Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Welcome back for Unit 3.

    レッスン3にようこそ

  • This unit introduces the next big idea we need for a web crawler,

    構造化データであるWebクローラに必要な 次の概念を紹介します

  • which is structured data.

    このレッスンが終わるまでに あなたはWebクローラの作成を終えますよ

  • And by the end of this unit you will have finished building a working web crawler.

    今まで学習した中で構造化データに最も近いものは レッスン1で紹介し

  • The closest thing we've seen so far to structured data

    レッスン2で実際に使用した文字列データ型です

  • is the string data type introduced in Unit 1 and used

    文字列が構造化データの一種なのは

  • in many of the procedures in Unit 2.

    文字列を文字に分解できるからです

  • A string is a kind of structured data, and that's because

    文字列は文字の連続ですが その文字列の部分列を操作することができます

  • we can break it down into its characters.

    しかし文字列でできることは少し制限されます

  • The string has a sequence of characters,

    文字列に置けるのは文字のみだからです

  • and we can operate on sub sequences of the string.

    今回はリストデータ型を紹介します

  • What we could do with strings was somewhat limited, though,

    リストは文字列よりもはるかに強力です

  • because the only thing we can put in a string is a character.

    文字列はすべての要素が文字でなければなりませんが

  • Today, we're going to introduce the list data type,

    リストは何でも要素にすることが可能です

  • and lists are much more powerful than strings,

    文字と文字列のどちらも可能ですし

  • so whereas for a string, all of the elements had to be characters,

    数値や別のリストも可能です

  • in a list, the elements can be anything we want.

    例を見てみましょう

  • They could be characters. They could be strings.

    文字列を作成する時 シングルまたはダブルクォーテーションで

  • They could be numbers. They could also be other lists.

    囲まれた一連の文字を置きます

  • Let's look at an example.

    これが文字列の例です

  • When we created a string, we just put a sequence of characters

    代入を使用することで 文字列を変数に保持することができます

  • surrounded by either single or double quotes.

    リストではリストを特定するために クォーテーションではなく

  • Here's an example of a string,

    角括弧を使用します 要素はコンマで区切ります

  • and we could store that string in a variable by using an assignment.

    文字列と同じく 変数に作成したリストを代入できます

  • With a list, instead of using quotes to identify the list

    ですから変数pにこのリストを保持することができます

  • we use square brackets, and the elements are separated by commas.

    文字列では要素を選択するために角括弧を使用します

  • And just like with a string, we can assign the list that we created

    要素ゼロをインデックス化する際 一連の文字である文字列の1つ目の要素を得ます

  • to a variable, so we'll store that list in the variable "p."

    ここではyです

  • With a string, we could use the square brackets

    リストでも角括弧を使用して 要素にアクセスすることができます

  • to select elements, and when we index element 0,

    例えばp[0]を行うと

  • we'll get the first element of the string, a sequence of that character,

    pの1つ目の要素を評価します

  • which is the character "y."

    これはyを含んだ文字列になります

  • With lists, we can also use square brackets to access elements,

    文字列では角括弧内にコロンを使用することで

  • so if we do p[0],

    1文字以上の部分列を選ぶことができます

  • that will evaluate to the first element of p,

    ここでは2の位置から4の位置まで選んでいます

  • which is the string containing the single letter y.

    これにより文字列の3つ目と 4つ目の文字が得られます

  • With strings, we saw that we could use the colon inside the square brackets

    これが部分列である文字列bbです

  • to select a sub string of more than 1 character.

    リストでも同様です

  • Here we're selecting from position 2 through position 4.

    2の位置から4の位置までを選択できます

  • That will give us the third and fourth characters of the string,

    しかし文字列を返す代わりに これらの要素を含んだリストを返します

  • which is the sub sequence, the string "bb."

    変数pの3つ目と4つ目の要素のリストが得られます

  • We can do the same thing with lists.

    リストはご覧のとおりです

  • We can select from position 2 to position 4,

    リストを作成する一般的な文法は

  • but instead of returning a string, it will return a list

    角括弧とそれに続く式の 任意の数のリストになります

  • containing those elements.

    数式はコンマで区切られます

  • It will give us a list of the third and fourth element

    左右たった2つの角括弧を使うことで リストが作成できます

  • of the variable p, which is the list that we have here.

    これにより要素ゼロを含むリストを 作成することができます

  • The general grammar for constructing a list

    これは空のリストとしても知られています

  • is to have a square bracket followed by a list

    要素1を含むリストを作成できます

  • of any number of expressions where the expressions

    これは角括弧の間に要素を1つ置きます

  • are separated by commas.

    これが作成した要素を1つ含むリストです 数値3です

  • We could create a list using just 2 brackets,

    1つ目の例で行ったように たくさんの要素を含むリストも作成できます

  • a left bracket and a right bracket, and this would create a list

    その場合すべての文字列をコンマで区切ります

  • containing 0 elements, also known as the empty list.

  • We could create a list containing 1 element.

  • That would be the square brackets with 1 element between them.

  • Here we've created a list containing just 1 element,

  • which is the number 3.

  • Or we could create a list with many elements, as we did in the first example,

  • where we have all of the strings separated by commas.

Welcome back for Unit 3.

レッスン3にようこそ

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 文字 リスト 変数 レッスン データ 使用

イントロダクション - コンピュータサイエンス入門 (Introduction - Intro to Computer Science)

  • 440 36
    羅紹桀 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語