Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Thank you.

    ありがとう

  • I have only got 18 minutes

    たった18分で

  • to explain something that lasts for hours and days,

    何日 何時間に渡るものを 説明しなきゃいけないので

  • so I'd better get started.

    すぐに始めた方が 良いでしょう

  • Let's start with a clip from Al Jazeera's Listening Post.

    まずアルジャジーラの番組 『リスニング・ポスト』をご覧ください

  • Richard Gizbert: Norway is a country

    (ビデオ) ノルウェーというのは

  • that gets relatively little media coverage.

    比較的ニュースに乏しい国です

  • Even the elections this past week passed without much drama.

    先週の選挙でも あまりドラマはありませんでした

  • And that's the Norwegian media in a nutshell:

    あまりドラマがないのが ノルウェーのメディアの

  • not much drama.

    特徴です

  • A few years back,

    数年前

  • Norway's public TV channel NRK

    ノルウェーの公共放送NRKが

  • decided to broadcast live coverage of a seven-hour train ride --

    7時間の列車の旅を ライブ放送することにしました

  • seven hours of simple footage,

    レールを走る 列車の映像を

  • a train rolling down the tracks.

    7時間ひたすら 流し続けるんですが

  • Norwegians, more than a million of them according to the ratings, loved it.

    視聴率調査によると 百万以上の ノルウェー人のお気に召したようです

  • A new kind of reality TV show was born,

    あらゆるテレビの 常識を覆す

  • and it goes against all the rules of TV engagement.

    新しい種類のリアリティ番組の 出現です

  • There is no story line, no script,

    ストーリーも台本もなければ

  • no drama, no climax,

    ドラマもクライマックスもない

  • and it's called Slow TV.

    これは『スローテレビ』と 呼ばれています

  • For the past two months,

    この2ヶ月

  • Norwegians have been watching a cruise ship's journey up the coast,

    ノルウェーの人達は 沿岸を行く船の旅を見続けています

  • and there's a lot of fog on that coast.

    しかも沿岸部は 霧が多いんです

  • Executives at Norway's National Broadcasting Service

    NRKの経営陣は 全国的な

  • are now considering broadcasting a night of knitting nationwide.

    編み物の夕べの放送を 検討しています

  • On the surface, it sounds boring,

    一見すると 退屈そうですが

  • because it is,

    実際退屈なんです

  • but something about this TV experiment

    しかし このテレビの 実験の何かが

  • has gripped Norwegians.

    ノルウェーの人々の 心を掴んだようです

  • So we sent the Listening Post's Marcela Pizarro to Oslo

    それで当番組のマルセラ・ピザーロ記者を オスロに派遣して

  • to find out what it is, but first a warning:

    それが何なのか 探ることにしました

  • Viewers may find some of the images in the following report disappointing.

    ただ忠告しておきますが 視聴者によっては 放送映像に失望を感じるかもしれません

  • (Laughter)

    (笑)

  • Thomas Hellum: And then follows an eight-minute story on Al Jazeera

    (ヘルム) この後アルジャジーラは 8分間の映像で

  • about some strangeTV programs in little Norway.

    ノルウェーの変なテレビ番組のことを 伝えました

  • Al Jazeera. CNN. How did we get there?

    アルジャジーラもCNNも これを不思議がっています

  • We have to go back to 2009,

    始まりは2009年のことです

  • when one of my colleagues got a great idea.

    同僚が良いアイデアを 思いつきました

  • Where do you get your ideas?

    その場所は

  • In the lunchroom.

    昼食の席でした

  • So he said, why don't we make a radio program

    1940年のドイツによる

  • marking the day of the German invasion of Norway in 1940.

    ノルウェー侵攻の日の経過をたどる ラジオ番組を作ったらどうか?

  • We tell the story at the exact time during the night.

    それが起きたのと ちょうど同じ時間に放送するんです

  • Wow. Brilliant idea, except

    面白いアイデアでしたが

  • this was just a couple of weeks before the invasion day.

    侵攻の日まで 2週間しかありませんでした

  • So we sat in our lunchroom and discussed

    それで まさに進行中の 出来事を

  • what other stories can you tell as they evolve?

    伝える番組として 他にどんなものが 考えられるか 議論しました

  • What other things take a really long time?

    何か すごーく時間の かかるものがいいです

  • So one of us came up with a train.

    誰かが鉄道というのを 思いつきました

  • The Bergen Railway had its 100-year anniversary that year.

    その年はちょうど ベルゲン線の百周年でした

  • It goes from western Norway to eastern Norway,

    西ノルウェーから 東ノルウェーに行く鉄道で

  • and it takes exactly the same time as it did 40 years ago,

    かかる時間は 40年前とまったく同じ

  • over seven hours. (Laughter)

    7時間です (笑)

  • So we called our commissioning editors in Oslo, and we said,

    それでオスロの 編成責任者を捕まえて

  • we want to make a documentary about the Bergen Railway,

    ベルゲン線のドキュメンタリーを

  • and we want to make it in full length,

    ノーカットで作りたい と言いました

  • and the answer was,

    すると「どれくらいの長さになる予定?」と聞きます

  • "Yes, but how long will the program be?"

    私たちは「ノーカットで」と言い

  • "Oh," we said, "full length."

    「だから番組の長さは?」

  • "Yes, but we mean the program."

    そんなやり取りを 繰り返しました

  • And back and forth.

    幸い 彼らは笑って 快くOKを出してくれました

  • Luckily for us, they met us with laughter, very, very good laughter,

    それで私たちは 9月のある晴れた日に

  • so one bright day in September,

    7時間4分の番組を 撮り始めました

  • we started a program that we thought should be seven hours and four minutes.

    実際には最後の駅の 信号機故障のため

  • Actually, it turned out to be seven hours and 14 minutes

    7時間14分になりました

  • due to a signal failure at the last station.

    4台のカメラを持ち込んで

  • We had four cameras,

    3台は 外の美しい自然を撮し

  • three of them pointing out to the beautiful nature.

    それから乗客の話や 情報も伝えました

  • I'm talking to the guests, some information.

    (アナウンス) 間もなくハウガスタル駅に到着します

  • (Video) Train announcement: We will arrive at Haugastøl Station.

    それだけですが

  • TH: And that's about it,

    トンネルが160もあるので

  • but of course, also

    その間に記録映像を流しました

  • the 160 tunnels gave us the opportunity to do some archives.

    (ナレーション) 食事を消化している間に ちょっとナンパします

  • Narrator [in Norwegian]: Then a bit of flirting while the food is digested.

    目的地に着く前の 最後の下りです

  • The last downhill stretch before we reach our destination.

    ミェルフェル駅を通過します

  • We pass Mjølfjell Station.

    新たなトンネルです

  • Then a new tunnel.

    (笑)

  • (Laughter)

    私たちは思いました いい番組ができた

  • TH: And now we thought, yes, we have a brilliant program.

    ノルウェーにいる2千人の鉄道マニアには ウケるだろう

  • It will fit for the 2,000 train spotters in Norway.

    2009年の11月に 放映しましたが

  • We brought it on air in November 2009.

    私たちが思っていたより はるかに魅力的だったようです

  • But no, this was far more attractive.

    これは通常の金曜日における ノルウェーの5大チャンネルです

  • This is the five biggest TV channels in Norway on a normal Friday,

    NRK2が右端にありますが

  • and if you look at NRK2 over here,

    ベルゲン線の番組を流した時に どうなったかというと

  • look what happened when they put on the Bergen Railway show:

    120万人のノルウェー人が この番組を見たんです

  • 1.2 million Norwegians watched part of this program.

    (拍手)

  • (Applause)

    もう1つ面白いのは

  • And another funny thing:

    NRKのメインチャンネルで

  • when the host on our main channel,

    ニュースキャスターが

  • after they have good news for you,

    「ちなみに第2チャンネルでは

  • she said, "And on our second channel,

    列車がミルダル駅に着くところです」 と言ったところ

  • the train has now nearly reached Myrdal station."

    何十万という人が こらちの列車に

  • Thousands of people just jumped on the train

    飛びついたことです (笑)

  • on our second channel like this. (Laughter)

    これはまたソーシャルメディアという面でも 大成功でした

  • This was also a huge success in terms of social media.

    私にとっては最初の ソーシャルメディアの実験でした

  • Actually, for me, it was the first big social media experience.

    何千というフェイスブックや ツイッターのユーザーが 番組を見ながら

  • It was so nice to see all the thousands of Facebook and Twitter users

    まるでいっしょの列車に

  • discussing the same view,

    乗っているかのように 互いに話しているのは 素晴らしいものでした

  • talking to each other as if they were on the same train together.

    これは特に私の好きなやつです 76歳のお年寄りなんですが

  • And especially, I like this one. It's a 76-year-old man.

    番組を最後までずっと見ていて

  • He's watched all the program,

    終着駅に着いたところで 席を立ち 荷物を手に取って

  • and at the end station, he rises up to pick up what he thinks is his luggage,

    それからカーテンレールに 頭をぶつけてはじめて

  • and his head hit the curtain rod,

    自分のいるのが列車の中じゃないことに 気付いたそうです

  • and he realized he is in his own living room.

    (拍手)

  • (Applause)

    とても力強く 生き生きとした番組だったわけです

  • So that's strong and living TV.

    金曜日の夜の436分間です

  • Four hundred and thirty-six minute by minute on a Friday night,

    その夜にツイートが来ました

  • and during that first night,

    「436分でやめてしまうなんて 臆病じゃない?

  • the first Twitter message came: Why be a chicken?

    ノルウェーを象徴する旅を

  • Why stop at 436 when you can expand that

    8,040分使って

  • to 8,040, minute by minute,

    放送することだって できるのに?」

  • and do the iconic journey in Norway,

    沿岸フェリーのフッティルーテンは ベルゲンからキルケネスまで

  • the coastal ship journey Hurtigruten from Bergen to Kirkenes,

    3千キロの海岸線を 端から端まで繋ぎ

  • almost 3,000 kilometers, covering most of our coast.

    120年の興味深い歴史があり

  • It has 120-year-old, very interesting history,

    沿岸地域の生活に 深く結びついてきました

  • and literally takes part in life and death along the coast.

    それでベルゲン線の番組の ほんの1週間後に

  • So just a week after the Bergen Railway,

    フッティルーテン社に電話して 次の番組の準備に取りかかりました

  • we called the Hurtigruten company and we started planning for our next show.

    今回は少し違ったことを したいと思いました

  • We wanted to do something different.

    ベルゲン線は 録画番組でした

  • The Bergen Railway was a recorded program.

    編集室に集まって この映像を見ていました

  • So when we sat in our editing room,

    ある記者と オール駅で

  • we watched this picture -- it's all Ål Station --

    会った時のものです

  • we saw this journalist.

    彼には電話をして 番組の話をしていました

  • We had called him, we had spoken to him,

    それで彼は駅に来て 写真を撮り

  • and when we left the station,

    こちらのカメラに 手を振ったわけです

  • he took this picture of us and he waved to the camera,

    それで思ったんです

  • and we thought,

    我々が列車に乗っていることを もっと多くの人が知っていたら?

  • what if more people knew that we were on board that train?

    たくさんの人が やって来たのでは?

  • Would more people show up?

    どうな風になっただろう?

  • What would it look like?

    それで次の番組は 生でやることに決めたんです

  • So we decided our next project, it should be live.

    フィヨルドの上と画面上に同時にいる こういう絵が欲しかったんです

  • We wanted this picture of us on the fjord and on the screen at the same time.

    NRKのカメラが船に乗るのは 始めてのことではありません

  • So this is not the first time NRK had been on board a ship.

    これは1964年のもので

  • This is back in 1964,

    当時は技術責任者も スーツにネクタイ姿でした

  • when the technical managers have suits and ties

    NRKは装置一式を 船に積み込んで

  • and NRK rolled all its equipment on board a ship,

    岸から200メートルのところで 中継していました

  • and 200 meters out of the shore, transmitting the signal back,

    機械室で技師と話したり

  • and in the machine room, they talked to the machine guy,

    甲板では素晴らしい 余興をしていました

  • and on the deck, they have splendid entertainment.

    船でやるのは 初めてではありませんが

  • So being on a ship, it's not the first time.

    これは5日半ぶっ続けの生中継です 助けが欲しいと思いました

  • But five and a half days in a row, and live, we wanted some help.

    それで視聴者に質問しました 何を見たいか?

  • And we asked our viewers out there, what do you want to see?

    何を映して欲しいか? どんな風にして欲しいか?

  • What do you want us to film? How do you want this to look?

    ウェブサイトはあった方が良いか? そこで何を提供すべきか?

  • Do you want us to make a website? What do you want on it?

    それで視聴者から 色々意見をもらい

  • And we got some answers from you out there,

    番組を作る上で 大変参考になりました

  • and it helped us a very lot to build the program.

    2011年6月に

  • So in June 2011,

    フッティルーテンの船に 23名のスタッフが乗り込み

  • 23 of us went on board the Hurtigruten coastal ship

    出航しました

  • and we set off.

    (音楽)

  • (Music)

    この旅で強く記憶に残ったものが色々ありましたが それはみんな人です

  • I have some really strong memories from that week, and it's all about people.

    たとえばこの人は

  • This guy, for instance,

    トロムソ大学の 研究部門のトップです

  • he's head of research at the University in Tromsø.

    (笑)

  • (Laughter)

    それから服をお見せしますが

  • And I will show you a piece of cloth,

    これもまた

  • this one.

    強く記憶に残るもので

  • It's the other strong memory.

    エリック・ハンソンという男が 着ていたものです

  • It belongs to a guy called Erik Hansen.

    あるいは我々の番組を しっかり引きつけた この2人や

  • And it's people like those two who took a firm grip of our program,

    旅路に現れた 何千という人々が

  • and together with thousands of others along the route,

    番組を作り上げたんです

  • they made the program what it became.

    彼らがストーリーを作ったんです

  • They made all the stories.

    この少年はカールという 中学3年生です

  • This is Karl. He's in the ninth grade.

    「明日は学校に少し遅れる」 と書いてあります

  • It says, "I will be a little late for school tomorrow."

    朝8時に学校に 行かなければならないところを

  • He was supposed to be in the school at 8 a.m.

    9時に行ったんですが 先生に叱られませんでした

  • He came at 9 a.m., and he didn't get a note from his teacher,

    先生も番組を 見ていたからです

  • because the teacher had watched the program.

    (笑)

  • (Laughter)

    どうやって制作したかですが

  • How did we do this?

    船の会議室を テレビの調整室に