Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Neil: Hello, welcome to 6 Minute English. I'm Neil

    ニール: こんにちは。ニールです。

  • Harry: And I'm Harry.

    ハリーだ私はハリーです。

  • Neil: Now Harry, have you ever taken a 'selfie'

    ニール: さて、ハリー、自分撮りをしたことがあるかな?

  • that's a photo of yourself, usually with your mobile phone?

    それはあなたの携帯電話を持っているあなた自身の写真ですか?

  • Harry: Yes, I have. I've taken them all over London

    ハリーハリー: はい。ロンドン中に連れて行きました。

  • with my childrenof course selfies are very easy to take with your smartphone and recently

    子どもと一緒に ── もちろん自撮りはスマホで簡単に撮れるし、最近では

  • we've seen some famous selfies featuring well-known people such as the one taken by actor

    私たちは、俳優が撮影したもののような有名な人々をフィーチャーしたいくつかの有名な自撮りを見てきました。

  • Ellen DeGeneres at last year's Oscars ceremony.

    昨年のアカデミー賞授賞式でのエレン・デジェネレス。

  • Neil: Yes, it seems that there are no limits to

    ニール:そうですね。

  • the places where you can capture yourself in a photo. But there is a limit on how far

    自分の姿を写真に収めることができる場所しかし、限界があります。

  • you can stretch your arm out and take a snap ─ a quick photo of you and your friends.

    腕を伸ばしてスナップを撮ることができます。

  • Harry: That's true, so thank goodness for the selfie

    ハリーハリー: そうだね、自撮りができてよかった。

  • stickan expanding pole to put your smartphone on which gives you a wider view. This means

    stick ─ スマートフォンを置くための拡張ポールで、より広い視野を与えてくれます。これは

  • you can take in more of the background. Sounds like a good idea.

    もっと背景を取り入れることができます。良いアイデアのようですね

  • Neil: It does, but it's also causing a problem in

    Neil: それはそうですが、次のような問題を引き起こしています。

  • some places around the world. More on that in a moment but let's not forget I have a

    世界中のいくつかの場所で。それについての詳細はまた今度ですが、忘れてはいけないのは、私が持っている

  • question to ask you Harry.

    ハリーに聞きたいことがある

  • Harry: OK Neil.

    ハリーよし ニール

  • Neil: Well, we know some people love to take photos

    ニール:写真を撮るのが好きな人もいますよね。

  • of themselves but perhaps not as much as Patrick Peterson. According to Guinness World Records

    自分自身のことですが、おそらくパトリック・ピーターソンほどではありません。ギネス世界記録によると

  • he has taken the most 'selfies' in one hourbut do you know how many? Is it:

    彼は1時間で最も多くの自撮りをしています。それは...

  • a) 449 b) 1,449

    a) 449 b) 1,449

  • c) 2,449

    c) 2,449

  • Harry: Well, I guess he's gotta move and be in a

    ハリーまあ、彼は移動して

  • different position so I'm not going to go for the highest one. I'm gonna say1,449.

    ポジションが違うので、一番高いのを狙うつもりはありません。1,449と言うつもりです。

  • Neil: OK, well, we'll find out the answer at the

    ニール: わかりました。

  • end of the programme. But now let's talk more about the dangers of the selfie stick! They

    プログラムの最後になりました。しかし、今は自撮り棒の危険性についてもっと話してみましょう!彼らは

  • can certainly be useful for taking photos from a different viewpoint and it does mean

    視点を変えて写真を撮るのに便利なのは確かで、それはそれで意味がある

  • that you get more people in your photo.

    写真に写っている人が増えること

  • Harry: Sales of the selfie stick have soared or

    ハリー自撮り棒の売り上げが急騰したり

  • risen quickly since last year and they are now a common sight at tourist destinations.

    昨年から急上昇し、今では観光地でもよく見かけるようになりました。

  • They're great if you want to take a better photo but they're very annoying if you're

    より良い写真を撮りたい場合には素晴らしいですが、もしあなたが

  • not involved with the photo.

    写真とは関係ありません。

  • Neil: Yes and this is particularly frustrating if

    ニール:そうですね。

  • you're trying to look at paintings and sculptures at an art gallery. They just get in the way

    あなたは画廊で絵画や彫刻を見ようとしています。邪魔になってしまいます

  • and can be very distracting.

    と非常に気が散ることがあります。

  • Harry: You mean they stop someone giving their full

    ハリー誰かが全力を尽くすのを 止めるってことか

  • attention to what they are looking at. Well, this is the reason that some famous art galleries

    に注意を払っています。まあ、これは、いくつかの有名なアートギャラリーが

  • around the world are putting a ban on selfie-sticks ─ a ban means they are no longer allowed.

    世界中で自撮り棒の禁止令が出ている。

  • Neil: Places such as the Smithsonian museums in

    ニール:スミソニアン博物館のような場所ですね。

  • the Washington and the Palace of Versailles in Paris were the first to do this and now

    ワシントンやパリのベルサイユ宮殿が最初で、今では

  • the National Gallery in London have stopped them being used.

    ロンドンのナショナル・ギャラリーが使用を停止しています。

  • Harry: Let's hear the exact reasons why from the

    ハリーから正確な理由を聞いてみましょう。

  • gallery's Doctor Susan Foister. What phrase does she use to mean trying to do the best

    galleryのスーザン・フォイスター医師。をしようとしている彼女が使うフレーズは何ですか?

  • thing for the visitors and for the paintings themselves?

    来場者のためにも、絵そのもののためにも?

  • Doctor Susan Foister: We have over 6 million visitors a year here,

    スーザン・フォイスター医師私たちはここで年間600万人以上の訪問者を持っています。

  • some of our rooms could get quite crowded, so we have to find the right balance between

    部屋によってはかなり混雑することもあるので、バランスを考えて

  • the experience of our visitors close to the paintings and the safety of the paintings

    絵画に近い体験と絵画の安全性について

  • themselves.

    自分自身のことです。

  • Neil: So the National Gallery is a popular and busy

    ニール:だからナショナル・ギャラリーは人気があって忙しいんですね。

  • place and it gets quite crowdedand it doesn't help the problem if people are holding up

    賑やかになってきましたが、これでは問題は解決しません。

  • selfie sticks!

    自撮り棒

  • Harry: Yesso they have imposed or brought in

    ハリー。ハリー:そうだね。

  • ... this ban to do the best thing for the visitors and for the paintings themselves

    鑑賞者のためにも絵画そのもののためにも、この禁止令は最高のものだと思います。

  • it's what Doctor Foister called 'the right balance'. She wants to give visitors trying

    それはフォイスター博士が言うところの「正しいバランス」です。彼女は訪問者に試行錯誤を与えたいと思っています。

  • to get close to the paintings a good experience.

    良い経験を絵画に近づけるために。

  • Neil: And she makes the point that there's a risk

    ニール:そして、彼女はリスクがあることを指摘しています。

  • that the painting, which can be worth millions of pounds, could be damaged by one of these

    何百万ポンドもの価値がある絵画が、これらの一つで破損する可能性があることを

  • sticks.

    スティック。

  • Harry: Of course you are still allowed to take a

    ハリーもちろん、あなたはまだ

  • selfie, and some museums are 'sticking their neck out' and still allowing people to use

    自分撮りをしていて、いくつかの博物館は首をかしげています。

  • them.

    彼らのことを考えてみましょう。

  • Neil: A good idiom there Harry - you mean they're

    Neil: いい慣用句ですね。

  • doing something that other people may not likeyes, places such as the ICAthat's

    他の人が嫌がるかもしれないことをする──そう、ICAのような場所──。

  • the Institute for Contemporary Artin London say selfie sticks are part of modern-day life.

    ロンドンの現代美術研究所は、自撮り棒は現代の生活の一部だと言っています。

  • Harry: Here is Catherine Stout, Head of Programmes

    ハリー:こちらは番組担当のキャサリン・スタウトです。

  • at the ICA. How does she describe the type of visitors who go to her gallery?

    ICAにて。彼女のギャラリーを訪れる人のタイプをどのように表現しているのでしょうか?

  • Catherine Stout: We are very happy for our visitors to take

    キャサリン・スタウト私たちは、私たちの訪問者が

  • their own photographs for personal use, of course we always secure the artist's permission,

    個人的な使用のために自分の写真を使用する場合は、もちろん、常にアーティストの許可を確保しています。

  • but actually because we have a very young audience they're completely engaged with social

    しかし、実際には非常に若い視聴者がいるので、彼らは完全にソーシャルに従事しています。

  • media, they want to use that forum to connect with each other, to share their experiences,

    メディアを利用して、お互いにつながり、経験を共有したいと考えています。

  • if they wish to use a stick they're very welcome to do so as long as, obviously, the artwork

    もし彼らがスティックを使いたいのであれば、アートワークが明らかな限り、大歓迎です。

  • is not damaged in any way.

    が破損することはありません。

  • Neil: So the people who visit that gallery are young

    ニール:あのギャラリーを訪れる人たちは若い人たちなんですね。

  • and use social media a lotthey are 'engaged' with it and they like to share their experiences.

    彼らはソーシャルメディアをよく利用していて、それに従事していて、経験を共有するのが好きなのです。

  • This means taking photos on their smartphones and if they want to use a selfie stick?

    これはスマホで写真を撮るということで、もしや自撮り棒を使うのか?

  • Harry: ... then they are 'welcome to do so'. Just

    ハリー: ...ならば、彼らはそうすることを歓迎します。ただ

  • watch out where you stick it! I suppose, as long as you respect other visitors and don't

    他の訪問者を尊重している限り、あなたがそれを刺す場所に気をつけてください!私は思うのですが、あなたが他の訪問者を尊重していない限り

  • get in the way, then it's ok to use one.

    邪魔になるなら、1つ使ってもいいんじゃないかな。

  • Neil: Well I'm not so sure. Anyway, it's time to

    Neil:そうかな。とにかく、そろそろ

  • reveal the answer to the question I asked you earlier.

    先ほどの質問の答えを明らかにする

  • Harry: Yes, this was about Patrick Peterson, who

    ハリーパトリック・ピーターソンのことです

  • holds the record for taking the most selfies in one hour. You asked me if he took 449,

    1時間で最も多くの自撮りをした記録を保持しています449人も撮ったのかと聞いたな

  • 1,449 or 2,449 in one hour.

    1時間で1,449または2,449。

  • Neil: And you said 1,449, which was ... the correct

    1,449とおっしゃっていましたが、これで正解です。

  • answer! I wonder what he did with all those images ...

    答えあの画像を見て何をしたんだろう・・・。

  • Harry: He probably put them on social media.

    ハリー:彼はたぶんソーシャルメディアに載せたんでしょうね。

  • Neil: Well we need to 'stick' to our six minutes

    ニール: では、6分間を守る必要があります。

  • of English but just before we run out of time, could you remind us of some of the vocabulary

    英語の語彙をいくつか思い出してもらえますか?

  • we've used today Harry?

    今日のハリーは?

  • Harry: Yes. We had ... selfie, capture, a snap, selfie stick

    ハリーハリー: はい私たちは...自撮り、キャプチャ、スナップ、自撮り棒を持っていました。

  • viewpoint, soared, distracting, a ban, imposed, sticking their neck out, engaged.

    視点, 急上昇, 気が散る, 禁止, 押し付け, 首を突き出す, 従事.

  • Neil: Thank you. Well, that's it for now. Go to

    ニール:ありがとうございます。さて、今のところは以上です。次のページに行きましょう。

  • bbclearning.com to find more 6 Minute English programmes. Until next time. Goodbye!

    bbclearning.comでは、6分間の英語プログラムをもっと見つけることができます。次回まで。さようなら!

  • Harry: Bye!

    ハリーさようなら!

Neil: Hello, welcome to 6 Minute English. I'm Neil

ニール: こんにちは。ニールです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 ハリー 撮り ニール 絵画 ギャラリー 写真

BBC 6 Minute English_March 26, 2015 - ロンドンのアートワークへの脅威

  • 4961 137
    Adam Huang に公開 2015 年 03 月 28 日
動画の中の単語