Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

AI 自動生成字幕
  • I grew up with my identical twin,

    私は一卵性双生児で育った。

  • who was an incredibly loving brother.

    信じられないほど愛情深い兄貴でした。

  • Now, one thing about being a twin is that it makes you an expert

    さて、双子であることについての一つのことは、それがあなたを専門家にするということです。

  • at spotting favoritism.

    好意を見抜くのが上手い

  • If his cookie was even slightly bigger than my cookie, I had questions.

    彼のクッキーが私のクッキーより少しでも大きかったら、私は疑問に思った。

  • And clearly, I wasn't starving.

    そして、明らかに私はお腹が空いていませんでした。

  • (Laughter)

    (笑)

  • When I became a psychologist, I began to notice favoritism of a different kind,

    心理学者になってからは、違う種類の好意に気づくようになりました。

  • and that is how much more we value the body than we do the mind.

    と、それだけ心よりも身体を大切にしているということです。

  • I spent nine years at university earning my doctorate in psychology,

    私は大学で心理学の博士号を取得するために9年間過ごしました。

  • and I can't tell you how many people look at my business card and say,

    と、私の名刺を見て何人もの人に言われます。

  • "Oh, a psychologist. So not a real doctor,"

    "ああ、心理学者か。 だから本当の医者ではない"

  • as if it should say that on my card.

    まるでカードに書いてあるかのように

  • (Laughter)

    (笑)

  • This favoritism we show the body over the mind, I see it everywhere.

    私たちが心よりも体を優先して見せるこの好意は、どこでも目にします。

  • I recently was at a friend's house,

    最近、友人の家に行ってきました。

  • and their five-year-old was getting ready for bed.

    5歳の子供が寝る準備をしていました。

  • He was standing on a stool by the sink brushing his teeth,

    流し台の脇のスツールに立って歯を磨いていた。

  • when he slipped, and scratched his leg on the stool when he fell.

    滑った時に足を引っ掻いて、転んだ時に便器の上で足を引っ掻いた。

  • He cried for a minute, but then he got back up,

    分間泣いていたが、その後立ち上がった。

  • got back on the stool, and reached out for a box of Band-Aids to put one on his cut.

    スツールに戻って、バンドエイドの箱に手を伸ばして、彼の切り口に1つ付けた。

  • Now, this kid could barely tie his shoelaces,

    この子は靴紐を結ぶのがやっとだった

  • but he knew you have to cover a cut, so it doesn't become infected,

    感染しないように切り口を隠さないといけないと知っていた。

  • and you have to care for your teeth by brushing twice a day.

    と、1日2回のブラッシングで歯のケアをしなければなりません。

  • We all know how to maintain our physical health

    身体の健康を維持する方法は誰もが知っています。

  • and how to practice dental hygiene, right?

    と歯の衛生管理をどうするかですよね。

  • We've known it since we were five years old.

    5歳の頃から知っていました。

  • But what do we know about maintaining our psychological health?

    しかし、心理的な健康を維持するためにはどうすればいいのでしょうか?

  • Well, nothing.

    まあ、何でもない。

  • What do we teach our children about emotional hygiene?

    情緒衛生について子供に何を教えるのか?

  • Nothing.

    何もない

  • How is it that we spend more time taking care of our teeth

    歯のケアに時間をかけるのはなぜか

  • than we do our minds.

    私たちの心よりも

  • Why is it that our physical health is so much more important to us

    なぜ、私たちの身体の健康には

  • than our psychological health?

    私たちの心理的な健康よりも?

  • We sustain psychological injuries even more often than we do physical ones,

    私たちは物理的なものよりも精神的な傷を負うことが多いです。

  • injuries like failure or rejection or loneliness.

    失敗や拒絶、孤独のような傷。

  • And they can also get worse if we ignore them,

    また、無視していると悪化することもあります。

  • and they can impact our lives in dramatic ways.

    劇的な方法で私たちの生活に影響を与えることができます。

  • And yet, even though there are scientifically proven techniques

    それなのに、科学的に証明されたテクニックがあるにもかかわらず

  • we could use to treat these kinds of psychological injuries,

    この手の心の傷の治療にも使えます

  • we don't.

    私たちはしません。

  • It doesn't even occur to us that we should.

    そうすべきだとは思いもしない。

  • "Oh, you're feeling depressed? Just shake it off; it's all in your head."

    "ああ、落ち込んでるのか?"気にしないで、気にしないで、気のせいよ"

  • Can you imagine saying that to somebody with a broken leg:

    足を骨折した人にそんなことを言うのを想像できる?

  • "Oh, just walk it off; it's all in your leg."

    "歩けばいいんだ 全部足の中にあるんだ"

  • (Laughter)

    (笑)

  • It is time we closed the gap between our physical and our psychological health.

    身体的な健康と心理的な健康のギャップを埋める時が来たのです。

  • It's time we made them more equal,

    もっと平等にした方がいいんじゃないかな?

  • more like twins.

    双子のようなものだ

  • Speaking of which, my brother is also a psychologist.

    そういえば、弟も心理学者です。

  • So he's not a real doctor, either.

    だから、彼も本当の医者ではない。

  • (Laughter)

    (笑)

  • We didn't study together, though.

    一緒に勉強したわけではありませんが。

  • In fact, the hardest thing I've ever done in my life

    実際、今までの人生で一番大変だったのは

  • is move across the Atlantic to New York City

    は大西洋を越えてニューヨークに移動します。

  • to get my doctorate in psychology.

    心理学の博士号を取るために

  • We were apart then for the first time in our lives,

    その時、私たちは生まれて初めて離れていました。

  • and the separation was brutal for both of us.

    別れはお互いにとって残酷なものだった

  • But while he remained among family and friends,

    しかし、彼は家族や友人の間に残っていた。

  • I was alone in a new country.

    新しい国に一人で行ってきました。

  • We missed each other terribly,

    ひどく寂しかった。

  • but international phone calls were really expensive then

    掛かってきた電話が高かった

  • and we could only afford to speak for five minutes a week.

    と、週に5分しか話せない余裕がありませんでした。

  • When our birthday rolled around,

    誕生日が回ってきたとき

  • it was the first we wouldn't be spending together.

    一緒に過ごさないのは初めてだった

  • We decide to splurge, and that week we would talk for 10 minutes.

    私たちはお金をかけることにして、その週は10分間話すことにしました。

  • I spent the morning pacing around my room, waiting for him to call --

    朝から部屋の周りをうろついて彼からの電話を待っていました

  • and waiting and waiting, but the phone didn't ring.

    と待っていても電話が鳴らない。

  • Given the time difference, I assumed,

    時差を考えると

  • "Ok, he's out with friends, he will call later."

    "彼は友達と出かけてるから 後で電話する"

  • There were no cell phones then.

    当時は携帯電話もなかった。

  • But he didn't.

    しかし、彼はしなかった。

  • And I began to realize that after being away for over 10 months,

    そして、10ヶ月以上も離れていて気付き始めました。

  • he no longer missed me the way I missed him.

    彼はもう私が彼に会いたがっていたのと同じように私に会いたがらなくなった。

  • I knew he would call in the morning,

    朝には電話が来ると思っていました。

  • but that night was one of the saddest and longest nights of my life.

    しかし、その夜は私の人生の中で最も悲しく長い夜の一つでした。

  • I woke up the next morning.

    翌朝、目が覚めました。

  • I glanced down at the phone, and I realized I had kicked it off the hook

    ちらりと電話を見下ろして、私はそれを蹴っ飛ばしたことに気づいた。

  • when pacing the day before.

    前日のペーシング時に

  • I stumbled out off bed,

    ベッドからよろめいて出てきた。

  • I put the phone back on the receiver, and it rang a second later,

    電話を受話器に戻したら、1秒後に鳴った。

  • and it was my brother, and, boy, was he pissed.

    それが兄貴だったんだ彼は怒っていた

  • (Laughter)

    (笑)

  • It was the saddest and longest night of his life as well.

    それは彼の人生の中でも最も悲しく長い夜だった。

  • Now I tried to explain what happened, but he said,

    今、何があったのか説明しようとしたが、彼は言った。

  • "I don't understand. If you saw I wasn't calling you,

    "意味がわからない 私が電話していないのを見ていたら

  • why didn't you just pick up the phone and call me?"

    "何で電話してくれなかったの?"

  • He was right. Why didn't I call him?

    彼は正しかったなぜ電話しなかったんだろう?

  • I didn't have an answer then, but I do today,

    その時は答えがなかったが、今は答えがある。

  • and it's a simple one: loneliness.

    そして、それは単純なもので、孤独というものです。

  • Loneliness creates a deep psychological wound,

    孤独は深い心の傷を作ります。

  • one that distorts our perceptions and scrambles our thinking.

    認識を歪め、思考を混乱させるもの。

  • It makes us believe that those around us care much less than they actually do.

    周りの人が実際よりもずっと気にしていると思わせてしまうのです。

  • It makes us really afraid to reach out,

    手を差し伸べるのが本当に怖くなります。

  • because why set yourself up for rejection and heartache

    拒絶されて心を痛めることになるから

  • when your heart is already aching more than you can stand?

    あなたの心がすでに耐えられないほど痛んでいる時に?

  • I was in the grips of real loneliness back then,

    あの頃は本当に孤独を感じていました。

  • but I was surrounded by people all day, so it never occurred to me.

    でも、一日中人に囲まれていたので、思いもよらなかった。

  • But loneliness is defined purely subjectively.

    しかし、孤独は純粋に主観的に定義されています。

  • It depends solely on whether you feel

    と感じるかどうかだけにかかっています。

  • emotionally or socially disconnected from those around you.

    感情的に、または社会的に周囲の人との関係を断ち切っている。

  • And I did.

    そして、私はそうしました。

  • There is a lot of research on loneliness, and all of it is horrifying.

    孤独についての研究はたくさんありますが、そのどれもが恐ろしいものばかりです。

  • Loneliness won't just make you miserable, it will kill you.

    孤独はあなたを惨めにするだけでなく、あなたを殺すでしょう。

  • I'm not kidding.

    冗談ではありません。

  • Chronic loneliness increases your likelihood of an early death

    慢性的な孤独感は早死にする可能性を高める

  • by 14 percent.

    14%になった。

  • Loneliness causes high blood pressure, high cholesterol.

    孤独は高血圧、高コレステロールを引き起こす。

  • It even suppress the functioning of your immune system,

    それはあなたの免疫システムの機能を抑制することさえあります。

  • making you vulnerable to all kinds of illnesses and diseases.

    あらゆる病気や病気に弱くなってしまいます。

  • In fact, scientists have concluded that taken together,

    実際、科学者たちは、一緒に考えてみると、そう結論づけています。

  • chronic loneliness poses as significant a risk

    ひとりぼっちはリスクが大きい

  • for your longterm health and longevity as cigarette smoking.

    たばこを吸うように長く健康で長生きしていただくために

  • Now cigarette packs come with warnings saying, "This could kill you."

    今ではタバコのパックには警告が付いていて "これはあなたを殺す可能性があります "と言っています。

  • But loneliness doesn't.

    しかし、孤独はそうではない。

  • And that's why it's so important that we prioritize our psychological health,

    だからこそ、心の健康を優先させることが大切なのです。

  • that we practice emotional hygiene.

    情緒衛生を実践していること

  • Because you can't treat a psychological wound

    心の傷は治療できないから

  • if you don't even know you're injured.

    怪我をしていることに気づかなければ

  • Loneliness isn't the only psychological wound

    孤独だけが心の傷ではない

  • that distorts our perceptions and misleads us.

    それは私たちの認識を歪め、私たちを惑わせます。

  • Failure does that as well.

    失敗もそうです。

  • I once visited a day care center,

    保育園に行ったことがあります。

  • where I saw three toddlers play with identical plastic toys.

    私は3人の幼児が同じプラスチック製のおもちゃで遊んでいるのを見ました。

  • You had to slide the red button, and a cute doggie would pop out.

    赤いボタンをスライドさせると、かわいいワンコが飛び出してきました。

  • One little girl tried pulling the purple button, then pushing it,

    一人の小さな女の子が紫色のボタンを引っ張って押してみました。

  • and then she just sat back and looked at the box, with her lower lip trembling.

    と、下唇を震わせながら、ただ座って箱を眺めていた。

  • The little boy next to her watched this happen,

    その様子を隣で見ていたのは、小さな男の子でした。

  • then turned to his box and and burst into tears without even touching it.

    と言って、自分の箱の方を向いて、箱にも触れずに涙を流した。

  • Meanwhile, another little girl tried everything she could think of

    一方、別の少女は、彼女が考えることができるすべてのものを試してみました。

  • until she slid the red button,

    赤いボタンを押すまで

  • the cute doggie popped out, and she squealed with delight.

    可愛いワンコが飛び出してきて、大喜びで鳴いていました。

  • So three toddlers with identical plastic toys,

    だから、同じプラスチック製のおもちゃを持った3人の幼児。

  • but with very different reactions to failure.

    しかし、失敗に対する反応は全く異なります。

  • The first two toddlers were perfectly capable of sliding a red button.

    最初の二人の幼児は赤いボタンをスライドさせることが完璧にできていました。

  • The only thing that prevented them from succeeding

    成功を阻んだのは

  • was that their mind tricked them into believing they could not.

    彼らの心が彼らを騙していたのです。

  • Now, adults get tricked this way as well, all the time.

    今、大人はこうやって騙されるんですよ、いつも。

  • In fact, we all have a default set of feelings and beliefs that gets triggered

    実際、私たちは皆、感情や信念のデフォルトセットを持っていて、それがトリガーになります。

  • whenever we encounter frustrations and setbacks.

    挫折や挫折に遭遇するたびに

  • Are you aware of how your mind reacts to failure?

    失敗した時の心の反応を意識していますか?

  • You need to be.

    そうでなくてはならない。

  • Because if your mind tries to convince you you're incapable of something

    もしあなたの心があなたに何もできないと 思わせようとするならば

  • and you believe it,

    と、あなたは信じています。

  • then like those two toddlers, you'll begin to feel helpless

    その二人の子供のように無力感を覚える

  • and you'll stop trying too soon, or you won't even try at all.

    と、すぐにやめてしまうか、全く努力しなくなってしまいます。

  • And then you'll be even more convinced you can't succeed.

    そして、成功できないことをさらに確信することになります。

  • You see, that's why so many people function below their actual potential.

    だからこそ、多くの人が実際の潜在能力以下に機能しているのです。

  • Because somewhere along the way, sometimes a single failure

    なぜなら、どこかで一度の失敗でも

  • convinced them that they couldn't succeed, and they believed it.

    は成功できないと確信し、それを信じていました。

  • Once we become convinced of something, it's very difficult to change our mind.

    一度納得してしまうと、なかなか気持ちを切り替えるのは難しいものです。

  • I learned that lesson the hard way when I was a teenager with my brother.

    10代の頃、弟と一緒にいた時にその教訓を痛感しました。

  • We were driving with friends down a dark road at night,

    夜の暗い道を友達とドライブしていました。

  • when a police car stopped us.

    パトカーに止められた時

  • There had been a robbery in the area and they were looking for suspects.

    この地域で強盗が入っていて、容疑者を探していたそうです。

  • The officer approached the car, and he shined his flashlight on the driver,

    お巡りさんは車に近づき、運転手に懐中電灯を照らした。

  • then on my brother in the front seat, and then on me.

    それから前の席の兄に、そして私に。

  • And his eyes opened wide and he said,

    そして目を大きく開けて言った。

  • "Where have I seen your face before?"

    "どこかでお前の顔を見たことがある"

  • (Laughter)

    (笑)

  • And I said, "In the front seat."

    そして、私は「前の席に」と言った。

  • (Laughter)

    (笑)

  • But that made no sense to him whatsoever.

    しかし、それは彼にとって何の意味もありませんでした。

  • So now he thought I was on drugs.

    彼は私が麻薬をやっていると思っていた

  • (Laughter)

    (笑)

  • So he drags me out of the car, he searches me,

    だから車から引きずり出して 私を探してくれた