Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hi, I'm John Green, this is Crash Course World History, and today we're going to talk about

    こんにちは、私はジョン・グリーンです。これはクラッシュ・コースの世界史です。

  • our old friend trade and also corporations.

    私たちの古い友人の貿易とまた、企業。

  • Oh great, another Marxist rant from my union-loving public school teacher about how capitalism

    組合を愛する私の公立学校の先生が、資本主義がどのようなものかについて、マルクス主義者の暴言を吐いています。

  • is destroying the world.

    が世界を破壊している。

  • You know, Me from the Past, all the capitalists call me Marxist, all the Marxists call me

    過去の私は資本家からはマルクス主義者と呼ばれマルクス主義者からは

  • capitalist, I--I can't win!

    資本主義者の私には勝てない!

  • Here's the thing, Me from the Past, I am grateful that there is a market for people to, you

    ここでは、過去の私は、私は人々のための市場があることを感謝しています。

  • know, sell books and make YouTube videos, and capitalism does a pretty good job of making

    本を売ったり、YouTubeの動画を作ったり、資本主義はそれなりの仕事をしている

  • goods and services available to large groups of people.

    大勢の人が利用できる商品やサービス。

  • Plus how else am I going to turn sweat of the proletariat into delicious Diet Dr. Pepper?

    プロレタリアートの汗を美味しいダイエットドクターペッパーに変えるにはどうしたらいいんだ?

  • (Not a sponsor. I wish they were a sponsor.)

    (スポンサーではなく、スポンサーであってほしい)

  • I'll tell you what, Me from the Past, I've enjoyed a cup or two of the sweat of the proletariat

    私はプロレタリアートの汗を一杯でも二杯でも楽しんだことがある。

  • over the years and it just doesn't have that carbonated "pop" of Diet Dr. Pepper.

    長年にわたり、それはちょうどその炭酸を持っていません'tは、ダイエット博士ペッパーの"pop"を持っています。

  • What were we talking about? Oh right, capitalism. I like capitalism, what I don't like are monopolies

    何の話をしていたの?そうか、資本主義か私は資本主義が好きだが、嫌いなのは独占だ

  • and violence, and those are both aspects of one of the first capitalist enterprises and

    と暴力があり、それらは最初の資本主義企業の一つの側面であり

  • the subject of today's episode, the Vereenigde Oostindische Compagnie (and I will remind

    本日のテーマである、「Vereenigde Oostindische Compagnie」(そして、思い出していただきたいのですが

  • you that mispronouncing things is my thing).

    あなたは、私のことを誤解していることを確認してください)。)

  • In English of course that's the Dutch East India Company. I'd like to use the Dutch,

    英語ではもちろんオランダ東インド会社です。オランダ語を使いたいと思います。

  • though, but I can't pronounce it, so we're just gonna compromise and call it the VOC.

    でも私は発音ができないので、妥協してVOCと呼ぶことにしました。

  • So you probably remember from our first series that trade in the Indian Ocean had gone along

    最初のシリーズで覚えていると思いますがインド洋での貿易が進んでいたことを

  • swimmingly for hundreds of years until the Portuguese tried and failed to dominate it

    ばんにんのいつまでも

  • in the 15th and 16th centuries.

    15世紀から16世紀にかけて

  • And you may also remember that in between the Portuguese and the massively powerful

    そして、あなたはまた、ポルトガル人と大規模な強力な間に覚えているかもしれません。

  • British Empire there was another European power: the Dutch.

    大英帝国は別のヨーロッパの力があった:オランダ。

  • At the time, the Netherlands was a country of 1.5 million people, about as many people

    当時のオランダは、人口150万人の国で、人口と同じくらいの

  • as currently live in Greater Indianapolis. Now, admittedly, they'd already accomplished

    現在はグレーターインディアナポリスに住んでいるように。今、確かに、彼らはすでに達成した

  • some impressive things, for instance, they'd dug most of their country out from the ocean,

    例えば、彼らは海から国のほとんどを掘り出したことなど、いくつかの印象的なことがあります。

  • but how they came to thoroughly dominate world trade for fifty years tells us a lot about

    しかし、どのようにして50年間世界貿易を完全に支配するようになったかは、私たちに多くのことを教えてくれます。

  • capitalism, technology, and also, violence.

    資本主義、技術、そしてまた、暴力。

  • I suppose we could start with the revolt of the United Provinces in the union of Utrecht

    ユトレヒト連合の州の反乱から始めることができると思う

  • in 1579, which created the Netherlands, or perhaps the decision by the Catholic Duke

    1579年にオランダが誕生したこと、あるいは、カトリックの公爵の決定が

  • of Parma in 1585 to let Protestants leave captured Antwerp and set up shop in Amsterdam,

    1585年、パルマのプロテスタントが捕らえられたアントワープを離れ、アムステルダムに店を構えるようになる。

  • or we could start in 1595 with the creation of the first Amsterdam-based investment syndicate,

    1595年にアムステルダムを拠点とした最初の投資シンジケートの設立から始めることもできます。

  • The Company for Far Lands, which is what I call my Minecraft server.

    私のマインクラフトサーバーと呼ばれるファーランズのための会社。

  • So the founder of The Company for Far Lands published this report called the Itinerario

    ファーランド社の創設者は、この報告書「旅程表」を発表しました。

  • that excited dreams of vast wealth and spices from South-east Asia. There's a key passage

    東南アジアの莫大な富と香辛料の夢に胸を躍らせた重要な一節があります

  • in the report that explains the riches available in the islands east of Malacca:

    マラッカ島の東側の島々で利用できる豊かさを説明したレポートの中で

  • "In this place of Sunda there is much pepper, and it is better than that of India or Malabar,

    "スンダのこの場所では、多くの唐辛子があり、それはインドやマラバルのそれよりも優れています。

  • whereof there is so great quantity that they could lade yearly from thence 500,000 pounds.

    その中には、年間50万ポンド(約1,000万円)を輸出することができるほどの量があります。

  • It hath likewise much frankincense, camphor, and diamonds, to which men might very well

    また、乳香、樟脳、ダイヤモンドも多く含まれている。

  • traffic without much impeachment, for that the Portugals come not thither, because great

    伯国人がここに来ないのは、大したことではないからである。

  • numbers of Java come themselves unto Malacca to sell their wares."

    ジャワの数は、彼らのwares.&quot.を販売するためにマラッカに自分自身を来る。

  • You'll note there that the initial idea was to break into this already existing trade

    あなたは、最初のアイデアは、この既存の貿易に侵入することだったことに注意してください。

  • system and displace the Portugals. So in the same way that trade in the western Indian

    システムを構築し、ポルトガル人を追い出しました。だから西インドの貿易と同じように

  • Ocean was flourishing before the arrival of the Europeans, the South China Sea region

    ヨーロッパ人が来る前は海が栄えていた南シナ海地域

  • and eastern Indian Ocean was a trade hot-bed, perhaps even more valuable because of the

    と東インド洋は、貿易のホットベッドだったので、おそらくさらに貴重な

  • riches of China. And it seems that the Dutch originally planned to try to break into that

    中国の富そして、オランダ人は元々、その中に侵入しようと計画していたようです。

  • existing trade network on equal terms, like, according to Jacob Van Neck, the captain of

    のキャプテンであるジェイコブ・ヴァン・ネック氏によれば、既存の貿易ネットワークを対等な条件で利用することができます。

  • the first successful expedition to Indonesia, the plan was, quote, "not to rob anyone of

    インドネシアへの最初の成功した遠征は、計画は、引用、"の誰かを奪うためではなかった。

  • their property, but to trade uprightly with all foreign nations."

    彼らの財産が、すべての外国のnations.&quot.と正々堂々と貿易するために。

  • But pretty soon that idea of free trade gave way to the hard reality that competition meant,

    しかし、すぐに自由貿易という考えは、競争が意味する厳しい現実に変わりました。

  • you know, lower prices, and by 1601 there were enough successful trade companies that

    価格を下げて 1601年には十分に成功した 貿易会社がありました

  • the cost of buying spices in Indonesia was going up, and also there was suddenly tons

    インドネシアでスパイスを買うコストが上がっていたのと、急にトンが出てきたので

  • of pepper in Amsterdam, which meant the price that could be charged for that pepper was

    アムステルダムの胡椒の価格は、その胡椒に請求できる価格が

  • going down; clearly, something had to be done. Ideally that something would have been lower

    明らかに何かをしなければなりませんでした理想的には、何かが下に降りていただろう

  • prices for everyone, and an efficient marketplace, but the something that happened instead was the VOC.

    みんなのための価格、効率的な市場、しかし、代わりに起こったのはVOCでした。

  • Let's go to the Thought Bubble.

    思考バブルへ行こう。

  • In 1601, the United Provinces, aka the Netherlands, were governed nationally by a representative

    1601年、オランダでは、連合州(通称オランダ)が代表者によって統治されていました。

  • body that met at the Hague, called the States General, although each of the individual provinces

    各州は、それぞれの州のハーグで開催された国家総局と呼ばれる機関である。

  • was largely self-governing, and the leader of the States General was able to convince

    は大部分が自治であり、国家元帥の指導者が納得したのは

  • all the provinces to accept a single entity to monopolize the East Indies trade. This new

    東インド貿易を独占するための単一事業体を受け入れるために、すべての州が受け入れました。この新しい

  • company, the VOC, was run by a seventeen-member board called the Heeren XVII, and these directors

    会社であるVOCは、Heeren XVIIと呼ばれる17名の取締役会によって運営されていました。

  • supposedly had control over a company that was chartered with the power to hire its own

    雇い止め会社の支配権を持っていたと思われる

  • people, and also to wage war.

    民衆のために、また戦争をするために。

  • I say supposedly because, you know, it took a year for communications from the Netherlands

    オランダからの通信に1年かかったからだよ

  • to reach the East Indies, and another year for company officers to respond, so the VOC

    東インド諸島に到達するためには、会社の役員が対応するためには、さらに1年かかるので、VOCは

  • basically operated as its own sovereign nation, with the power to use as much violence as

    基本的には主権国家として運営されており、暴力の限りを尽くすことができます。

  • it needed to build and maintain its trading power, like according to author Stephen Bown,

    それは構築し、その貿易力を維持するために必要な、著者スティーブン-バウンによると、のような。

  • "The VOC would essentially operate as a state within a state."

    "VOCは本質的にstate.&quot.内の状態として動作するだろう。

  • And the VOC, together with its sister company the West India Company, did use violence,

    そしてVOCは姉妹会社の西インド会社と一緒に暴力を使っていました。

  • attacking Portuguese and Spanish settlements in Chile, Brazil, East and West Africa, the

    チリ、ブラジル、東アフリカ、西アフリカのポルトガルとスペインの入植地を攻撃する。

  • Persian Gulf, India, Sri Lanka, Indonesia, China and the Philippines between 1602 and

    ペルシャ湾、インド、スリランカ、インドネシア、中国、フィリピン、1602年から1602年の間に

  • 1663, in what you could think of as an early world war.

    1663年、あなたが初期の世界大戦と考えられるような状況で。

  • The VOC was also different from a lot of corporations because it was initially funded with 6.5 million

    VOCも最初は650万で出資していたので、多くの企業とは違っていた

  • guilders, about 100 million dollars in today's money. And that capital was expected to fund

    ギルダー、今日のお金で約1億ドルです。その資金は

  • business ventures for a long time going forward -- not just for like one initial trade mission.

    今後も長期的に事業を展開していくためには、1回の最初の貿易任務のようなものだけではなく、ビジネス・ベンチャーも視野に入れなければなりません。

  • And this long-term business thinking was unique, especially compared to the funding strategies

    そして、この長期的なビジネス思考は、特に資金調達戦略と比較してもユニークなものでした。

  • of the VOC's biggest competitor, the British East India Company, and it reflected the advanced

    VOCの最大のライバルである英国東インド会社の先進的な技術を反映しています。

  • financial acumen of the Dutch model generally.

    一般的にオランダのモデルの財務の洞察力。

  • Thanks, Thought Bubble.

    ありがとう、思考の泡。

  • So, we've got this company that's basically also a country. But it's not a particularly

    この会社は基本的には国でもあります。しかし、それは特に

  • good country, because it doesn't have, like, any of the responsibilities of government,

    なぜなら、政府の責任のようなものがないからです。

  • nor does it have to answer to the people it's governing. All it has to do is make money.

    統治している人々に答える必要はありません金儲けをするだけでいいのです。

  • And it was really good at making money, like by 1648 the United Provinces were in better

    1648年には連合州の財政状態が良くなっていました

  • financial shape than every other nation in Europe.

    ヨーロッパの他のどの国よりも財政的な形。

  • You can tell this partly just by looking at interest rates. Now admittedly, interest rates

    これは金利を見ただけでわかる部分もあります。今では認められていますが、金利は

  • are only one measure of financial health and power, but they're an important indicator,

    は、財務の健全性とパワーを測る一つの指標に過ぎませんが、重要な指標です。

  • even today. So, Dutch businesses could borrow at a rate of 4 percent annual interest, and

    今日でも。だから、オランダの企業は年利4%のレートで借りることができました。

  • that's pretty cheap compared to the 10 percent it cost corporations to borrow money in England

    イギリスで企業が金を借りるのにかかった10%に比べれば安いものだ。

  • or the 24.99 percent it cost me to borrow money on my credit card. And because Dutch

    または24.99パーセントそれは私が私のクレジットカードでお金を借りるためにコストがかかりました。そして、オランダ人のために

  • debt was so much cheaper, they could invest two and a half times as much in pretty much

    借金があまりにも安かったので、2.5倍の投資をすることができました。

  • anything than the English could, including, like, an army and a navy, and this gave the

    軍隊や海軍を含めて、イギリス人ができることよりも、何でもできます。

  • Dutch a huge head start over their rivals.

    オランダは、ライバルたちの上に巨大な頭のスタートを切った。

  • So one reason the interest rates were low is because the companies were healthy and

    つまり、金利が低かった理由の一つは、企業が元気だったことと

  • they tended to pay people back. But another is that normal Dutch people were already used

    彼らは人々に返済する傾向がありましたしかし、もう一つは、普通のオランダ人はすでに

  • to investing their money in bonds that had been issued for land reclamation projects,

    埋め立て事業のために発行された債券に資金を投入することにした。

  • the famous dykes and windmills that turned land below sea level into fields where you

    堤防と風車で海面下の土地を田んぼにした有名な堤防と風車

  • could grow tulips, or maybe something else, but all they ever grow is tulips.

    チューリップとか他にも育てられるかもしれないけど、チューリップしか育てられないんだよね。

  • Like according to business historian William Bernstein, the tradition of investing in bonds,

    ビジネス史家のウィリアム・バーンスタインによると、債券に投資するという伝統があるようです。

  • quote "carried over into trade: after 1600 Dutch citizens would consider it just as natural

    quote "貿易に持ち越された:1600年以降のオランダの市民は、それが当然のように考えるだろう。

  • to own a fractional share in a trading vessel to the Baltic or the Spice Islands."

    バルト海やスパイス諸島.&quotへの貿易船の端数の株式を所有しています。

  • And a fractional share is another really interesting idea embraced by the Dutch, that allowed merchants

    また、オランダ人が取り入れた端数株は、商人にも認められたとても興味深いアイデアです。

  • to bear greater risks by purchasing smaller percentage shares in business ventures. Like,

    事業会社の株式を購入することで、より大きなリスクを負担することができます。のようなものです。

  • it's much better to own a tenth of ten ships than it is to own all of one ship, because

    一隻の船を全部所有するよりも、十隻の十分の一を所有する方がはるかに良いからだ。

  • the loss of a single trading ship won't, like, ruin you. And Dutch business people also enthusiastically

    一隻の貿易船の損失は、あなたを破滅させません。オランダのビジネスマンも熱心に

  • invested in futures markets, guessing what the price of pepper would be six months or

    胡椒相場

  • a year from now, and they created new financial instruments that could be bought and sold,

    1年後には売買可能な新たな金融商品が誕生していました。

  • and merchants purchased maritime insurance, which further lowered their risk. And lower

    と商人が海上保険に加入したことで、リスクがさらに低下しました。そして、より低い

  • risk means you could invest more of your capital until eventually you have a completely efficient

    リスクがあるということは、最終的に完全に効率的になるまで、より多くの資本を投資することができるということです。

  • market and everything is perfect

    市況万端

  • --until the 2008 crash.

    --2008年のクラッシュまでは

  • Wait, what were we talking about?

    待って、何の話をしていたの?

  • The Dutch financial system and its corporations were simply better than their competitors,

    オランダの金融システムとその企業は、単純に競合他社よりも優れていた。

  • and that's why they seized the lion's share of the trading business

    そして、それが彼らが貿易ビジネスのライオンのシェアを押収した理由です。

  • -- but that isn't the whole story.

    -- でも、それが全てではありません。

  • Like, one reason the VOC was so successful was government sponsorship and centralization.

    例えば、VOCが成功した理由の一つは政府のスポンサーと中央集権化だったとか。

  • The VOC had been chartered by the States General, and it could count on the Dutch government

    VOCは国家元帥によってチャーターされており、オランダ政府を頼りにしていました。

  • to back it up with money and military support.

    金と軍事支援でバックアップするために

  • There's another benefit to being sponsored by your government, which is that it's very

    あなたの政府がスポンサーになっていることのもう一つの利点は、それが非常に非常に

  • hard for competition to emerge, because it isn't sponsored by your government. For instance,

    競争が起きにくいのは、政府がスポンサーになっていないからです。例えば

  • in Indonesia the VOC had a single governor general managing operations, while the British

    インドネシアではVOCは一人の総督が業務を管理していたが、イギリスでは

  • East India Company was more of like a collection of trading posts, each competing with each

    東インド会社はどちらかというと貿易拠点の集合体のようなもので、それぞれが競い合っていました。

  • other for a share of the spices. Competition may bring down prices for consumers, but it

    互いにスパイスのシェアを奪い合っています。競争は消費者の価格を下げるかもしれませんが、それは

  • also brings down profits for businesses.

    また、企業の利益を圧迫します。

  • In 1605, the VOC realized that if it really wanted to maximize its profits, it would need

    1605年、VOCは、本当に利益を最大化したいのであれば、以下のようなことが必要であることに気づきました。

  • a monopoly of the world's spice trade, and to do that, they would need permanent bases

    世界の香辛料貿易を独占するために、彼らは恒久的な基地が必要になります。

  • in Indonesia. Initially, they got spices by trading for them with the people who grew

    をインドネシアで栽培しています。当初、彼らはスパイスを栽培している人たちとの取引でスパイスを手に入れました。

  • them, especially with the inhabitants of the Banda Islands, which was the only place where

    特にバンダ諸島の住人との間では

  • nutmeg was grown. But again, like, trading in a fair and equitable manner is no way to

    ナツメグが栽培されていました。しかし、繰り返しになりますが、公平・公正に取引することは

  • maximize profits.

    利益を最大化する。

  • So at first the Bandinese welcomed the Dutch, because they were much more laid-back in terms

    そのため、最初はバンディニーズがオランダ人を歓迎していましたが、彼らはオランダ人の方がずっとのんびりしていたからです。

  • of religion than the Portuguese, but very quickly the Dutch tricked them into signing

    ポルトガル人よりも宗教的なものであったが、非常にすぐにオランダ人は彼らを騙してサインをした。

  • exclusive trade agreements, which the Bandinese were almost certain to violate, and then when

    バンダニーズがほぼ確実に違反していた排他的貿易協定を結んでいたのに

  • they did violate them, ehh, it didn't go well.

    彼らはそれに違反していました、ええ、それはうまくいきませんでした。

  • In 1609 the Bandinese were like, "No, you don't understand, like, we need trade for

    1609年にバンディニーズが好きだった、"No, you don't't understand, like, we need trade for.

  • food," and the Dutch were like, "But you promised!", and the islanders killed 47 Dutch soldiers

    食べ物、"とオランダ人が好きだった、"しかし、あなたは約束した!"と、島民は47オランダの兵士を殺した

  • and officers in the ensuing fight.

    と警官との戦いになってしまいました。

  • The Dutch killed far more Bandinese, who were eventually subdued and agreed to a nutmeg

    オランダ人は、最終的に鎮圧され、ナツメグに合意したはるかに多くのバンディニーズを殺した

  • monopoly with the Dutch, although they continued to secretly trade with the English.

    オランダとの独占、しかし、彼らはイギリス人と密かに取引を続けた。

  • And after all this, by 1612, Jan Pieterszoon Coen became the dominant force in Dutch Indonesia.

    そして、これらのことを経て、1612年には、ヤン・ピエッツォーン・コーエンがオランダ・インドネシアの支配者となりました。

  • He was an accountant by training, but also a ruthless military leader, who is largely

    彼は会計士の訓練を受けていたが、冷酷な軍事指導者でもあった。

  • responsible for the Dutch monopoly of the spice trade, and also for its really terrible

    オランダの香辛料貿易を独占していた責任があります。

  • relations with the British, and also for, like, you know, certain crimes against humanity.

    イギリスとの関係、それに、人類に対するある種の犯罪のためにも。

  • Coen brought about the shift in VOC policy, away from straightforward trade and toward

    コーエンは、VOC政策の転換をもたらしました。

  • monopoly of both shipping and production of spices. He also made it clear that this trade

    香辛料の出荷と生産の両方を独占していた。彼はまた、この貿易

  • needed to be based on military force.

    軍事力に基づく必要がありました。

  • He wrote, "Your Honors should know by experience that trade in Asia must be driven and maintained

    彼は、アジアの貿易が推進され、維持されなければならないことを経験上知っているはずです。

  • under the protection and favor of your Honors' own weapons, and that the weapons must be

    閣下の保護とご好意のもとに、武器を所有していること、そしてその武器は

  • paid for by the profits from the trade, so that we cannot carry on trade without war,

    貿易で得た利益で賄われているので、戦争がなければ貿易はできません。

  • nor war without trade."

    また、貿易なしで戦争。

  • There is no trade without war, nor war without trade -- that's something to think about.

    戦争なくして貿易はないし、貿易なくして戦争はない--それは考えなければならないことだ。

  • Anyway, Coen did make a lot of war, mostly on the English, despite the fact that the

    とにかく、コーエンは、事実にもかかわらず、多くの戦争を、ほとんどがイギリス人にした。

  • Netherlands and England were engaged in trade negotiations between 1613 and 1619.

    オランダとイギリスは1613年から1619年にかけて貿易交渉を行っていた。

  • And in fact fighting between the VOC and the English continued even after an agreement

    そして実際には、VOCとイギリスの間の戦いは、合意後も続いていました。

  • was signed. By using force, which included capturing and torturing English traders, Coen

    が署名されました。イギリスの貿易商を捕らえて拷問することを含む武力を行使することで、コーエンは

  • was able to run off the English and secure the VOC monopoly over the spice trade.

    は、イギリス人から逃げ出し、スパイス貿易のVOC独占を確保することができました。

  • With the English out of the picture, Coen could get down to the business of using violence

    イギリス人がいなくなったことで、コーエンは暴力を使う仕事に取り掛かることができました。

  • to dominate not only the trade, but also the production of spices. His initial plan, to

    貿易だけでなく香辛料の生産も支配するために彼の最初の計画は

  • quote Stephen Bown, was to depopulate the island to replace their inhabitants with imported

    引用スティーブン・バウンは、輸入された住民を交換するために島を過疎化することでした。

  • slave and indentured labor under VOC control, and he proceeded to carry out what amounted

    VOCの管理下にある奴隷と年季奉公労働者、そして彼は何に達したかを実行するために進みました。

  • to ethnic cleansing of the Banda Islands.

    バンダ諸島の民族浄化に

  • In about 20 years, the Dutch managed to acquire an almost complete monopoly on cloves, nutmeg,

    約20年で、オランダはクローブ、ナツメグのほぼ完全な独占を獲得することができました。

  • and mace. In 1658, they added cinnamon by taking control of Sri Lanka. And, after 1638,

    とメイスを使っています。1658年にはスリランカを制圧してシナモンを加えましたそして、1638年以降

  • they became the only Europeans allowed to trade in Japan. Now, we tend to think that

    日本での貿易を許された唯一のヨーロッパ人となりました。今、私たちは次のように考えがちです。

  • the heart of the spice trade was between Indonesia and Europe, but it really wasn't. Like, the

    香辛料貿易の中心はインドネシアとヨーロッパの間にありましたが、実際にはそうではありませんでした。のようなものです。

  • VOC capital at Batavia became the most important port in all of Southeast Asia, where spices

    バタビアでのVOCの首都は、スパイス、東南アジアのすべてで最も重要な港となった

  • from Indonesia and gold and copper and silver from Japan and tea and porcelain and silk

    インドネシア産、金・銅・銀、日本産、茶、磁器・絹

  • from China all passed through to India, where they were traded for cotton, which was used

    中国からのすべては、使用されていた綿のために取引されたインドに渡されました。

  • to buy more Asian goods.

    にアジアの商品を買い足す。

  • And that was the real money-maker for the VOC. By the middle of the 17th century, only

    そして、それがVOCの本当の金儲けだった。17世紀の半ばまでには

  • the highest-value luxury goods from the region even made it to Europe, because that's where

    その地域の最高価値の高級品は、ヨーロッパにも進出しています。

  • the margins were the highest.

    のマージンが一番高かった。

  • So the middle of the 17th century was the golden age for the Dutch; it was the one the

    つまり、17世紀半ばはオランダの黄金時代であり、それは

  • brought us Rembrandt and Ver Meer as well as all the wealth and finery that was depicted

    レンブラントやヴェル・メールだけでなく、描かれているすべての富と豪華さをもたらしました。

  • in their paintings. When you go to Amsterdam, which you should, and you walk along the canals

    彼らの絵の中で。アムステルダムに行って運河に沿って歩くと

  • and see the beautiful row houses, you'll note that many of them were built in the 17th century.

    と美しい長屋を見て、それらの多くは17世紀に建てられたことに注意してください。

  • And much of that was based on the success of the VOC and the commerce in spices, but

    そして、その多くは、VOCと香辛料の商業の成功に基づいていました。

  • eventually Europeans' tastes changed, and the desire for nutmeg was supplanted by

    やがてヨーロッパ人の嗜好は変化し、ナツメグへの欲求は、次のようなものに取って代わられました。

  • a hunger for sugar.

    砂糖に飢えている

  • Of course, the sugar trade would be known for its righteousness and fair trade -- just

    もちろん、砂糖の取引は、その正義と公正な取引で知られているだろう。

  • kidding, it would be known for slavery. Also the woolens produced by the Dutch were being replaced by

    奴隷制度で知られるようになっていました。また、オランダ人が生産していた毛織物が

  • the market for cotton. Britain proved better positioned to dominate the trade in production in these new

    綿花の市場に参入しました。英国は、これらの新しい綿花市場での生産貿易を支配するために、より良い立場にあることが証明されました。

  • and more profitable commodities, and they eventually copied the centralized

    とより収益性の高い商品をコピーし、最終的には中央集権型の

  • corporate governance and finance capitalism that had helped make the VOC so successful.

    VOCをここまで成功させたのは、コーポレートガバナンスと金融資本主義のおかげです。

  • According to Stephen Bown, "Ultimately, maintaining the monopoly cost more than the spices were worth,"

    Stephen Bown氏によると、"最終的には、独占を維持することは、スパイスが価値があったよりも多くのコストがかかりました、&quot。

  • and the company went bankrupt in 1799.

    と1799年に倒産した。

  • So the VOC were pioneers of finance and their relentless pursuit of profits made them the

    だからVOCは金融の先駆者であり、利益の執拗な追求は、彼らを

  • richest company in the 17th century, but we need to be careful about celebrating them

    祝儀には気をつけなければならない

  • as like a harbinger of modern capitalism. For one thing, it wouldn't have succeeded

    現代資本主義の前触れのようなものです。一つには、それは成功しなかっただろう。

  • without government support, especially if it had engaged just in free trade. The VOC

    政府の支援なしでは、特に自由貿易だけに従事していた場合には。VOC

  • had an army and a navy that it used to attack and intimidate, which is, you know, not free trade.

    軍隊と海軍を持っていて、それを使って攻撃したり威嚇したりしていましたが、それは自由貿易ではありません。

  • I think there's a lot to take away from the story of the VOC. One thing that I like to

    VOCの話を聞いていると、色々なことがあると思います。私が好きなことの一つは

  • remember is that this was all about nutmeg. We need to think carefully about what we value

    覚えておいてほしいのは、これはすべてナツメグのことだったということです。私たちは何を大切にしているのかを 慎重に考える必要があります

  • and why we value it and what we lose by valuing it, in the same way that I kind of wish people

    なぜそれを大切にするのか、大切にすることで失うものは何なのか、人々に同じように考えてほしいと思います。

  • in Europe had about nutmeg in the 17th century. And the second thing is that the VOC did eventually

    ヨーロッパでは17世紀にナツメグについて持っていました第二に、VOCが最終的には

  • disappear and its control over Indonesia changed into Dutch colonization, the VOC provides

    消えてしまい、インドネシアの支配がオランダの植民地化に変わってしまいましたが、VOCが提供しています。

  • a chilling example of what has happened in the past when corporations become more powerful than states.

    企業が国家よりも力を持つようになると、過去に何が起こったのかという冷ややかな例です。

  • Good governments fulfill their responsibilities to the people they govern, and even bad governments,

    善良な政府は、統治する国民に対して責任を果たし、悪しき政府に対しても責任を果たす。

  • you know, are afraid of the people they govern, and neither of those things happened in Indonesia

    インドネシアではそのようなことは起きなかった

  • when it was under the control of the Dutch East India Company.

    オランダ東インド会社の支配下にあったとき。

  • Thanks for watching. I'll see you next week.

    ご覧いただきありがとうございます。また来週お会いしましょう。

  • Hi, Crash Course is filmed here in the Chad and Stacey Emigholz Studio in Indianapolis.

    こんにちは、クラッシュコースは、ここインディアナポリスのチャドとステイシーEmigholzスタジオで撮影されています。

  • It's made with the help of all of these nice people, and we have a special announcement

    素敵な人たちの助けを借りて作られたもので、特別なお知らせがあります。

  • today that's very important -- at least to the future survival of Crash Course.

    今日、それは非常に重要なことです - 少なくともクラッシュコースの将来の存続のために。

  • Thousands of you have helped us to keep Crash Course free for everyone forever through your

    何千人もの皆様のご協力により、クラッシュコースを永遠に誰もが無料で利用できるようになりました。

  • support at Subbable, but now Subbable has merged with Patreon. Patreon's an awesome

    Subbableでサポートしていましたが、SubbableがPatreonと合併しました。Patreonは素晴らしい

  • company run by creators. It allows you to be much more flexible in your support of Crash

    クリエイターによって運営されている会社です。クラッシュのサポートをより柔軟に行うことができます。

  • Course. So if you like Crash Course and you want to join the incredibly generous people

    コースです。ですから、もしあなたがクラッシュコースが好きで、信じられないほど寛大な人々の仲間入りをしたいと思っているのであれば

  • who make it possible, please click here, or else check out the link in the doobly doo.

    それを可能にしている方は、こちらをクリックするか、ドゥーブリードーのリンクをチェックしてみてください。

  • You can get lots of great perks and we, in turn, promise to use that money to make educational

    あなたは多くの素晴らしい特典を得ることができ、私たちは、順番に、そのお金を使って教育を行うことを約束します。

  • content online and not -- we promise -- to control the spice trade in Indonesia.

    コンテンツをオンラインではなく - 我々は約束する - インドネシアのスパイス貿易を制御するために。

  • Thanks again for watching and as we say in my hometown, don't forget to be awesome.

    また見てくださってありがとうございます。

Hi, I'm John Green, this is