよりも思考が必要で、脳が活性化されるんですね。

  • But then another problem arises: it may also make you want to punch that sarcastic jerk in the face.

    しかし、その場合、別の問題が生じます。嫌味を言った相手の顔を殴りたくなることもあります。

  • So, how do you get the benefits of being sarcastic while remaining un-face-punched?

    では、どうすれば顔面を殴られずに、嫌味のない効果を得ることができるのでしょうか?

  • The researchers looked into that too and discovered that the key is the relationship you have with the other person.

    研究者たちはそこも調べて、相手との関係性がカギになることを発見したのです。

  • If a sarcastic exchange happens between two friends, they know the other is joking and don’t mind.

    友人同士で嫌味なやりとりがあっても、相手は冗談だとわかっていて気にしません。

  • But if a stranger is sarcastic towards another, the recipient isn’t sure if theyre being mocked and so may take offense.

    しかし、知らない人が他の人に皮肉を言うと、受け取った人は自分が馬鹿にされているのかどうかわからず、気分を害するかもしれません。

  • So to practice safe sarcasm, the researchers recommend doing it with a friend.

    そこで、安全な皮肉を実践するために、研究者たちは友人と一緒に皮肉を言うことを勧めています。

  • To which I say, "Duh."

    それに対して私は、「当たり前でしょ」と答えています。

  • Sarcasm is my second language and comes easily to some, but it actually requires more mental gymnastics than you may have realized.

    皮肉は私の第二言語であり、ある人には簡単に伝わりますが、実はあなたが思っている以上に頭の体操が必要なのです。

  • People with some forms of brain damage or autism may have a tough time picking up on it.

    脳に何らかの障害がある人や自閉症の人は、それを拾い上げるのが難しいかもしれません。

  • Anthony explains why, here.

    その理由を、アンソニーがここで説明します。

  • Sarcasm is a pretty interesting thing.

    皮肉とは、なかなか面白いものですね。

  • A popular theory says that we developed it as an emotional tool that helps poke around a conversation and see what the polite boundaries are.

    一般的な説では、私たちは会話の中で礼儀正しい境界線を確認するために、感情的なツールとして開発されたと言われています。

  • Are you usually sarcastic? Let us know, by writing "No?" or "No." in the comments.

    あなたは普段から皮肉屋さんですか?コメントに "No? "または "No. "と書いて、教えてください。

  • And if you have any questions you want us to tackle, let us know down there too, or on Facebook, Twitter; we even have a Subreddit, r/DNews that you can reach us at.

    また、私たちに取り組んでほしいことがあれば、このページや Facebook、Twitter、さらには Subreddit である r/DNews でお知らせください。

  • Subscribe for more and I'll see you next time on DNews.

    次回も DNews でお会いしましょう。

Are you sarcastic? You must be so smart.

あなたは嫌味っぽい?とても頭が良いに違いないわ。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

ワンタップで英和辞典検索 単語をクリックすると、意味が表示されます

C1 上級 日本語 dnews 抽象 会話 創造 研究 中立

【英語で雑学】皮肉をよく言う人は実は賢い?!

  • 16249 860
    Jorba に公開 2022 年 09 月 16 日
動画の中の単語